【プロ生松山】1日に100回デプロイできる開発環境の作り方 #pronama

74,509 views

Published on

2014年6月14日に愛媛・松山で実施したセッションの資料です。

Published in: Software
0 Comments
14 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
74,509
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
65,524
Actions
Shares
0
Downloads
18
Comments
0
Likes
14
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【プロ生松山】1日に100回デプロイできる開発環境の作り方 #pronama

  1. 1. 通りすがりのエバンジェリスト 長沢 智治 一日に 100 回 デプロイ
 できる開発環境の作り方
  2. 2. 1996 ‒ 2000 インテック Software Engineer 2000 ‒ 2003 Rational Software Engineering Specialist 2003 ‒ 2004 IBM Rational IT Specialist 2005 ‒ 2007 Borland Software Solution Architect 2007 ‒ 2013 Microsoft Evangelist 2014 ‒ Atlassian Evangelist Twitter: @tomohn Facebook: Tomoharu.Nagasawa Blog: re-workstyle.com blogs.itmedia.co.jp/nagap/ japan.blogs.atlassian.com
  3. 3. 小川誉久 氏 オレ 氏 佐藤太郎 氏 高岡大介 氏 大関興治 氏 www.buildinsider.net/column
  4. 4. できるの? 100 回 /日 デプロイ
  5. 5. 開発者ひとりあたりの作業時間 タスクをとる 状況を調べる コードを得る コードを書く コードを返す ビルドする 15 (1 時間30 分) 315 (30 分)132
  6. 6. デプロイまでの作業時間 28 25 (2 時間30 分) 開発者の費やす作業ポイント15 15
  7. 7. 1日の作業時間 15 60 (6 時間) = 開発を 4 回 こなせる 8 時間 / 日 
 ・・・ 2 時間は、打ち合わせや トイレ、 Twitter、Facebook
  8. 8. 1日の作業時間 × 18 人 = 72 回 = 開発を 4 回 こなせる
  9. 9. 1日のデプロイ数 = 100 回!! ×18 人 72 回 プロジェクト作業の 40% は、手戻り 4 回 = Source: CIO Magazine, 2005
  10. 10. 1日のデプロイ数 = 100 回!! ×18 人 72 回 プロジェクト作業の 40% は、手戻り 4 回 = Source: CIO Magazine, 2005
  11. 11. 通りすがりのエバンジェリスト 長沢 智治 一日に 100 回 デプロイ
 できる開発環境の作り方 ご清聴ありがとうございました!
  12. 12. 継続的に価値をデプロイ
 できる開発環境の作り方 通りすがりのエバンジェリスト 長沢 智治
  13. 13. 継続的なビジネス価値とは
  14. 14. 継続的なビジネス価値のために
 開発チームにできること 企画 計画 開発 ビルド デプロイ
  15. 15. Build – Measure - Learn アイデア プロダクトデータ BUILD LEARN MEASURE Source: Lean Startup
  16. 16. Build – Measure - Learn アイデア プロダクトデータ BUILD LEARN MEASURE Source: Lean Startup 企画 計画 開発 ビルド デプロイ
  17. 17. フィードバック ループ プロダクト フィードバック ✓バックログ項目 ✓バグ プランニング
 フィードバック ✓優先順位 ✓スプリント計画 開発
 フィードバック ✓Red – Green - Refactor ✓コードレビュー デイリー
 フィードバック ✓朝会 ビルド (CI) 
 フィードバック ✓ビルド ✓テスト ✓デプロイ 運営
 フィードバック ✓ふりかえり ✓技術的負債 ユーザー
 フィードバック ✓受け入れテスト ✓ビジネス判断 ✓チームに負担をかけてはならない ✓チームが最大限のパフォーマンスを発揮できる環境とは
  18. 18. ユーザーの
 先を見据えた
 開発へ あなたの書いたそのコード、
 価値を実感できていますか?
  19. 19. 松山・大街道 同一ポイントから撮影
  20. 20. やってみよう! ペアになってください
  21. 21. Code Complete I’m done. Feature Complete We’re done.
  22. 22. 企画 計画 開発 ビルド デプロイ DEV STG PRD 各工程を完璧にこなして受け渡す
  23. 23. 企画 計画 開発 ビルド デプロイ DEV STG PRD ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ 各工程を完璧にこなして受け渡す
  24. 24. 企画 計画 開発 ビルド デプロイ DEV STG PRD ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ビジネス駆動で実現できるものから価値を届ける
  25. 25. バリューチェーン を醸成できる環境 ✓ 本業に注力できる環境 ✓ 価値が届く環境 ✓ 正しいことを正しく行える環境
  26. 26. バリューチェーン を醸成できる環境 ✓ 本業に注力できる環境 ✓ 価値が届く環境 ✓ 正しいことを正しく行える環境
  27. 27. 企画 計画 開発 ビルド デプロイ DEV STG PRD ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔
  28. 28. 企画 計画 開発 ビルド デプロイ DEV STG PRD ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔
  29. 29. 企画 計画 開発 ビルド デプロイ DEV STG PRD ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔
  30. 30. 通りすがりのエバンジェリスト 長沢 智治 継続的に価値をデプロイ
 できる開発環境のデモ
  31. 31. DEV STG PRD 現状を知ろう! ➜ あるべき姿へ Let It Go ∼ ありのままで ∼
  32. 32. 世界を変えるものをつくろう! 企画する 計画する 開発する リリースする
  33. 33. アトラシアン ユーザー主体の世界規模のコミュニティ 37ヶ国 141支部 539回の Meetup 日本には、 3つ 支部が活動中 告知のお手伝い SWAG (グッズ) 提供による盛り上げ 開催費用サポート aug.atlassian.com
  34. 34. 横浜みなとみらい マリノスタウン オフィスにぜひ!
  35. 35. Twitter: @tomohn Facebook: Tomoharu.Nagasawa Email: tnagasawa@atlassian.com Blog: re-workstyle.com blogs.itmedia.co.jp/nagap/ japan.blogs.atlassian.com 講演・執筆・現場訪問 / ディスカッション 無償 にて承ります。 http://www.atlassian.com/ja/company/contact ご清聴、ありがとうございました。

×