Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Otsuma(2010720)

641 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Otsuma(2010720)

  1. 1. 第12回「まとめ(2)-インターネット による情報・知識の変化」 大妻女子大学社会情報学科共通科目 「情報社会論」 日時:2010年7月20日(火) 会場:大妻女子大学 多摩キャンパス 岡本真 大妻女子大学社会情報学部非常勤講師 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 1 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  2. 2. 参考:授業の全体計画 第1回 4月13日 インターネットとは何か-授業の概説とインターネットに関する基本的な説明 第2回 4月20日 情報・知識とは何か-私たちはこれまでどのように情報・知識に接してきたのか 第3回 4月27日 インターネットの特性(1)-検索エンジンの仕組み 第4回 5月11日 インターネットの特性(2)-検索エンジンでは検索できない情報 第5回 5月18日 インターネットの特性(3)-インターネットで使われている様々な仕組み - 5月25日 休講(教員海外出張につき) 第6回 6月1日 変わるインターネット(1)-ソーシャルメディア - 6月8日 休講(教員怪我につき) 第7回 6月15日 変わるインターネット(2)-メディアのインターネット対応 第8回 6月22日 変わり出した社会(1)-コミュニティーの変化 第9回 6月29日 変わり出した社会(2)-制度の変化 第10回 7月6日 変わり出した社会(3)-情報・知識の変化 第11回 7月13日 まとめ(1)-インターネットによる情報・知識の変化(教員の講義中心) 第12回 7月20日 まとめ(2)-インターネットによる情報・知識の変化(学生の発表中心) 第13回 7月27日 まとめ(3)-インターネットによる情報・知識の変化(教員・学生の討論中心) 2 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  3. 3. 演習(再々々々々々):Twitterを使う  IDを取得する  つぶやく(Tweet)  フォローする/される(arg)  ハッシュタグをつけてつぶやく(otsuma_is)  リプライしてみる/されてみる  RTしてみる/されてみる  ブロックする  #otsuma_isで意見を述べ、意見をもらってみる ※プロフィールには本名は入れないこと 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  4. 4. 情報社会論 第12回 「まとめ(2)-インターネットによる 情報・知識の変化」 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  5. 5. 再掲:レポートの報告について  提出者のレポートは全員分を当日配布します。  来週火曜日、お手伝いしていただける方、歓迎で す。  自分のレポート内容について、全員3分以内 で的確に説明できる必要があります。  ただ読み上げるのでは、3分を超えてしまいます。  レポートの内容を簡潔にまとめておきましょう。  口頭での発表内容は評価対象になります。 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  6. 6. 再掲:討論の仕方について  必ず、一人一回は、他の受講生のレポートに 対して、意見や質問をぶつけましょう。  聴かせてくれたお礼のつもりで。  質問された人は質問してくれた人や他の受講 生にわかりやすく回答しましょう。  聴かれたところは、レポートの強みや弱みです。  その上で、報告や質疑で共通して出てきた点 を全員で討論していきます。  教室がコミュニティーにならなくてはいけません。 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  7. 7. 第1部-発表 個性を発揮しよう 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  8. 8. 講評-皆さんのレポートの特徴  拝読して気づいた点 1. 願望(こうなればいい)と、予測(こうなるだろう)とを区 別すること。 2. 主張している内容と根拠が見合っているかを確認す ること。 3. ブランド名や商品名は正確を期すこと。 4. ちょっとした文章の間違いに注意すること。 5. データの出所・出典が不確かなこと。 6. 「距離」「リテラシー」という解決策が多いこと。 7. 「身体性」を巡る指摘が多く、しかし明確ではないこと。 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  9. 9. 第2部-討論 集合知を発揮しよう 9 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  10. 10. 第13回の説明 次回で最終回 10 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  11. 11. ゲストスピーカーの方々と注意点  講師:  杉浦裕樹さん(NPO法人横浜コミュニティデザイ ン・ラボ代表理事)  齊藤真菜さん(NPO法人横浜コミュニティデザイ ン・ラボ代表理事)  注意点:  横浜コミュニティデザイン・ラボの情報をある程度 把握しておきましょう。  当日は大妻女子大学の名誉を守りましょう。 11 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  12. 12. ご清聴に感謝、ご質問はお気軽に 岡本真 大妻女子大学社会情報学部非常勤講師 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 12 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.

×