Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

車載の品質管理 Automobile Quaulity Control

11,935 views

Published on

車載の品質管理の紹介
Site name: 匠の知恵
URL http://www.takuminotie.com

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

車載の品質管理 Automobile Quaulity Control

  1. 1. 純正・車載用電子製品の品質1.何故、車の品質は厳しいのか? ・人の命をあずかる製品 ・PL訴訟 ・使用環境 ・修理・保全2.車載用製品の工程管理 ・考え方 ・方法 ・変化点管理
  2. 2. 1.何故、車の品質は厳しいのか?・人命にかかわる製品:車は人の命をあずかる製品であり、ブレーキが利かない、 ハンドルが曲がらなかったら 即、死亡事故につながる。・ブランド:車載用電子製品は車の一部であ 高信頼性のブランド り、不良が発生した際は車自 体のイメージダウンにつながり、 ブランドの信用が低下する。
  3. 3. 1.何故、車の品質は厳しいのか? PL訴訟(PL: product liability ) • PL(製造物責任)とは、欠陥のある製品を使用して使用者が損害を 被った際に製造業者が追うべき賠償責任のこと。生命、財産に損害を 被った事を裁判所にて証明し、勝訴すれば、被害者は、製造メーカ等 に対して損害賠償を求めることができる。 ・自動車のPL責任の損害補償額は人命を預かっている製品の為、高額 であり、一件の賠償で利益がなくなるだけでなく、倒産する事もある。製造メーカー 消費者
  4. 4. 1.何故、車の品質は厳しいのか? PL訴訟(PL: product liability ) • PL(製造物責任)とは、欠陥のある製品を使用して使用者が損害を 被った際に製造業者が追うべき賠償責任のこと。生命、財産に損害を 被った事を裁判所にて証明し、勝訴すれば、被害者は、製造メーカ等 に対して損害賠償を求めることができる。 ・自動車のPL責任の損害補償額は人命を預かっている製品の為、高額 であり、一件の賠償で利益がなくなるだけでなく、倒産する事もある。製造メーカー 消費者
  5. 5. 1.何故、車の品質は厳しいのか? 使われる環境の違い・車載用:①気温(低温、高温使用) 零下-10°~+60°②湿度(高湿、乾燥)③振動、衝撃④ダスト、雨水、塩水、酸性雨・家電製品:温度、湿度、振動、ダストの外部ストレスが少ない。
  6. 6. 1.何故、車の品質は厳しいのか? 修理・保全性・車載用: 修理は一度、車から分解した のち、専門業者にて修理後、 再度、車に取り付け。・家電製品: 修理、保全が容易。
  7. 7. 2.車載用製品の工程、設備管理『考え方』 ①重要特性、設備の絞込み 要求品質: ②工程で異常検知できる管理体制の構築 不良率 **ppm以下 ③安全設計の追加(フェィルセーフ) **/100万の不良 ①工程FMEA( Failure mode and effects analysis) 工程FTA(Fault tree analysis) ②工程で管理ミスし易い箇所の予測 ③過去の不具合事例FMEA:製品の構成要素の故障モードとその上位アイテムへの影響を 分析する手法FTA:故障の原因を大まかな段階から順々に小さな 段階に追究、分解 していく方法。
  8. 8. 2.車載用製品の工程、設備管理『方法』 ①管理項目、条件、頻度の検討 ②重要工程、設備の把握と維持管理・なにを、どのような条件で、いつ 検査、 ・どの工程が、どの設備が重要であり 点検するかを検討し、文章化する。 管理ポイントはなにか文章化する。 ③工程能力の把握(Cp、Cpk) ④工程能力の維持管理(X-R管理) ・安定した生産が可能な工程であるか ・日々、安定した生産がされているかを を工程能力指数にて把握する。 X-R管理にて管理。 SL SU 1.33>Cp≧1:工程能力は ほぼ良好
  9. 9. 2.車載用製品の工程、設備管理『変化点管理』・・・異常検知力の感度アップ誰もが認識できるもの 認識しにくいもの①4M変更(設備、材料、工法、測定法) ①小改善②重要工程に登録された作業者変更 ②リピート設備の導入 ③季節変動 ④隣のラインの改造変化点は 技術、製造、品質のチームでDR(デザイン・レビュー)実施 必要ならば『デンソーとの工程変更DR』実施 •デザイン・レビューdesign review: 新製品の開発段階において設計のみならず製造、品質管理部門等 が集まり予想させる問題点、改善点等について検討し設計段階で 問題点を可能な限り対策するための手法
  10. 10. 2.車載用製品の工程、設備管理『異常とは?』要因系: 結果系:作業、工程がいつもと違う。 物の出来栄えがいつもと違う・音、色、手触り、速度がちがう。 ・手直しが多い、少ない、初めての 不良モード 異常発見を高めるには? ①初期清掃 ②定期点検 ③報告・連絡・相談
  11. 11. 3.仕入れ先へのお願い品質は企業の生命線・2000年以降品質を取り巻く環境が大きく変化し、消費者の品質に対する目が一段と厳しくなった。・企業間の競争も激化、品質が良くて、安いものが豊富に市場に供給されている。・エクセレント・カンパニーでなければこれからの企業は生きて行けない。純正・車載用電子製品組立/部品工場としての活路を開き、他企業との差別化を図る。
  12. 12. 高品質、高信頼の モノ造りに挑戦!
  13. 13. 1.何故、車の品質は厳しいのか? 使われる環境の違い・車載用:①気温(低温、高温使用) 零下-10°~+60°②湿度(高湿、乾燥)③振動、衝撃④ダスト、雨水、塩水、酸性雨・家電製品:温度、湿度、振動、ダストの外部ストレスが少ない。
  14. 14. 1.何故、車の品質は厳しいのか? 修理・保全性・車載用: 修理は一度、車から分解した のち、専門業者にて修理後、 再度、車に取り付け。・家電製品: 修理、保全が容易。
  15. 15. 2.車載用製品の工程、設備管理『考え方』 ①重要特性、設備の絞込み 要求品質: ②工程で異常検知できる管理体制の構築 不良率 **ppm以下 ③安全設計の追加(フェィルセーフ) **/100万の不良 ①工程FMEA( Failure mode and effects analysis) 工程FTA(Fault tree analysis) ②工程で管理ミスし易い箇所の予測 ③過去の不具合事例FMEA:製品の構成要素の故障モードとその上位アイテムへの影響を 分析する手法FTA:故障の原因を大まかな段階から順々に小さな 段階に追究、分解 していく方法。
  16. 16. 2.車載用製品の工程、設備管理『方法』 ①管理項目、条件、頻度の検討 ②重要工程、設備の把握と維持管理・なにを、どのような条件で、いつ 検査、 ・どの工程が、どの設備が重要であり 点検するかを検討し、文章化する。 管理ポイントはなにか文章化する。 ③工程能力の把握(Cp、Cpk) ④工程能力の維持管理(X-R管理) ・安定した生産が可能な工程であるか ・日々、安定した生産がされているかを を工程能力指数にて把握する。 X-R管理にて管理。 SL SU 1.33>Cp≧1:工程能力は ほぼ良好
  17. 17. 2.車載用製品の工程、設備管理『変化点管理』・・・異常検知力の感度アップ誰もが認識できるもの 認識しにくいもの①4M変更(設備、材料、工法、測定法) ①小改善②重要工程に登録された作業者変更 ②リピート設備の導入 ③季節変動 ④隣のラインの改造変化点は 技術、製造、品質のチームでDR(デザイン・レビュー)実施 必要ならば『デンソーとの工程変更DR』実施 •デザイン・レビューdesign review: 新製品の開発段階において設計のみならず製造、品質管理部門等 が集まり予想させる問題点、改善点等について検討し設計段階で 問題点を可能な限り対策するための手法
  18. 18. 2.車載用製品の工程、設備管理『異常とは?』要因系: 結果系:作業、工程がいつもと違う。 物の出来栄えがいつもと違う・音、色、手触り、速度がちがう。 ・手直しが多い、少ない、初めての 不良モード 異常発見を高めるには? ①初期清掃 ②定期点検 ③報告・連絡・相談
  19. 19. 3.仕入れ先へのお願い品質は企業の生命線・2000年以降品質を取り巻く環境が大きく変化し、消費者の品質に対する目が一段と厳しくなった。・企業間の競争も激化、品質が良くて、安いものが豊富に市場に供給されている。・エクセレント・カンパニーでなければこれからの企業は生きて行けない。純正・車載用電子製品組立/部品工場としての活路を開き、他企業との差別化を図る。

×