Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/pdf/n2200000.pdf
5
出典: FIR e. V. at RWTH Aachen University
個別システムで利用さ
れたデータ
例
マスター化されて
他システムと連携でき
るデータ
何が起こっているか見
えるデータ
“見える化”
何が起こっているか解
る...
7
オンプレ? クラウド?
Cloud
On Prem.
SQL Server
物理マシン
SQL Server Private Cloud
仮想マシン
Azure VM上の
SQL Server
仮想マシン
Azure SQL Database
仮想データベース
仮想化ソフトのVM上の
SQL Se...
11
IaaS
ストレージ
サーバー
ネットワーク
Windows
SQL Server XXXX
仮想化
データ
アプリケーション
データベース
PaaS
ストレージ
サーバー
ネットワーク
OS
SQL Database
仮想化
アプリケー...
12
Microsoft Azure
IaaS
13
Windows Server
Windows Server VM
PaaS
14
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd252140.html
15
冗長構成を考える必要あり
論理データベース
Write
Write Ack
Ack
Read
value write
Ack
自動的に3重化 SLA 99.99%
16
東日本
非同期
非同期
非同期
西日本
東アジア
米国中央
Read Only
Read Write
セカンダリ レプリカ
セカンダリ レプリカ
セカンダリ レプリカ
セカンダリ レプリカ
プライマリ レプリカ
Read Only
非同期...
17
自動バックアッ
プ
ポイントタイム
復元
自動エクスポー
ト
エクスポート時
点への復元
BLOB ストレージ
Bacpac ファイル
システムのサービスレベルに合わせてリカ
バリタイムを考えてバックアップ/リカバリ
方法を設計し、運用と...
18
19
使用率の増加に合わせて必要なリソースを
オンデマンドで割り当てることができる。
余剰リソースは発生しない。
今後の利用者増加を考え、リソースが枯渇し
ないように最終的に必要なリソースを予測し、
それより多めに H/Wの見積もりをする。
予...
20
夜間バッチ処理の時にリソースが枯渇しない
ように、リソースを多めに H/Wの見積もり
をする。
夜間バッチ処理の時だけ、コア数を増やし、
日中は元に戻すといった運用も可能。
21
IaaS はサイズ変更に再起動が必要 PaaS はサイズ変更をオンラインで可能
22
23
24
25
26
27
28
差分更新の方法
連携先にソフトウェアをインストールしたくない
データ同期の頻度(ニアリアルタイム)
31
Cloud
On Prem.
NO ダウンタイム 迅速データ移行 移行先インストール不要
大規模でも
シームレスで
高信頼性の
移行を実現
環境を変更せず
クラウドに
リフト & シフトを
実現
例えば、オンプレミスの Oracle DB
• SQL Server (IaaS / On-Prem)
• Azure SQL Database
• Azure Database for MySQL
• Azure Database for P...
 本書に記載した情報は、本書各項目に関する発行日現在の Microsoft の見解を表明するものです。Microsoftは絶えず変化する市場に対応しなければならないため、
ここに記載した情報に対していかなる責務を負うものではなく、提示された情...
そのデータベース、クラウドで使ってみませんか?
そのデータベース、クラウドで使ってみませんか?
そのデータベース、クラウドで使ってみませんか?
そのデータベース、クラウドで使ってみませんか?
そのデータベース、クラウドで使ってみませんか?
そのデータベース、クラウドで使ってみませんか?
そのデータベース、クラウドで使ってみませんか?
そのデータベース、クラウドで使ってみませんか?
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

そのデータベース、クラウドで使ってみませんか?

116 views

Published on

[2019/8/8(木)大阪]既存のデータベースをクラウドで活用してみませんか?2019 IN 大阪
「そのデータベース、クラウドで使ってみませんか?」
大林 裕明様
日本マイクロソフト株式会社

クラウド&ソリューション事業本部
インテリジェントクラウド統括本部
データ&AI技術営業部
テクノロジーソリューションプロフェッショナル

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

そのデータベース、クラウドで使ってみませんか?

  1. 1. http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/pdf/n2200000.pdf
  2. 2. 5 出典: FIR e. V. at RWTH Aachen University 個別システムで利用さ れたデータ 例 マスター化されて 他システムと連携でき るデータ 何が起こっているか見 えるデータ “見える化” 何が起こっているか解 るデータ “解る化” 何が起こるか予想でき るデータ “備える化” 自律的応答を達成で きるデータ “自己最適化” Excelデータ PDFデータ マスターデータ トランザクションデータ 集計・分析データ ダッシュボード 信号、警告データ シミュレーションデータ 自動軌道修正 深層学習データ 解説
  3. 3. 7 オンプレ? クラウド?
  4. 4. Cloud On Prem.
  5. 5. SQL Server 物理マシン SQL Server Private Cloud 仮想マシン Azure VM上の SQL Server 仮想マシン Azure SQL Database 仮想データベース 仮想化ソフトのVM上の SQL Server 仮想マシン 物理 ストレージ サーバー ネットワーク OS ミドルウエア 仮想化 データ アプリケーション ランタイムユ ー ザ ー 企 業 管 理 仮想/IaaS ストレージ サーバー ネットワーク OS ミドルウエア 仮想化 データ アプリケーション ランタイム ベ ン ダ ー 管 理 ユ ー ザ ー 企 業 管 理 PaaS ストレージ サーバー ネットワーク OS ミドルウエア 仮想化 アプリケーション ランタイム データ ベ ン ダ ー 管 理 ユ ー ザ ー 企 業 管 理 オンプレミス クラウド 10
  6. 6. 11 IaaS ストレージ サーバー ネットワーク Windows SQL Server XXXX 仮想化 データ アプリケーション データベース PaaS ストレージ サーバー ネットワーク OS SQL Database 仮想化 アプリケーション データベース データ 初期導入 Windows Server と SQL Server のインストールされた VM を デプロイする。 もしくは Windows Server の インスールされたVMをデプ ロイし、SQL Server を必要な 構成でインストールする。 初期導入 データベースをデプロイし、 テーブルの作成をする 管理範囲 Windows Server、SQL Server の設定管理 Windows Server、SQL Server のパッチ管理 管理範囲 データベースの設定
  7. 7. 12
  8. 8. Microsoft Azure IaaS 13 Windows Server Windows Server VM PaaS
  9. 9. 14 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd252140.html
  10. 10. 15 冗長構成を考える必要あり 論理データベース Write Write Ack Ack Read value write Ack 自動的に3重化 SLA 99.99%
  11. 11. 16 東日本 非同期 非同期 非同期 西日本 東アジア 米国中央 Read Only Read Write セカンダリ レプリカ セカンダリ レプリカ セカンダリ レプリカ セカンダリ レプリカ プライマリ レプリカ Read Only 非同期 GUI で簡単にGEOレプリケーション構成が可能
  12. 12. 17 自動バックアッ プ ポイントタイム 復元 自動エクスポー ト エクスポート時 点への復元 BLOB ストレージ Bacpac ファイル システムのサービスレベルに合わせてリカ バリタイムを考えてバックアップ/リカバリ 方法を設計し、運用と管理をする必要があ る。 自動で35日間 (価格レベル S0以上) のバックアップを取得
  13. 13. 18
  14. 14. 19 使用率の増加に合わせて必要なリソースを オンデマンドで割り当てることができる。 余剰リソースは発生しない。 今後の利用者増加を考え、リソースが枯渇し ないように最終的に必要なリソースを予測し、 それより多めに H/Wの見積もりをする。 予測するのは難しいがしないとH/Wのサイジ ングができない。
  15. 15. 20 夜間バッチ処理の時にリソースが枯渇しない ように、リソースを多めに H/Wの見積もり をする。 夜間バッチ処理の時だけ、コア数を増やし、 日中は元に戻すといった運用も可能。
  16. 16. 21 IaaS はサイズ変更に再起動が必要 PaaS はサイズ変更をオンラインで可能
  17. 17. 22
  18. 18. 23
  19. 19. 24
  20. 20. 25
  21. 21. 26
  22. 22. 27
  23. 23. 28
  24. 24. 差分更新の方法 連携先にソフトウェアをインストールしたくない データ同期の頻度(ニアリアルタイム)
  25. 25. 31
  26. 26. Cloud On Prem.
  27. 27. NO ダウンタイム 迅速データ移行 移行先インストール不要
  28. 28. 大規模でも シームレスで 高信頼性の 移行を実現 環境を変更せず クラウドに リフト & シフトを 実現
  29. 29. 例えば、オンプレミスの Oracle DB • SQL Server (IaaS / On-Prem) • Azure SQL Database • Azure Database for MySQL • Azure Database for PostgreSQL SQL
  30. 30.  本書に記載した情報は、本書各項目に関する発行日現在の Microsoft の見解を表明するものです。Microsoftは絶えず変化する市場に対応しなければならないため、 ここに記載した情報に対していかなる責務を負うものではなく、提示された情報の信憑性については保証できません。  本書は情報提供のみを目的としています。 Microsoft は、明示的または暗示的を問わず、本書にいかなる保証も与えるものではありません。  すべての当該著作権法を遵守することはお客様の責務です。Microsoftの書面による明確な許可なく、本書の如何なる部分についても、転載や検索システムへの格納または挿入を行うことは、どのような形式または手段(電子的、 機械的、複写、レコーディング、その他)、および目的であっても禁じられています。 これらは著作権保護された権利を制限するものではありません。  Microsoftは、本書の内容を保護する特許、特許出願書、商標、著作権、またはその他の知的財産権を保有する場合があります。Microsoftから書面によるライセンス契約が明確に供給される場合を除いて、本書の提供はこれらの 特許、商標、著作権、またはその他の知的財産へのライセンスを与えるものではありません。 © 2019 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, その他本文中に登場した各製品名は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。 その他、記載されている会社名および製品名は、一般に各社の商標です。

×