Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

モデリングの彼方に未来を見た

2,540 views

Published on

2015年8月7日の匠の夏祭りイベントの資料を事前公開します。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

モデリングの彼方に未来を見た

  1. 1. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.
  2. 2. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 株式会社 匠ビジネスプレイス 代表取締役社長 萩本 順三  1990年~  NJKにて、オブジェクト指向開発を行う組織OTG(オブジェクトテクノロジグループ)を設立、様々 な開発案件を行いながら、オブジェクト指向方法論(Drop)を開発、WEB等で広く方法論を中 心に技術情報を配信する  産総研平野博士と共に分散オブジェクト技術(HORB)をオープンソース化、書籍で紹介してい る間にいつの間にか開発を負かされる。プログラミングインタフェースを変えずに、内部アーキテ クチャを刷新。またHORB等の研究開発的領域での方法論活用を試みる  2000年~  オブジェクト指向技術を中心としたエンジニアリングをビジネスに活かす会社として豆蔵を仲間と 設立副社長、CTO、取締役、プロフェッショ ナルフェローなどを務める  ビジネスとITを繋げる手法、要求開発方法論(Openthology)の初版バージョン0.6を策定。その 後要求開発アライアンス理事としいて普及活動に励む  2009年3月までの3年間、総務省行政管理局技術顧問、内閣官房IT室GPMO補佐官として政府の IT化戦略・実施マネジメント(e-japan)に携わる  2009年7月 新たな時代に向けてIT企業、ユーザ企業の改革を支援する企業として匠ビジネス プレイス(匠BP)を設立  2010年~  要求開発方法論の発展形となる匠メソッドを作成し、ビジネス企画・製品企画・業務改革等でコン サルティング・教育を行う。2013年より萩本匠道場を開き後継者育成に励む(現在の匠道場)  慶應義塾大学大学院SDM(システムデザイン・マネジメント学科非常勤講師として匠メソッドを 学生に教える
  3. 3. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.
  4. 4. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 素早く立ち上げる ビジネス価値が検証できている 小さく立ち上げて大きく成長 ビジネスの変化に耐えられる 実現性のリスクが少ない
  5. 5. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. ビジネス企画・運用現状 システム開発 ユーザ企業 開発企業 アジャイル開発 開発マネジメント devOps 将来 システム開発 開発企業 クラウド技術 高速開発技術 プロト提案 ビジネス企画・運用 ユーザ企業 ビジネス企画・運用 ユーザ企業 システム開発 開発企業 プロト提案 ビジネス開発メソッド プロジェクトマネジメント
  6. 6. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. Project 活動 P D C A 予算主導のITプロジェクトの弱点 ■価値を見失う 予算=>工数=>必要機能=>要求爆発 ■クリエィティブな課題に取り組めない ITを有効に活用できない ■人が育たない(ユーザ企業、IT企業) ビジネス慣習
  7. 7. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. ○ビジネス価値 ○ビジネス要求 ○業務モデル (IT活用モデル) ○行動 ビジネス 価値 業務 活動 要求 ビジネスの構造をわかり易く見える化する IT活用 含む
  8. 8. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 価値 創造 価値 業務 活動 要求 Projec t作業 P D C A 第2のループ(実施ループ) ・価値が高く、実現性が容易なプランの形成 第1のループ(価値創造ループ) ・価値を描き・価値共感と価値検証を行う 価値がなく無理無駄の多いプロジェクトを排除 IT活用 含む
  9. 9. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 価値 創造 価値 業務 活動 要求 Projec t作業 P D C A 第2のループ (実施ループ) 第1のループ (価値創造ループ) • 価値創造ループに実施ループが内包される • 匠BPのサービス(匠Method for Salesforce.com) 量から質へ モノからサービス へ 作るから創るへ ビジネスの 意識の変化 作るから組合せるへ クラウド技術 高速開発
  10. 10. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 作用 変化 行動力Up 動機力Up 要求化 価値 証明 価値 要求 活動 現状 理想  業務
  11. 11. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 価値創造 要求構造 活動構造 現状 あるべき姿 行動 ■プロセスモデル ・ビジネスコンテ キストフロー ・ユーザトランザ クション ・内部プロセス ・ユースケース■活動モデル ■要求モデル ■価値モデル ・価値分析モデル ・価値デザインモデル ・ユーザコンセンサスモデル ・要求分析ツリー ・ユースケース図 ・ロードマップ ・ゴール記述書 ・初期プラン
  12. 12. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 作用 変化 行動 要求 化 価値 証明 価値 要求 活動 現状 戦略要求 業務要求 IT要求 要求分析ツリー 価値分析モデル 理想 価値デザインモデル プランニング・ゴール 新業務プロセス 現業務プロセス • クラウド時代のスピーディなビジネス企画・開発 プロト 開発等 戦略的要求の絞り込み 段階的ビジネス開発
  13. 13. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.
  14. 14. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 知識体系 思想体系(匠Think) メソッド体系 活用体系 ベース 思想 知識の具体化 活用 パターン 知識・考え方 具体的なメソッド
  15. 15. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 結果イメージの予測 描く力と作る力の両立 Howからの突き上げ Howのチューニング 目的を考えるだけでは 不足、価値を問う 制御可能で制御価値のあるものから手を付ける 本 質 的 実 践 的 リスクマネジメント イノベーション コンセ プト編 行動編 HAC03 現在の価値と 将来の価値を考える Howの手探り 戦略と実現の線上に 価値は存在する 価値、目的、要求、 すべては描く事からはじめる
  16. 16. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. ◆要求分析ツリー ◆ステークホ ルダモデル ◆価値分析 モデル ◆価値デザイン モデル ◆ビジネスコン テキストフロー ◆SWOT 分析シート ◆匠BSC 戦略マップ ベースモデル 組織モデル ◆ビジネス モデル図 ◆ステークホルダ 価値関連図 ビジネスモデル ◆概念モデル◆ユーザトランザクショ ン ◆内部プロセス ◆プロジェクト シート ◆ゴール記述書 ◆システム ユースケース図 ◆初期プラン ◆ビジネス ユースケース図 共通A.ビジネスアイデアが具体化 ビジネスの仕組み作り B.企業戦略の強化。プロダクトとの 関係性を見える化 C.関連部署が多く、複雑な組織の変革 D.プロジェクトへの 落とし込み E.システム開発への繋ぎ ◆ストーリーボードビジネスコンテキストフローの派生版 ※その他設計モデルと併せて提案 組織モデルの強化 プロジェクトモデル システムモデル
  17. 17. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.
  18. 18. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. ステークホルダ(他人視点)の価値を描く事を努力する事で、既成概念 から脱出し、視野の広いビジネス視点からプロジェクト目的を考える
  19. 19. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 1.プロジェクトゴールの効果 2.プロジェクトの道しるべ 3.プロジェクト完了後の評価軸 4.プロジェクト目的の価値の検証 5.価値とプロジェクト目的の関係付け 6.参加者が価値に目覚め楽しくなる 7.ステークホルダの巻き込み
  20. 20. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. プロジェクトの強みや軸を見える化することで自覚し強くする
  21. 21. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 製品アーキテク チャ 製品コンセプト 製品 ビジョン 方 向 性 何を必要としているのか (Whatの流れ) Howからの突き上げ HowからWhatの創出 ユーザ ニーズとシーズの バランス(調整) Howの手探り Howのチューニング シーズからニーズをプロモーション・ブランド化:情報洪水時代(情報過多)に最も必 要な事! ◆価値分析モデル 価値 目的 ユーザ価値を描き目的 につなげる ビジョン ◆価値デザインモデ ル ストーリー
  22. 22. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. Business Strategic Requirements Businesss Operational Requirements IT System Requirements Financial & Vision level Objectives level Detail Objectives Tactics level Tactics level Concept level Value Design Modelのモデル要素(Vision and Concept)を活用 Value Analysis Modelのモデル要素( Objectives )を活用 Value Analysis Modelの価値文章の手段部分を活用
  23. 23. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. Business Strategic Requirements Businesss Operational Requirements IT System Requirements Financial & Vision level Objectives level Detail Objectives Tactics level Tactics level Concept level Value Design Modelのモデル要素(Vision )を活用 Value Analysis Modelのモデル要素( Objectives )を活用 Value Analysis Modelの価値文章の手段部分を活用 Value Design Modelの モデル要素(Consept ) を活用
  24. 24. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. ■完成された要求分析ツリー 参考
  25. 25. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 25 問題は赤色系 で表します。 フローチャートでは 細かすぎます。ス テークホルダ間の連 携でプロセスを示し ます。 参考
  26. 26. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 26 参考 改善ポイント は青系で示し ます。
  27. 27. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 要求分析ツリーへの反映と完成 新規プロセス(ToBe)の結果と要求分析ツリーへの反映 新規プロセスの見える化によって、新たな要求が発見されることがあります。 新規プロセスで考えた変更点を要求分析ツリーの業務要求とIT要求に突合することで、 抜け漏れがある変更ポイントを○○要求として、要求分析ツリーに反映させます。その要 求が本当に有効かを議論しましょう。 参考
  28. 28. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 28 参考
  29. 29. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 暗黙知の世界 勇気 気づき アイデア発見 発想 匠の技 情熱手法 技術 想い 価値創造 方法 体系化モデル 化 プロセス 技法 ルール化 作法 形式知 の世界 価値の構造 形式知と 暗黙知の淵 アイデア の構造 想いの構造 感情の 見える化 あたりをつける 仮説を持つ 現代的なビジネスメソッド=>スピード感重視 そのためにもあたりをつける
  30. 30. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. ビジネスステークホルダ ステークホルダ価値 ビジョン コンセプト 価値デザインモデル プロジェクト目的 価値分析モデル 戦略要求 業務要求 IT要求 解決策 戦略要求 業務要求 IT要求 戦略要求 業務要求 IT要求 ゴール記述書 活動プラン 価値記述の手段部分 を業務要求やIT要求に 活用する。 あたりをつけることを形式知化 一番外さない法=>価値からデザインする プ ロ ジ ェ ク ト
  31. 31. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 戦略要求 業務要求 IT要求 解決策 要求分析ツリー ビジネスコンテキストフロー ゴール記述書 ユースケース(ビジネス・システム) ビジョン コンセプト 価値 目的 ステークホルダ 機構、構想 プロジェクト 戦略上位層 価値の 仕組み 業務変更 ポイント 業務要求 解決策 =>アクション 業務、IT要求 業務、システム ユースケース 業務要求 価値分析モデル 価値デザインモデル
  32. 32. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 価値分析モデル 価値デザインモデル 戦略要求 業務要求 IT要求 解決策 要求分析ツリー ビジネスコンテキストフロー ゴール記述書 ユースケース(ビジネス・システム) ビジョン コンセプト 価値 目的 ステークホルダ 機構、構想 プロジェクト 戦略上位層 価値の 仕組み 業務変更 ポイント 業務要求 解決策 =>アクション 業務、IT要求 業務、システム ユースケース 業務要求 概念モデル オブジェクト モデル データモデル システムユースケース (+UX) 活用 検証 要求 ビジネス システム
  33. 33. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 要求 設計 開発 (スクラッチ開発) 価 値 要 求 ツ リ | 要求(A) 要求(A) 要求(B) 要求(C) 設 計 開 発 テ ス ト 要 求 ツ リ | 要求(B) 要求(A) 要求(A) 設 計 開 発 テ ス ト 要求(B) 時代と共に 不要となった要求 新たに必要 とされる要求 時代が変わり 不要となった要求 テスト 要求(A) 要求(A) 要求(A) 要求(A) 要求(A) 要求(A) 約60%不良財産 業務・IT 組合開発 要求の優先順 開発2年間 価 値将来 過去 現在 ビジネスアーキテクチャにより、 最小コストで最大価値 将来のアジャイル =>エンタープライズアジャイル (道しるべのあるアジャイル) 更新 価値で要求を 絞り込む!
  34. 34. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.
  35. 35. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 未来 セル型 ビジネス 現在 ウォータフォール型 ビジネス 現在 ウォータフォール型プロセス 未来 セル型プロセス
  36. 36. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. デザインスキル 応用スキル 業務開発スキル 実施ループ価値創造ループ 実施ループ ・プランニング力 ・業務運用知識 ・行動力 ・プロマネ能力 ・価値のデザイン ・要求のデザイン ・プロセスデザイン ・行動デザイン ・具体例を抽象化したモデルへ ・モデルをパターン化 ・パターン化したものから転用 ・プランニング力 ・業務知識 ・業務課題の理解 ・業務設計知識 ・IT開発知識 匠Method 価値 創造 価 値 業 務 行 動 要 求 業務 設計 P D C A 業務 遂行 P D C A 新たなビジネス、サービス、製品の開発
  37. 37. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 人が魅力を感じるモノにはストーリーがある。 日本企業の弱点 => 深層的価値創りが弱い もの 価格 機能性 見た目 デザイン 企業のストーリー (アップル) 創造者のストーリー (ジョブズの生きざま) 製品のストーリー (製品の成長・コンセプト) 製品の活用ストーリー (ライフサイクルにおける活用) 表層的価値 深層的価値 一見してわかる いつの間にか人の 心に忍び込む 価値の 持続性 長い短い iPhoneの例
  38. 38. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. ストーリ力の強化と心地よい価値の形成 …… 企業デザインの例
  39. 39. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 企業デザイン BMWを勝手にデザインしてみた 参考
  40. 40. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 個人の価値をデザインする=>キャリアデザインに活用 智恵の和、橋澤さん 参考
  41. 41. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 戦略的 視点 IT活用の 視点 業務問題 解決の視点 ビジネス にとって 価値のある 要求・要件 要求開発のチーム(コタツ形成)は、チームの 役割だけを示すものではない。参加者全員が3 つの視点を持つ事。 これによって、要求(戦略・業務・IT)を広い視野で考え、取捨選択 するための基礎が形成される。 将来の価値を 取りに行く傾向 現在の価値を 取りに行く傾向 業務部門に戦略的視野 を身につけさせる。 戦略部門に現場の問題 課題を理解させる。 参考
  42. 42. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 戦略的 視点 業務問題 解決の視点
  43. 43. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.
  44. 44. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.
  45. 45. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. お客様ブランドを創る製品の姿 プロダクトコンセプト 機能カテゴリ プロダクトビジョン お客様の未来のビジネス像 誘う 狙う 実現する 支える 未来志向 向かうべき 企業の姿 狙う 実現する 普遍的なビジネス構造 本質化具体化
  46. 46. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 何を….情報 概念 いつどのようにして….シナリオ どんな価値を…嬉しい事 誰が…利害関係者 どの段階で…..プロセス どこで….場所 どんな方法で….手段 表層的、短期的、具体的 側面 何を目的としてObjectives どんなビジョンでVision どんなコンセプトでConcepts どのようなステップでProject Step どんな戦略でStrategy どんな単位でProject Scope 深層的、長期的、抽象的 側面 どんな要求をRequirement
  47. 47. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 何を….情報 概念 いつどのようにして….シナリオ どんな価値を…嬉しい事 誰が…利害関係者 どの段階で…..プロセス どこで….場所 どんな方法で….手段 表層的、短期的、具体的 側面 何を目的としてObjectives どんなビジョンでVision どんなコンセプトでConcepts どのようなステップでProject Step どんな戦略でStrategy どんな単位でProject Scope 深層的、長期的、抽象的 側面 どんな要求をRequirement
  48. 48. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 何を….情報 概念 いつどのようにして….シナリオ どんな価値を…嬉しい事 誰が…利害関係者 どの段階で…..プロセス どこで….場所 どんな方法で….手段 What When Which stage How 表層的、短期的、具体的 側面 何を目的としてObjectives どんなビジョンでVision どんなコンセプトでConcepts どのようなステップでProject Step どんな戦略でStrategy どんな単位でProject Scope 深層的、長期的、抽象的 側面 どんな要求をRequirement ビジネスを企画する際の深堀強化 プロジェクトデザイン力の強化
  49. 49. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. プロダクトビジョン プロダクト コンセプト プロダクト コンセプト コンセプトの進化 プロジェクト1 プロジェクト2 プロジェクト3 要求 (戦略・業務・IT) 要求 (戦略・業務・IT) 要求 (戦略・業務・IT) ステークホルダの価値 常に評価軸 価値の変化 活動(ゴール記述)活動(ゴール記述) 活動(ゴール記述)
  50. 50. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. (プロセス・デザイン力強化) どのような段階にアイデアを深堀りする ポイントが眠っているか?を見抜くため に問題領域のプロセスをすぐさまデザイ ンする能力と方法。 どの段階で…..プロセスWhich stage 試作構想 検証 企画 ここにお宝が… 開発 プロセスモデルの活用 何を….情報 概念What (概念モデルの発見的活用) 例えば○○のマッチングビジネスといったもの を考えた時に、何と何をどのようにマッチング させるか早期に深堀する必要がある。 そこに新しい概念や概念の属性を創造すること が重要となる。
  51. 51. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. ビジネス 用語 ビジネス 用語 ビジネス 概念 目標 原価 実績 原価 標準見積 原価 材料費 人件費 設備費 製造 原価 運転費 計画段階 実際原価 集約関係 売価 販管費 ビジネスアイデアの根本となる概念を発見し、 しっかりと定義せよ!(これがお宝となる) …
  52. 52. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 抽象化の先に ある価値は非常に 具体的であった。 そもそも..と問 いかけることで 上位 レベルの目的の 言葉を見つけ出 す。 資料①
  53. 53. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 前ページの事をよく考えると、「やりたいこと」を具体的な方向と、抽象的な 方向に手さぐりしているだけであった。価値と手段を繋げるのが価値分析 モデルの価値表現である。 価値分析 モデルの 価値表現 ステークホルダ 企業 オーナー 業務 関係者 IT 関係者 ユーザ その他関係者 具体的な価値 シナリオ、シーン 具体的な価値 シナリオ、シーン 具体的な価値 シナリオ、シーン 具体的な価値 シナリオ、シーン 具体的な手段 具体的な手段 具体的な手段 具体的な手段 価値と 手段を 繋げる 価値の手探り HOWの手探り やりたいこと
  54. 54. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 前ページの更なる普遍構造を検討すると、「やりたいこと」を軸に、価値方向性 への具体化(左)、抽象モデル化(右)、目的と手段の連鎖(上下)という構造が見つかる 業務 やりたいこと 戦略 目的方法 手段方法 抽象的な方向へのモデル (要求モデル、プロセスモデル) 具体的な方向へのモデル (価値分析モデル、価値デザインモデル) 抽象化 抽象化 抽象化 具体化 具体化 具体化 IT イメージ 抽象モデル イメージ 抽象モデル イメージ 抽象モデル 要 求 モ デ ル 要 求 分 析 ツ リ ー プロセスモデル ビジネスコンテ キストフロー システム ユースケース ビジネス ユースケース 価値モデル 価値デザイン モデル 要求モデル 要求分析ツリー の戦略要求 価値モデル 価値分析モデル (手段的シナリオ) 価値モデル 価値分析モデル (手段的シナリオ) 活動モデル ゴール記述書
  55. 55. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved.  仮想 の人物(ペルソナ) アイデアを発散させる場の変化(ステークホルダ) 幼児 高齢者 スポーツ観戦者 音楽視聴者 ※IDTF(アイデアル ドメイン トラバースフレームワークモデル) 匠メソッドのゼロベースビジネス開発にて、導入している手法
  56. 56. Copyright (C) 2015 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved. 匠には誰もがなれるわけではない 匠を目指そうとするものだけに、その権利は与えられる ご清聴ありがとうございました hagimoto@takumi-businessplace.co.jp www.takumi-businessplace.co.jp

×