SlideShare a Scribd company logo
1 © NEC Corporation 2019
Hyperledgerプロジェクト概観
Hyperledger Tokyo Meetup
2019年6月27日
NEC 並木悠太
Hyperledgerプロジェクト概観
3 © NEC Corporation 2019
本発表の目的
▌Hyperledgerの中で活動しているプロジェクトとlabについて、それぞれ
の概要、位置付けを紹介する
現在13+1のプロジェクトと22のlab
図は https://www.hyperledger.org より引用
この絵はもうすぐ
アップデートされそう [1]
[1] https://lists.hyperledger.org/g/tsc/topic/32011716
4 © NEC Corporation 2019
Hyperledgerにおける開発の組織体
▌プロジェクト
 TSC(Technical Steering Committee)による承認
 例:Fabric、Sawtooth、Irohaなど
 「サブプロジェクト」(あるプロジェクトに従属的なプロジェクト)も議論中
▌Lab
 軽量なプロジェクト
 プロジェクトほど厳格ではなく、実験的に取り組める場
 Labの要件
• 提案者はHyperlegderに技術的貢献をしている(一定期間内にパッチを投稿してマージされている)
• スポンサーがいる(既存のプロジェクトのメンテナーなど、一定の権威のある方に認められている)
 Labからプロジェクトに昇格していくものも
▌その他の組織としてTSCやWG(Working Group)、SIG(Special Interest
Group)などがある
 SIGは分野別(医療、公共など)、WGはアーキテクチャや要素技術一般の議論の場
5 © NEC Corporation 2019
プロジェクトのステータス
▌Incubation
プロジェクトの最初のステータス
以下のような基準をもとに卒業(=Activeへの移行)をTSCで決定
• 機能するコード、相応のテストカバレッジ、ドキュメント、開発者の多様性(特定企業に偏りがない
かなど)、ライセンスなど法務面の問題がないことなど
▌Active
▌Deprecated
誰でも、あるプロジェクトがdeprecatedであると提案できる
TSCで最終決定
▌End of Life
Deprecatedから半年経過
Proposal
Incubation
Active
Deprecated
End of Life
FirstMajor
Release
6 © NEC Corporation 2019
プロジェクトのステータス
Fabric
Sawtooth
Iroha
Indy
Burrow
Caliper
Explorer
Cello
Quilt
Composer
Grid
Ursa
Aries
Transact
Incubation
Active
2017 2018 20192016
v1.0リリース
最新リリース:v1.4
v1.3
v0.3
v1.0
v1.8
v0.20
v0.26
v0.9
v0.1
v0.1
プロジェクト成立 Activeに移行
v1.0リリース
7 © NEC Corporation 2019
全体図
アプリ寄り
共通基盤技術
プラットフォーム
ツール
フレームワーク
関連あり
(太線はプロジェクト間)
名前 Lab
Transact
共通基盤技術
ブロックチェーン
プラットフォーム
SParts
crypto-lib
Private Data Objects
Umbra
Payments
Performance
Test Harness
private-transaction-families
Sawtooth Healthcare
solang
Convector Framework
Nephos
Byzantine-Config
Hyperledger Fabric
Private Chaincode
Hyperledger Fabric Chrome Extension
Fabric Docs CN
MinBFT
Donor Milk Transparency and Traceability
z-mix
Hyperledger Community
Management Tools
fabric-vms-provision
Cordentity
Fabric Multi Channel
Network Samples
solidity2chaincode
アプリケーション
ツール
(Corda)
8 © NEC Corporation 2019
共通基盤技術
Transact
共通基盤技術
ブロックチェーン
プラットフォーム
SParts
crypto-lib
Private Data Objects
Umbra
Payments
Performance
Test Harness
private-transaction-families
Sawtooth Healthcare
solang
Convector Framework
Nephos
Byzantine-Config
Hyperledger Fabric
Private Chaincode
Hyperledger Fabric Chrome Extension
Fabric Docs CN
MinBFT
Donor Milk Transparency and Traceability
z-mix
Hyperledger Community
Management Tools
fabric-vms-provision
Cordentity
Fabric Multi Channel
Network Samples
solidity2chaincode
アプリケーション
ツール
9 © NEC Corporation 2019
共通基盤技術(プロジェクト)
▌Burrow
EVM(Ethereumのスマートコントラクト実行環境)の実装
SawtoothやFabricでSolidityで書いたコードを動かすために使われている
▌Transact
トランザクションの実行環境の汎用ライブラリ/コンポーネント
• トランザクションのスケジューリング、ステート管理など
まずはGridでWebAssemblyのスマートコントラクトの実行基盤に使うことを計画中
▌Ursa
暗号関係の処理のライブラリ化
• ブロックチェーンプラットフォームで汎用的に使える安全なライブラリを作ることを目指す
Labのcrypto-lib、z-mixを統合、プロジェクト化
Transact
10 © NEC Corporation 2019
共通基盤技術(Lab)
Lab 提案者 開始日 概要
crypto-lib 各プロジェクトから 2018-03 各プロジェクトで汎用的に使える暗号化関連
の機能をまとめたライブラリ(Ursaに統合)
MinBFT NEC 2018-08 汎用的に使えるBFTな合意形成プロトコルの
実装
z-mix 2018-08 ゼロ知識証明のための汎用ライブラリの実装
(Ursaに統合)
Umbra インターン 2018-11 Shadowというネットワークシミュレーター
で分散台帳を動かす
solang Monax、Burrow
チーム
2019-01 RustによるSolidityからWASMへのコンパイ
ラ
11 © NEC Corporation 2019
プラットフォーム
Transact
共通基盤技術
ブロックチェーン
プラットフォーム
SParts
crypto-lib
Private Data Objects
Umbra
Payments
Performance
Test Harness
private-transaction-families
Sawtooth Healthcare
solang
Convector Framework
Nephos
Byzantine-Config
Hyperledger Fabric
Private Chaincode
Hyperledger Fabric Chrome Extension
Fabric Docs CN
MinBFT
Donor Milk Transparency and Traceability
z-mix
Hyperledger Community
Management Tools
fabric-vms-provision
Cordentity
Fabric Multi Channel
Network Samples
solidity2chaincode
アプリケーション
ツール
12 © NEC Corporation 2019
プラットフォーム(プロジェクト)
▌有名なので説明は簡単に...
▌Fabric
 Raft(クラッシュ耐性)による合意形成
 execute-order-validateアーキテクチャ
▌Indy
 decentralized identityのための分散台帳(purpose-build)
 PlenumというRBFT(Redundant BFT)による合意形成
▌Iroha
 Yet Another Consensus(YAC)と呼ばれるBFTな合意形成
 モバイルアプリケーション向けのライブラリも提供
▌Sawtooth
 合意形成アルゴリズムを途中で切り替えられる
• Proof of Elapsed Time(PoET)とよばれるBFTなアルゴリズムが代表的
– PBFT、Raftも提供
 モバイル向けSDKも提供
汎用
特化
BFT
13 © NEC Corporation 2019
プラットフォーム(Lab)
Lab 提案者 開始日 概要
Fabric Docs CN 中国コミュニティ 2018-08 Fabricのドキュメントの中国
語への翻訳
Fabric Multi Channel
Network Samples
個人 2018-11 Fabricの構築サンプルの提供
14 © NEC Corporation 2019
ツール
Transact
共通基盤技術
ブロックチェーン
プラットフォーム
SParts
crypto-lib
Private Data Objects
Umbra
Payments
Performance
Test Harness
private-transaction-families
Sawtooth Healthcare
solang
Convector Framework
Nephos
Byzantine-Config
Hyperledger Fabric
Private Chaincode
Hyperledger Fabric Chrome Extension
Fabric Docs CN
MinBFT
Donor Milk Transparency and Traceability
z-mix
Hyperledger Community
Management Tools
fabric-vms-provision
Cordentity
Fabric Multi Channel
Network Samples
solidity2chaincode
アプリケーション
ツール
15 © NEC Corporation 2019
ツール(プロジェクト)
▌Caliper
ベンチマークツール
• 現時点でFabric、Sawtooth、Iroha、Burrowに対応
ワークロードはカスタマイズ、新規作成可能
▌Cello
プロビジョニング(BaaSなどの構築)
管理のためのダッシュボードの提供
▌Explorer
モニタリングツール
• ブロックのネットワークの情報など
▌Composer
アプリケーション開発を容易にするフレームワーク
新規機能追加の予定なし(保守は行われる)[1] [1] https://lists.hyperledger.org/g/composer/message/125
16 © NEC Corporation 2019
Caliperのレポート
スループット、レイテンシな
どのレポート
ワークロードは自分でプログ
ラムすることも可
17 © NEC Corporation 2019
Explorerの画面例
18 © NEC Corporation 2019
ツール(Lab)
Lab 提案者 開始日 概要
Hyperledger Fabric
Chrome Extension
インターン 2018-06 Fabricのpeerの機能をブラウザの機能拡張として実装
Hyperledger Community
Management Tools
Linux Foundation 2018-09 コミュニティの活動状況の集計ツール
Payments Performance
Test Harness
2018-12 送金を模したワークロードによる性能測定のためのツール
fabric-vms-provision 2018-10 AnsibleでFabricをクラウドにプロビジョニング
Convector Framework 2019-02 Fabric向けアプリ開発フレームワーク(Composer代替にな
るかも?)
Nephos 2019-02 FabricをKubernetesにデプロイするツール
Byzantine-Config Keyhole Labs 2019-03 Fabricの設定を行うGUI
19 © NEC Corporation 2019
その他
Transact
共通基盤技術
ブロックチェーン
プラットフォーム
SParts
crypto-lib
Private Data Objects
Umbra
Payments
Performance
Test Harness
private-transaction-families
Sawtooth Healthcare
solang
Convector Framework
Nephos
Byzantine-Config
Hyperledger Fabric
Private Chaincode
Hyperledger Fabric Chrome Extension
Fabric Docs CN
MinBFT
Donor Milk Transparency and Traceability
z-mix
Hyperledger Community
Management Tools
fabric-vms-provision
Cordentity
Fabric Multi Channel
Network Samples
solidity2chaincode
アプリケーション
ツール
20 © NEC Corporation 2019
その他(プロジェクト)
▌Aries
Indyから派生
クライアントサイドのフレームワーク
• 「ウォレット」や鍵管理の仕組みなどを共通化
▌Grid
サプライチェーン向けのフレームワーク
• アプリケーションの開発を省力化するための
ライブラリを提供する
▌Quilt
Interledger Protocol(ILP)の実装
台帳をまたがったトランザクションを実現する
21 © NEC Corporation 2019
その他(Lab)
Lab(ユースケース系) 提案者 開始日 概要
SParts Wind River 2018-03 ソフトウェアのサプライチェーン(ソフトウェアライブラリの出
どころの管理など)(Sawtooth)
Donor Milk Transparency
and Traceability
2018-08 ユースケースの検証(Composer)
Sawtooth Healthcare 個人 2019-01 Sawtoothを使ってヘルスケアのPoCを開発する
Lab 提案者 開始日 概要
Private Data
Objects
Intel 2018-03 機密保持ができるオフチェーンスマートコントラクト技術。SGX活用(当
初はSawtooth向け)
Cordentity 2018-11 CordaにIndyの自己証明型身分証明機能を統合
solidity2chaincode 2018-11 SolidityをJSのチェーンコードに変換するFabric
private-
transaction-families
2019-01 Sawtoothにプライバシー保護の仕組みを提供。SGX活用
Hyperledger Fabric
Private Chaincode
IBM Zurich 2019-05 FabricのチェーンコードをIntel SGXの中で動かすことでプライバシーを
向上
22 © NEC Corporation 2019
インターンシップ
▌学生にHyperledgerに開発に取り組んでもらう
フルタイム:40時間/週×連続12週間
パートタイム:20時間/週×連続24週間
▌2019年のプロジェクト
CaliperのGUI構築
Sawtoothにモニタリングダッシュボードを構築
IrohaにUrsaを統合
IrohaにBurrowのSolidity VMを統合
IndyのRaspberry Piエージェント
Fabricの台帳やトランザクションをElasticsearchとKibanaで分析できるように
...など
[1] https://wiki.hyperledger.org/display/INTERN/2019+Projects
23 © NEC Corporation 2019
まとめ
アプリ寄り
共通基盤技術
プラットフォーム
ツール
フレームワーク
関連あり
名前 Lab
Transact
共通基盤技術
ブロックチェーン
プラットフォーム
SParts
crypto-lib
Private Data Objects
Umbra
Payments
Performance
Test Harness
private-transaction-families
Sawtooth Healthcare
solang
Convector Framework
Nephos
Byzantine-Config
Hyperledger Fabric
Private Chaincode
Hyperledger Fabric Chrome Extension
Fabric Docs CN
MinBFT
Donor Milk Transparency and Traceability
z-mix
Hyperledger Community
Management Tools
fabric-vms-provision
Cordentity
Fabric Multi Channel
Network Samples
solidity2chaincode
アプリケーション
ツール
(Corda)
24 © NEC Corporation 2019
参考
▌Wiki
https://wiki.hyperledger.org/
Hyperledgerプロジェクト概観

More Related Content

What's hot

データベース屋がHyperledger Fabricを検証してみた
データベース屋がHyperledger Fabricを検証してみたデータベース屋がHyperledger Fabricを検証してみた
データベース屋がHyperledger Fabricを検証してみた
Hyperleger Tokyo Meetup
 
OpenID ConnectとAndroidアプリのログインサイクル
OpenID ConnectとAndroidアプリのログインサイクルOpenID ConnectとAndroidアプリのログインサイクル
OpenID ConnectとAndroidアプリのログインサイクル
Masaru Kurahayashi
 
分散型IDと検証可能なアイデンティティ技術概要
分散型IDと検証可能なアイデンティティ技術概要分散型IDと検証可能なアイデンティティ技術概要
分散型IDと検証可能なアイデンティティ技術概要
Naohiro Fujie
 
Hyperledger Besuの動向
Hyperledger Besuの動向Hyperledger Besuの動向
Hyperledger Besuの動向
Hyperleger Tokyo Meetup
 
zk-SNARKsの仕組みについて
zk-SNARKsの仕組みについてzk-SNARKsの仕組みについて
zk-SNARKsの仕組みについて
ts21
 
ESP32開発環境まとめ
ESP32開発環境まとめESP32開発環境まとめ
ESP32開発環境まとめ
Kenta IDA
 
Hyperledger Fabric 概説
Hyperledger Fabric 概説Hyperledger Fabric 概説
Hyperledger Fabric 概説
Hyperleger Tokyo Meetup
 
マイクロサービスにおける 結果整合性との戦い
マイクロサービスにおける 結果整合性との戦いマイクロサービスにおける 結果整合性との戦い
マイクロサービスにおける 結果整合性との戦い
ota42y
 
分散型社会にて信頼できるトレーサビリティを実現するChain Data Lineage | 西間木 哲
分散型社会にて信頼できるトレーサビリティを実現するChain Data Lineage | 西間木 哲分散型社会にて信頼できるトレーサビリティを実現するChain Data Lineage | 西間木 哲
分散型社会にて信頼できるトレーサビリティを実現するChain Data Lineage | 西間木 哲
blockchainexe
 
自己主権型IDと分散型ID
自己主権型IDと分散型ID自己主権型IDと分散型ID
自己主権型IDと分散型ID
Naohiro Fujie
 
自己主権型アイデンティティを実現するIDYXテクノロジー | 鈴木 大、中山貴祥
自己主権型アイデンティティを実現するIDYXテクノロジー | 鈴木 大、中山貴祥自己主権型アイデンティティを実現するIDYXテクノロジー | 鈴木 大、中山貴祥
自己主権型アイデンティティを実現するIDYXテクノロジー | 鈴木 大、中山貴祥
blockchainexe
 
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
Kenji Saito
 
Keycloak拡張入門
Keycloak拡張入門Keycloak拡張入門
Keycloak拡張入門
Hiroyuki Wada
 
遠隔デバイスとの信頼を築くための技術とその標準(TEEP RATS)
遠隔デバイスとの信頼を築くための技術とその標準(TEEP RATS)遠隔デバイスとの信頼を築くための技術とその標準(TEEP RATS)
遠隔デバイスとの信頼を築くための技術とその標準(TEEP RATS)
Kuniyasu Suzaki
 
異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介
異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介
異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介
Hyperleger Tokyo Meetup
 
ここがつらいよ、Hyperledger Fabricの商用適用(Blockchain GIG #4発表資料)
ここがつらいよ、Hyperledger Fabricの商用適用(Blockchain GIG #4発表資料) ここがつらいよ、Hyperledger Fabricの商用適用(Blockchain GIG #4発表資料)
ここがつらいよ、Hyperledger Fabricの商用適用(Blockchain GIG #4発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
IDベース暗号の概観と今後の展望(次世代セキュア情報基盤ワークショップ )
IDベース暗号の概観と今後の展望(次世代セキュア情報基盤ワークショップ )IDベース暗号の概観と今後の展望(次世代セキュア情報基盤ワークショップ )
IDベース暗号の概観と今後の展望(次世代セキュア情報基盤ワークショップ )
Akira Kanaoka
 
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
KeycloakのDevice Flow、CIBAについて
KeycloakのDevice Flow、CIBAについてKeycloakのDevice Flow、CIBAについて
KeycloakのDevice Flow、CIBAについて
Hiroyuki Wada
 
ストリーム処理プラットフォームにおけるKafka導入事例 #kafkajp
ストリーム処理プラットフォームにおけるKafka導入事例 #kafkajpストリーム処理プラットフォームにおけるKafka導入事例 #kafkajp
ストリーム処理プラットフォームにおけるKafka導入事例 #kafkajp
Yahoo!デベロッパーネットワーク
 

What's hot (20)

データベース屋がHyperledger Fabricを検証してみた
データベース屋がHyperledger Fabricを検証してみたデータベース屋がHyperledger Fabricを検証してみた
データベース屋がHyperledger Fabricを検証してみた
 
OpenID ConnectとAndroidアプリのログインサイクル
OpenID ConnectとAndroidアプリのログインサイクルOpenID ConnectとAndroidアプリのログインサイクル
OpenID ConnectとAndroidアプリのログインサイクル
 
分散型IDと検証可能なアイデンティティ技術概要
分散型IDと検証可能なアイデンティティ技術概要分散型IDと検証可能なアイデンティティ技術概要
分散型IDと検証可能なアイデンティティ技術概要
 
Hyperledger Besuの動向
Hyperledger Besuの動向Hyperledger Besuの動向
Hyperledger Besuの動向
 
zk-SNARKsの仕組みについて
zk-SNARKsの仕組みについてzk-SNARKsの仕組みについて
zk-SNARKsの仕組みについて
 
ESP32開発環境まとめ
ESP32開発環境まとめESP32開発環境まとめ
ESP32開発環境まとめ
 
Hyperledger Fabric 概説
Hyperledger Fabric 概説Hyperledger Fabric 概説
Hyperledger Fabric 概説
 
マイクロサービスにおける 結果整合性との戦い
マイクロサービスにおける 結果整合性との戦いマイクロサービスにおける 結果整合性との戦い
マイクロサービスにおける 結果整合性との戦い
 
分散型社会にて信頼できるトレーサビリティを実現するChain Data Lineage | 西間木 哲
分散型社会にて信頼できるトレーサビリティを実現するChain Data Lineage | 西間木 哲分散型社会にて信頼できるトレーサビリティを実現するChain Data Lineage | 西間木 哲
分散型社会にて信頼できるトレーサビリティを実現するChain Data Lineage | 西間木 哲
 
自己主権型IDと分散型ID
自己主権型IDと分散型ID自己主権型IDと分散型ID
自己主権型IDと分散型ID
 
自己主権型アイデンティティを実現するIDYXテクノロジー | 鈴木 大、中山貴祥
自己主権型アイデンティティを実現するIDYXテクノロジー | 鈴木 大、中山貴祥自己主権型アイデンティティを実現するIDYXテクノロジー | 鈴木 大、中山貴祥
自己主権型アイデンティティを実現するIDYXテクノロジー | 鈴木 大、中山貴祥
 
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
 
Keycloak拡張入門
Keycloak拡張入門Keycloak拡張入門
Keycloak拡張入門
 
遠隔デバイスとの信頼を築くための技術とその標準(TEEP RATS)
遠隔デバイスとの信頼を築くための技術とその標準(TEEP RATS)遠隔デバイスとの信頼を築くための技術とその標準(TEEP RATS)
遠隔デバイスとの信頼を築くための技術とその標準(TEEP RATS)
 
異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介
異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介
異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介
 
ここがつらいよ、Hyperledger Fabricの商用適用(Blockchain GIG #4発表資料)
ここがつらいよ、Hyperledger Fabricの商用適用(Blockchain GIG #4発表資料) ここがつらいよ、Hyperledger Fabricの商用適用(Blockchain GIG #4発表資料)
ここがつらいよ、Hyperledger Fabricの商用適用(Blockchain GIG #4発表資料)
 
IDベース暗号の概観と今後の展望(次世代セキュア情報基盤ワークショップ )
IDベース暗号の概観と今後の展望(次世代セキュア情報基盤ワークショップ )IDベース暗号の概観と今後の展望(次世代セキュア情報基盤ワークショップ )
IDベース暗号の概観と今後の展望(次世代セキュア情報基盤ワークショップ )
 
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
 
KeycloakのDevice Flow、CIBAについて
KeycloakのDevice Flow、CIBAについてKeycloakのDevice Flow、CIBAについて
KeycloakのDevice Flow、CIBAについて
 
ストリーム処理プラットフォームにおけるKafka導入事例 #kafkajp
ストリーム処理プラットフォームにおけるKafka導入事例 #kafkajpストリーム処理プラットフォームにおけるKafka導入事例 #kafkajp
ストリーム処理プラットフォームにおけるKafka導入事例 #kafkajp
 

Similar to Hyperledgerプロジェクト概観

hbstudy#88 5G+MEC時代のシステム設計
hbstudy#88 5G+MEC時代のシステム設計hbstudy#88 5G+MEC時代のシステム設計
hbstudy#88 5G+MEC時代のシステム設計
VirtualTech Japan Inc.
 
レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?
レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?
レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?
Akira Inoue
 
KubeCon + CloudNativeCon Europe 2019 参加報告
KubeCon + CloudNativeCon Europe 2019 参加報告KubeCon + CloudNativeCon Europe 2019 参加報告
KubeCon + CloudNativeCon Europe 2019 参加報告
Takashi Natsume
 
[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは
[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは
[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは
Koto Shigeru
 
5G時代のアプリケーションとは 〜 5G+MECを活用した低遅延アプリの実現へ 〜
5G時代のアプリケーションとは 〜 5G+MECを活用した低遅延アプリの実現へ 〜5G時代のアプリケーションとは 〜 5G+MECを活用した低遅延アプリの実現へ 〜
5G時代のアプリケーションとは 〜 5G+MECを活用した低遅延アプリの実現へ 〜
VirtualTech Japan Inc.
 
Free Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセス
Free Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセスFree Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセス
Free Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセス
Chen Dominique
 
Visual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイル
Visual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイルVisual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイル
Visual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイル
Akira Inoue
 
Big Cloud Fabric製品紹介とOpenStack Neutron Plugin 実装概要
Big Cloud Fabric製品紹介とOpenStack Neutron Plugin 実装概要Big Cloud Fabric製品紹介とOpenStack Neutron Plugin 実装概要
Big Cloud Fabric製品紹介とOpenStack Neutron Plugin 実装概要
Shohei Yoshimoto
 
Microsoft open tech night 2020 feb18
Microsoft open tech night 2020 feb18Microsoft open tech night 2020 feb18
Microsoft open tech night 2020 feb18
Masatomo Ito
 
Blockchain EXE #16:Hyperledger fabricの技術動向とファイナンシャルエンジニアリング視点でのトークンエコノミー|平山 毅...
Blockchain EXE #16:Hyperledger fabricの技術動向とファイナンシャルエンジニアリング視点でのトークンエコノミー|平山 毅...Blockchain EXE #16:Hyperledger fabricの技術動向とファイナンシャルエンジニアリング視点でのトークンエコノミー|平山 毅...
Blockchain EXE #16:Hyperledger fabricの技術動向とファイナンシャルエンジニアリング視点でのトークンエコノミー|平山 毅...
blockchainexe
 
日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介
日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介
日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介
CASAREAL, Inc.
 
CNCF Updates 2019 Winter version and Knative
CNCF Updates 2019  Winter version and KnativeCNCF Updates 2019  Winter version and Knative
CNCF Updates 2019 Winter version and Knative
Masahito Zembutsu
 
OCHaCafe #4 Hyperledger Fabric アプリケーション設計入門ガイドでしゃべった内容+おまけ資料
OCHaCafe #4 Hyperledger Fabric アプリケーション設計入門ガイドでしゃべった内容+おまけ資料OCHaCafe #4 Hyperledger Fabric アプリケーション設計入門ガイドでしゃべった内容+おまけ資料
OCHaCafe #4 Hyperledger Fabric アプリケーション設計入門ガイドでしゃべった内容+おまけ資料
オラクルエンジニア通信
 
Tech Dojo 02/09 IBM Japan CSM
Tech Dojo 02/09 IBM Japan CSMTech Dojo 02/09 IBM Japan CSM
Tech Dojo 02/09 IBM Japan CSM
勇 黒沢
 
Introduction to NetOpsCoding
Introduction to NetOpsCodingIntroduction to NetOpsCoding
Introduction to NetOpsCoding
Taiji Tsuchiya
 
Kubecon NA 2019 Recap: Your Path to Production Ready Kubernetes hosted by Wea...
Kubecon NA 2019 Recap: Your Path to Production Ready Kubernetes hosted by Wea...Kubecon NA 2019 Recap: Your Path to Production Ready Kubernetes hosted by Wea...
Kubecon NA 2019 Recap: Your Path to Production Ready Kubernetes hosted by Wea...
Tomohiro Tsuchida
 
Angularreflex20141210
Angularreflex20141210Angularreflex20141210
Angularreflex20141210
Shinichiro Takezaki
 
OpenStackアップストリーム活動実践 中級
OpenStackアップストリーム活動実践 中級OpenStackアップストリーム活動実践 中級
OpenStackアップストリーム活動実践 中級
Takashi Natsume
 
【NGINXセミナー】 NGINXのWAFとは?その使い方と設定方法 解説セミナー
【NGINXセミナー】 NGINXのWAFとは?その使い方と設定方法 解説セミナー【NGINXセミナー】 NGINXのWAFとは?その使い方と設定方法 解説セミナー
【NGINXセミナー】 NGINXのWAFとは?その使い方と設定方法 解説セミナー
NGINX, Inc.
 
Node-REDのノード開発容易化ツール Node generator
Node-REDのノード開発容易化ツールNode generatorNode-REDのノード開発容易化ツールNode generator
Node-REDのノード開発容易化ツール Node generator
BMXUG
 

Similar to Hyperledgerプロジェクト概観 (20)

hbstudy#88 5G+MEC時代のシステム設計
hbstudy#88 5G+MEC時代のシステム設計hbstudy#88 5G+MEC時代のシステム設計
hbstudy#88 5G+MEC時代のシステム設計
 
レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?
レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?
レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?
 
KubeCon + CloudNativeCon Europe 2019 参加報告
KubeCon + CloudNativeCon Europe 2019 参加報告KubeCon + CloudNativeCon Europe 2019 参加報告
KubeCon + CloudNativeCon Europe 2019 参加報告
 
[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは
[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは
[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは
 
5G時代のアプリケーションとは 〜 5G+MECを活用した低遅延アプリの実現へ 〜
5G時代のアプリケーションとは 〜 5G+MECを活用した低遅延アプリの実現へ 〜5G時代のアプリケーションとは 〜 5G+MECを活用した低遅延アプリの実現へ 〜
5G時代のアプリケーションとは 〜 5G+MECを活用した低遅延アプリの実現へ 〜
 
Free Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセス
Free Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセスFree Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセス
Free Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセス
 
Visual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイル
Visual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイルVisual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイル
Visual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイル
 
Big Cloud Fabric製品紹介とOpenStack Neutron Plugin 実装概要
Big Cloud Fabric製品紹介とOpenStack Neutron Plugin 実装概要Big Cloud Fabric製品紹介とOpenStack Neutron Plugin 実装概要
Big Cloud Fabric製品紹介とOpenStack Neutron Plugin 実装概要
 
Microsoft open tech night 2020 feb18
Microsoft open tech night 2020 feb18Microsoft open tech night 2020 feb18
Microsoft open tech night 2020 feb18
 
Blockchain EXE #16:Hyperledger fabricの技術動向とファイナンシャルエンジニアリング視点でのトークンエコノミー|平山 毅...
Blockchain EXE #16:Hyperledger fabricの技術動向とファイナンシャルエンジニアリング視点でのトークンエコノミー|平山 毅...Blockchain EXE #16:Hyperledger fabricの技術動向とファイナンシャルエンジニアリング視点でのトークンエコノミー|平山 毅...
Blockchain EXE #16:Hyperledger fabricの技術動向とファイナンシャルエンジニアリング視点でのトークンエコノミー|平山 毅...
 
日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介
日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介
日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介
 
CNCF Updates 2019 Winter version and Knative
CNCF Updates 2019  Winter version and KnativeCNCF Updates 2019  Winter version and Knative
CNCF Updates 2019 Winter version and Knative
 
OCHaCafe #4 Hyperledger Fabric アプリケーション設計入門ガイドでしゃべった内容+おまけ資料
OCHaCafe #4 Hyperledger Fabric アプリケーション設計入門ガイドでしゃべった内容+おまけ資料OCHaCafe #4 Hyperledger Fabric アプリケーション設計入門ガイドでしゃべった内容+おまけ資料
OCHaCafe #4 Hyperledger Fabric アプリケーション設計入門ガイドでしゃべった内容+おまけ資料
 
Tech Dojo 02/09 IBM Japan CSM
Tech Dojo 02/09 IBM Japan CSMTech Dojo 02/09 IBM Japan CSM
Tech Dojo 02/09 IBM Japan CSM
 
Introduction to NetOpsCoding
Introduction to NetOpsCodingIntroduction to NetOpsCoding
Introduction to NetOpsCoding
 
Kubecon NA 2019 Recap: Your Path to Production Ready Kubernetes hosted by Wea...
Kubecon NA 2019 Recap: Your Path to Production Ready Kubernetes hosted by Wea...Kubecon NA 2019 Recap: Your Path to Production Ready Kubernetes hosted by Wea...
Kubecon NA 2019 Recap: Your Path to Production Ready Kubernetes hosted by Wea...
 
Angularreflex20141210
Angularreflex20141210Angularreflex20141210
Angularreflex20141210
 
OpenStackアップストリーム活動実践 中級
OpenStackアップストリーム活動実践 中級OpenStackアップストリーム活動実践 中級
OpenStackアップストリーム活動実践 中級
 
【NGINXセミナー】 NGINXのWAFとは?その使い方と設定方法 解説セミナー
【NGINXセミナー】 NGINXのWAFとは?その使い方と設定方法 解説セミナー【NGINXセミナー】 NGINXのWAFとは?その使い方と設定方法 解説セミナー
【NGINXセミナー】 NGINXのWAFとは?その使い方と設定方法 解説セミナー
 
Node-REDのノード開発容易化ツール Node generator
Node-REDのノード開発容易化ツールNode generatorNode-REDのノード開発容易化ツールNode generator
Node-REDのノード開発容易化ツール Node generator
 

More from Hyperleger Tokyo Meetup

Overview of Hyperledger Foundation
Overview of Hyperledger FoundationOverview of Hyperledger Foundation
Overview of Hyperledger Foundation
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebX
Hyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebXHyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebX
Hyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebX
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperleger Tokyo Meetup
 
エンタープライズブロックチェーン構築の基礎
エンタープライズブロックチェーン構築の基礎エンタープライズブロックチェーン構築の基礎
エンタープライズブロックチェーン構築の基礎
Hyperleger Tokyo Meetup
 
ファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chains
ファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chainsファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chains
ファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chains
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Iroha
Hyperledger IrohaHyperledger Iroha
Hyperledger Iroha
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Aries 101
Hyperledger Aries 101Hyperledger Aries 101
Hyperledger Aries 101
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Introduction; Blockchain 101
Introduction; Blockchain 101Introduction; Blockchain 101
Introduction; Blockchain 101
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Trusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出す
Trusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出すTrusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出す
Trusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出す
Hyperleger Tokyo Meetup
 
ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論
ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論
ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論
Hyperleger Tokyo Meetup
 
ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待
ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待
ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜
Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜
Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltz
Hyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltzHyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltz
Hyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltz
Hyperleger Tokyo Meetup
 
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料
Hyperleger Tokyo Meetup
 
ソラミツのご紹介 〜Hyperledger Irohaを活用した導入事例〜
ソラミツのご紹介 〜Hyperledger Irohaを活用した導入事例〜ソラミツのご紹介 〜Hyperledger Irohaを活用した導入事例〜
ソラミツのご紹介 〜Hyperledger Irohaを活用した導入事例〜
Hyperleger Tokyo Meetup
 
いろはを活用したデジタル地域通貨の運用開始
いろはを活用したデジタル地域通貨の運用開始いろはを活用したデジタル地域通貨の運用開始
いろはを活用したデジタル地域通貨の運用開始
Hyperleger Tokyo Meetup
 
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Cactus V0.4 リリースの概要と今後の開発方針
Hyperledger Cactus V0.4 リリースの概要と今後の開発方針Hyperledger Cactus V0.4 リリースの概要と今後の開発方針
Hyperledger Cactus V0.4 リリースの概要と今後の開発方針
Hyperleger Tokyo Meetup
 

More from Hyperleger Tokyo Meetup (20)

Overview of Hyperledger Foundation
Overview of Hyperledger FoundationOverview of Hyperledger Foundation
Overview of Hyperledger Foundation
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
 
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
 
Hyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebX
Hyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebXHyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebX
Hyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebX
 
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
 
エンタープライズブロックチェーン構築の基礎
エンタープライズブロックチェーン構築の基礎エンタープライズブロックチェーン構築の基礎
エンタープライズブロックチェーン構築の基礎
 
ファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chains
ファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chainsファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chains
ファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chains
 
Hyperledger Iroha
Hyperledger IrohaHyperledger Iroha
Hyperledger Iroha
 
Hyperledger Aries 101
Hyperledger Aries 101Hyperledger Aries 101
Hyperledger Aries 101
 
Introduction; Blockchain 101
Introduction; Blockchain 101Introduction; Blockchain 101
Introduction; Blockchain 101
 
Trusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出す
Trusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出すTrusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出す
Trusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出す
 
ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論
ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論
ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論
 
ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待
ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待
ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待
 
Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜
Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜
Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜
 
Hyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltz
Hyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltzHyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltz
Hyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltz
 
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料
 
ソラミツのご紹介 〜Hyperledger Irohaを活用した導入事例〜
ソラミツのご紹介 〜Hyperledger Irohaを活用した導入事例〜ソラミツのご紹介 〜Hyperledger Irohaを活用した導入事例〜
ソラミツのご紹介 〜Hyperledger Irohaを活用した導入事例〜
 
いろはを活用したデジタル地域通貨の運用開始
いろはを活用したデジタル地域通貨の運用開始いろはを活用したデジタル地域通貨の運用開始
いろはを活用したデジタル地域通貨の運用開始
 
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例
 
Hyperledger Cactus V0.4 リリースの概要と今後の開発方針
Hyperledger Cactus V0.4 リリースの概要と今後の開発方針Hyperledger Cactus V0.4 リリースの概要と今後の開発方針
Hyperledger Cactus V0.4 リリースの概要と今後の開発方針
 

Recently uploaded

Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
Toru Tamaki
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
Sony - Neural Network Libraries
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
chisatotakane
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
CRI Japan, Inc.
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 

Recently uploaded (12)

Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 

Hyperledgerプロジェクト概観

  • 1. 1 © NEC Corporation 2019 Hyperledgerプロジェクト概観 Hyperledger Tokyo Meetup 2019年6月27日 NEC 並木悠太
  • 3. 3 © NEC Corporation 2019 本発表の目的 ▌Hyperledgerの中で活動しているプロジェクトとlabについて、それぞれ の概要、位置付けを紹介する 現在13+1のプロジェクトと22のlab 図は https://www.hyperledger.org より引用 この絵はもうすぐ アップデートされそう [1] [1] https://lists.hyperledger.org/g/tsc/topic/32011716
  • 4. 4 © NEC Corporation 2019 Hyperledgerにおける開発の組織体 ▌プロジェクト  TSC(Technical Steering Committee)による承認  例:Fabric、Sawtooth、Irohaなど  「サブプロジェクト」(あるプロジェクトに従属的なプロジェクト)も議論中 ▌Lab  軽量なプロジェクト  プロジェクトほど厳格ではなく、実験的に取り組める場  Labの要件 • 提案者はHyperlegderに技術的貢献をしている(一定期間内にパッチを投稿してマージされている) • スポンサーがいる(既存のプロジェクトのメンテナーなど、一定の権威のある方に認められている)  Labからプロジェクトに昇格していくものも ▌その他の組織としてTSCやWG(Working Group)、SIG(Special Interest Group)などがある  SIGは分野別(医療、公共など)、WGはアーキテクチャや要素技術一般の議論の場
  • 5. 5 © NEC Corporation 2019 プロジェクトのステータス ▌Incubation プロジェクトの最初のステータス 以下のような基準をもとに卒業(=Activeへの移行)をTSCで決定 • 機能するコード、相応のテストカバレッジ、ドキュメント、開発者の多様性(特定企業に偏りがない かなど)、ライセンスなど法務面の問題がないことなど ▌Active ▌Deprecated 誰でも、あるプロジェクトがdeprecatedであると提案できる TSCで最終決定 ▌End of Life Deprecatedから半年経過 Proposal Incubation Active Deprecated End of Life FirstMajor Release
  • 6. 6 © NEC Corporation 2019 プロジェクトのステータス Fabric Sawtooth Iroha Indy Burrow Caliper Explorer Cello Quilt Composer Grid Ursa Aries Transact Incubation Active 2017 2018 20192016 v1.0リリース 最新リリース:v1.4 v1.3 v0.3 v1.0 v1.8 v0.20 v0.26 v0.9 v0.1 v0.1 プロジェクト成立 Activeに移行 v1.0リリース
  • 7. 7 © NEC Corporation 2019 全体図 アプリ寄り 共通基盤技術 プラットフォーム ツール フレームワーク 関連あり (太線はプロジェクト間) 名前 Lab Transact 共通基盤技術 ブロックチェーン プラットフォーム SParts crypto-lib Private Data Objects Umbra Payments Performance Test Harness private-transaction-families Sawtooth Healthcare solang Convector Framework Nephos Byzantine-Config Hyperledger Fabric Private Chaincode Hyperledger Fabric Chrome Extension Fabric Docs CN MinBFT Donor Milk Transparency and Traceability z-mix Hyperledger Community Management Tools fabric-vms-provision Cordentity Fabric Multi Channel Network Samples solidity2chaincode アプリケーション ツール (Corda)
  • 8. 8 © NEC Corporation 2019 共通基盤技術 Transact 共通基盤技術 ブロックチェーン プラットフォーム SParts crypto-lib Private Data Objects Umbra Payments Performance Test Harness private-transaction-families Sawtooth Healthcare solang Convector Framework Nephos Byzantine-Config Hyperledger Fabric Private Chaincode Hyperledger Fabric Chrome Extension Fabric Docs CN MinBFT Donor Milk Transparency and Traceability z-mix Hyperledger Community Management Tools fabric-vms-provision Cordentity Fabric Multi Channel Network Samples solidity2chaincode アプリケーション ツール
  • 9. 9 © NEC Corporation 2019 共通基盤技術(プロジェクト) ▌Burrow EVM(Ethereumのスマートコントラクト実行環境)の実装 SawtoothやFabricでSolidityで書いたコードを動かすために使われている ▌Transact トランザクションの実行環境の汎用ライブラリ/コンポーネント • トランザクションのスケジューリング、ステート管理など まずはGridでWebAssemblyのスマートコントラクトの実行基盤に使うことを計画中 ▌Ursa 暗号関係の処理のライブラリ化 • ブロックチェーンプラットフォームで汎用的に使える安全なライブラリを作ることを目指す Labのcrypto-lib、z-mixを統合、プロジェクト化 Transact
  • 10. 10 © NEC Corporation 2019 共通基盤技術(Lab) Lab 提案者 開始日 概要 crypto-lib 各プロジェクトから 2018-03 各プロジェクトで汎用的に使える暗号化関連 の機能をまとめたライブラリ(Ursaに統合) MinBFT NEC 2018-08 汎用的に使えるBFTな合意形成プロトコルの 実装 z-mix 2018-08 ゼロ知識証明のための汎用ライブラリの実装 (Ursaに統合) Umbra インターン 2018-11 Shadowというネットワークシミュレーター で分散台帳を動かす solang Monax、Burrow チーム 2019-01 RustによるSolidityからWASMへのコンパイ ラ
  • 11. 11 © NEC Corporation 2019 プラットフォーム Transact 共通基盤技術 ブロックチェーン プラットフォーム SParts crypto-lib Private Data Objects Umbra Payments Performance Test Harness private-transaction-families Sawtooth Healthcare solang Convector Framework Nephos Byzantine-Config Hyperledger Fabric Private Chaincode Hyperledger Fabric Chrome Extension Fabric Docs CN MinBFT Donor Milk Transparency and Traceability z-mix Hyperledger Community Management Tools fabric-vms-provision Cordentity Fabric Multi Channel Network Samples solidity2chaincode アプリケーション ツール
  • 12. 12 © NEC Corporation 2019 プラットフォーム(プロジェクト) ▌有名なので説明は簡単に... ▌Fabric  Raft(クラッシュ耐性)による合意形成  execute-order-validateアーキテクチャ ▌Indy  decentralized identityのための分散台帳(purpose-build)  PlenumというRBFT(Redundant BFT)による合意形成 ▌Iroha  Yet Another Consensus(YAC)と呼ばれるBFTな合意形成  モバイルアプリケーション向けのライブラリも提供 ▌Sawtooth  合意形成アルゴリズムを途中で切り替えられる • Proof of Elapsed Time(PoET)とよばれるBFTなアルゴリズムが代表的 – PBFT、Raftも提供  モバイル向けSDKも提供 汎用 特化 BFT
  • 13. 13 © NEC Corporation 2019 プラットフォーム(Lab) Lab 提案者 開始日 概要 Fabric Docs CN 中国コミュニティ 2018-08 Fabricのドキュメントの中国 語への翻訳 Fabric Multi Channel Network Samples 個人 2018-11 Fabricの構築サンプルの提供
  • 14. 14 © NEC Corporation 2019 ツール Transact 共通基盤技術 ブロックチェーン プラットフォーム SParts crypto-lib Private Data Objects Umbra Payments Performance Test Harness private-transaction-families Sawtooth Healthcare solang Convector Framework Nephos Byzantine-Config Hyperledger Fabric Private Chaincode Hyperledger Fabric Chrome Extension Fabric Docs CN MinBFT Donor Milk Transparency and Traceability z-mix Hyperledger Community Management Tools fabric-vms-provision Cordentity Fabric Multi Channel Network Samples solidity2chaincode アプリケーション ツール
  • 15. 15 © NEC Corporation 2019 ツール(プロジェクト) ▌Caliper ベンチマークツール • 現時点でFabric、Sawtooth、Iroha、Burrowに対応 ワークロードはカスタマイズ、新規作成可能 ▌Cello プロビジョニング(BaaSなどの構築) 管理のためのダッシュボードの提供 ▌Explorer モニタリングツール • ブロックのネットワークの情報など ▌Composer アプリケーション開発を容易にするフレームワーク 新規機能追加の予定なし(保守は行われる)[1] [1] https://lists.hyperledger.org/g/composer/message/125
  • 16. 16 © NEC Corporation 2019 Caliperのレポート スループット、レイテンシな どのレポート ワークロードは自分でプログ ラムすることも可
  • 17. 17 © NEC Corporation 2019 Explorerの画面例
  • 18. 18 © NEC Corporation 2019 ツール(Lab) Lab 提案者 開始日 概要 Hyperledger Fabric Chrome Extension インターン 2018-06 Fabricのpeerの機能をブラウザの機能拡張として実装 Hyperledger Community Management Tools Linux Foundation 2018-09 コミュニティの活動状況の集計ツール Payments Performance Test Harness 2018-12 送金を模したワークロードによる性能測定のためのツール fabric-vms-provision 2018-10 AnsibleでFabricをクラウドにプロビジョニング Convector Framework 2019-02 Fabric向けアプリ開発フレームワーク(Composer代替にな るかも?) Nephos 2019-02 FabricをKubernetesにデプロイするツール Byzantine-Config Keyhole Labs 2019-03 Fabricの設定を行うGUI
  • 19. 19 © NEC Corporation 2019 その他 Transact 共通基盤技術 ブロックチェーン プラットフォーム SParts crypto-lib Private Data Objects Umbra Payments Performance Test Harness private-transaction-families Sawtooth Healthcare solang Convector Framework Nephos Byzantine-Config Hyperledger Fabric Private Chaincode Hyperledger Fabric Chrome Extension Fabric Docs CN MinBFT Donor Milk Transparency and Traceability z-mix Hyperledger Community Management Tools fabric-vms-provision Cordentity Fabric Multi Channel Network Samples solidity2chaincode アプリケーション ツール
  • 20. 20 © NEC Corporation 2019 その他(プロジェクト) ▌Aries Indyから派生 クライアントサイドのフレームワーク • 「ウォレット」や鍵管理の仕組みなどを共通化 ▌Grid サプライチェーン向けのフレームワーク • アプリケーションの開発を省力化するための ライブラリを提供する ▌Quilt Interledger Protocol(ILP)の実装 台帳をまたがったトランザクションを実現する
  • 21. 21 © NEC Corporation 2019 その他(Lab) Lab(ユースケース系) 提案者 開始日 概要 SParts Wind River 2018-03 ソフトウェアのサプライチェーン(ソフトウェアライブラリの出 どころの管理など)(Sawtooth) Donor Milk Transparency and Traceability 2018-08 ユースケースの検証(Composer) Sawtooth Healthcare 個人 2019-01 Sawtoothを使ってヘルスケアのPoCを開発する Lab 提案者 開始日 概要 Private Data Objects Intel 2018-03 機密保持ができるオフチェーンスマートコントラクト技術。SGX活用(当 初はSawtooth向け) Cordentity 2018-11 CordaにIndyの自己証明型身分証明機能を統合 solidity2chaincode 2018-11 SolidityをJSのチェーンコードに変換するFabric private- transaction-families 2019-01 Sawtoothにプライバシー保護の仕組みを提供。SGX活用 Hyperledger Fabric Private Chaincode IBM Zurich 2019-05 FabricのチェーンコードをIntel SGXの中で動かすことでプライバシーを 向上
  • 22. 22 © NEC Corporation 2019 インターンシップ ▌学生にHyperledgerに開発に取り組んでもらう フルタイム:40時間/週×連続12週間 パートタイム:20時間/週×連続24週間 ▌2019年のプロジェクト CaliperのGUI構築 Sawtoothにモニタリングダッシュボードを構築 IrohaにUrsaを統合 IrohaにBurrowのSolidity VMを統合 IndyのRaspberry Piエージェント Fabricの台帳やトランザクションをElasticsearchとKibanaで分析できるように ...など [1] https://wiki.hyperledger.org/display/INTERN/2019+Projects
  • 23. 23 © NEC Corporation 2019 まとめ アプリ寄り 共通基盤技術 プラットフォーム ツール フレームワーク 関連あり 名前 Lab Transact 共通基盤技術 ブロックチェーン プラットフォーム SParts crypto-lib Private Data Objects Umbra Payments Performance Test Harness private-transaction-families Sawtooth Healthcare solang Convector Framework Nephos Byzantine-Config Hyperledger Fabric Private Chaincode Hyperledger Fabric Chrome Extension Fabric Docs CN MinBFT Donor Milk Transparency and Traceability z-mix Hyperledger Community Management Tools fabric-vms-provision Cordentity Fabric Multi Channel Network Samples solidity2chaincode アプリケーション ツール (Corda)
  • 24. 24 © NEC Corporation 2019 参考 ▌Wiki https://wiki.hyperledger.org/