SlideShare a Scribd company logo
1976年生まれ
小学3年生から趣味でプログラミングを開始
1995-1999年 慶應義塾大学 SFC 環境情報学部
NRI にてナレッジマネジメントシステムを企画・開発
1999-2000年 サン・マイクロシステムズ
シリコンバレーの米国本社にて Java + XML を用いたサイジングアプリケーションを
開発、カリフォルニア州立大学サクラメント校大学院での Java + XML の授業を担当
2000年 アプレッソ起業
「日本にエンジニアの楽園のような場所をつくりたい!」
起業と同時に DataSpider の企画・開発を開始。半年で Ver. 1.0 をリリース。
未踏ソフトウェア創造事業
・PICSY (伝播貨幣) シミュレータークライアント (2002年)
・Galapagos ( XM 会議ツール) 共同開発者 (2004年)
日経ソフトウェア
・関東連載「小野和俊のプログラマ独立独歩」 (2007-2010年)
九州大学 工学部大学院
・「高度 ICT リーダーシップ特論」非常勤講師 (2008-2011年)
技術力と PM 力の問題
行き当たりばっ
たりなソフトウェアアーキテクチャ 余裕のないソフ
トウェア開発
開発の中で先送りされるのは、文書化、テストコードの
記述、ソースコード中の積み残し ( TODO ) 項目の解決や
コンパイラの警告、静的コード解析ツールの解析結果へ
の対応など
組織で共有されない知識 複雑すぎて変更が難しい
コード
最初のコードを出荷することは、借金をしに行くのと同
じである。
品質の良くないコードを使
い続けることは、借金の利息としてとらえることができ
る
まず第一に「プログラムを書く」という仕事は簡単な仕
事ではない。
基礎がしっかりと出来ていないとろくなソフトウェアは
作れない。
「どんな
に優秀なエンジニアでも、決してプログラムを自分自身
で書かずに良い詳細仕様を作ることは出来ない」
「自分でプログラムを書かない上流のエン
ジニアが詳細設計書を作り、下流のエンジニアがコー
ディングをする」という工程そのものが、根本的に間
違っている
・ソフトウェアの要件や構造がごくシンプル
・業務さえ分かっていれば設計ができる
・実装についても設計書通り書けば誰でも作れる
・システムごとに顧客は一社のみ
・納品後の修正は原則として発生しない
・大きなトラブルなく事業としても利益が出ている
・社員のモチベーションも高く事業の将来も明るい
→ しかし今の時代、上記スタンスでは「うちはどこよりも安いです」という薄利モ
デル以外の立ち位置は残されていないものと思われる。
・BP さんと協力して仕事をしていくにせよ、自社で内製化し、技術的負債を背負わ
ずにソフトウェア開発する力がなければプロジェクトは失敗する。
→ モダン開発推進チーム発足
そしてこうしたツールを有効活用することはプロジェクトの成功確率向上に
大きく寄与する
• こうしたツールや開発プロセス、設計や実装の技術によって得られる効果や感動
を、モダン開発推進チームが現場に寄り添い、プロジェクトに一緒に参加してプ
ロジェクトメンバーにそのすばらしさを体感してもらう
ファンになった人がインフルエンサーとしてそのやり方を社内に普及させ
ていくことで、モダンな開発手法をねずみ算式に浸透させていく
個人で抱え込まずにチーム全体で共有するこ
とができる 問題の早期発見につながる
「自信のなさ」や「恥ずかしさ」
コミット単位での脆弱性診断が可能
段階的且つ確実な品質の作り
込みが可能となった
実装箇所の優先順位にもとづき、機械的に実行可能な単体テストコードを実装
課題発生時に
有識者を交えて議論し、短時間でのトラブルシューティングにつなげることができた
出社時にチャンネル
を確認するだけで、前日のテスト状況の把握と必要に応じて修正を素早く行うことが
できた
総じて「問題の早期発見」が行いやすくなる
これまでの定例会議では発見できなかったような問
題が自然に見つかる
「一人ではなくチームで開発」
実践力重視で招集さ
れた「 PM ジェダイ」 要注意プロジェ
クトに対して PM ジェダイを派遣し、課題の整理と解決に当たる
文化の問題
- モード1 モード2
タイミング 事後的 事前的
性向 安定性重視 速度重視
開発手法 ウォーターフォール アジャイル
アプリ例 ERP 、 SCM CRM 、 MA
管理部門 IT 部門が集中管理 ユーザー部門が分散管理
対象業務 予測可能業務 探索型業務
例えるなら 武士:領地や報酬を死守 忍者: 何が有効なのかを探る
誰のためのもの 運用者 (オペレーター) 革新者 (イノベーター)
重視すること 効率性、ROI 新規性、大きなリターン
車の運転で言うと リスクを抑えて安全運転 スピード重視で運転
経営 トップダウン ボトムアップ
規模 大規模 小規模
強み 統率力、実行力 機動力、柔軟性
一部、ZDNet「経済のデジタル化がもたらす企業ITの“バイモーダル”が目指すもの」から引用
モード1 モード2
流通×IoT
1)ウフル社主催IoTパートナーコミュニティへの参画
2)HULFT IoTリリース
3)流通PoCの実施
Computer-to-Computer
Device-to-Cloud
<IoTパートナーコミュニティへの参画>
<店舗でのPoCイメージ>
※来店者人数・属性/実購買者の情報/店内温度の
データ取得による見える化
© 2017 Microsoft Corporation. All rights reserved.
本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

More Related Content

Viewers also liked

Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -
Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -
Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -
Yuki Anzai
 

Viewers also liked (6)

CEDEC2017 アーティストのためのリアルタイムシェーダー学習法
CEDEC2017 アーティストのためのリアルタイムシェーダー学習法CEDEC2017 アーティストのためのリアルタイムシェーダー学習法
CEDEC2017 アーティストのためのリアルタイムシェーダー学習法
 
新規プロジェクトにおけるエンジニアの働き方
新規プロジェクトにおけるエンジニアの働き方新規プロジェクトにおけるエンジニアの働き方
新規プロジェクトにおけるエンジニアの働き方
 
Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -
Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -
Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -
 
プロトタイプで終わらせない死の谷を超える機械学習プロジェクトの進め方 #MLCT4
プロトタイプで終わらせない死の谷を超える機械学習プロジェクトの進め方 #MLCT4プロトタイプで終わらせない死の谷を超える機械学習プロジェクトの進め方 #MLCT4
プロトタイプで終わらせない死の谷を超える機械学習プロジェクトの進め方 #MLCT4
 
リクルート式AIの活用法
リクルート式AIの活用法リクルート式AIの活用法
リクルート式AIの活用法
 
フロー効率性とリソース効率性について #xpjug
フロー効率性とリソース効率性について #xpjugフロー効率性とリソース効率性について #xpjug
フロー効率性とリソース効率性について #xpjug
 

Similar to [DO17] セゾン情報システムズの CTO 小野氏による、伝統的 Sier におけるモダン開発への挑戦

Similar to [DO17] セゾン情報システムズの CTO 小野氏による、伝統的 Sier におけるモダン開発への挑戦 (20)

FutureStack Tokyo 19 -[特別講演]システム開発によろこびと驚きの連鎖を
FutureStack Tokyo 19 -[特別講演]システム開発によろこびと驚きの連鎖をFutureStack Tokyo 19 -[特別講演]システム開発によろこびと驚きの連鎖を
FutureStack Tokyo 19 -[特別講演]システム開発によろこびと驚きの連鎖を
 
Talk 1「データインテグレーションとは何か」
Talk 1「データインテグレーションとは何か」Talk 1「データインテグレーションとは何か」
Talk 1「データインテグレーションとは何か」
 
stapy_028_talk1
stapy_028_talk1stapy_028_talk1
stapy_028_talk1
 
japan teacher
japan teacherjapan teacher
japan teacher
 
Scratchを使ったビジュアルプログラミング
Scratchを使ったビジュアルプログラミングScratchを使ったビジュアルプログラミング
Scratchを使ったビジュアルプログラミング
 
ABEJAの デジタルトランスフォーメーション 〜AIが実現するプロセス⾰命〜
ABEJAの デジタルトランスフォーメーション 〜AIが実現するプロセス⾰命〜ABEJAの デジタルトランスフォーメーション 〜AIが実現するプロセス⾰命〜
ABEJAの デジタルトランスフォーメーション 〜AIが実現するプロセス⾰命〜
 
20150729 位置情報フォーラム in Osaka 「気象データを活用した防災情報サービス」
20150729 位置情報フォーラム in Osaka 「気象データを活用した防災情報サービス」20150729 位置情報フォーラム in Osaka 「気象データを活用した防災情報サービス」
20150729 位置情報フォーラム in Osaka 「気象データを活用した防災情報サービス」
 
Nyle流 Scalaとの付き合い方
Nyle流 Scalaとの付き合い方Nyle流 Scalaとの付き合い方
Nyle流 Scalaとの付き合い方
 
近年急増のサイバー攻撃の傾向(2018/5)
近年急増のサイバー攻撃の傾向(2018/5)近年急増のサイバー攻撃の傾向(2018/5)
近年急増のサイバー攻撃の傾向(2018/5)
 
20111203 忘年会・交流会LT_糟谷さん資料
20111203 忘年会・交流会LT_糟谷さん資料20111203 忘年会・交流会LT_糟谷さん資料
20111203 忘年会・交流会LT_糟谷さん資料
 
LexuesAcademy-全体まとめ
LexuesAcademy-全体まとめLexuesAcademy-全体まとめ
LexuesAcademy-全体まとめ
 
Webシステムプログラミング20150413
Webシステムプログラミング20150413Webシステムプログラミング20150413
Webシステムプログラミング20150413
 
CBCV媒体資料_.pdf
CBCV媒体資料_.pdfCBCV媒体資料_.pdf
CBCV媒体資料_.pdf
 
求職サービスの検索ログを用いたクエリのカテゴリ推定とその活用事例の紹介
求職サービスの検索ログを用いたクエリのカテゴリ推定とその活用事例の紹介求職サービスの検索ログを用いたクエリのカテゴリ推定とその活用事例の紹介
求職サービスの検索ログを用いたクエリのカテゴリ推定とその活用事例の紹介
 
Apple bu20100721
Apple bu20100721Apple bu20100721
Apple bu20100721
 
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
 
遅いクエリと向き合う仕組み #CybozuMeetup
遅いクエリと向き合う仕組み #CybozuMeetup遅いクエリと向き合う仕組み #CybozuMeetup
遅いクエリと向き合う仕組み #CybozuMeetup
 
ABC 2012 spring
ABC 2012 springABC 2012 spring
ABC 2012 spring
 
Webシステムプログラミング概要20150630
Webシステムプログラミング概要20150630Webシステムプログラミング概要20150630
Webシステムプログラミング概要20150630
 
World IA Day 2013 Japan Opening
World IA Day 2013 Japan OpeningWorld IA Day 2013 Japan Opening
World IA Day 2013 Japan Opening
 

More from de:code 2017

[DI12] あらゆるデータをビジネスに活用! Azure Data Lake を中心としたビックデータ処理基盤のアーキテクチャと実装
[DI12] あらゆるデータをビジネスに活用! Azure Data Lake を中心としたビックデータ処理基盤のアーキテクチャと実装[DI12] あらゆるデータをビジネスに活用! Azure Data Lake を中心としたビックデータ処理基盤のアーキテクチャと実装
[DI12] あらゆるデータをビジネスに活用! Azure Data Lake を中心としたビックデータ処理基盤のアーキテクチャと実装
de:code 2017
 
[DI10] IoT を実践する最新のプラクティス ~ Azure IoT Hub 、SDK 、Azure IoT Suite ~
[DI10] IoT を実践する最新のプラクティス ~ Azure IoT Hub 、SDK 、Azure IoT Suite ~[DI10] IoT を実践する最新のプラクティス ~ Azure IoT Hub 、SDK 、Azure IoT Suite ~
[DI10] IoT を実践する最新のプラクティス ~ Azure IoT Hub 、SDK 、Azure IoT Suite ~
de:code 2017
 
[DO08] 『変わらない開発現場』を変えていくために ~エンプラ系レガシー SIer のための DevOps 再入門~
[DO08] 『変わらない開発現場』を変えていくために ~エンプラ系レガシー SIer のための DevOps 再入門~[DO08] 『変わらない開発現場』を変えていくために ~エンプラ系レガシー SIer のための DevOps 再入門~
[DO08] 『変わらない開発現場』を変えていくために ~エンプラ系レガシー SIer のための DevOps 再入門~
de:code 2017
 
[DO16] Mesosphere : Microservices meet Fast Data on Azure
[DO16] Mesosphere : Microservices meet Fast Data on Azure [DO16] Mesosphere : Microservices meet Fast Data on Azure
[DO16] Mesosphere : Microservices meet Fast Data on Azure
de:code 2017
 

More from de:code 2017 (20)

[AI08] 深層学習フレームワーク Chainer × Microsoft で広がる応用
[AI08] 深層学習フレームワーク Chainer × Microsoft で広がる応用[AI08] 深層学習フレームワーク Chainer × Microsoft で広がる応用
[AI08] 深層学習フレームワーク Chainer × Microsoft で広がる応用
 
[AI10] ゲームキャラクターのための人工知能と社会への応用 ~ FINAL FANTASY XV を事例として ~
[AI10] ゲームキャラクターのための人工知能と社会への応用 ~ FINAL FANTASY XV を事例として ~[AI10] ゲームキャラクターのための人工知能と社会への応用 ~ FINAL FANTASY XV を事例として ~
[AI10] ゲームキャラクターのための人工知能と社会への応用 ~ FINAL FANTASY XV を事例として ~
 
[DO07] マイクロサービスに必要な技術要素はすべて Spring Cloud にある
[DO07] マイクロサービスに必要な技術要素はすべて Spring Cloud にある[DO07] マイクロサービスに必要な技術要素はすべて Spring Cloud にある
[DO07] マイクロサービスに必要な技術要素はすべて Spring Cloud にある
 
[SC09] パッチ待ちはもう古い!Windows 10 最新セキュリティ技術とゼロデイ攻撃攻防の実例
[SC09] パッチ待ちはもう古い!Windows 10 最新セキュリティ技術とゼロデイ攻撃攻防の実例[SC09] パッチ待ちはもう古い!Windows 10 最新セキュリティ技術とゼロデイ攻撃攻防の実例
[SC09] パッチ待ちはもう古い!Windows 10 最新セキュリティ技術とゼロデイ攻撃攻防の実例
 
[SC10] 自社開発モバイルアプリの DLP 対応化を Microsoft Intune で可能に
[SC10] 自社開発モバイルアプリの DLP 対応化を Microsoft Intune で可能に[SC10] 自社開発モバイルアプリの DLP 対応化を Microsoft Intune で可能に
[SC10] 自社開発モバイルアプリの DLP 対応化を Microsoft Intune で可能に
 
[DI12] あらゆるデータをビジネスに活用! Azure Data Lake を中心としたビックデータ処理基盤のアーキテクチャと実装
[DI12] あらゆるデータをビジネスに活用! Azure Data Lake を中心としたビックデータ処理基盤のアーキテクチャと実装[DI12] あらゆるデータをビジネスに活用! Azure Data Lake を中心としたビックデータ処理基盤のアーキテクチャと実装
[DI12] あらゆるデータをビジネスに活用! Azure Data Lake を中心としたビックデータ処理基盤のアーキテクチャと実装
 
[DI10] IoT を実践する最新のプラクティス ~ Azure IoT Hub 、SDK 、Azure IoT Suite ~
[DI10] IoT を実践する最新のプラクティス ~ Azure IoT Hub 、SDK 、Azure IoT Suite ~[DI10] IoT を実践する最新のプラクティス ~ Azure IoT Hub 、SDK 、Azure IoT Suite ~
[DI10] IoT を実践する最新のプラクティス ~ Azure IoT Hub 、SDK 、Azure IoT Suite ~
 
[AI03] AI × 導入の速さを武器に。 ” 人工知能パーツ ” Cognitive Services の使いどころ
[AI03] AI × 導入の速さを武器に。 ” 人工知能パーツ ” Cognitive Services の使いどころ[AI03] AI × 導入の速さを武器に。 ” 人工知能パーツ ” Cognitive Services の使いどころ
[AI03] AI × 導入の速さを武器に。 ” 人工知能パーツ ” Cognitive Services の使いどころ
 
[SP04] これからのエンジニアに必要な「マネジメント」の考え方
[SP04] これからのエンジニアに必要な「マネジメント」の考え方[SP04] これからのエンジニアに必要な「マネジメント」の考え方
[SP04] これからのエンジニアに必要な「マネジメント」の考え方
 
[DO13] 楽天のクラウドストレージ使いこなし術 Azure と OSS で少しずつ進めるレガシー脱却
[DO13] 楽天のクラウドストレージ使いこなし術 Azure と OSS で少しずつ進めるレガシー脱却[DO13] 楽天のクラウドストレージ使いこなし術 Azure と OSS で少しずつ進めるレガシー脱却
[DO13] 楽天のクラウドストレージ使いこなし術 Azure と OSS で少しずつ進めるレガシー脱却
 
[DO11] JOY, Inc. : あなたの仕事場での喜びは何ですか?
[DO11] JOY, Inc. : あなたの仕事場での喜びは何ですか?[DO11] JOY, Inc. : あなたの仕事場での喜びは何ですか?
[DO11] JOY, Inc. : あなたの仕事場での喜びは何ですか?
 
[DO08] 『変わらない開発現場』を変えていくために ~エンプラ系レガシー SIer のための DevOps 再入門~
[DO08] 『変わらない開発現場』を変えていくために ~エンプラ系レガシー SIer のための DevOps 再入門~[DO08] 『変わらない開発現場』を変えていくために ~エンプラ系レガシー SIer のための DevOps 再入門~
[DO08] 『変わらない開発現場』を変えていくために ~エンプラ系レガシー SIer のための DevOps 再入門~
 
[DO06] Infrastructure as Code でサービスを迅速にローンチし、継続的にインフラを変更しよう
[DO06] Infrastructure as Code でサービスを迅速にローンチし、継続的にインフラを変更しよう[DO06] Infrastructure as Code でサービスを迅速にローンチし、継続的にインフラを変更しよう
[DO06] Infrastructure as Code でサービスを迅速にローンチし、継続的にインフラを変更しよう
 
[DO05] システムの信頼性を上げるための新しい考え方 SRE ( Site Reliability Engineering ) in Azure, o...
[DO05] システムの信頼性を上げるための新しい考え方 SRE ( Site Reliability Engineering ) in Azure, o...[DO05] システムの信頼性を上げるための新しい考え方 SRE ( Site Reliability Engineering ) in Azure, o...
[DO05] システムの信頼性を上げるための新しい考え方 SRE ( Site Reliability Engineering ) in Azure, o...
 
[DO04] アジャイル開発サバイバルガイド 〜キミが必ず直面する課題と乗り越え方を伝えよう!〜
[DO04] アジャイル開発サバイバルガイド 〜キミが必ず直面する課題と乗り越え方を伝えよう!〜[DO04] アジャイル開発サバイバルガイド 〜キミが必ず直面する課題と乗り越え方を伝えよう!〜
[DO04] アジャイル開発サバイバルガイド 〜キミが必ず直面する課題と乗り越え方を伝えよう!〜
 
[DO02] Jenkins PipelineとBlue Oceanによる、フルスクラッチからの継続的デリバリ
[DO02] Jenkins PipelineとBlue Oceanによる、フルスクラッチからの継続的デリバリ[DO02] Jenkins PipelineとBlue Oceanによる、フルスクラッチからの継続的デリバリ
[DO02] Jenkins PipelineとBlue Oceanによる、フルスクラッチからの継続的デリバリ
 
[SP03] 「怠惰の美徳~言語デザイナーの視点から」
[SP03] 「怠惰の美徳~言語デザイナーの視点から」[SP03] 「怠惰の美徳~言語デザイナーの視点から」
[SP03] 「怠惰の美徳~言語デザイナーの視点から」
 
[SP02] Developing autonomous vehicles with AirSim
[SP02] Developing autonomous vehicles with AirSim[SP02] Developing autonomous vehicles with AirSim
[SP02] Developing autonomous vehicles with AirSim
 
[SP01] CTO が語る! 今注目すべきテクノロジー
[SP01] CTO が語る! 今注目すべきテクノロジー[SP01] CTO が語る! 今注目すべきテクノロジー
[SP01] CTO が語る! 今注目すべきテクノロジー
 
[DO16] Mesosphere : Microservices meet Fast Data on Azure
[DO16] Mesosphere : Microservices meet Fast Data on Azure [DO16] Mesosphere : Microservices meet Fast Data on Azure
[DO16] Mesosphere : Microservices meet Fast Data on Azure
 

Recently uploaded

2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
ssuserbefd24
 

Recently uploaded (12)

Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
 
論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizes
論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizes論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizes
論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizes
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
 
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
 
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
 
論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...
論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...
論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
 
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
 

[DO17] セゾン情報システムズの CTO 小野氏による、伝統的 Sier におけるモダン開発への挑戦