【#osh2014】これからのつながる開発環境とその秘訣 (仮)

4,253 views

Published on

2014.02.01 に開催されたオープンセミナー2014@広島での講演資料です。
ワークショップの内容と例のアレについては非公開です。

Published in: Technology

【#osh2014】これからのつながる開発環境とその秘訣 (仮)

  1. 1. これからのつながる開発環境
 とその秘訣 (仮) 長沢 智治 エバンジェリスト アトラシアン株式会社 @tomohn http://re-workstyle.com
  2. 2. About 長沢 智治
  3. 3. About 長沢 智治 1996 2000 Rational Software RUP を中心とした開発プロセス
 とプラットフォームの啓発と
 コンサルティング 2005 Borland CMMI, アジャイルなどのプロセス改善 コンサルティング ALM の啓発活動 インテック ソフトウェア エンジニアとして
 社会人をスタート 開発のライフサイクルをすべて経験 2003 IBM Rational RUP を中心とした開発プロセス
 とプラットフォームの啓発と
 コンサルティング 2007 Microsoft 2014 .NET / ALM のエバンジェリズム
 活動と市場開拓
  4. 4. About 長沢 智治 2007 Microsoft .NET / ALM のエバンジェリズム
 活動と市場開拓 破壊と創造 .NET | Java Client | Server MS | OSS 競合 WF | Agile 開発者 | 管理者 Dev | Ops Startup | Enterprise 2014 ビジネス価値 業界の活性化
  5. 5. About 長沢 智治 2007 Microsoft .NET / ALM のエバンジェリズム
 活動と市場開拓 破壊と創造 活動 .NET | Java Client | Server MS | OSS 競合 WF | Agile 開発者 | 管理者 講演 Dev | Ops 執筆 場 Startup | Enterprise 2014 ビジネス価値 業界の活性化
  6. 6. About 長沢 智治 2007 Microsoft .NET / ALM のエバンジェリズム
 活動と市場開拓 破壊と創造 内容 .NET | Java Client | Server MS | OSS 競合 WF | Agile 開発者 | 管理者 講演 Dev | Ops 執筆 場 Startup | Enterprise 2014 ビジネス価値 業界の活性化
  7. 7. デブサミ 2014 デブサミ 2010 デブサミ 2011 デブサミ 2012 デブサミ 2013 デブサミ関西 2012 デブサミ夏 2013 基調講演 デブサミ関西 2013 デベロッパー戦国時代!
  8. 8. エバンジェリストの役割 現場のために現場とベンダーつなぐ 触媒 エバンジェリスト Customers Community Expert
  9. 9. エバンジェリストのお約束 日本の 現場 によくある実情 忙しい
 (情報に疎くなる) 社内の理解
 (定着と加速へ) 他を知る 
 (= 自分を知る)
  10. 10. エバンジェリストのお約束 講演 / 執筆 ✓ ✓ ✓ ✓ コミュニティ講演 イベント講演 社内セミナー講演 社内報 執筆 情報発信 訪問 / 見学 ✓ ✓ ✓ ✓ 現場訪問 / 助言 ディスカッション PR のお手伝い 知見の共有 ✓ ✓ ✓ ✓ ブログ / SNS 新鮮な情報の提供 継続的コミュニケーション 気軽なコミュニケーション
  11. 11. ビジネス モデル 成長し続ける
  12. 12. This graphic was published by Gartner, Inc. as part of a larger research document and should be evaluated in the context of the entire document. The Gartner document is available upon request from Atlassian.! Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications, and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner's research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner disclaims all warranties, expressed or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose.
  13. 13. 自主規制 自主規制
  14. 14. パートナー様 (Expert) すでに Atlassian 製品を利用されていてそのノウハウと製品を ビジネス展開してくださる方 プロセス改善コンサルやアジャイルコーチなどをされていて 現場で使われている Atlassian 製品もついでビジネスにしてくださる方 サポートエンジニア Atlassian の開発ツールのサポートをしてくださる方 変わった会社でビジネス作りからやってみたい方 ※英語必須 (英語が弱い子がすでに入社してしまったのでがんばって!)
  15. 15. ソフトウェア開発
 の動向
  16. 16. モダン開発環境の進化 IT as a Cost Center IDE IT as a Key Infrastructure 各行程を支援する ALM ALM の一般化 Strategic IT ワークスタイルを変革 する ALM
  17. 17. テクノロジーとビジネス IT as a Cost Center IT as a Key Infrastructure テクノロジーの進化とビジネスへの影響 ✓ 新たな価値を生み出す新技術
 クラウド、マルチデバイス、ビッグデータ ✓ ビジネス、顧客への直接的な貢献
 (ダイレクト タッチ) ✓ 競争の激化 Strategic IT
  18. 18. ビジネスとテクノロジー IT as a Cost Center IT as a Key Infrastructure Strategic IT ビジネス ニーズ ✓ ビジネスを支えるテクノロジー ✓ 市場に追随、市場をリード ✓ 継続的なビジネス価値の提供 ✓ アジリティとガバナンスのバランス ✓ 検査と適応 ✓ 規模の経済の最大化
  19. 19. 意思決定は誰の手に? IT as a Cost Center IT as a Key Infrastructure 開発部門 経営者層 Strategic IT 市場
  20. 20. 顧客開発 (開拓) とコストとリスクの調整 Customer Development Customer Discovery Customer Validation Iteration Customer Creation Company Building Execution
  21. 21. BML ‒ 改善し続けるビジネスと開発へ アイデア LEARN データ BUILD プロダクト MEASURE
  22. 22. 開発の現場は複雑か? 難 ビジネス
 モデル (要求) 無秩序 やや
 複雑 複雑 単純 やや
 複雑 易 実績あり テクノロジー 未経験
  23. 23. 開発現場にあったやり方はどっち? 定義されたプロセス モデル Defined Process Model 例: ✓ 建物の建築 (過去に経験があり、技術も安定している) ✓ ソフトウェア? (過去に存在するものは調達すればよい) 実測駆動なプロセス モデル Empirical Process Model 例: ✓ 新製品開発 (過去に経験がない、ビジネス価値を創出) ✓ ソフトウェア! (新たなチャレンジが多い)
  24. 24. Value 仕掛り
 (WIP) Time 高 ROI 低 ROI
  25. 25. Value 適切な
 仕掛り
 (WIP) Time 定期的 (Time Box)
  26. 26. モダン開発環境の進化 IT as a Key Infrastructure IT as a Cost Center IDE 各行程を支援する
 ALM ALM の一般化 Strategic IT ワークスタイルを変革する ALM
  27. 27. モダン開発環境の進化 BUILD LEARN MEASURE Strategic IT ワークスタイルを変革 する ALM 未経験のやり方と技術 への取り組み ✓ 繰り返し可能 ✓ 知見の顕在化 / 形式知化 ✓ 検査と適応 継続的デリバリー VALUE ✓ 短く定期的なサイクルタイム ✓ フィードバック ループ ✓ ソフトウェアからビジネスへ
  28. 28. モダン開発環境の進化 BUILD LEARN MEASURE 未経験のやり方と技術 への取り組み ✓ 繰り返し可能 ✓ 知見の顕在化 / 形式知化 ✓ 検査と適応 継続的デリバリー VALUE ✓ 短く定期的なサイクルタイム ✓ フィードバック ループ ✓ ソフトウェアからビジネスへ 統制型 マネージメント 自律型 マネージメント
  29. 29. モダン開発環境のバランス 統制 Control 環境 Environment zzz zzz zzz zzz zzz zzz zzz zzz
  30. 30. モダン開発環境の秘訣 モチベーション 目的 / 規律 / 自律 / 見える化 よいものを取り入れる 勇気
  31. 31. DRiVE モチベーション 3.0 ✓ 人! ✓ 自立! ✓ 熟達! ✓ 目的! Autonomy Mastery ✓ 相互作用! ✓ 動くソフトウェア! ✓ 顧客との協調! Purpose ✓ 変更/変化への反応 協調
  32. 32. 人を変えることはできない! 自分 環境
  33. 33. 人を変えることはできない! 幼児 2週間 小中学生 3ヶ月 大学生 半年 おとな 一年以上
  34. 34. 人は、チームは、変わることができる! 協調 環境があれば変わる ポテンシャルはある
  35. 35. ワークショップ さぁ、実際にやってみましょう。 はりきって、どーぞぉ!
  36. 36. ワークショップ 確証バイアス 人は過去の経験をかえることがなかなかできない 建設的相互作用 複数人で体験することで、一般化しようとする事象
  37. 37. モダン開発環境の条件 BUILD LEARN MEASURE 未経験のやり方と技術 への取り組み ✓ 繰り返し可能 ✓ 知見の顕在化 / 形式知化 ✓ 検査と適応 人、やり方 継続的デリバリー VALUE ✓ 短く定期的なサイクルタイム ✓ フィードバック ループ ✓ ソフトウェアからビジネスへ 仕組み、ツール
  38. 38. 開発ツールの勘所 ¦ 価値観と粒度を知る 今後の開発環境の変化: ✓ 作業間のスムーズな移行 ✓ 自動テストの対象の拡大 ✓ リアルタイムな共同作業 ✓ 透明性 Tools for Agility By Kent Beck, June. 2008 http://aka.ms/T4A
  39. 39. 開発ツールの勘所 仕事の流れ (個人視点) やったこと/ えたこと
 やること (作業リスト) (知見、アイデア) やる (成果物)
  40. 40. 開発ツールの勘所 仕事の流れ (個人視点) やったこと/ えたこと
 やること (作業リスト) (知見、アイデア) やる (成果物)
  41. 41. 開発ツールの勘所 仕事の流れ (チーム視点)
  42. 42. 開発ツールの勘所 ¦ 価値観と粒度を知る ビジネス / 企画 開発 / テスト チーム / マネージメント 運用 / ビジネス
  43. 43. 開発ツールの勘所 ¦ 価値観と粒度を知る 粒の大きさ ビジネス / 企画 開発 / テスト チーム / マネージメント 運用 / ビジネス
  44. 44. 開発ツールの勘所 ¦ 価値観と粒度を知る 粒の多さ ビジネス / 企画 開発 / テスト チーム / マネージメント 運用 / ビジネス
  45. 45. 開発ツールの勘所
  46. 46. 開発ツールの勘所の例 (企画と開発の協調へ)
  47. 47. 現場での環境改善の壁 BTS/ITS SCM CI KB ビジネス / 部門 チーム 同じロール (例: 開発者) ロールや なわばり が導入を阻害しやすいパターン
  48. 48. 現場での環境改善の壁 BTS/ITS SCM CI KB ビジネス / 部門 チーム 同じロール (例: 開発者) 成果物とそれらの関連が つながらない パターン
  49. 49. 作業間をつなぐツールによる導入ステップ BTS/ITS SCM CI KB ビジネス / 部門 チーム 同じロール (例: 開発者) 個々の能力を引き出しつつ、無理なく定着を加速させる
  50. 50. 開発者が得るべき透明性 正しいことを、正しく行う これを正しくわかること うそのない
 開発 変化に機敏な
 開発 ビジネス駆動 な開発 自分を磨く
 開発
  51. 51. ご清聴、ありがとうございました! メール: tnagasawa@atlassian.com @tomohn Facebook: Tomoharu.Nagasawa Twitter:

×