SlideShare a Scribd company logo
~ めとべや #9~
Visual Studio 拡張機能の作り方
五十嵐 祐貴(いがらし ゆうき) @bonprosoft
Microsoft MVP for .NET / Microsoft Student Partners Fellow
サトヤ仙台
自己紹介
• 五十嵐 祐貴 ( @bonprosoft )
• Microsoft MVP for .NET
• Microsoft Student Partners Fellow
• サトヤ仙台 代表
• あおばやまぐらし!
サトヤ仙台
• 仙台発のIT系コミュニティ
o 八巻さん(@yamaki00)
o 木村さん(@kimura016)
o 山本さん(@nnasaki)
o 五十嵐
• ステッカー配布中
このセッションでお伝えしたいこと
• Visual Studio 拡張機能の概要
• Visual Studio 拡張機能の開発方法
まずはアクセス!
• http://goo.gl/rrEjEL
Visual Studio 拡張機能とは
• Visual Studioの拡張を行うツール
o エディタのカスタマイズ,カスタムツールウインドウなど
o Visual Studio内部のイベントも取得可能
• 主要な2つの開発方法
o MEF
o VSPackage
• VSIXファイルとして配布可能
o 中身はただのZIPファイル
開発の主な2本柱
• Managed Extensibility Framework
o 拡張可能なアプリケーションを作成する仕組み
o Visual Studioも2010から採用
 特にエディタ部分などは拡張しやすいような様々な仕組みが
用意
• VSPackage
o Visual Studioの様々な部分をCOMを通して操作
 特にメニューバーやツールバーのカスタマイズには必須
プロジェクトの作成
• Visual Studio 2015からはセッ
トアップでインストール可能に
o 今までは個別にVisual Studio SDKをインス
トールする必要有り
o 2015からはセットアップツールで”Visual
Studio 拡張性ツール”(Visual Studio
Extensibility Tools )を指定することで導入
プロジェクトの作成
Demo
プロジェクトの作成
• テンプレートの刷新
o Roslynなども組み合わせて1
つのVSIXソリューションへ
o 項目を追加すると自動的に
vsixmanifestファイルを調整
簡単な拡張機能の構築
Demo
開発に役立つリンク集
• Extensibility in Visual Studio
o https://msdn.microsoft.com/en-us/library/dn919654.aspx
o Visual Studio SDKやRoslyn拡張についてのドキュメント
• Visual Studio SDK Reference
o https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb166217.aspx
o 拡張機能で使うことの出来る各種クラス/インターフェ
イスのリファレンス
開発に役立つリンク集
• Get Started with Extending Visual Studio
o https://msdn.microsoft.com/en-us/vstudio/ff677564
o 各種ドキュメントへの見やすいリンク集
ところで…
Q. MEFもVSPackageも使いたい!どうすれば?
A. Visual Studio shellを使いましょう
o https://msdn.microsoft.com/en-
us/library/vstudio/dd884850(v=vs.140).aspx

More Related Content

What's hot

フロー効率性とリソース効率性について #xpjug
フロー効率性とリソース効率性について #xpjugフロー効率性とリソース効率性について #xpjug
フロー効率性とリソース効率性について #xpjug
Itsuki Kuroda
 
MagicOnion入門
MagicOnion入門MagicOnion入門
MagicOnion入門
torisoup
 
やはりお前らのMVCは間違っている
やはりお前らのMVCは間違っているやはりお前らのMVCは間違っている
やはりお前らのMVCは間違っている
Koichi Tanaka
 
30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版
30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版
30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版
Naoki (Neo) SATO
 
Spring Social でソーシャルログインを実装する
Spring Social でソーシャルログインを実装するSpring Social でソーシャルログインを実装する
Spring Social でソーシャルログインを実装する
Rakuten Group, Inc.
 
はじめようARCore:自己位置推定・平面検出・FaceTracking
はじめようARCore:自己位置推定・平面検出・FaceTrackingはじめようARCore:自己位置推定・平面検出・FaceTracking
はじめようARCore:自己位置推定・平面検出・FaceTracking
Takashi Yoshinaga
 
KubeConRecap_nakamura.pdf
KubeConRecap_nakamura.pdfKubeConRecap_nakamura.pdf
KubeConRecap_nakamura.pdf
Hitachi, Ltd. OSS Solution Center.
 
Springを何となく使ってる人が抑えるべきポイント
Springを何となく使ってる人が抑えるべきポイントSpringを何となく使ってる人が抑えるべきポイント
Springを何となく使ってる人が抑えるべきポイント
土岐 孝平
 
コールバックと戦う話
コールバックと戦う話コールバックと戦う話
コールバックと戦う話
torisoup
 
OpenCVを用いた画像処理入門
OpenCVを用いた画像処理入門OpenCVを用いた画像処理入門
OpenCVを用いた画像処理入門
uranishi
 
FIDO2 ~ パスワードのいらない世界へ
FIDO2 ~ パスワードのいらない世界へFIDO2 ~ パスワードのいらない世界へ
FIDO2 ~ パスワードのいらない世界へ
FIDO Alliance
 
【出張ヒストリア2019】COLORSプロジェクトフォトグラメトリに挑戦してみた!
【出張ヒストリア2019】COLORSプロジェクトフォトグラメトリに挑戦してみた!【出張ヒストリア2019】COLORSプロジェクトフォトグラメトリに挑戦してみた!
【出張ヒストリア2019】COLORSプロジェクトフォトグラメトリに挑戦してみた!
historia_Inc
 
今更聞けないOAuth2.0
今更聞けないOAuth2.0今更聞けないOAuth2.0
今更聞けないOAuth2.0
Takahiro Sato
 
なぜOpenID Connectが必要となったのか、その歴史的背景
なぜOpenID Connectが必要となったのか、その歴史的背景なぜOpenID Connectが必要となったのか、その歴史的背景
なぜOpenID Connectが必要となったのか、その歴史的背景
Tatsuo Kudo
 
若輩エンジニアから見たUniRxを利用したゲーム開発
若輩エンジニアから見たUniRxを利用したゲーム開発若輩エンジニアから見たUniRxを利用したゲーム開発
若輩エンジニアから見たUniRxを利用したゲーム開発
Hirohito Morinaga
 
先進的なルックデベロップメント
先進的なルックデベロップメント先進的なルックデベロップメント
先進的なルックデベロップメント
エピック・ゲームズ・ジャパン Epic Games Japan
 
【Photon勉強会】1時間でわかるプラグイン開発とその実際(2017/3/23講演)
【Photon勉強会】1時間でわかるプラグイン開発とその実際(2017/3/23講演)【Photon勉強会】1時間でわかるプラグイン開発とその実際(2017/3/23講演)
【Photon勉強会】1時間でわかるプラグイン開発とその実際(2017/3/23講演)
Photon運営事務局
 
KeycloakのDevice Flow、CIBAについて
KeycloakのDevice Flow、CIBAについてKeycloakのDevice Flow、CIBAについて
KeycloakのDevice Flow、CIBAについて
Hiroyuki Wada
 
iOSアプリ UIテスト自動化入門
iOSアプリ UIテスト自動化入門iOSアプリ UIテスト自動化入門
iOSアプリ UIテスト自動化入門
Shingo Tamaki
 
サーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろう
サーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろうサーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろう
サーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろう
Daisuke Masubuchi
 

What's hot (20)

フロー効率性とリソース効率性について #xpjug
フロー効率性とリソース効率性について #xpjugフロー効率性とリソース効率性について #xpjug
フロー効率性とリソース効率性について #xpjug
 
MagicOnion入門
MagicOnion入門MagicOnion入門
MagicOnion入門
 
やはりお前らのMVCは間違っている
やはりお前らのMVCは間違っているやはりお前らのMVCは間違っている
やはりお前らのMVCは間違っている
 
30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版
30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版
30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版
 
Spring Social でソーシャルログインを実装する
Spring Social でソーシャルログインを実装するSpring Social でソーシャルログインを実装する
Spring Social でソーシャルログインを実装する
 
はじめようARCore:自己位置推定・平面検出・FaceTracking
はじめようARCore:自己位置推定・平面検出・FaceTrackingはじめようARCore:自己位置推定・平面検出・FaceTracking
はじめようARCore:自己位置推定・平面検出・FaceTracking
 
KubeConRecap_nakamura.pdf
KubeConRecap_nakamura.pdfKubeConRecap_nakamura.pdf
KubeConRecap_nakamura.pdf
 
Springを何となく使ってる人が抑えるべきポイント
Springを何となく使ってる人が抑えるべきポイントSpringを何となく使ってる人が抑えるべきポイント
Springを何となく使ってる人が抑えるべきポイント
 
コールバックと戦う話
コールバックと戦う話コールバックと戦う話
コールバックと戦う話
 
OpenCVを用いた画像処理入門
OpenCVを用いた画像処理入門OpenCVを用いた画像処理入門
OpenCVを用いた画像処理入門
 
FIDO2 ~ パスワードのいらない世界へ
FIDO2 ~ パスワードのいらない世界へFIDO2 ~ パスワードのいらない世界へ
FIDO2 ~ パスワードのいらない世界へ
 
【出張ヒストリア2019】COLORSプロジェクトフォトグラメトリに挑戦してみた!
【出張ヒストリア2019】COLORSプロジェクトフォトグラメトリに挑戦してみた!【出張ヒストリア2019】COLORSプロジェクトフォトグラメトリに挑戦してみた!
【出張ヒストリア2019】COLORSプロジェクトフォトグラメトリに挑戦してみた!
 
今更聞けないOAuth2.0
今更聞けないOAuth2.0今更聞けないOAuth2.0
今更聞けないOAuth2.0
 
なぜOpenID Connectが必要となったのか、その歴史的背景
なぜOpenID Connectが必要となったのか、その歴史的背景なぜOpenID Connectが必要となったのか、その歴史的背景
なぜOpenID Connectが必要となったのか、その歴史的背景
 
若輩エンジニアから見たUniRxを利用したゲーム開発
若輩エンジニアから見たUniRxを利用したゲーム開発若輩エンジニアから見たUniRxを利用したゲーム開発
若輩エンジニアから見たUniRxを利用したゲーム開発
 
先進的なルックデベロップメント
先進的なルックデベロップメント先進的なルックデベロップメント
先進的なルックデベロップメント
 
【Photon勉強会】1時間でわかるプラグイン開発とその実際(2017/3/23講演)
【Photon勉強会】1時間でわかるプラグイン開発とその実際(2017/3/23講演)【Photon勉強会】1時間でわかるプラグイン開発とその実際(2017/3/23講演)
【Photon勉強会】1時間でわかるプラグイン開発とその実際(2017/3/23講演)
 
KeycloakのDevice Flow、CIBAについて
KeycloakのDevice Flow、CIBAについてKeycloakのDevice Flow、CIBAについて
KeycloakのDevice Flow、CIBAについて
 
iOSアプリ UIテスト自動化入門
iOSアプリ UIテスト自動化入門iOSアプリ UIテスト自動化入門
iOSアプリ UIテスト自動化入門
 
サーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろう
サーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろうサーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろう
サーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろう
 

Viewers also liked

Azure MLで何かやる
Azure MLで何かやるAzure MLで何かやる
Azure MLで何かやる
Yuki Igarashi
 
Azure MLで機械学習をやってみよう
Azure MLで機械学習をやってみようAzure MLで機械学習をやってみよう
Azure MLで機械学習をやってみよう
Ryuichi Tokugami
 
Tuning maniax 2014 2nd stage Windows Server 2012 R2編
Tuning maniax 2014 2nd stage Windows Server 2012 R2編Tuning maniax 2014 2nd stage Windows Server 2012 R2編
Tuning maniax 2014 2nd stage Windows Server 2012 R2編
Kazumi Hirose
 
Microsoft Azureの機械学習サービス (Azure Machine Learning/Microsoft Cognitive Services)
Microsoft Azureの機械学習サービス (Azure Machine Learning/Microsoft Cognitive Services)Microsoft Azureの機械学習サービス (Azure Machine Learning/Microsoft Cognitive Services)
Microsoft Azureの機械学習サービス (Azure Machine Learning/Microsoft Cognitive Services)
Naoki (Neo) SATO
 
//publish/ MSPTutorial 応用編
//publish/ MSPTutorial 応用編//publish/ MSPTutorial 応用編
//publish/ MSPTutorial 応用編
Yuki Igarashi
 
EXTREME AZURE 2
EXTREME AZURE 2EXTREME AZURE 2
EXTREME AZURE 2
Yuki Igarashi
 
君も今日からWebMatrixMan(仮)
君も今日からWebMatrixMan(仮)君も今日からWebMatrixMan(仮)
君も今日からWebMatrixMan(仮)
Yuki Igarashi
 
Introduction to VSCode
Introduction to VSCodeIntroduction to VSCode
Introduction to VSCode
Yuki Igarashi
 
VBCPP - ICT+R 2012
VBCPP - ICT+R 2012VBCPP - ICT+R 2012
VBCPP - ICT+R 2012
Yuki Igarashi
 
Visual Studio付きWindowsインスタンスの利用方法
Visual Studio付きWindowsインスタンスの利用方法Visual Studio付きWindowsインスタンスの利用方法
Visual Studio付きWindowsインスタンスの利用方法
Yuki Igarashi
 
Kinect v2を通してMicrosoft技術を考える
Kinect v2を通してMicrosoft技術を考えるKinect v2を通してMicrosoft技術を考える
Kinect v2を通してMicrosoft技術を考える
Yuki Igarashi
 
わんくま同盟大阪勉強会 Vol.68 - Visual Studio Code 拡張機能作成入門
わんくま同盟大阪勉強会 Vol.68 - Visual Studio Code 拡張機能作成入門わんくま同盟大阪勉強会 Vol.68 - Visual Studio Code 拡張機能作成入門
わんくま同盟大阪勉強会 Vol.68 - Visual Studio Code 拡張機能作成入門
TATSUYA HAYAMIZU
 
論文紹介:The wavelet matrix
論文紹介:The wavelet matrix論文紹介:The wavelet matrix
論文紹介:The wavelet matrix
Yuki Igarashi
 
続・Kinect v2を通してMicrosoft技術を考える
続・Kinect v2を通してMicrosoft技術を考える続・Kinect v2を通してMicrosoft技術を考える
続・Kinect v2を通してMicrosoft技術を考える
Yuki Igarashi
 
🍻(Beer Mug)の読み方を考える(mecab-ipadic-NEologdのUnicode 絵文字対応)
🍻(Beer Mug)の読み方を考える(mecab-ipadic-NEologdのUnicode 絵文字対応)🍻(Beer Mug)の読み方を考える(mecab-ipadic-NEologdのUnicode 絵文字対応)
🍻(Beer Mug)の読み方を考える(mecab-ipadic-NEologdのUnicode 絵文字対応)
Toshinori Sato
 
大学3年生の僕に伝えたいことをつらつらと
大学3年生の僕に伝えたいことをつらつらと大学3年生の僕に伝えたいことをつらつらと
大学3年生の僕に伝えたいことをつらつらと
Toshinori Sato
 
Microsoft Azure 概要
Microsoft Azure 概要Microsoft Azure 概要
Microsoft Azure 概要
Yuki Igarashi
 
それっぽく感じる機械学習
それっぽく感じる機械学習それっぽく感じる機械学習
それっぽく感じる機械学習
Yuki Igarashi
 
2014 08-30 life with roslyn
2014 08-30 life with roslyn2014 08-30 life with roslyn
2014 08-30 life with roslyn
shibuki
 
20150608 初心者によるazure machinelearning入門
20150608 初心者によるazure machinelearning入門20150608 初心者によるazure machinelearning入門
20150608 初心者によるazure machinelearning入門Toshiyuki Manabe
 

Viewers also liked (20)

Azure MLで何かやる
Azure MLで何かやるAzure MLで何かやる
Azure MLで何かやる
 
Azure MLで機械学習をやってみよう
Azure MLで機械学習をやってみようAzure MLで機械学習をやってみよう
Azure MLで機械学習をやってみよう
 
Tuning maniax 2014 2nd stage Windows Server 2012 R2編
Tuning maniax 2014 2nd stage Windows Server 2012 R2編Tuning maniax 2014 2nd stage Windows Server 2012 R2編
Tuning maniax 2014 2nd stage Windows Server 2012 R2編
 
Microsoft Azureの機械学習サービス (Azure Machine Learning/Microsoft Cognitive Services)
Microsoft Azureの機械学習サービス (Azure Machine Learning/Microsoft Cognitive Services)Microsoft Azureの機械学習サービス (Azure Machine Learning/Microsoft Cognitive Services)
Microsoft Azureの機械学習サービス (Azure Machine Learning/Microsoft Cognitive Services)
 
//publish/ MSPTutorial 応用編
//publish/ MSPTutorial 応用編//publish/ MSPTutorial 応用編
//publish/ MSPTutorial 応用編
 
EXTREME AZURE 2
EXTREME AZURE 2EXTREME AZURE 2
EXTREME AZURE 2
 
君も今日からWebMatrixMan(仮)
君も今日からWebMatrixMan(仮)君も今日からWebMatrixMan(仮)
君も今日からWebMatrixMan(仮)
 
Introduction to VSCode
Introduction to VSCodeIntroduction to VSCode
Introduction to VSCode
 
VBCPP - ICT+R 2012
VBCPP - ICT+R 2012VBCPP - ICT+R 2012
VBCPP - ICT+R 2012
 
Visual Studio付きWindowsインスタンスの利用方法
Visual Studio付きWindowsインスタンスの利用方法Visual Studio付きWindowsインスタンスの利用方法
Visual Studio付きWindowsインスタンスの利用方法
 
Kinect v2を通してMicrosoft技術を考える
Kinect v2を通してMicrosoft技術を考えるKinect v2を通してMicrosoft技術を考える
Kinect v2を通してMicrosoft技術を考える
 
わんくま同盟大阪勉強会 Vol.68 - Visual Studio Code 拡張機能作成入門
わんくま同盟大阪勉強会 Vol.68 - Visual Studio Code 拡張機能作成入門わんくま同盟大阪勉強会 Vol.68 - Visual Studio Code 拡張機能作成入門
わんくま同盟大阪勉強会 Vol.68 - Visual Studio Code 拡張機能作成入門
 
論文紹介:The wavelet matrix
論文紹介:The wavelet matrix論文紹介:The wavelet matrix
論文紹介:The wavelet matrix
 
続・Kinect v2を通してMicrosoft技術を考える
続・Kinect v2を通してMicrosoft技術を考える続・Kinect v2を通してMicrosoft技術を考える
続・Kinect v2を通してMicrosoft技術を考える
 
🍻(Beer Mug)の読み方を考える(mecab-ipadic-NEologdのUnicode 絵文字対応)
🍻(Beer Mug)の読み方を考える(mecab-ipadic-NEologdのUnicode 絵文字対応)🍻(Beer Mug)の読み方を考える(mecab-ipadic-NEologdのUnicode 絵文字対応)
🍻(Beer Mug)の読み方を考える(mecab-ipadic-NEologdのUnicode 絵文字対応)
 
大学3年生の僕に伝えたいことをつらつらと
大学3年生の僕に伝えたいことをつらつらと大学3年生の僕に伝えたいことをつらつらと
大学3年生の僕に伝えたいことをつらつらと
 
Microsoft Azure 概要
Microsoft Azure 概要Microsoft Azure 概要
Microsoft Azure 概要
 
それっぽく感じる機械学習
それっぽく感じる機械学習それっぽく感じる機械学習
それっぽく感じる機械学習
 
2014 08-30 life with roslyn
2014 08-30 life with roslyn2014 08-30 life with roslyn
2014 08-30 life with roslyn
 
20150608 初心者によるazure machinelearning入門
20150608 初心者によるazure machinelearning入門20150608 初心者によるazure machinelearning入門
20150608 初心者によるazure machinelearning入門
 

Similar to Visual Studio 拡張機能の作り方

Microsoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめ
Microsoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめMicrosoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめ
Microsoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめ
TomomitsuKusaba
 
インフラエンジニアに送るVSCode 入門
インフラエンジニアに送るVSCode 入門インフラエンジニアに送るVSCode 入門
インフラエンジニアに送るVSCode 入門
Shinsuke Saito
 
Visual Studio UserのためのMicrosoft Learn入門
Visual Studio UserのためのMicrosoft Learn入門Visual Studio UserのためのMicrosoft Learn入門
Visual Studio UserのためのMicrosoft Learn入門
Akiyoshi Tsuchida
 
Microsoft Stream について
Microsoft Stream についてMicrosoft Stream について
Microsoft Stream について
Takanori Tsuruta
 
俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)
俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)
俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)
Yuuki Namikawa
 
Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021
Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021
Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021
Rie Moriguchi
 
Microsoft Team Foundation Service 入門
Microsoft Team Foundation Service 入門Microsoft Team Foundation Service 入門
Microsoft Team Foundation Service 入門
You&I
 
User groupandfuture
User groupandfutureUser groupandfuture
User groupandfuture
Takao Tetsuro
 
マイクロソフトにおけるエバンジェリズム活動
マイクロソフトにおけるエバンジェリズム活動マイクロソフトにおけるエバンジェリズム活動
マイクロソフトにおけるエバンジェリズム活動
Osamu Monoe
 
Uno Platform か Blazor
Uno Platform か BlazorUno Platform か Blazor
Uno Platform か Blazor
Hiroyuki Mori
 
LightSwitchでWebアプリ開発
LightSwitchでWebアプリ開発LightSwitchでWebアプリ開発
LightSwitchでWebアプリ開発
Yoshitaka Seo
 
Microsoft Viva Insights Overview 概要.pdf
Microsoft Viva Insights Overview 概要.pdfMicrosoft Viva Insights Overview 概要.pdf
Microsoft Viva Insights Overview 概要.pdf
ayako uruno
 
目的を持って楽しく仕事をしよう Let's work with objectives happily
目的を持って楽しく仕事をしよう Let's work with objectives happily目的を持って楽しく仕事をしよう Let's work with objectives happily
目的を持って楽しく仕事をしよう Let's work with objectives happily
YOSHITSUGU MIYAZAKI
 
Microsoft Teams で Web ミーティング
Microsoft Teams で Web ミーティングMicrosoft Teams で Web ミーティング
Microsoft Teams で Web ミーティング
Hirofumi Ota
 
ドメイン『駆動』『開発』
ドメイン『駆動』『開発』ドメイン『駆動』『開発』
ドメイン『駆動』『開発』
Hiroshi Maekawa
 
COD2013 Windows Azure Mobile Service を用いたiOS/Android開発
COD2013 Windows Azure Mobile Service を用いたiOS/Android開発COD2013 Windows Azure Mobile Service を用いたiOS/Android開発
COD2013 Windows Azure Mobile Service を用いたiOS/Android開発
Masaki Yamamoto
 
スマートフォンアプリエンジニアのための最新プロトタイピング講座
スマートフォンアプリエンジニアのための最新プロトタイピング講座スマートフォンアプリエンジニアのための最新プロトタイピング講座
スマートフォンアプリエンジニアのための最新プロトタイピング講座
HiroyukiHirota
 
Comcamp 2016 Okayama VSTS
Comcamp 2016 Okayama VSTSComcamp 2016 Okayama VSTS
Comcamp 2016 Okayama VSTS
sady_nitro
 
DevLove(20140124)
DevLove(20140124)DevLove(20140124)
DevLove(20140124)
Haruo Sato
 
【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化
【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化
【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化
智治 長沢
 

Similar to Visual Studio 拡張機能の作り方 (20)

Microsoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめ
Microsoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめMicrosoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめ
Microsoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめ
 
インフラエンジニアに送るVSCode 入門
インフラエンジニアに送るVSCode 入門インフラエンジニアに送るVSCode 入門
インフラエンジニアに送るVSCode 入門
 
Visual Studio UserのためのMicrosoft Learn入門
Visual Studio UserのためのMicrosoft Learn入門Visual Studio UserのためのMicrosoft Learn入門
Visual Studio UserのためのMicrosoft Learn入門
 
Microsoft Stream について
Microsoft Stream についてMicrosoft Stream について
Microsoft Stream について
 
俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)
俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)
俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)
 
Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021
Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021
Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021
 
Microsoft Team Foundation Service 入門
Microsoft Team Foundation Service 入門Microsoft Team Foundation Service 入門
Microsoft Team Foundation Service 入門
 
User groupandfuture
User groupandfutureUser groupandfuture
User groupandfuture
 
マイクロソフトにおけるエバンジェリズム活動
マイクロソフトにおけるエバンジェリズム活動マイクロソフトにおけるエバンジェリズム活動
マイクロソフトにおけるエバンジェリズム活動
 
Uno Platform か Blazor
Uno Platform か BlazorUno Platform か Blazor
Uno Platform か Blazor
 
LightSwitchでWebアプリ開発
LightSwitchでWebアプリ開発LightSwitchでWebアプリ開発
LightSwitchでWebアプリ開発
 
Microsoft Viva Insights Overview 概要.pdf
Microsoft Viva Insights Overview 概要.pdfMicrosoft Viva Insights Overview 概要.pdf
Microsoft Viva Insights Overview 概要.pdf
 
目的を持って楽しく仕事をしよう Let's work with objectives happily
目的を持って楽しく仕事をしよう Let's work with objectives happily目的を持って楽しく仕事をしよう Let's work with objectives happily
目的を持って楽しく仕事をしよう Let's work with objectives happily
 
Microsoft Teams で Web ミーティング
Microsoft Teams で Web ミーティングMicrosoft Teams で Web ミーティング
Microsoft Teams で Web ミーティング
 
ドメイン『駆動』『開発』
ドメイン『駆動』『開発』ドメイン『駆動』『開発』
ドメイン『駆動』『開発』
 
COD2013 Windows Azure Mobile Service を用いたiOS/Android開発
COD2013 Windows Azure Mobile Service を用いたiOS/Android開発COD2013 Windows Azure Mobile Service を用いたiOS/Android開発
COD2013 Windows Azure Mobile Service を用いたiOS/Android開発
 
スマートフォンアプリエンジニアのための最新プロトタイピング講座
スマートフォンアプリエンジニアのための最新プロトタイピング講座スマートフォンアプリエンジニアのための最新プロトタイピング講座
スマートフォンアプリエンジニアのための最新プロトタイピング講座
 
Comcamp 2016 Okayama VSTS
Comcamp 2016 Okayama VSTSComcamp 2016 Okayama VSTS
Comcamp 2016 Okayama VSTS
 
DevLove(20140124)
DevLove(20140124)DevLove(20140124)
DevLove(20140124)
 
【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化
【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化
【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化
 

Recently uploaded

論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...
論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...
論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...
Toru Tamaki
 
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
chiefujita1
 
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさJSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
0207sukipio
 
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
t m
 
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援しますキンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
Takayuki Nakayama
 
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
harmonylab
 
TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024
TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024
TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024
Matsushita Laboratory
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
Toru Tamaki
 
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
Matsushita Laboratory
 
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアルLoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
CRI Japan, Inc.
 

Recently uploaded (10)

論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...
論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...
論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...
 
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
 
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさJSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
 
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
 
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援しますキンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
 
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
 
TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024
TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024
TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
 
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
 
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアルLoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
 

Visual Studio 拡張機能の作り方