Otsuma(2010615)

890 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
890
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Otsuma(2010615)

  1. 1. 第7回「変わるインターネット(2) -メディアのインターネット対応」 大妻女子大学社会情報学科共通科目 「情報社会論」 日時:2010年6月15日(火) 会場:大妻女子大学 多摩キャンパス 岡本真 大妻女子大学社会情報学部非常勤講師 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 1 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  2. 2. 参考:授業の全体計画 第1回 4月13日 インターネットとは何か-授業の概説とインターネットに関する基本的な説明 第2回 4月20日 情報・知識とは何か-私たちはこれまでどのように情報・知識に接してきたのか 第3回 4月27日 インターネットの特性(1)-検索エンジンの仕組み 第4回 5月11日 インターネットの特性(2)-検索エンジンでは検索できない情報 第5回 5月18日 インターネットの特性(3)-インターネットで使われている様々な仕組み - 5月25日 休講(教員海外出張につき) 第6回 6月1日 変わるインターネット(1)-ソーシャルメディア - 6月8日 休講(教員怪我につき) 第7回 6月15日 変わるインターネット(2)-メディアのインターネット対応 第8回 6月22日 変わり出した社会(1)-コミュニティーの変化 第9回 6月29日 変わり出した社会(2)-制度の変化 第10回 7月6日 変わり出した社会(3)-情報・知識の変化 第11回 7月13日 まとめ(1)-インターネットによる情報・知識の変化(教員の講義中心) 第12回 7月20日 まとめ(2)-インターネットによる情報・知識の変化(学生の発表中心) 第13回 7月27日 まとめ(3)-インターネットによる情報・知識の変化(教員・学生の討論中心) 2 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  3. 3. 復習:ソーシャルメディア  ソーシャルメディアという新たなメディア  Twitter-代表的なソーシャルメディア  ソーシャルメディアの性格  双方向  リアルタイム  波及性  補:ソーシャルメディアのリスク 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  4. 4. 演習(再):Twitterを使う  IDを取得する  つぶやく(Tweet)  フォローする/される(arg)  ハッシュタグをつけてつぶやく (#otsuma_is)  リプライしてみる/されてみる  RTしてみる/されてみる ※プロフィールに本名は入れないこと 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  5. 5. 補講の提案(出席義務なし)  第17回東京国際ブックフェアの見学  会期:2010年7月8日(木)~11日(日)  会場:東京ビッグサイト 自由参加 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  6. 6. 情報社会論 第7回 「変わるインターネットの特性(2) -メディアのインターネット対応」 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  7. 7. あらためて、メディアとは何か 第2回授業を 思い出して 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  8. 8. メディアとは何か、そして、 ここで言うメディアとは何か  メディアという言葉の多義性  媒介となる手段としての「メディア」  媒介される中身としての「メディア」  マスメディアという存在  テレビ、ラジオ、新聞、雑誌  テレビ局、ラジオ局、新聞社、雑誌社(出版社)  新たなメディアとしてのインターネット  インターネットのソーシャルメディア的性格 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  9. 9. 伝統的メディアの現状 2つのスポンサーの観点から 9 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  10. 10. 伝統的メディアへの支持-利用者 出典:博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所 – 2009年メディア定点調査 10 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  11. 11. 伝統的メディアへの支持-広告主 出典:電通 – 2009年の日本の広告費 11 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  12. 12. メディアのインターネット対応 テレビ、新聞に焦点をあてての概観 12 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  13. 13. メディアのインターネット対応-テレビ  テレビというメディアの強さ  一斉同報メディアとしての性格  検索ランキングへの影響  ネットワーク(系列)による全国性  NNN(NTV)、ANN(テレ朝系)、JNN(TBS系)、TXN(テレ東系)、FNN(フジ 系)  法律による許認可事業  放送法と電波法  インターネットへの対応  通信と放送の融合  通信・放送の在り方に関する懇談会(総務相の私的懇談会)  番組のオンデマンド配信  第2日本テレビ(2005年~)、NHKオンデマンド(2008年~)  動画共有サイトとの関係  YouTube、ニコニコ動画  GYAO! 13 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  14. 14. メディアのインターネット対応-新聞  新聞というメディアの強さ  一斉同報メディアとしての性格  記者クラブという特権  中長期的な視点での調査報道  主要全国紙、1県1紙の地方紙という体制  インターネットへの対応  全般  Yahoo!ニュース  Googleニュース  個別  朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞 – 新s あらたにす  産経新聞 – 記者ブログ、法廷ライブ、ウェブファースト  読売新聞 – 発言小町  毎日新聞 – Twitter  日本経済新聞 – Web刊  地方紙 – 47NEWS 14 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  15. 15. まとめと補論  「メディア」の多義性  手段/中身  マスメディアという存在  伝統的メディアの総体的な地位低下  利用者と広告主の態度変化  伝統的メディアのインターネット対応  テレビと新聞の現状-依然としての模索段階  補:ラジオ、雑誌の現状 15
  16. 16. レポート課題の発表 力作を期待しています! 16 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  17. 17. 復習:この授業の考え方  ゴールのイメージ:  情報・知識のあり方(中身と容れ物)について、あ なた自身の見方を確立していくきっかけができるこ と。  無意識に利用している便利なインターネットから、 意識的に利用できる便利なインターネットへ、イン ターネットとの適切な距離をとれること。  皆さんへのお願い:  単位のための出席はご遠慮ください。 17 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  18. 18. 復習:この授業の評価  評価方法: 1. 事前課題レポートの提出とその内容 2. 上記レポートに基づいた討論での発言  評価基準: 1. 自分自身の賛否は別に、各回の授業内容を正確に理 解していることがうかがえるか(50点/100点満点中)。 2. 1. を前提とした上で、自分自身の考えを根拠を持っ て文章で論じ、口頭で述べることができるか(30点 /100点満点中)。 3. 授業の枠を超えて、自分自身で主体的・積極的に学 んだことがうかがえるか(20点/100点満点中)。 18 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  19. 19. レポートの課題と条件  課題:  一連の授業内容を踏まえて、10年後の2020年では、 私たちの社会における情報・知識のあり方がどのよう になっているか、あなた自身の考えをまとめてください。  全体像/個別像のいずれも可  必ず主張に根拠を示すこと  7月20日(火)、27日(火)の授業で内容について口頭で説 明できること  条件:  字数:4000字以内  期限:2010年7月11日(日)  方法:電子ファイルで作成し、メールで提出 19 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  20. 20. ご清聴に感謝、ご質問はお気軽に 岡本真 大妻女子大学社会情報学部非常勤講師 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 20 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.

×