Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
【AWS Black Belt Online Seminar】
  10 Years of AWS
アマゾン  ウェブ  サービス  ジャパン株式会社
マーケティング本部⻑⾧長  ⼩小島  英揮
2016.04.06
⼩小島  英揮(おじま  ひでき)
  マーケティング本部  本部⻑⾧長
  JAWS-UG設計者
  マーケティング職⼀一筋
  C/S ⇒  XML ⇒  RIA ⇒  クラウド
  好きなサービス:Amazon EC2
  2009年年1...
  本資料料では2016年年4⽉月1⽇日時点のサービス内容および価格についてご説明しています。最
新の情報はAWS公式ウェブサイト(http://aws.amazon.com)にてご確認ください。
  資料料作成には⼗十分注意しておりますが、資...
Agenda
•  現在のAWSのポジション
•  AWSの起源
•  AWS  10年年の振り返り
•  Whatʼ’s  Next?
4
http://aws.amazon.com/jp/10year/ 
5th  Birthday!
Tokyo  Region
サービス開始から10年年。
現在のAWSのビジネス規模は?
⽇日本:クラウド活⽤用企業の2社に1社はAWSを利利⽤用
⽇日経コンピュータによるアンケート調査
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/
14/090100053/111200101/
MM総研によるア...
Amazon全体の10年年の動き
107
148
192
245
342
481
611
744
889
1,070
2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
22%前年年より売上が伸⻑...
AWSのポジション
107
148
192
245
342
481
611
744
889
1,070
2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
2015年年  Q1よりビジネス規模を公...
http://japan.zdnet.com/article/35072527/
“Amazonの総売上⾼高のうち、AWS
は8%だが、営業利利益で⾒見見ると
同事業は52%を占めているのだ。
これは、AWSがAmazonの北北⽶米の
Eコマー...
クラウド神話:AWSは本業(Eコマース)が
儲かっているから、低価格で提供できている
AWSの起源
AWSクラウドの起源は、
アマゾン社内の
ビジネス課題を解決するために
⽣生まれたITインフラ
API
既存のインフラをサービス化して対応
データセンター
ストレージ機器
テープ装置
サーバー
API
商⽤用クラウドサービス:Amazon  S3  ローンチ
  2006/03/14
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=830816
...
I like
Amazon
S3!
Werner Vogels
コア  サービス
インフラストラクチャー
インフラのコア部分をクラウドサービス化
コア  サービス
プラットフォーム
サービス
エンタープライズ
アプリケーション
マネージド型クラウドサービスを次々と追加
インフラストラクチャー
セキュリティ&管理理・運⽤用
Amazonの⼩小売のDNA  10年年で50回を超える値下げ  
資本
投資
技術
投資
効率率率
改善
値下げ
より多く
の顧客
獲得
過去10年年間で
51回
の値下げを実施
規模の拡⼤大と
イノベーショ
ン
(As of Jan, 20...
Pace  of  Innovation:  加速する新機能の追加
http://aws.amazon.com/jp/aws_history/ 
主なサービスローンチ
http://aws.amazon.com/jp/aws_history/ 
Jeffʼ’s  Selection!
Jeffrey Barr
2006
Amazon  S3
  (Amazon  Simple  Storage  Service)
2006年年3⽉月14⽇日
“Cloud”
2006年年8⽉月9⽇日  サーチエンジン戦略略会議にて
「ブラウザの種類も、アクセス⼿手段も、パソコンか
マックか、携帯電話かも無関係です。“雲(クラウド)”の
ような、巨⼤大なインターネットにアクセスすれば、
その利利益、恵...
Amazon  EC2
(Amazon  Elastic  Compute  Cloud)
2006年年8⽉月24⽇日
2008
Amazon  EBS
  (Amazon  Elastic  Block  Store)
2009
Amazon  RDS
  (Amazon  Relational  Database  Service)
Amazon  VPC
  (Amazon  Virtual  Private  Cloud)
Amazon
S3
Amazon
EC2
Amazon
EBS
ELB Amazon
RDS
Amazon
SQS
2009年年当時の代表的なサービス
2009年年当時の代表的な構成
ELB - Amazon EC2 - Amazon RDS
の3層構造  + Multi AZ構成
2009年年当時の代表的な構成
オンデマンドで並⾏行行処理理を
させることで、業務時間の短縮と
コスト圧縮を実現
<Before>
<After>
2010
Amazon  Route  53
JAWS-UG = Japan AWS User Group
Since 2010 from Tokyo
Amazon.comのECサイトがAWSへ移⾏行行
クラウド神話:AWSは本業(Eコマース)の
データセンターの余剰資産を外販している。
2011
Tokyo  Region
東京リージョンが出来たことで、企業システムの
クラウド移行が加速:ミサワホーム様事例
・Amazon EC2
・Amazon S3
・Amazon VPC
・AWS Direct Connect
・Elastic Load Balancing
...
2012
Amazon  Redshift
Amazon  DynamoDB
より簡単、より
スケーラブルな
ストレージを提供
2013
Amazon  WorkSpaces
Amazon  Kinesis
リアルタイム処理理への対応
アプリケーション領領域の拡⼤大
2014
Mobile  Services
Amazon
Cognito
Amazon
Mobile Analytics
AWS
Mobile SDK
Hi
Amazon SNS
Push
AWS  Lambda
サーバーレス
アーキテクチャー時代の
はじまり
2015
IoTやビッグデータ処理理に対応した新サービス群
AWS Import/Export
Snowball
Amazon QuickSight
AWS IoT Button
AWS  IoT
IoTバックエンド
モバイルバックエンド
リアルタイムストリーム処理理
クラウドネイティブ化
する世界へ
Whatʼ’s  Next?
AWS  Summit  Tokyo  2016  –  6/1〜~6/3
本⽇日:4⽉月6⽇日より、申込み受付開始!
http://www.awssummit.tokyo/ 
オンラインセミナー資料料の配置場所
•  AWS  クラウドサービス活⽤用資料料集
–  http://aws.amazon.com/jp/aws-‐‑‒jp-‐‑‒introduction/
•  AWS  Solutions  Archit...
公式Twitter/Facebook
AWSの最新情報をお届けします
@awscloud_̲jp
検索索
最新技術情報、イベント情報、お役⽴立立ち情報、
お得なキャンペーン情報などを⽇日々更更新しています!
もしくは
http://on.fb....
AWSの導⼊入、お問い合わせのご相談
•  AWSクラウド導⼊入に関するご質問、お⾒見見積り、資料料請
求をご希望のお客様は、以下のリンクよりお気軽にご相
談ください
https://aws.amazon.com/jp/contact-‐‑‒u...
AWS Black Belt Online Seminar 10 Years of AWS
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

AWS Black Belt Online Seminar 10 Years of AWS

6,002 views

Published on

2016/4/6
AWS Black Belt Online Seminar
10 Years of AWS

Published in: Technology

AWS Black Belt Online Seminar 10 Years of AWS

  1. 1. 【AWS Black Belt Online Seminar】   10 Years of AWS アマゾン  ウェブ  サービス  ジャパン株式会社 マーケティング本部⻑⾧長  ⼩小島  英揮 2016.04.06
  2. 2. ⼩小島  英揮(おじま  ひでき)   マーケティング本部  本部⻑⾧長   JAWS-UG設計者   マーケティング職⼀一筋   C/S ⇒  XML ⇒  RIA ⇒  クラウド   好きなサービス:Amazon EC2   2009年年12⽉月に⽇日本での採⽤用第⼀一号としてアマゾン  データ  サービス   ジャパンに⼊入社。2015年年11⽉月にアマゾン  ウェブ  サービス  ジャパン株式 会社に移籍。⽇日夜、「クラウドの都市伝説」殲滅に励む。 ⾃自⼰己紹介
  3. 3.   本資料料では2016年年4⽉月1⽇日時点のサービス内容および価格についてご説明しています。最 新の情報はAWS公式ウェブサイト(http://aws.amazon.com)にてご確認ください。   資料料作成には⼗十分注意しておりますが、資料料内の価格とAWS公式ウェブサイト記載の価 格に相違があった場合、AWS公式ウェブサイトの価格を優先とさせていただきます。 内容についての注意点 AWS  does  not  offer  binding  price  quotes.    AWS  pricing  is  publicly  available  and  is  subject  to  change  in   accordance  with  the  AWS  Customer  Agreement  available  at  http://aws.amazon.com/agreement/.    Any   pricing  information  included  in  this  document  is  provided  only  as  an  estimate  of  usage  charges  for  AWS   services  based  on  certain  information  that  you  have  provided.    Monthly  charges  will  be  based  on  your  actual   use  of  AWS  services,  and  may  vary  from  the  estimates  provided.   価格は税抜表記となっています。⽇日本居住者のお客様が東京リージョンを使⽤用する場合、 別途消費税をご請求させていただきます。 3
  4. 4. Agenda •  現在のAWSのポジション •  AWSの起源 •  AWS  10年年の振り返り •  Whatʼ’s  Next? 4
  5. 5. http://aws.amazon.com/jp/10year/ 
  6. 6. 5th  Birthday! Tokyo  Region
  7. 7. サービス開始から10年年。 現在のAWSのビジネス規模は?
  8. 8. ⽇日本:クラウド活⽤用企業の2社に1社はAWSを利利⽤用 ⽇日経コンピュータによるアンケート調査 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/ 14/090100053/111200101/ MM総研によるアンケート調査 http://www.m2ri.jp/newsreleases/ main.php?id=010120150924500
  9. 9. Amazon全体の10年年の動き 107 148 192 245 342 481 611 744 889 1,070 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 22%前年年より売上が伸⻑⾧長 40%が北北⽶米以外からの売上(⽇日本を含む) 10年年で10倍の売上規模に (億ドル) (年年度度)
  10. 10. AWSのポジション 107 148 192 245 342 481 611 744 889 1,070 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2015年年  Q1よりビジネス規模を公表 Amazon全体の売上の約7% 2006年年にビジネススタート (億ドル) (年年度度) Amazon全体の利利益の約半分 AWS 誕生 78億ドル
  11. 11. http://japan.zdnet.com/article/35072527/ “Amazonの総売上⾼高のうち、AWS は8%だが、営業利利益で⾒見見ると 同事業は52%を占めているのだ。 これは、AWSがAmazonの北北⽶米の Eコマース事業と同じ額の利利益を 上げていることを意味する。”  
  12. 12. クラウド神話:AWSは本業(Eコマース)が 儲かっているから、低価格で提供できている
  13. 13. AWSの起源
  14. 14. AWSクラウドの起源は、 アマゾン社内の ビジネス課題を解決するために ⽣生まれたITインフラ API
  15. 15. 既存のインフラをサービス化して対応 データセンター ストレージ機器 テープ装置 サーバー API
  16. 16. 商⽤用クラウドサービス:Amazon  S3  ローンチ   2006/03/14 http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=830816 https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/amazon_s3/
  17. 17. I like Amazon S3! Werner Vogels
  18. 18. コア  サービス インフラストラクチャー インフラのコア部分をクラウドサービス化
  19. 19. コア  サービス プラットフォーム サービス エンタープライズ アプリケーション マネージド型クラウドサービスを次々と追加 インフラストラクチャー セキュリティ&管理理・運⽤用
  20. 20. Amazonの⼩小売のDNA  10年年で50回を超える値下げ   資本 投資 技術 投資 効率率率 改善 値下げ より多く の顧客 獲得 過去10年年間で 51回 の値下げを実施 規模の拡⼤大と イノベーショ ン (As of Jan, 2016)
  21. 21. Pace  of  Innovation:  加速する新機能の追加 http://aws.amazon.com/jp/aws_history/ 
  22. 22. 主なサービスローンチ http://aws.amazon.com/jp/aws_history/ 
  23. 23. Jeffʼ’s  Selection! Jeffrey Barr
  24. 24. 2006
  25. 25. Amazon  S3  (Amazon  Simple  Storage  Service) 2006年年3⽉月14⽇日
  26. 26. “Cloud” 2006年年8⽉月9⽇日  サーチエンジン戦略略会議にて 「ブラウザの種類も、アクセス⼿手段も、パソコンか マックか、携帯電話かも無関係です。“雲(クラウド)”の ような、巨⼤大なインターネットにアクセスすれば、 その利利益、恵みの⾬雨を受けられる時代になっています」
  27. 27. Amazon  EC2 (Amazon  Elastic  Compute  Cloud) 2006年年8⽉月24⽇日
  28. 28. 2008
  29. 29. Amazon  EBS  (Amazon  Elastic  Block  Store)
  30. 30. 2009
  31. 31. Amazon  RDS  (Amazon  Relational  Database  Service)
  32. 32. Amazon  VPC  (Amazon  Virtual  Private  Cloud)
  33. 33. Amazon S3 Amazon EC2 Amazon EBS ELB Amazon RDS Amazon SQS 2009年年当時の代表的なサービス
  34. 34. 2009年年当時の代表的な構成 ELB - Amazon EC2 - Amazon RDS の3層構造  + Multi AZ構成
  35. 35. 2009年年当時の代表的な構成 オンデマンドで並⾏行行処理理を させることで、業務時間の短縮と コスト圧縮を実現 <Before> <After>
  36. 36. 2010
  37. 37. Amazon  Route  53
  38. 38. JAWS-UG = Japan AWS User Group Since 2010 from Tokyo
  39. 39. Amazon.comのECサイトがAWSへ移⾏行行
  40. 40. クラウド神話:AWSは本業(Eコマース)の データセンターの余剰資産を外販している。
  41. 41. 2011
  42. 42. Tokyo  Region
  43. 43. 東京リージョンが出来たことで、企業システムの クラウド移行が加速:ミサワホーム様事例 ・Amazon EC2 ・Amazon S3 ・Amazon VPC ・AWS Direct Connect ・Elastic Load Balancing ・Amazon CloudWatch ※本事例は2013年に公開されたものです  
  44. 44. 2012
  45. 45. Amazon  Redshift
  46. 46. Amazon  DynamoDB
  47. 47. より簡単、より スケーラブルな ストレージを提供
  48. 48. 2013
  49. 49. Amazon  WorkSpaces
  50. 50. Amazon  Kinesis
  51. 51. リアルタイム処理理への対応 アプリケーション領領域の拡⼤大
  52. 52. 2014
  53. 53. Mobile  Services Amazon Cognito Amazon Mobile Analytics AWS Mobile SDK Hi Amazon SNS Push
  54. 54. AWS  Lambda
  55. 55. サーバーレス アーキテクチャー時代の はじまり
  56. 56. 2015
  57. 57. IoTやビッグデータ処理理に対応した新サービス群 AWS Import/Export Snowball Amazon QuickSight AWS IoT Button
  58. 58. AWS  IoT
  59. 59. IoTバックエンド モバイルバックエンド リアルタイムストリーム処理理
  60. 60. クラウドネイティブ化 する世界へ
  61. 61. Whatʼ’s  Next?
  62. 62. AWS  Summit  Tokyo  2016  –  6/1〜~6/3 本⽇日:4⽉月6⽇日より、申込み受付開始! http://www.awssummit.tokyo/ 
  63. 63. オンラインセミナー資料料の配置場所 •  AWS  クラウドサービス活⽤用資料料集 –  http://aws.amazon.com/jp/aws-‐‑‒jp-‐‑‒introduction/ •  AWS  Solutions  Architect  ブログ –  最新の情報、セミナー中のQ&A等が掲載されています –  http://aws.typepad.com/sajp/ 64
  64. 64. 公式Twitter/Facebook AWSの最新情報をお届けします @awscloud_̲jp 検索索 最新技術情報、イベント情報、お役⽴立立ち情報、 お得なキャンペーン情報などを⽇日々更更新しています! もしくは http://on.fb.me/1vR8yWm 65
  65. 65. AWSの導⼊入、お問い合わせのご相談 •  AWSクラウド導⼊入に関するご質問、お⾒見見積り、資料料請 求をご希望のお客様は、以下のリンクよりお気軽にご相 談ください https://aws.amazon.com/jp/contact-‐‑‒us/aws-‐‑‒sales/ ※「AWS  問い合わせ」で検索索してください

×