SlideShare a Scribd company logo
ハンズオン:CloudFormerを使い、現シ
     ステムをテンプレートで保存する。




ARAKI Yasuhiro
取り上げるパターン

v 基本のパターン
•  Stamp Pattern
•  Bootstrap Pattern
•  Stack Deployment Pattern


                          ARAKI Yasuhiro
このハンズオンのための準備

v ⾃自分のAWSシステム
 v Route53,  ELB,  RDS,  EC2を使います
v インストール
 v CloudFormation(CFN)のコマンドラインツール
   (必須)
 v テキストエディタ(必須)
 v JSONエディタ(任意)

                          ARAKI Yasuhiro
CloudFormationのコマンドラインツール

v https://s3.amazonaws.com/cloudformation-‐‑‒cli/
   AWSCloudFormation-‐‑‒cli.zip




                                  ARAKI Yasuhiro
進め⽅方

v VPCをコンソールでEccubeをつかった
  3Tier  Webサイトを作ります
v 同じことを実現する
  CFNT(CloudFormation  Template)を
  作ります


                     ARAKI Yasuhiro
テンプレート

v https://s3-‐‑‒ap-‐‑‒northeast-‐‑‒1.amazonaws.com/
   arakisa/CloudFormation/eccube-‐‑‒araki-‐‑‒
   classic09.json  
   v ⾃自分のシステムが無い⽅方は、これを起動してシステムをつくっ
      ておきましょう。




                                     ARAKI Yasuhiro
Stampパターン
            v ブート領領域⽤用のEBSおよび、
               仮想サーバが利利⽤用している
               全てのEBSをそのまま保存
               する形でAmazon  Machine  
               Image  (AMI)を作成できる。
            v AMIから同⼀一設定のEC2イ
               ンスタンスを⼤大量量に⽤用意で
               きる。  



                 ARAKI Yasuhiro
マネージメントコンソールでAMI作成




             ARAKI Yasuhiro
AMIに“Image  Name”をつける




                ARAKI Yasuhiro
作成したAMIの確認




             ARAKI Yasuhiro
Bootstrapパターン

                v AMIの⼀一部を修正し
                   て使⽤用する。
                 v user-‐‑‒data
                 v cloud-‐‑‒init




                       ARAKI Yasuhiro
user-‐‑‒dataを試す

#!/bin/sh
yum  install  httpd  -‐‑‒y     シバンから始まった内容のときは
                                シェルスクリプトとして動作する	
service  httpd  start

v 内容の確認
   curl  http://169.254.169.254/latest/user-‐‑‒data  

                                 ARAKI Yasuhiro
user-‐‑‒data




               ARAKI Yasuhiro
Cloud-‐‑‒init

v Linuxでのシステム管理理のためによく⾏行行わ
  れる作業のための書式
     v packages:
     v runcmd:

全容の確認について
http://bazaar.launchpad.net/~∼cloud-‐‑‒init-‐‑‒dev/cloud-‐‑‒init/trunk/files/441/doc/examples/


                                                              ARAKI Yasuhiro
cloud-‐‑‒initを試す
#cloud-‐‑‒config
packages:
-‐‑‒  httpd
-‐‑‒  git
  
runcmd:
-‐‑‒  [  /etc/init.d/httpd,  restart  ]




                                          ARAKI Yasuhiro
cloud-‐‑‒configを試す




                    ARAKI Yasuhiro
Stack  Deploymentパターン

              v システム単位で実施
              v CloudFormationテン
                 プレートを⽤用意
                v ⼀一発で作成できる。
                v ⼀一度度に削除できる  




                   ARAKI Yasuhiro
CloudFormationテンプレート作成3種

v AWS  CloudFormation  User  Guideを読む
v http://aws.amazon.com/jp/
   cloudformation/aws-‐‑‒cloudformation-‐‑‒
   templates/のサンプル流流⽤用
v CloudFormerを使う⽅方法  
  v AWSリソースからCloudFormationテンプレート
    を作成する

                            ARAKI Yasuhiro
CloudFormer

v http://bit.ly/TokyoCloudFormer




                         ARAKI Yasuhiro
IAMの許可




         ARAKI Yasuhiro
Cloudformerの準備(確認)




               ARAKI Yasuhiro
準備

v S3のバケット
v AWS上のシステム
 v EC2+ELBあたりがおすすめ




                  ARAKI Yasuhiro
CloudFormerの使⽤用




                     URLをクリックする	




                  ARAKI Yasuhiro
リージョンの選択




           ARAKI Yasuhiro
テンプレートに含めたいリソースの選択

v Route53,  ELB,  EC2,  RDS,  Security  
  Group..のように含めたいリソースを選択
v 漏漏れにはやり直せばいいので気楽に。




                          ARAKI Yasuhiro
サマリの確認




         問題なければ	
  Con(nue	
  を選ぶ	




                  ARAKI Yasuhiro
S3にテンプレート保存




  S3内のファイルを確認しましょう	
                       ARAKI Yasuhiro
⾃自習

v 作成したCFTからシステム再現してみよう
 1.  元のシステムを動かしたまま
 2.  別のリージョンへの再現




                ARAKI Yasuhiro
CloudFormerから⼀一歩進むために

v 本ハンズオンで使うCFT
 v http://arakisa.s3.amazonaws.com/
   CloudFormation/eccube-‐‑‒araki-‐‑‒
   classic01.json
   v そのままでは動きません!修正して使います。




                          ARAKI Yasuhiro
CloudFormerから⼀一歩進むために

v CloudFormerでは。。
  v 同じ設定の単純繰り返し
  v ⼀一部⼿手作業の必要性
→CloudFormationテンプレートを修正しよう!
  1.    AMIの指定
  2.    パラメータの追加と利利⽤用
  3.    user-‐‑‒dataの追加
  4.    R53をつかってELBのCNAMEを⼀一定に

                         ARAKI Yasuhiro
AMIの指定

v “ImageId”:  “ami-‐‑‒     "instanceib3ba90b3":  {
                                      "Type":  "AWS::EC2::Instance",
   xxxxxx”  を修正                       "Properties":  {
                                          "AvailabilityZone":  "ap-‐‑‒northeast-‐‑‒1a",
   v ⾃自分が作成したAMI                         "DisableApiTermination":  "FALSE",
      IDに変更更                              "ImageId":  "ami-‐‑‒9057e591",
                                          "InstanceType":  "m1.small",
                                          "KernelId":  "aki-‐‑‒44992845",
                                          "Monitoring":  "true",




                                          ARAKI Yasuhiro
Parametersの指定

v ELBが使⽤用し、Route53に登録するFQDNを指定
   するためのSiteURL。
v eccubeが使⽤用するインスタンスタイプを選択する
   ためのInstanceType。
v RDS
 v バックアップ時間を決めるBackupWindow
 v データベース接続に使うユーザ名を指定する  DBUser
 v データベース接続に使うパスワードを指定すDBPass

                   ARAKI Yasuhiro
パラメータの追加

v https://gist.github.com/armaniacs/
  4752642#file-‐‑‒parameters-‐‑‒json




                         ARAKI Yasuhiro
user-‐‑‒dataの追加

v AWS::EC2::Instance中で”UserData”を
  使うとuser-‐‑‒dataを指定可能
v AMI中の/home/ec2-‐‑‒user/cdp/eccube/
  data/config/config.php  に含まれる内容
  を新たに設定したSiteURLやデータベース
  ユーザで置換する

                       ARAKI Yasuhiro
user-‐‑‒dataの追加(2)

v https://gist.github.com/armaniacs/
  4752642#file-‐‑‒userdata-‐‑‒json




                         ARAKI Yasuhiro
R53をつかってELBのCNAMEを一定に	

v ⽬目的:システムに別々のDNS名を与えて、
  システム単位でのテストを⾏行行う
v ⽅方法
   v “AWS::Route53::RecordSet”の決め打ちし
     ているFQDNをSiteURLを使うように変更更
https://gist.github.com/armaniacs/4752642#file-‐‑‒
r53-‐‑‒params-‐‑‒json

                                 ARAKI Yasuhiro
編集後のCFTの確認
 v 指定したパラメータは、cfn-‐‑‒validate-‐‑‒
    templateコマンドを使って確認  
     v PARAMETERSで指定したパラメータが表⽰示され
       ているか?
$ cfn-validate-template --template-file ファイル名	
 
PARAMETERS SiteURL           xxxxx.araki.in false Name of a FQDN for ec-site.	
 
PARAMETERS BackupWindow 18:30-19:00 false The daily time range during
      which automated backups	
 
PARAMETERS DBPass             eccube_db      false RDS password	
 
PARAMETERS InstanceType m1.small              false WebServer EC2 instance type	
 
PARAMETERS DBUser             eccube_db      false RDS user	
 
                                                  ARAKI Yasuhiro
ここまでのテンプレート例例

v https://s3-‐‑‒ap-‐‑‒northeast-‐‑‒1.amazonaws.com/
   arakisa/CloudFormation/eccube-‐‑‒araki-‐‑‒
   classic09.json  




                                     ARAKI Yasuhiro
CFNをつかったシステム作成
v マネージメントコンソールから
v CLIから
 v cfn-‐‑‒create-‐‑‒stack
 v cfn-‐‑‒describe-‐‑‒stack-‐‑‒events

 v $  cfn-‐‑‒create-‐‑‒stack  test-‐‑‒0818a  -‐‑‒-‐‑‒template-‐‑‒url  https://
    s3-‐‑‒ap-‐‑‒northeast-‐‑‒1.amazonaws.com/arakisa/
    CloudFormation/eccube-‐‑‒araki-‐‑‒classic09.json  -‐‑‒-‐‑‒
    parameters  "SiteURL=test-‐‑‒0818a.araki.in"


                                                ARAKI Yasuhiro

More Related Content

What's hot

AWS Elastic Beanstalk のススメ
AWS Elastic Beanstalk のススメAWS Elastic Beanstalk のススメ
AWS Elastic Beanstalk のススメTaiji INOUE
 
サーバーレスアプリケーションの作り方
サーバーレスアプリケーションの作り方サーバーレスアプリケーションの作り方
サーバーレスアプリケーションの作り方
Yoichi Toyota
 
華麗なるElastic Beanstalkでの環境構築
華麗なるElastic Beanstalkでの環境構築華麗なるElastic Beanstalkでの環境構築
華麗なるElastic Beanstalkでの環境構築
Takehito Tanabe
 
[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic Beanstalk
[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic Beanstalk[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic Beanstalk
[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic BeanstalkAmazon Web Services Japan
 
Ansible tower 構築方法と使い方
Ansible tower 構築方法と使い方Ansible tower 構築方法と使い方
Ansible tower 構築方法と使い方
Hiroshi Okano
 
Awsをちゃんと使ってみた 監視編
Awsをちゃんと使ってみた   監視編Awsをちゃんと使ってみた   監視編
Awsをちゃんと使ってみた 監視編Yoichi Toyota
 
20121217 jawsug-yokohama
20121217 jawsug-yokohama20121217 jawsug-yokohama
20121217 jawsug-yokohamaTetsuya Chiba
 
Severless&Micro Service
Severless&Micro ServiceSeverless&Micro Service
Severless&Micro Service
Tomohiro Takase
 
AWS Batch Fargate対応は何をもたらすか
AWS Batch Fargate対応は何をもたらすかAWS Batch Fargate対応は何をもたらすか
AWS Batch Fargate対応は何をもたらすか
Shun Fukazawa
 
ECS for Docker Meetup #4
ECS for Docker Meetup #4ECS for Docker Meetup #4
ECS for Docker Meetup #4
Shinpei Ohtani
 
JAWS-UG中央線東海支部ハンズオン
JAWS-UG中央線東海支部ハンズオンJAWS-UG中央線東海支部ハンズオン
JAWS-UG中央線東海支部ハンズオン
真吾 吉田
 
Amazon EKS への道 ~入門編~
Amazon EKS への道 ~入門編~Amazon EKS への道 ~入門編~
Amazon EKS への道 ~入門編~
Hideaki Aoyagi
 
ZabbixとAWS
ZabbixとAWSZabbixとAWS
ZabbixとAWS
真乙 九龍
 
画像処理をAWS LambdaのPythonで!
画像処理をAWS LambdaのPythonで!画像処理をAWS LambdaのPythonで!
画像処理をAWS LambdaのPythonで!
Tomotsune Murata
 
Devio mtup11-tokyo-012
Devio mtup11-tokyo-012Devio mtup11-tokyo-012
Devio mtup11-tokyo-012
Yusuke Takahashi
 
社内システム on AWS
社内システム on AWS 社内システム on AWS
社内システム on AWS kudo-jun
 
Ansible AWXで一歩進んだプロビジョニング
Ansible AWXで一歩進んだプロビジョニングAnsible AWXで一歩進んだプロビジョニング
Ansible AWXで一歩進んだプロビジョニング
sugoto
 
Ansible tower 構築方法と使い方 with VMware モジュール Rev2.2
Ansible tower 構築方法と使い方 with VMware モジュール Rev2.2Ansible tower 構築方法と使い方 with VMware モジュール Rev2.2
Ansible tower 構築方法と使い方 with VMware モジュール Rev2.2
Hiroshi Okano
 

What's hot (20)

AWS Elastic Beanstalk のススメ
AWS Elastic Beanstalk のススメAWS Elastic Beanstalk のススメ
AWS Elastic Beanstalk のススメ
 
サーバーレスアプリケーションの作り方
サーバーレスアプリケーションの作り方サーバーレスアプリケーションの作り方
サーバーレスアプリケーションの作り方
 
華麗なるElastic Beanstalkでの環境構築
華麗なるElastic Beanstalkでの環境構築華麗なるElastic Beanstalkでの環境構築
華麗なるElastic Beanstalkでの環境構築
 
[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic Beanstalk
[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic Beanstalk[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic Beanstalk
[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic Beanstalk
 
Ansible tower 構築方法と使い方
Ansible tower 構築方法と使い方Ansible tower 構築方法と使い方
Ansible tower 構築方法と使い方
 
Awsをちゃんと使ってみた 監視編
Awsをちゃんと使ってみた   監視編Awsをちゃんと使ってみた   監視編
Awsをちゃんと使ってみた 監視編
 
20121217 jawsug-yokohama
20121217 jawsug-yokohama20121217 jawsug-yokohama
20121217 jawsug-yokohama
 
はじめての Elastic Beanstalk
はじめての Elastic Beanstalkはじめての Elastic Beanstalk
はじめての Elastic Beanstalk
 
Severless&Micro Service
Severless&Micro ServiceSeverless&Micro Service
Severless&Micro Service
 
AWS Batch Fargate対応は何をもたらすか
AWS Batch Fargate対応は何をもたらすかAWS Batch Fargate対応は何をもたらすか
AWS Batch Fargate対応は何をもたらすか
 
ECS for Docker Meetup #4
ECS for Docker Meetup #4ECS for Docker Meetup #4
ECS for Docker Meetup #4
 
JAWS-UG中央線東海支部ハンズオン
JAWS-UG中央線東海支部ハンズオンJAWS-UG中央線東海支部ハンズオン
JAWS-UG中央線東海支部ハンズオン
 
Amazon EKS への道 ~入門編~
Amazon EKS への道 ~入門編~Amazon EKS への道 ~入門編~
Amazon EKS への道 ~入門編~
 
ZabbixとAWS
ZabbixとAWSZabbixとAWS
ZabbixとAWS
 
画像処理をAWS LambdaのPythonで!
画像処理をAWS LambdaのPythonで!画像処理をAWS LambdaのPythonで!
画像処理をAWS LambdaのPythonで!
 
PHP on Cloud
PHP on CloudPHP on Cloud
PHP on Cloud
 
Devio mtup11-tokyo-012
Devio mtup11-tokyo-012Devio mtup11-tokyo-012
Devio mtup11-tokyo-012
 
社内システム on AWS
社内システム on AWS 社内システム on AWS
社内システム on AWS
 
Ansible AWXで一歩進んだプロビジョニング
Ansible AWXで一歩進んだプロビジョニングAnsible AWXで一歩進んだプロビジョニング
Ansible AWXで一歩進んだプロビジョニング
 
Ansible tower 構築方法と使い方 with VMware モジュール Rev2.2
Ansible tower 構築方法と使い方 with VMware モジュール Rev2.2Ansible tower 構築方法と使い方 with VMware モジュール Rev2.2
Ansible tower 構築方法と使い方 with VMware モジュール Rev2.2
 

Similar to Jaws−横浜ハンズオンーCloudFormation 1/3

当社のawsへの取組
当社のawsへの取組当社のawsへの取組
当社のawsへの取組
Mercari Inc.
 
20201017 JAWS-UG Fukuoka AWS Storage Gateway
20201017 JAWS-UG Fukuoka AWS Storage Gateway20201017 JAWS-UG Fukuoka AWS Storage Gateway
20201017 JAWS-UG Fukuoka AWS Storage Gateway
Kazuhiro Uchimura
 
現場的!オンプレとAWSの違い
現場的!オンプレとAWSの違い現場的!オンプレとAWSの違い
現場的!オンプレとAWSの違い
真吾 吉田
 
AWS初心者向けWebinar AWS上にWebサーバーシステムを作ってみましょう ~まずは仮想サーバーから[演習つき]~
AWS初心者向けWebinar AWS上にWebサーバーシステムを作ってみましょう ~まずは仮想サーバーから[演習つき]~AWS初心者向けWebinar AWS上にWebサーバーシステムを作ってみましょう ~まずは仮想サーバーから[演習つき]~
AWS初心者向けWebinar AWS上にWebサーバーシステムを作ってみましょう ~まずは仮想サーバーから[演習つき]~
Amazon Web Services Japan
 
BCPに活かせ!一撃 CloudFormation
BCPに活かせ!一撃 CloudFormationBCPに活かせ!一撃 CloudFormation
BCPに活かせ!一撃 CloudFormation
真吾 吉田
 
Scalr hands on
Scalr hands onScalr hands on
Scalr hands on
Haruhiko KAJIKAWA
 
aws上でcloud foundryを構築してみた
aws上でcloud foundryを構築してみたaws上でcloud foundryを構築してみた
aws上でcloud foundryを構築してみたkokuboyuichi
 
AWS Black Belt Online Seminar Amazon EC2
AWS Black Belt Online Seminar Amazon EC2AWS Black Belt Online Seminar Amazon EC2
AWS Black Belt Online Seminar Amazon EC2
Amazon Web Services Japan
 
Wakame Project - 自作クラウド研究会
Wakame Project - 自作クラウド研究会Wakame Project - 自作クラウド研究会
Wakame Project - 自作クラウド研究会
axsh co., LTD.
 
クラウド環境向けZabbixカスタマイズ紹介(第5回Zabbix勉強会)
クラウド環境向けZabbixカスタマイズ紹介(第5回Zabbix勉強会)クラウド環境向けZabbixカスタマイズ紹介(第5回Zabbix勉強会)
クラウド環境向けZabbixカスタマイズ紹介(第5回Zabbix勉強会)Daisuke Ikeda
 
[AWSマイスターシリーズ] AWS SDK for PHP / Ruby / boto(Python) / JavaScript in Node.js
[AWSマイスターシリーズ] AWS SDK for PHP / Ruby / boto(Python) / JavaScript in Node.js[AWSマイスターシリーズ] AWS SDK for PHP / Ruby / boto(Python) / JavaScript in Node.js
[AWSマイスターシリーズ] AWS SDK for PHP / Ruby / boto(Python) / JavaScript in Node.jsAmazon Web Services Japan
 
AWS Black Belt Techシリーズ AWS CloudFormation
AWS Black Belt Techシリーズ  AWS CloudFormationAWS Black Belt Techシリーズ  AWS CloudFormation
AWS Black Belt Techシリーズ AWS CloudFormation
Amazon Web Services Japan
 
Aws tools for power shellをつかいこなそう
Aws tools for power shellをつかいこなそうAws tools for power shellをつかいこなそう
Aws tools for power shellをつかいこなそうGenta Watanabe
 
AWS SAMで始めるサーバーレスアプリケーション開発
AWS SAMで始めるサーバーレスアプリケーション開発AWS SAMで始めるサーバーレスアプリケーション開発
AWS SAMで始めるサーバーレスアプリケーション開発
真吾 吉田
 
Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪
Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪
Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪
真吾 吉田
 
Cm re growth-reinvent-app304-kaji
Cm re growth-reinvent-app304-kajiCm re growth-reinvent-app304-kaji
Cm re growth-reinvent-app304-kaji
Hiroyuki Kaji
 
Amazon Simple Workflow Service (SWF)
Amazon Simple Workflow Service (SWF)Amazon Simple Workflow Service (SWF)
Amazon Simple Workflow Service (SWF)
Amazon Web Services Japan
 
hbstudy37 doc
hbstudy37 dochbstudy37 doc
hbstudy37 doc
Fujishiro Takuya
 
現場的!AWSとオンプレの違い(赤べこバージョン)
現場的!AWSとオンプレの違い(赤べこバージョン)現場的!AWSとオンプレの違い(赤べこバージョン)
現場的!AWSとオンプレの違い(赤べこバージョン)
真吾 吉田
 
CloudFormation/SAMのススメ
CloudFormation/SAMのススメCloudFormation/SAMのススメ
CloudFormation/SAMのススメ
Eiji KOMINAMI
 

Similar to Jaws−横浜ハンズオンーCloudFormation 1/3 (20)

当社のawsへの取組
当社のawsへの取組当社のawsへの取組
当社のawsへの取組
 
20201017 JAWS-UG Fukuoka AWS Storage Gateway
20201017 JAWS-UG Fukuoka AWS Storage Gateway20201017 JAWS-UG Fukuoka AWS Storage Gateway
20201017 JAWS-UG Fukuoka AWS Storage Gateway
 
現場的!オンプレとAWSの違い
現場的!オンプレとAWSの違い現場的!オンプレとAWSの違い
現場的!オンプレとAWSの違い
 
AWS初心者向けWebinar AWS上にWebサーバーシステムを作ってみましょう ~まずは仮想サーバーから[演習つき]~
AWS初心者向けWebinar AWS上にWebサーバーシステムを作ってみましょう ~まずは仮想サーバーから[演習つき]~AWS初心者向けWebinar AWS上にWebサーバーシステムを作ってみましょう ~まずは仮想サーバーから[演習つき]~
AWS初心者向けWebinar AWS上にWebサーバーシステムを作ってみましょう ~まずは仮想サーバーから[演習つき]~
 
BCPに活かせ!一撃 CloudFormation
BCPに活かせ!一撃 CloudFormationBCPに活かせ!一撃 CloudFormation
BCPに活かせ!一撃 CloudFormation
 
Scalr hands on
Scalr hands onScalr hands on
Scalr hands on
 
aws上でcloud foundryを構築してみた
aws上でcloud foundryを構築してみたaws上でcloud foundryを構築してみた
aws上でcloud foundryを構築してみた
 
AWS Black Belt Online Seminar Amazon EC2
AWS Black Belt Online Seminar Amazon EC2AWS Black Belt Online Seminar Amazon EC2
AWS Black Belt Online Seminar Amazon EC2
 
Wakame Project - 自作クラウド研究会
Wakame Project - 自作クラウド研究会Wakame Project - 自作クラウド研究会
Wakame Project - 自作クラウド研究会
 
クラウド環境向けZabbixカスタマイズ紹介(第5回Zabbix勉強会)
クラウド環境向けZabbixカスタマイズ紹介(第5回Zabbix勉強会)クラウド環境向けZabbixカスタマイズ紹介(第5回Zabbix勉強会)
クラウド環境向けZabbixカスタマイズ紹介(第5回Zabbix勉強会)
 
[AWSマイスターシリーズ] AWS SDK for PHP / Ruby / boto(Python) / JavaScript in Node.js
[AWSマイスターシリーズ] AWS SDK for PHP / Ruby / boto(Python) / JavaScript in Node.js[AWSマイスターシリーズ] AWS SDK for PHP / Ruby / boto(Python) / JavaScript in Node.js
[AWSマイスターシリーズ] AWS SDK for PHP / Ruby / boto(Python) / JavaScript in Node.js
 
AWS Black Belt Techシリーズ AWS CloudFormation
AWS Black Belt Techシリーズ  AWS CloudFormationAWS Black Belt Techシリーズ  AWS CloudFormation
AWS Black Belt Techシリーズ AWS CloudFormation
 
Aws tools for power shellをつかいこなそう
Aws tools for power shellをつかいこなそうAws tools for power shellをつかいこなそう
Aws tools for power shellをつかいこなそう
 
AWS SAMで始めるサーバーレスアプリケーション開発
AWS SAMで始めるサーバーレスアプリケーション開発AWS SAMで始めるサーバーレスアプリケーション開発
AWS SAMで始めるサーバーレスアプリケーション開発
 
Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪
Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪
Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪
 
Cm re growth-reinvent-app304-kaji
Cm re growth-reinvent-app304-kajiCm re growth-reinvent-app304-kaji
Cm re growth-reinvent-app304-kaji
 
Amazon Simple Workflow Service (SWF)
Amazon Simple Workflow Service (SWF)Amazon Simple Workflow Service (SWF)
Amazon Simple Workflow Service (SWF)
 
hbstudy37 doc
hbstudy37 dochbstudy37 doc
hbstudy37 doc
 
現場的!AWSとオンプレの違い(赤べこバージョン)
現場的!AWSとオンプレの違い(赤べこバージョン)現場的!AWSとオンプレの違い(赤べこバージョン)
現場的!AWSとオンプレの違い(赤べこバージョン)
 
CloudFormation/SAMのススメ
CloudFormation/SAMのススメCloudFormation/SAMのススメ
CloudFormation/SAMのススメ
 

More from Yasuhiro Araki, Ph.D

1999年JUSメールサーバワークショップ@伊勢志摩
1999年JUSメールサーバワークショップ@伊勢志摩1999年JUSメールサーバワークショップ@伊勢志摩
1999年JUSメールサーバワークショップ@伊勢志摩
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
サービスをスケールさせるために AWSと利用者の技術
サービスをスケールさせるために AWSと利用者の技術サービスをスケールさせるために AWSと利用者の技術
サービスをスケールさせるために AWSと利用者の技術
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
AWSのIPv6対応状況@JAWS-UG大阪
AWSのIPv6対応状況@JAWS-UG大阪AWSのIPv6対応状況@JAWS-UG大阪
AWSのIPv6対応状況@JAWS-UG大阪
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
今だから!Amazon CloudFront 徹底活用
今だから!Amazon CloudFront 徹底活用今だから!Amazon CloudFront 徹底活用
今だから!Amazon CloudFront 徹底活用
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
20151016 soracom-araki-02
20151016 soracom-araki-0220151016 soracom-araki-02
20151016 soracom-araki-02
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
Webサービス向け、クラウドデザインパターン:アンチパターン紹介
Webサービス向け、クラウドデザインパターン:アンチパターン紹介Webサービス向け、クラウドデザインパターン:アンチパターン紹介
Webサービス向け、クラウドデザインパターン:アンチパターン紹介
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
AWSにみる日本のクラウドのトレンド予測 20150321 jaws-tohoku
AWSにみる日本のクラウドのトレンド予測 20150321 jaws-tohokuAWSにみる日本のクラウドのトレンド予測 20150321 jaws-tohoku
AWSにみる日本のクラウドのトレンド予測 20150321 jaws-tohoku
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
20141202 jaws-osaka-hangeki
20141202 jaws-osaka-hangeki20141202 jaws-osaka-hangeki
20141202 jaws-osaka-hangeki
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
20141126 jaws-antipattern
20141126 jaws-antipattern20141126 jaws-antipattern
20141126 jaws-antipattern
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
クラウドによる運用の計測と運用価値の表現、その未来
クラウドによる運用の計測と運用価値の表現、その未来クラウドによる運用の計測と運用価値の表現、その未来
クラウドによる運用の計測と運用価値の表現、その未来
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
AWS 専用線アクセス体験ラボ紹介と 開催地立候補のお願い
AWS 専用線アクセス体験ラボ紹介と開催地立候補のお願いAWS 専用線アクセス体験ラボ紹介と開催地立候補のお願い
AWS 専用線アクセス体験ラボ紹介と 開催地立候補のお願い
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
20140906 jawsfesta-araki-lt
20140906 jawsfesta-araki-lt20140906 jawsfesta-araki-lt
20140906 jawsfesta-araki-lt
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
20140906 jawsfesta-araki-public
20140906 jawsfesta-araki-public20140906 jawsfesta-araki-public
20140906 jawsfesta-araki-public
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
AWSつもり違い10箇条 at 201408 jaws高尾山ビアマウント
AWSつもり違い10箇条 at 201408 jaws高尾山ビアマウント AWSつもり違い10箇条 at 201408 jaws高尾山ビアマウント
AWSつもり違い10箇条 at 201408 jaws高尾山ビアマウント
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
20140717 awssummit2014-cloud-operation
20140717 awssummit2014-cloud-operation20140717 awssummit2014-cloud-operation
20140717 awssummit2014-cloud-operation
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
20140628 AWSの2014前半のアップデートまとめ
20140628 AWSの2014前半のアップデートまとめ20140628 AWSの2014前半のアップデートまとめ
20140628 AWSの2014前半のアップデートまとめYasuhiro Araki, Ph.D
 
20140621 july techfesta (JTF2014) 突発**むけAWS
20140621 july techfesta (JTF2014) 突発**むけAWS20140621 july techfesta (JTF2014) 突発**むけAWS
20140621 july techfesta (JTF2014) 突発**むけAWS
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
MTのスケールアップパターン with AWS
MTのスケールアップパターン with AWSMTのスケールアップパターン with AWS
MTのスケールアップパターン with AWS
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
S3をてなづけてオレオレバックエンドにしてみた話
S3をてなづけてオレオレバックエンドにしてみた話S3をてなづけてオレオレバックエンドにしてみた話
S3をてなづけてオレオレバックエンドにしてみた話Yasuhiro Araki, Ph.D
 
20140418 aws-casual-network
20140418 aws-casual-network20140418 aws-casual-network
20140418 aws-casual-network
Yasuhiro Araki, Ph.D
 

More from Yasuhiro Araki, Ph.D (20)

1999年JUSメールサーバワークショップ@伊勢志摩
1999年JUSメールサーバワークショップ@伊勢志摩1999年JUSメールサーバワークショップ@伊勢志摩
1999年JUSメールサーバワークショップ@伊勢志摩
 
サービスをスケールさせるために AWSと利用者の技術
サービスをスケールさせるために AWSと利用者の技術サービスをスケールさせるために AWSと利用者の技術
サービスをスケールさせるために AWSと利用者の技術
 
AWSのIPv6対応状況@JAWS-UG大阪
AWSのIPv6対応状況@JAWS-UG大阪AWSのIPv6対応状況@JAWS-UG大阪
AWSのIPv6対応状況@JAWS-UG大阪
 
今だから!Amazon CloudFront 徹底活用
今だから!Amazon CloudFront 徹底活用今だから!Amazon CloudFront 徹底活用
今だから!Amazon CloudFront 徹底活用
 
20151016 soracom-araki-02
20151016 soracom-araki-0220151016 soracom-araki-02
20151016 soracom-araki-02
 
Webサービス向け、クラウドデザインパターン:アンチパターン紹介
Webサービス向け、クラウドデザインパターン:アンチパターン紹介Webサービス向け、クラウドデザインパターン:アンチパターン紹介
Webサービス向け、クラウドデザインパターン:アンチパターン紹介
 
AWSにみる日本のクラウドのトレンド予測 20150321 jaws-tohoku
AWSにみる日本のクラウドのトレンド予測 20150321 jaws-tohokuAWSにみる日本のクラウドのトレンド予測 20150321 jaws-tohoku
AWSにみる日本のクラウドのトレンド予測 20150321 jaws-tohoku
 
20141202 jaws-osaka-hangeki
20141202 jaws-osaka-hangeki20141202 jaws-osaka-hangeki
20141202 jaws-osaka-hangeki
 
20141126 jaws-antipattern
20141126 jaws-antipattern20141126 jaws-antipattern
20141126 jaws-antipattern
 
クラウドによる運用の計測と運用価値の表現、その未来
クラウドによる運用の計測と運用価値の表現、その未来クラウドによる運用の計測と運用価値の表現、その未来
クラウドによる運用の計測と運用価値の表現、その未来
 
AWS 専用線アクセス体験ラボ紹介と 開催地立候補のお願い
AWS 専用線アクセス体験ラボ紹介と開催地立候補のお願いAWS 専用線アクセス体験ラボ紹介と開催地立候補のお願い
AWS 専用線アクセス体験ラボ紹介と 開催地立候補のお願い
 
20140906 jawsfesta-araki-lt
20140906 jawsfesta-araki-lt20140906 jawsfesta-araki-lt
20140906 jawsfesta-araki-lt
 
20140906 jawsfesta-araki-public
20140906 jawsfesta-araki-public20140906 jawsfesta-araki-public
20140906 jawsfesta-araki-public
 
AWSつもり違い10箇条 at 201408 jaws高尾山ビアマウント
AWSつもり違い10箇条 at 201408 jaws高尾山ビアマウント AWSつもり違い10箇条 at 201408 jaws高尾山ビアマウント
AWSつもり違い10箇条 at 201408 jaws高尾山ビアマウント
 
20140717 awssummit2014-cloud-operation
20140717 awssummit2014-cloud-operation20140717 awssummit2014-cloud-operation
20140717 awssummit2014-cloud-operation
 
20140628 AWSの2014前半のアップデートまとめ
20140628 AWSの2014前半のアップデートまとめ20140628 AWSの2014前半のアップデートまとめ
20140628 AWSの2014前半のアップデートまとめ
 
20140621 july techfesta (JTF2014) 突発**むけAWS
20140621 july techfesta (JTF2014) 突発**むけAWS20140621 july techfesta (JTF2014) 突発**むけAWS
20140621 july techfesta (JTF2014) 突発**むけAWS
 
MTのスケールアップパターン with AWS
MTのスケールアップパターン with AWSMTのスケールアップパターン with AWS
MTのスケールアップパターン with AWS
 
S3をてなづけてオレオレバックエンドにしてみた話
S3をてなづけてオレオレバックエンドにしてみた話S3をてなづけてオレオレバックエンドにしてみた話
S3をてなづけてオレオレバックエンドにしてみた話
 
20140418 aws-casual-network
20140418 aws-casual-network20140418 aws-casual-network
20140418 aws-casual-network
 

Jaws−横浜ハンズオンーCloudFormation 1/3