SlideShare a Scribd company logo
1 of 43
Post MOOC と日本の大学経営 
武蔵学園小野成志 
2014年11月6日筑波大学東京キャンパス
あらまし 
• MOOCとは何か? 
• Post MOOCの動向 
• 今後何が起こるか?
武蔵学園概要 
学校法人 
根津育英会武蔵学園 
法人事務局 
専任教職員数:約250名 
武蔵高校・中学武蔵大学・大学院 
学生数:約1,000名学生数:約4,200名 
経済学部人文学部社会学部 
所在:東京都練馬区 
設立:1921年9月 
創設者:根津嘉一郎 
理事長:根津公一 
学長:山㟢哲哉 
校長:梶取弘昌 
沿革: 
1921 根津育英会設立 
1922 旧制七年制武蔵高校開校 
1948 新制武蔵高校開設 
1949 新制武蔵中学開設 
新制武蔵大学開設 
1969 人文学部増設 
大学院設置 
1998 社会学部増設 
2013 根津育英会武蔵学園に改称
オープンエデュケーションの歴史 
2001 Fathom 
2002 OCW OER 
2006 Khan Academy 
2008 MOOC 
2012 MOOCs 
講義ツール 
提供 
講義公開 
教材共有 
講座開講 
コロンビア大学 
有償のe-learningサービス 
2003.3に終了 
1,490万ドル投資、収入70万ドル 
OpenCourceWare 
• MITから 
• 講義のインターネット無償公開 
Open Educational Resources 
• ユネスコで採択 
• 学習オブジェクトの共有 
学習機会の拡大 
多様な教育の提供 
個人投資家により開始 
マイクロレクチャに特徴 
4
2001 Fathom 
2002 OCW OER 
2006 Khan Academy 
2008 MOOC 
MOOCs 
システム 
提供 
講義公開/教材共有 
講座開講 
修了証発行2012 
5 
オープンエデュケーションの潮流 
日本のオープンエデュケーション 
TIE 
S 
SOI 
JOCW 
1996 
1997 
2005 
世界のオープンエデュケーション 
講義公開に止まっている
Openの時代 
• Eの時代 
– 20世紀最後の10年 
– 電子化の時代:e-learning, e-commerce, e-government 
• Oの時代 
– 21世紀の最初の10年 
– Openの時代 
• Cの時代 
– 2010年代 
– Collaboration, Collectivity, Communities 
京都大学飯吉透氏による
Kern Academy 
• MOOCの起源 
– 高等教育では無い 
– Massiveと言える受講者・コミュニティ 
– 完全にOpen 
• マイクロレクチャ 
– 10分単位の講義 
• 欠けているもの 
– コース、修了証
Higher Education in the USA 
8 
The College Wage Premium 
• Increasing Advancement Rate 
• Sharp Increase in Tuition 
• State Governments in Financial Difficulty
The Revolution of Mooc 9 
2001 
Fathom 
2008 
cMOOC 
2006 
Khan 
Academy 
2002 
OCW 
OER 
2012 
xMOOC 
Education Education 
Traditional University MOOCs 
Education 
Abolish the Monopoly of Higher Education
There will only be 10 universities in the future and that 
Udacity has a shot at being one of them.. 
Sebastian Thrun 
http://www.wired.com/wiredscience/2012/03/ff_aiclass/all/ 
Udacity has a 
shot at being 
one of them..
September 18, 2012 by George Siemens 
xED Book 
a book about education stuff, moocs, etc. Retrieved August 1, 2014, from http://www.xedbook.com/?p=54
MOOCs and the Traditional University Model 
Face-to-face lecture Method Lecture video 
Teacher Guided study Learning community 
Campus Platform LMS 
Credits Authentication Certification or badges 
$16,000(public)- $37,000(private) Tuition Fees Free or low cost 
12 
Traditional University MOOCs
Abolish the Monopoly of Higher Education 13 
Education for everyone 
Traditional University MOOCs
The Revolution of Mooc 
14 
Destructive event 
Higher Education 2013-
The MOOC hype cycle 
15 
The year of 
the MOOC 
2012 2014 
the MOOC 
in 2014
An End of the MOOCs Era 
 For universities 
MOOCs are not a serious threat. 
 For companies 
Budges or accreditation of MOOCs are fallen 
short of expectations. 
 For learners 
It's surprisingly difficult. 
17
MOOCと高等教育 
• 物理的なキャンパスをもつ伝統的な大学対オ 
ンライン教育 
– ブレンド型学習、反転授業 
• 対面教育対オンライン教育 
– コンピテンシー 
– アダプティブ 
• 大学の解体(アンバンドリング化)
Online Learning Experiment 
“European Economics” at a certain University in 
2005 using LMS 
Students made a choice between on-campus or onine 
course 
19 
←On-campus was chosen 
by140 students 
↓Online was chosen by 60 
students 
Learning with a teacher 
Learning 
without a 
teacher
Online Education Impact 
20 
Online students 
One-sided High Achiever 
Low High 
Grade
A Similar Finding at Udacity 
“…scores for a group of about 200 Stanford 
students who took a particular course, along 
with some 23,000 who completed it on 
Udacity, and found that the top 412 were all 
online students, with the best Stanford 
student coming in at No. 413.” 
21 
Presumably independent of challenge 
levels or academic abilities
The post-MOOC Era 
22
Rise in Post MOOCs 
Blended learning 
– Harvard plans to boldly go with SPOCs 
• SPOCs : Small Private Online Courses 
– Other 
• OOC : (Massive) Open Online Courses 
• MOC : Massive (Open) Online Courses 
Online learning 
– Udacity's corporate training 
– MIT’s professional MOOC in big data 
– Coursera’s Specializations 
23
24 
New Approaches in Two Ways 
MOOCs 
Pure online learning 
For 
the school 
For 
the company 
Blended learning
Amazon.com of higher education 
• Southern New Hampshire Universities’ online 
division 
– Direct assessment competency-based education 
– You can get what you wants 
25 
Fast, Cheap and 
Convenient
Online division 
• Southern New Hampshire University 
– Five years ago, it was a struggling 2000-student private 
school. 
– Today, it’s the Amazon.com of higher education. 
– The school’s burgeoning online division has 180 different 
programs with an enrollment of 34,000. 
– It provides fast, cheap and convenient learning by 
competency-based education. 
26 
Challenge such as SNHU
コンピテンシーとは? 
人がある領域で成果を上げようとするために必要な全ての要素 
特徴 
• 知識・スキル・知恵・態度・コミュニケーション能力など 
• 多くが潜在(見えない)能力である 
• 立場や状況に依存する 
• 所属している社会や組織に依存する 
Ten-Competence:Lifelong Competence Development and Learning 
Rob Koper & Marcus Specht, Open University of The Netherlands, The Netherlands 
コンピテンシー開発は難しい 
しかし、知識やスキル、成果に対して 
注釈(意味づけ)を付与できる。
コンピテンシーでアノテーション 
研究者に 
なりたい 
ITエンジニア 
になりたい 
BIG DATAを 
利用したい 
自分のルーツ 
を知りたい 
税理士に 
なりたい 
家庭菜園を 
したい 
地域医療を 
改善したい 
海外に 
すみたい 
日本書紀に 
興味がある 
効率化 
コンピテンシー 
Start 
Goal
Direct Assessment Competency-based 
Plant 
Operator 
Programs 
Tier 6‐8 –Occupation‐Specific 
Electrical 
Technician 
Mechanical 
Technician 
Instrument 
& Control 
Technician 
Alternate 
Fuel 
Technicians 
Lineworker 
Substation 
Technician 
Engineering 
Technician 
Relay 
Technician 
Natural Gas 
Technology 
Business 
Fundamentals 
Tier 4 – Industry‐Wide Technical Competencies 
Teamwork 
Tier 5 – Industry‐Wide Technical 
Following 
Directions 
Planning, 
Organizing & 
Scheduling 
Problem Solving 
Decision Making 
Ethics 
Employability & 
Entrepreneurship 
Skills 
Working with Basic 
Hand & Power Tools 
& Technology 
Mathematics 
Locating, 
Reading & Using 
Information 
Writing Listening Speaking 
Engineering & 
Technology 
Critical & 
Analytical 
Thinking 
Science Information 
Technology 
Interpersonal 
Skills 
Integrity Professionalism Reputation Motivation 
Dependability 
& Reliability 
Self‐ 
Development 
Flexibility & 
Adaptability 
Ability To 
Learn 
Non‐Nuclear Generation 
(Coal, Natural Gas, Oil, Hydro, 
Solar, Wind, BioFuel, Geothermal) 
Nuclear Generation 
Electric 
Transmission & 
Distribution 
Gas Transmission 
& Distribution 
Safety Awareness 
Industry Principles 
& Concepts 
Environmental 
Laws & 
Regulations 
Quality Control & 
Continuous 
Improvement 
Troubleshooting 
Tier 3 –Workplace Competencies 
Tier 2 – Academic Competencies 
Tier 1 – Personal Effectiveness 
http://charlotteusa.com
コンピテンシーベースの役割分担 
学習活動を評価して 
コンピテンシーを 
設定する人達 
学習する人達 
知識を提供する人達
SNHUの教員の例 
• オンラインコース20コース担当 
– 週4コマ〜5コマ 
– 教科書とシラバスは大学側で用意 
– 学生へのフィードバックは72時間以内に 
• 給与 
– 基本給$55,000 
– コース当たり$2,200 
• 研究業績は問わない
講義のマイクロ化 
• MIT 
– XSeries 
• Udacity 
– Nanodegree 
• Courcera 
– Specialication
大学解体(unbundle) 
• コースの解体 
• 教員の役割の細分化 
• 物理的な施設とオンライン
授業料後払い大学 
• 受講後気に入ったコースの修了証を取得 
• 百万人単位の受講生を想定 
• 恐らく成立するのは一つの大学だけ
The Educational Scene in Japan 
35
Open Educationの波は日本に来るか 
• 言語の壁 
– 高等教育を母語でできる数少ない国 
– 急速に乗り越えられつつある 
• 政府、高等教育機関 
– 既得権益、族議員 
– 文部科学省の「役割」 
– 過保護、ガラパゴス 
• TPP対旧弊な制度という構図 
– 教育はTPPの対象では無い 
– 自由化要求は様々な形でやってくる 
36
MOOC Provider 
37 
Imitate MIT, Harvard 
Second Step 
MOOCs 
Japanese MOOCs... 
( not JMOOC) 
Late action?
Accept the whole 
Do nothing 
• MOOCs are over 
• Nothing to fear from MOOCs 
• Ignore the MOOCs 
• Shut our eyes to MOOCs 
• An ostrich burying its head in the sand 
38 
Yet easy way of 
securing students?
39 
Post-MOOC! 
Undock 
MOOCs
高等教育機関へのインパクト 
• 大学教育 
– 一般講義はMOOC(OE)で十分 
– 実習(およびブレンド型学習)だけが残る? 
• オンライン教育で人件費を節約 
– 財政難への対応 
• オープン化 
– 社会に出ても役に立たない講義に授業料を投資するこ 
とに対する批判への対抗 
• 研究 
– 日本の大学である必要があるのか 
– 世界上位ランキングの大学だけが意味を持つ 
40
Sobering Prospects for Higher Education 
in Japan 
41 
• Hiring good workers at low cost 
Traditional recruitment 
methods 
Newly hired university 
graduate in a degree-oriented 
society 
No degree 
Future recruitment 
methods 
• Enough credit for 
professional badges 
• Easy grading on 
personal efficiency by 
online learning
50年後の日本の高等教育機関 
• 該当無し 
(中国・米国へ) 
• 実習・反転授業 
– Virtual化で消滅? 
• 学位発行機関 
– 大学評価・学位授与機構 
• コンテンツ提供機関 
– OUJ? 
42 
伝統的な研究大学教育系大学
post MOOCと日本の大学経営

More Related Content

Similar to post MOOCと日本の大学経営

オープンエデュケーション(CoSTEP講義)
オープンエデュケーション(CoSTEP講義)オープンエデュケーション(CoSTEP講義)
オープンエデュケーション(CoSTEP講義)
Katsusuke Shigeta
 
Introduction for CHiLO (part 2)
Introduction for CHiLO (part 2)Introduction for CHiLO (part 2)
Introduction for CHiLO (part 2)
NPO CCC-TIES
 
「デジタル・メディアによる大学の変容または消滅」(2013年2月28日、 千葉大学アカデミック・リンク・セミナー(2012年度第5回) )
「デジタル・メディアによる大学の変容または消滅」(2013年2月28日、 千葉大学アカデミック・リンク・セミナー(2012年度第5回) )「デジタル・メディアによる大学の変容または消滅」(2013年2月28日、 千葉大学アカデミック・リンク・セミナー(2012年度第5回) )
「デジタル・メディアによる大学の変容または消滅」(2013年2月28日、 千葉大学アカデミック・リンク・セミナー(2012年度第5回) )
Syun Tutiya
 

Similar to post MOOCと日本の大学経営 (20)

オープンエデュケーション(CoSTEP講義)
オープンエデュケーション(CoSTEP講義)オープンエデュケーション(CoSTEP講義)
オープンエデュケーション(CoSTEP講義)
 
オープンエデュケーション(CoSTEP講義)
オープンエデュケーション(CoSTEP講義)オープンエデュケーション(CoSTEP講義)
オープンエデュケーション(CoSTEP講義)
 
山梨大学FD研修会
山梨大学FD研修会山梨大学FD研修会
山梨大学FD研修会
 
Introduction for CHiLO (part 2)
Introduction for CHiLO (part 2)Introduction for CHiLO (part 2)
Introduction for CHiLO (part 2)
 
MOOCのこれまでとこれから(世界の動向と日本の課題)
MOOCのこれまでとこれから(世界の動向と日本の課題)MOOCのこれまでとこれから(世界の動向と日本の課題)
MOOCのこれまでとこれから(世界の動向と日本の課題)
 
MOOCとラーニングコモンズの融合
MOOCとラーニングコモンズの融合MOOCとラーニングコモンズの融合
MOOCとラーニングコモンズの融合
 
2012年度AXIES年次大会 CSD部会企画セッション(1)
2012年度AXIES年次大会 CSD部会企画セッション(1)2012年度AXIES年次大会 CSD部会企画セッション(1)
2012年度AXIES年次大会 CSD部会企画セッション(1)
 
教育改善に向けた学習履歴データ 活用の可能性と課題
教育改善に向けた学習履歴データ活用の可能性と課題教育改善に向けた学習履歴データ活用の可能性と課題
教育改善に向けた学習履歴データ 活用の可能性と課題
 
Moodleを利用した学校ポータルサイト構築の事例紹介とネットワーク化の提案
Moodleを利用した学校ポータルサイト構築の事例紹介とネットワーク化の提案Moodleを利用した学校ポータルサイト構築の事例紹介とネットワーク化の提案
Moodleを利用した学校ポータルサイト構築の事例紹介とネットワーク化の提案
 
韓国の教育情報化の進捗
韓国の教育情報化の進捗韓国の教育情報化の進捗
韓国の教育情報化の進捗
 
2016kyoto(0821)open
2016kyoto(0821)open2016kyoto(0821)open
2016kyoto(0821)open
 
進化するCHiLO
進化するCHiLO進化するCHiLO
進化するCHiLO
 
学習分析学会ミートアップ:マイクロクレデンシャルとラーイングアナリティクス
学習分析学会ミートアップ:マイクロクレデンシャルとラーイングアナリティクス学習分析学会ミートアップ:マイクロクレデンシャルとラーイングアナリティクス
学習分析学会ミートアップ:マイクロクレデンシャルとラーイングアナリティクス
 
edxコース運営報告(石井助手)
edxコース運営報告(石井助手)edxコース運営報告(石井助手)
edxコース運営報告(石井助手)
 
「デジタル・メディアによる大学の変容または消滅」(2013年2月28日、 千葉大学アカデミック・リンク・セミナー(2012年度第5回) )
「デジタル・メディアによる大学の変容または消滅」(2013年2月28日、 千葉大学アカデミック・リンク・セミナー(2012年度第5回) )「デジタル・メディアによる大学の変容または消滅」(2013年2月28日、 千葉大学アカデミック・リンク・セミナー(2012年度第5回) )
「デジタル・メディアによる大学の変容または消滅」(2013年2月28日、 千葉大学アカデミック・リンク・セミナー(2012年度第5回) )
 
大阪大学におけるPloneの活用事例
大阪大学におけるPloneの活用事例大阪大学におけるPloneの活用事例
大阪大学におけるPloneの活用事例
 
Plone for ou
Plone for ouPlone for ou
Plone for ou
 
実際の講座制作について 〜「オープンエデュケーションと未来の学び」
実際の講座制作について〜「オープンエデュケーションと未来の学び」実際の講座制作について〜「オープンエデュケーションと未来の学び」
実際の講座制作について 〜「オープンエデュケーションと未来の学び」
 
20130224立命館シンポジウム
20130224立命館シンポジウム20130224立命館シンポジウム
20130224立命館シンポジウム
 
Nagaya 20120107
Nagaya 20120107Nagaya 20120107
Nagaya 20120107
 

More from NPO CCC-TIES

OUJ MOOC based on CHiLO
OUJ MOOC based on CHiLO OUJ MOOC based on CHiLO
OUJ MOOC based on CHiLO
NPO CCC-TIES
 

More from NPO CCC-TIES (20)

The Role of Internal Audit in Resilience and DX in Japanese Universities
The Role of Internal Audit in Resilience and DX in Japanese UniversitiesThe Role of Internal Audit in Resilience and DX in Japanese Universities
The Role of Internal Audit in Resilience and DX in Japanese Universities
 
Learning economy using blockchain
Learning economy using blockchainLearning economy using blockchain
Learning economy using blockchain
 
Education on the Blockchain
Education on the BlockchainEducation on the Blockchain
Education on the Blockchain
 
Audit of Human Resource Management
Audit of Human Resource ManagementAudit of Human Resource Management
Audit of Human Resource Management
 
教員と職員のこれから from now on faculty and administrative staff
教員と職員のこれから from now on faculty and administrative staff教員と職員のこれから from now on faculty and administrative staff
教員と職員のこれから from now on faculty and administrative staff
 
教員と職員のこれから
教員と職員のこれから教員と職員のこれから
教員と職員のこれから
 
私立大学のクラウド
私立大学のクラウド私立大学のクラウド
私立大学のクラウド
 
A development of an Online Education System using Mobile Ad Hoc Networks
A development of an Online Education System using Mobile Ad Hoc NetworksA development of an Online Education System using Mobile Ad Hoc Networks
A development of an Online Education System using Mobile Ad Hoc Networks
 
E-learning Award 2015 at Sola City, Ochanomizu, Japan
E-learning Award 2015 at Sola City, Ochanomizu, JapanE-learning Award 2015 at Sola City, Ochanomizu, Japan
E-learning Award 2015 at Sola City, Ochanomizu, Japan
 
About CHiLO & NPO CCC-TIES
About CHiLO & NPO CCC-TIESAbout CHiLO & NPO CCC-TIES
About CHiLO & NPO CCC-TIES
 
Introduction for CHiLO (part 3)
Introduction for CHiLO (part 3)Introduction for CHiLO (part 3)
Introduction for CHiLO (part 3)
 
Introduction for CHiLO (part 1)
Introduction for CHiLO (part 1)Introduction for CHiLO (part 1)
Introduction for CHiLO (part 1)
 
axies-csd_20_feb_2015
axies-csd_20_feb_2015axies-csd_20_feb_2015
axies-csd_20_feb_2015
 
OUJ MOOC based on CHiLO
OUJ MOOC based on CHiLO OUJ MOOC based on CHiLO
OUJ MOOC based on CHiLO
 
Axies csdv2
Axies csdv2Axies csdv2
Axies csdv2
 
学習情報基盤の構築
学習情報基盤の構築学習情報基盤の構築
学習情報基盤の構築
 
A micronized vle for large scale online courses v3
A micronized vle for large scale online courses v3A micronized vle for large scale online courses v3
A micronized vle for large scale online courses v3
 
Tiesv8ご紹介2.1
Tiesv8ご紹介2.1Tiesv8ご紹介2.1
Tiesv8ご紹介2.1
 
Tiesコミュニティの役割v2.3
Tiesコミュニティの役割v2.3Tiesコミュニティの役割v2.3
Tiesコミュニティの役割v2.3
 
2012年5大学担当者会議
2012年5大学担当者会議2012年5大学担当者会議
2012年5大学担当者会議
 

post MOOCと日本の大学経営

  • 1. Post MOOC と日本の大学経営 武蔵学園小野成志 2014年11月6日筑波大学東京キャンパス
  • 2. あらまし • MOOCとは何か? • Post MOOCの動向 • 今後何が起こるか?
  • 3. 武蔵学園概要 学校法人 根津育英会武蔵学園 法人事務局 専任教職員数:約250名 武蔵高校・中学武蔵大学・大学院 学生数:約1,000名学生数:約4,200名 経済学部人文学部社会学部 所在:東京都練馬区 設立:1921年9月 創設者:根津嘉一郎 理事長:根津公一 学長:山㟢哲哉 校長:梶取弘昌 沿革: 1921 根津育英会設立 1922 旧制七年制武蔵高校開校 1948 新制武蔵高校開設 1949 新制武蔵中学開設 新制武蔵大学開設 1969 人文学部増設 大学院設置 1998 社会学部増設 2013 根津育英会武蔵学園に改称
  • 4. オープンエデュケーションの歴史 2001 Fathom 2002 OCW OER 2006 Khan Academy 2008 MOOC 2012 MOOCs 講義ツール 提供 講義公開 教材共有 講座開講 コロンビア大学 有償のe-learningサービス 2003.3に終了 1,490万ドル投資、収入70万ドル OpenCourceWare • MITから • 講義のインターネット無償公開 Open Educational Resources • ユネスコで採択 • 学習オブジェクトの共有 学習機会の拡大 多様な教育の提供 個人投資家により開始 マイクロレクチャに特徴 4
  • 5. 2001 Fathom 2002 OCW OER 2006 Khan Academy 2008 MOOC MOOCs システム 提供 講義公開/教材共有 講座開講 修了証発行2012 5 オープンエデュケーションの潮流 日本のオープンエデュケーション TIE S SOI JOCW 1996 1997 2005 世界のオープンエデュケーション 講義公開に止まっている
  • 6. Openの時代 • Eの時代 – 20世紀最後の10年 – 電子化の時代:e-learning, e-commerce, e-government • Oの時代 – 21世紀の最初の10年 – Openの時代 • Cの時代 – 2010年代 – Collaboration, Collectivity, Communities 京都大学飯吉透氏による
  • 7. Kern Academy • MOOCの起源 – 高等教育では無い – Massiveと言える受講者・コミュニティ – 完全にOpen • マイクロレクチャ – 10分単位の講義 • 欠けているもの – コース、修了証
  • 8. Higher Education in the USA 8 The College Wage Premium • Increasing Advancement Rate • Sharp Increase in Tuition • State Governments in Financial Difficulty
  • 9. The Revolution of Mooc 9 2001 Fathom 2008 cMOOC 2006 Khan Academy 2002 OCW OER 2012 xMOOC Education Education Traditional University MOOCs Education Abolish the Monopoly of Higher Education
  • 10. There will only be 10 universities in the future and that Udacity has a shot at being one of them.. Sebastian Thrun http://www.wired.com/wiredscience/2012/03/ff_aiclass/all/ Udacity has a shot at being one of them..
  • 11. September 18, 2012 by George Siemens xED Book a book about education stuff, moocs, etc. Retrieved August 1, 2014, from http://www.xedbook.com/?p=54
  • 12. MOOCs and the Traditional University Model Face-to-face lecture Method Lecture video Teacher Guided study Learning community Campus Platform LMS Credits Authentication Certification or badges $16,000(public)- $37,000(private) Tuition Fees Free or low cost 12 Traditional University MOOCs
  • 13. Abolish the Monopoly of Higher Education 13 Education for everyone Traditional University MOOCs
  • 14. The Revolution of Mooc 14 Destructive event Higher Education 2013-
  • 15. The MOOC hype cycle 15 The year of the MOOC 2012 2014 the MOOC in 2014
  • 16.
  • 17. An End of the MOOCs Era  For universities MOOCs are not a serious threat.  For companies Budges or accreditation of MOOCs are fallen short of expectations.  For learners It's surprisingly difficult. 17
  • 18. MOOCと高等教育 • 物理的なキャンパスをもつ伝統的な大学対オ ンライン教育 – ブレンド型学習、反転授業 • 対面教育対オンライン教育 – コンピテンシー – アダプティブ • 大学の解体(アンバンドリング化)
  • 19. Online Learning Experiment “European Economics” at a certain University in 2005 using LMS Students made a choice between on-campus or onine course 19 ←On-campus was chosen by140 students ↓Online was chosen by 60 students Learning with a teacher Learning without a teacher
  • 20. Online Education Impact 20 Online students One-sided High Achiever Low High Grade
  • 21. A Similar Finding at Udacity “…scores for a group of about 200 Stanford students who took a particular course, along with some 23,000 who completed it on Udacity, and found that the top 412 were all online students, with the best Stanford student coming in at No. 413.” 21 Presumably independent of challenge levels or academic abilities
  • 23. Rise in Post MOOCs Blended learning – Harvard plans to boldly go with SPOCs • SPOCs : Small Private Online Courses – Other • OOC : (Massive) Open Online Courses • MOC : Massive (Open) Online Courses Online learning – Udacity's corporate training – MIT’s professional MOOC in big data – Coursera’s Specializations 23
  • 24. 24 New Approaches in Two Ways MOOCs Pure online learning For the school For the company Blended learning
  • 25. Amazon.com of higher education • Southern New Hampshire Universities’ online division – Direct assessment competency-based education – You can get what you wants 25 Fast, Cheap and Convenient
  • 26. Online division • Southern New Hampshire University – Five years ago, it was a struggling 2000-student private school. – Today, it’s the Amazon.com of higher education. – The school’s burgeoning online division has 180 different programs with an enrollment of 34,000. – It provides fast, cheap and convenient learning by competency-based education. 26 Challenge such as SNHU
  • 27. コンピテンシーとは? 人がある領域で成果を上げようとするために必要な全ての要素 特徴 • 知識・スキル・知恵・態度・コミュニケーション能力など • 多くが潜在(見えない)能力である • 立場や状況に依存する • 所属している社会や組織に依存する Ten-Competence:Lifelong Competence Development and Learning Rob Koper & Marcus Specht, Open University of The Netherlands, The Netherlands コンピテンシー開発は難しい しかし、知識やスキル、成果に対して 注釈(意味づけ)を付与できる。
  • 28. コンピテンシーでアノテーション 研究者に なりたい ITエンジニア になりたい BIG DATAを 利用したい 自分のルーツ を知りたい 税理士に なりたい 家庭菜園を したい 地域医療を 改善したい 海外に すみたい 日本書紀に 興味がある 効率化 コンピテンシー Start Goal
  • 29. Direct Assessment Competency-based Plant Operator Programs Tier 6‐8 –Occupation‐Specific Electrical Technician Mechanical Technician Instrument & Control Technician Alternate Fuel Technicians Lineworker Substation Technician Engineering Technician Relay Technician Natural Gas Technology Business Fundamentals Tier 4 – Industry‐Wide Technical Competencies Teamwork Tier 5 – Industry‐Wide Technical Following Directions Planning, Organizing & Scheduling Problem Solving Decision Making Ethics Employability & Entrepreneurship Skills Working with Basic Hand & Power Tools & Technology Mathematics Locating, Reading & Using Information Writing Listening Speaking Engineering & Technology Critical & Analytical Thinking Science Information Technology Interpersonal Skills Integrity Professionalism Reputation Motivation Dependability & Reliability Self‐ Development Flexibility & Adaptability Ability To Learn Non‐Nuclear Generation (Coal, Natural Gas, Oil, Hydro, Solar, Wind, BioFuel, Geothermal) Nuclear Generation Electric Transmission & Distribution Gas Transmission & Distribution Safety Awareness Industry Principles & Concepts Environmental Laws & Regulations Quality Control & Continuous Improvement Troubleshooting Tier 3 –Workplace Competencies Tier 2 – Academic Competencies Tier 1 – Personal Effectiveness http://charlotteusa.com
  • 30. コンピテンシーベースの役割分担 学習活動を評価して コンピテンシーを 設定する人達 学習する人達 知識を提供する人達
  • 31. SNHUの教員の例 • オンラインコース20コース担当 – 週4コマ〜5コマ – 教科書とシラバスは大学側で用意 – 学生へのフィードバックは72時間以内に • 給与 – 基本給$55,000 – コース当たり$2,200 • 研究業績は問わない
  • 32. 講義のマイクロ化 • MIT – XSeries • Udacity – Nanodegree • Courcera – Specialication
  • 33. 大学解体(unbundle) • コースの解体 • 教員の役割の細分化 • 物理的な施設とオンライン
  • 34. 授業料後払い大学 • 受講後気に入ったコースの修了証を取得 • 百万人単位の受講生を想定 • 恐らく成立するのは一つの大学だけ
  • 35. The Educational Scene in Japan 35
  • 36. Open Educationの波は日本に来るか • 言語の壁 – 高等教育を母語でできる数少ない国 – 急速に乗り越えられつつある • 政府、高等教育機関 – 既得権益、族議員 – 文部科学省の「役割」 – 過保護、ガラパゴス • TPP対旧弊な制度という構図 – 教育はTPPの対象では無い – 自由化要求は様々な形でやってくる 36
  • 37. MOOC Provider 37 Imitate MIT, Harvard Second Step MOOCs Japanese MOOCs... ( not JMOOC) Late action?
  • 38. Accept the whole Do nothing • MOOCs are over • Nothing to fear from MOOCs • Ignore the MOOCs • Shut our eyes to MOOCs • An ostrich burying its head in the sand 38 Yet easy way of securing students?
  • 40. 高等教育機関へのインパクト • 大学教育 – 一般講義はMOOC(OE)で十分 – 実習(およびブレンド型学習)だけが残る? • オンライン教育で人件費を節約 – 財政難への対応 • オープン化 – 社会に出ても役に立たない講義に授業料を投資するこ とに対する批判への対抗 • 研究 – 日本の大学である必要があるのか – 世界上位ランキングの大学だけが意味を持つ 40
  • 41. Sobering Prospects for Higher Education in Japan 41 • Hiring good workers at low cost Traditional recruitment methods Newly hired university graduate in a degree-oriented society No degree Future recruitment methods • Enough credit for professional badges • Easy grading on personal efficiency by online learning
  • 42. 50年後の日本の高等教育機関 • 該当無し (中国・米国へ) • 実習・反転授業 – Virtual化で消滅? • 学位発行機関 – 大学評価・学位授与機構 • コンテンツ提供機関 – OUJ? 42 伝統的な研究大学教育系大学