Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
⾃治体DX推進計画と
⾃治体組織/⼈材開発
相談事から打ち⼿を考えてみる
CivicTechLab.
⾃治体DX推進計画⼿順書で増えてきた相談1
n【ステップ0】DXの認識共有・機運情勢
• ⾃治体は、デジタル社会形成基本法の基本理念にのっとり、⾃主的な施策を実施する責務を
有する
• DXの実現に向け、⾸⻑や幹部職...
CivicTechLab.
なんでこんなことが起こっているか︖
n外から⼈を連れてきて、さっさとシステムを導⼊させればいい的な⾸⻑
も多い。これだと、導⼊だけで終わって⼈が残らず、また同じ繰り返し。
n幹部職員には、なぜ、⾃分のところが最初にや...
CivicTechLab.
管理職向けのマインドチェンジ研修
n管理職のマインドチェンジプログラム(DX推進計画⼿順書の豊中市の
例)を活⽤することで、担当者レベルだけでなく、管理職・幹部職員向
けのDXマインドの醸成をすることができます。
n...
CivicTechLab.
管理職のマインドチェンジ研修の成果物例
CivicTechLab.
⾃治体DX推進計画⼿順書で増えてきた相談2
n【ステップ1】全体⽅針の決定
• DX推進のビジョンと⼯程表で構成される「全体⽅針」を決定・広く共有
• ⾃治体DX推進の意義を参考にしつつ、地域の実情も踏まえて、⾃団体...
CivicTechLab.
なんでこんなことが起こっているか︖
n各役割で、何をすべきか、ビジョンがない。ツール導⼊事業となってし
まっていて、「なんのためにやるのか」が抜けている。
nツールの使い⽅や、業務効率化(システム導⼊)では今までと何...
CivicTechLab.
⾃治体DX推進計画⼿順書で増えてきた相談3
n【ステップ2】推進体制の整備
• 全庁的・横断的な推進体制の構築。DXの司令塔として、DX推進担当部⾨を設置し、各業
務担当部⾨をはじめ各部⾨と緊密に連携する体制を構築
...
CivicTechLab.
階層別の役割、部⾨別の役割、外部の役割
n⼈事部⾨が気がついて、⻑期的な⼈材育成計画としてDXに取り組んで
いるところはわずか。
nデジタル部⾨だけで研修を企画すると、単年度・単発モノの研修となっ
てしまい、定着まで...
CivicTechLab.
10
n庁内理解・横展開と、活動の⾒える化し、マインドチェンジを推進。
⾃治体変⾰PJ-DX研修
1.マインドチェンジと⾃⾛
初年度は「できる・やれる」を
はっきりさせる
↓
次年度は「効果を出す・定着す
る」を意識...
CivicTechLab.
n全体研修でDXの流れ・組織としての対応を講義し、実践グループ
研修では実際の課題を⽤いたアクティブラーニングを⾏います。
• 本研修も含めて、次年度以降の取り組みにつながる流れを作ります。
⾃治体変⾰PJ-DX研修...
CivicTechLab.
DX推進計画真っ盛りではあるが
nそのDX推進計画にビジョンはありますか︖
n実現する⼈たちは庁内+外部含めて検討できていますか︖
そして、継続的にできる⼈事の計画と整合性があっていますか︖
nツール導⼊事業ではあり...
You’ve finished this document.
Download and read it offline.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

Share

自治体DX推進計画を進めるためには

Download to read offline

15ぐらいの自治体さんから、手順書で困ってることを聞きながら、さてどうしたものかと、書き留めた資料です。

  • Be the first to like this

自治体DX推進計画を進めるためには

  1. 1. ⾃治体DX推進計画と ⾃治体組織/⼈材開発 相談事から打ち⼿を考えてみる
  2. 2. CivicTechLab. ⾃治体DX推進計画⼿順書で増えてきた相談1 n【ステップ0】DXの認識共有・機運情勢 • ⾃治体は、デジタル社会形成基本法の基本理念にのっとり、⾃主的な施策を実施する責務を 有する • DXの実現に向け、⾸⻑や幹部職員によるリーダーシップや強いコミットメントが重要 • ⾸⻑等から⼀般職員まで、DXの基礎的な共通理解の形成、実践意識の醸成 • 利⽤者中⼼の⾏政サービス改⾰を進めるという、いわゆる「サービスデザイン思考」の共有 nよくある質問 幹部職員(管理職)が ブレーキになってしまう。 幹部職員のマインドチェンジ をどうやったらいいか︖ サービスデザインの 真似られる事例は ないですか︖ 1時間ぐらいでDXの基礎的な 共通理解できませんか︖
  3. 3. CivicTechLab. なんでこんなことが起こっているか︖ n外から⼈を連れてきて、さっさとシステムを導⼊させればいい的な⾸⻑ も多い。これだと、導⼊だけで終わって⼈が残らず、また同じ繰り返し。 n幹部職員には、なぜ、⾃分のところが最初にやる必要があるのか。 他の後追いでいいのではないかと考える⽅も多い。 n今までのように、ちょっと詳しい先⽣が話してくれればいいと思ってい る。DXは、⾃らの変⾰でもあるので、ちょっと聞けば⾔いわけではな い。 n計画⽴てる部⾨は、デジタル部⾨だが、⼈材育成は⼈事部⾨のため 両者が噛み合っていない。
  4. 4. CivicTechLab. 管理職向けのマインドチェンジ研修 n管理職のマインドチェンジプログラム(DX推進計画⼿順書の豊中市の 例)を活⽤することで、担当者レベルだけでなく、管理職・幹部職員向 けのDXマインドの醸成をすることができます。 n管理職のマインドチェンジ研修(東京都庁で実施した際の例) • なぜ⾏政はDXに失敗したのかを管理職に考えさせる。 • その中でリーダーはどうするべきかを考えさせる。 • 事前宿題を活⽤しながら、グループワークの中で検討を深めて それぞれ宣⾔⽂を作る。 原因を挙げ出す 【宿題】 分野別に集約する 何をリーダーとし てするのかを検討 DXの第⼀歩に つなげる
  5. 5. CivicTechLab. 管理職のマインドチェンジ研修の成果物例
  6. 6. CivicTechLab. ⾃治体DX推進計画⼿順書で増えてきた相談2 n【ステップ1】全体⽅針の決定 • DX推進のビジョンと⼯程表で構成される「全体⽅針」を決定・広く共有 • ⾃治体DX推進の意義を参考にしつつ、地域の実情も踏まえて、⾃団体のDX推進の ビジョンを描く • デジタル化の進捗状況を確認し、⾃団体のDXの取組内容、取組み順序を ⼤まかな⼯程表にする nよくある質問 ⽬先の課題しか集められませ ん、どうしたらいいですか︖ 17業務の更改だけで ⼿⼀杯で、他に何していいの かわかりません。 先⽣・・・ビジョンってどう やって⽴てたらいいですか︖
  7. 7. CivicTechLab. なんでこんなことが起こっているか︖ n各役割で、何をすべきか、ビジョンがない。ツール導⼊事業となってし まっていて、「なんのためにやるのか」が抜けている。 nツールの使い⽅や、業務効率化(システム導⼊)では今までと何もかわ らない。⽬先のわかりやすいところだけを⼿を打とうとしていないか。 3年後10年後に課題となるところを先に⼿を打っていくことはしていな いのでは。 n地域のうれしいが何か、職員のうれしいが何か、わからず課題を集めて 業者に投げて進めようとしている。これでは、単に職員のやることは、 やってこなかったツケの課題を探すだけで、解決⽅法を考えることも、 なぜこうなったのかを反省することもない。
  8. 8. CivicTechLab. ⾃治体DX推進計画⼿順書で増えてきた相談3 n【ステップ2】推進体制の整備 • 全庁的・横断的な推進体制の構築。DXの司令塔として、DX推進担当部⾨を設置し、各業 務担当部⾨をはじめ各部⾨と緊密に連携する体制を構築 • 各部⾨の役割に⾒合ったデジタル⼈材が配置されるよう、⼈材育成・外部⼈材の活⽤を図 る • ⼀般職員も含めて、所属や職位に応じて⾝につけるべきデジタル技術等の知識、能⼒、経 験等を設定した体系的な育成⽅針を持ち、⼈事運⽤上の取組みや、OJT・OFF-JTによる研 修を組み合わせて育成 • ⼗分な能⼒・スキルや経験を持つ職員の配置が困難な場合には、外部⼈材の活⽤も検討 職員の⼈材育成ってどうすれ ばいいですか︖RPAやAIや データサイエンスの勉強をし て貰えばいいですか︖ いつも頼んでいる業者に 外部⼈材としてDXの 依頼をかければいいですか︖ 先に組織から作ってしまいま した。どうしたらよいでしょ うか。
  9. 9. CivicTechLab. 階層別の役割、部⾨別の役割、外部の役割 n⼈事部⾨が気がついて、⻑期的な⼈材育成計画としてDXに取り組んで いるところはわずか。 nデジタル部⾨だけで研修を企画すると、単年度・単発モノの研修となっ てしまい、定着まで結びつきにくい。 → 短期的研修と、⼈材育成研修キャリアパスを含めた業務の中の ⼈材育成ができていない n⾸⻑や議会の任期が影響し、⽬先で成果を出しやすいもものに寄ってし まい、地域の未来を考えて⼿を打つことを取りこぼしがち。 nいつも頼んでいる業者にできるのはデジタル化。DXができているなら もっと昔から提案してこなければ嘘である。地域を考えることや業務の スペシャリストは⾃治体職員なので、この⼒をいかせていない。
  10. 10. CivicTechLab. 10 n庁内理解・横展開と、活動の⾒える化し、マインドチェンジを推進。 ⾃治体変⾰PJ-DX研修 1.マインドチェンジと⾃⾛ 初年度は「できる・やれる」を はっきりさせる ↓ 次年度は「効果を出す・定着す る」を意識する ↓ ⾃⾛する 外部からはアドバイザリーのみ 2.⾃らのプロジェクト化 できる範囲でまとめたPJにならな いように、データ化・デジタル 化・DXを強く意識してもらう。 そのため、単年度での計画では無 く最終的にどのような形にするの か考えながら各年度の⽬標を定め ていく。 3.庁内へのアピール 研修の提案を、次年度の施策への 採⽤などを組み込むことを考え、 庁内の変⾰の機運を⾼める。 また、グラフィックレコーディン グを効果的に庁内に展⽰すること でPJの 状況をアピールする。 横展開・雰囲気の醸成 積極的な参加・継続性 スキル向上と マインドチェンジ
  11. 11. CivicTechLab. n全体研修でDXの流れ・組織としての対応を講義し、実践グループ 研修では実際の課題を⽤いたアクティブラーニングを⾏います。 • 本研修も含めて、次年度以降の取り組みにつながる流れを作ります。 ⾃治体変⾰PJ-DX研修 11 実際の課題で 効果が出るこ とを実感する さらに効果の ⾼い課題に⾃ 発的に参加 DX定着 改⾰⾃⾛ 初年度 2年後 次年度 キックオフで DXへの理解と 参加意欲を ⾼める 理解 マインドチェンジ 横展開・価値向上 定着
  12. 12. CivicTechLab. DX推進計画真っ盛りではあるが nそのDX推進計画にビジョンはありますか︖ n実現する⼈たちは庁内+外部含めて検討できていますか︖ そして、継続的にできる⼈事の計画と整合性があっていますか︖ nツール導⼊事業ではありません、数年後(もっと先も)を考えて 地域でやるべきことを考えていますか︖導⼊するツールのオン パレードや、⾃治体内の改善ばかりが並んじゃいませんか︖ nそして、そのプロジェクトを引っ張っていけるリーダーは庁内に いますか︖まずはそこからではないですか。

15ぐらいの自治体さんから、手順書で困ってることを聞きながら、さてどうしたものかと、書き留めた資料です。

Views

Total views

314

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

246

Actions

Downloads

4

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×