Successfully reported this slideshow.

3行ラベリング 事例10-ICT

0

Share

1 of 10
1 of 10

More Related Content

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

3行ラベリング 事例10-ICT

  1. 1. Together! 3行ラベリング 事例 #10 ICT アイデアクラフト 開米瑞浩
  2. 2. 原文 ICTとは、Information and Communication Technology(インフォメーション・アン ド・コミュニケーション・テクノロジー)の略で、日本ではすでに一般的となったITの概念 をさらに一歩進め、IT=情報技術に通信コミュニケーションの重要性を加味した言葉で す。 ICTは、ITとほぼ同義語ですが、情報通信技術のコミュニケーション性を強調していて、 ネットワーク通信による情報・知識の共有を念頭に置いた表現となっています。日本で はITという言葉が普及しましたが、国際的にはICTという呼称のほうが一般的です。 ネットワークを利用した多様なコミュニケーションが行われている現在、ITと比べ、ICT は今後日本が目指す情報化社会に、よりいっそう合った的確な表現であると言えます。 総務省の「IT政策大綱」が2004年から「ICT政策大綱」に名称を変更するなど、日本で も徐々にITからICTへと、移行する動きが出ています。 OCN インターネット用語辞典より http://www.ocn.ne.jp/support/words/ghi/ICT.html 2 ICT(Information and Communication Technology) 注:「国際的にはICTという呼称のほうが一般的」というのは実態ではなく、「現実に ”ICT” を多用しているのはヨーロ ッパの一部と日本の総務相のみ」 だそうです(識者談)
  3. 3. ICT(情報通信技術) 受講者案-1  【用語】  【IT】情報技術、日本ではすでにITは一般的  【ICT】Information and Communication Technology、通信コミュニケーションの重要性を加味  【違い】  ICTは、ITとほぼ同義語  情報通信技術のコミュニケーション性を強調  ネットワーク通信による情報・知識の共有を念頭に置いた表現  【普及】  日本ではITという言葉が普及  国際的にはICTという呼称のほうが一般的  【現状】  現在はネットワークを利用した多様なコミュニケーションが行われている  ITよりICTの方が情報化社会を表すのに適している  日本でも徐々にITからICTへ名称を移行する動きが出ている  例:総務省の「IT政策大綱」が2004年から「ICT政策大綱」に名称を変更した 3 地味ですが、こう して細かく分解・ 分類していくのは 重要です。 こうして見てみると、似た情報が何度も出てきているのに 気がつきます。こんなときは表を作ると良い場合が多いです
  4. 4. ICT(情報通信技術) 受講者案-2 IT ICT 略語 情報技術 情報通信技術 主眼 ネットワーク通信技術 コミュニケーション性を強調 情報・知識の共有 日本 日本では一般的 徐々に名称移行する動き がある 世界 - 国際的にすでに普及 というわけで表を作ったのがこちら。 Excellent!! イイですね!! すばらしい! 4
  5. 5. 疑問 【受講者の疑問】 比較しやすいように表を作ってみました。 さらに、「ITがベースで、その後ネットワーク技術が発展し たから多様なコミュニケーションが行われるようになって ICTの言葉の方が適すようになった」という現状のニュアン スを伝えたいのですが、上記の表では単なる比較で IT→ICT の感じが出ていない気がします。 5 こんな疑問を言葉にしてみることも非常に大事ですね。 実際にやってみるといろいろ疑問が出てくるものなので、 そこでさらに工夫してみることによって表現力が上がります。
  6. 6. 講師ヒント-1 6 IT ICT これがベースにあって こう変わったことを 表現したい ……のであれば、ポイントは2つあります。 (1)時間軸を可視化 すること (2)ITとICTの差を 可視化すること 基本的には矢印で良い 要は比べてみせること。 何を比べるかが重要。 そこで「IT」の前に1ステップ増やします。具体的には → 次へ
  7. 7. 講師ヒント-3 7 IT ICT IT化 による変化 「コミュニケーションの有無」に違いがあることを示すには どうすればいい? IT以前 ICT化 による変化 「コミュニケーション」は、複数のアクター間で行うもの これが可視化のポイント つまり? → 自分で考えてみてから次へ
  8. 8. タテヨコ2軸を使い分ける-1 人間だけで できる仕事 人間+ITで できる仕事 人間+ICTで できる仕事 1つの仕事の 高速化 異なる仕事の連携 こんな感じに書けばよいでしょう
  9. 9. タテヨコ2軸を使い分ける-2 変化の象徴的な部分をタテ・ヨコの2軸で 表現するのは常套手段です 人間だけで できる仕事 人間+ITで できる仕事 人間+ICTで できる仕事 1つの仕事の 高速化 異なる仕事の連携
  10. 10. まとめ 図で伝える場合はタテ・ヨコの2軸を使えますので、 タテヨコで違う意味を持たせるのは常套手段です。 いろいろな機会に試してみましょう。 やってみたけどよくわからない・・・という場合は → Together! 3行ラベリングへようこそ http://ideacraft.jp/together-3.html 10

×