Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Black Belt Online Seminar Amazon CloudWatch

18,036 views

Published on

2016/07/06 Black Belt Online Serminar Amazon CloudWatch

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Black Belt Online Seminar Amazon CloudWatch

  1. 1. 【AWS Black Belt Online Seminar】 Amazon CloudWatch アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 パートナー ソリューション アーキテクト 酒徳 知明 2016.07.06
  2. 2. 2 本資料では2016年7月6日時点のサービス内容および価格についてご説明しています。最新の情報は AWS公式ウェブサイト(http://aws.amazon.com)にてご確認ください。 資料作成には十分注意しておりますが、資料内の価格とAWS公式ウェブサイト記載の価 格に相違があった場合、AWS公式ウェブサイトの価格を優先とさせていただきます。 内容についての注意点 AWS does not offer binding price quotes. AWS pricing is publicly available and is subject to change in accordance with the AWS Customer Agreement available at http://aws.amazon.com/agreement/. Any pricing information included in this document is provided only as an estimate of usage charges for AWS services based on certain information that you have provided. Monthly charges will be based on your actual use of AWS services, and may vary from the estimates provided. 価格は税抜表記となっています。日本居住者のお客様が東京リージョンを使用する場合、 別途消費税をご請求させていただきます。
  3. 3. 3 自己紹介 酒徳 知明(さかとく ともあき) エコシステム ソリューション部 パートナー ソリューション アーキテクト • エンタープライズ SIパートナー様のご支援 • ISVパートナー様のご支援 • 好きなAWSサービス • AWS運用系サービス
  4. 4. 4 クラウド運用 • 標準化 • テンプレート • 監視 • ログ管理 • 構成管理、変更管理 • コンプライアンス強化 • API管理 • 監査 • コスト最適化 • Well Architected AWSのクラウド運用
  5. 5. 5 • CloudWatch • AWS上で稼働するシステム監視サービス  死活監視 / 性能監視 / キャパシティ監視 • CloudWatch Logs • ログ管理プラットフォーム サービス  EC2上のOS, APPのログ  AWSマネージド サービスのログ • CloudWatch Events • AWS上リソースの状態監視サービス • AWSリソースに対するイベントをトリ ガーにアクションを実行する機能 Amazon CloudWacth CloudWatch
  6. 6. 6 • CloudWatch • AWS上で稼働するシステム監視サービス  死活監視 / 性能監視 / キャパシティ監視 • CloudWatch Logs • ログ管理プラットフォーム サービス  EC2上のOS, APPのログ  AWSマネジドサービスのログ • CloudWatch Events • AWS上リソースの状態監視サービス • AWSリソースに対するイベントをトリ ガーにアクションを実行する機能 Amazon CloudWacth CloudWatch
  7. 7. 7 Amazon CloudWatchとは • AWSの各種リソースを監視するマネージドサービス – AWSリソースの死活、性能、キャパシティ – 取得メトリックスのグラフ化 (可視化) – 各メトリックスをベースとしたアラーム(通知)、アクションの設定が可能 • 多くのAWSサービスの監視が可能 – Amazon EC2 – Amazon EBS – Amazon RDS – Elastic Load Balancing など http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/DeveloperGuide/supported_services.html
  8. 8. Amazon CloudWatch
  9. 9. Amazon CloudWatch Metrics Name (CPUUtiliization) Metrics Name (HealthyHostCount) Metrics
  10. 10. Amazon CloudWatch Metrics Name (CPUUtiliization) Metrics Name (HealthyHostCount) Name Space (AWS/EC2) Name Space (AWS/RDS) Name Space (AWS/ELB) Metrics Name (CPUUtiliization) Metrics Namespace
  11. 11. Amazon CloudWatch Metrics Name (CPUUtiliization) Metrics Name (HealthyHostCount) Name Space (AWS/EC2) Name Space (AWS/RDS) Name Space (AWS/ELB) Metrics Name (CPUUtiliization) Dimension (InstanaceId) Dimension (InstanaceId) Dimension (InstanaceId) Metrics Namespace Dimension
  12. 12. Amazon CloudWatch Metrics Name (CPUUtiliization) Metrics Name (HealthyHostCount) Name Space (AWS/EC2) Name Space (AWS/RDS) Name Space (AWS/ELB) Metrics Name (CPUUtiliization) Dimension (InstanaceId) Dimension (InstanaceId) Dimension (InstanaceId) Sum Max Min Average StatisticMetrics Namespace Dimension Simple Count
  13. 13. 13 CloudWatchに対応するAWSサービス AWS サービス 名前空間 Auto Scaling AWS/AutoScaling AWS Billing AWS/Billing Amazon CloudFront AWS/CloudFront Amazon CloudSearch AWS/CloudSearch Amazon CloudWatch Events AWS/Events Amazon CloudWatch Logs AWS/Logs Amazon DynamoDB AWS/DynamoDB Amazon EC2 Container Service AWS/ECS Amazon ElastiCache AWS/ElastiCache Amazon Elastic Block Store AWS/EBS Amazon Elastic Compute Cloud AWS/EC2 Amazon EC2 Spot AWS/EC2Spot Elastic Load Balancing AWS/ELB Amazon Elastic MapReduce AWS/ElasticMapReduce Amazon Elasticsearch Service AWS/ES AWS の製品 名前空間 Amazon Kinesis Streams AWS/Kinesis Amazon Kinesis Firehose AWS/Firehose AWS Lambda AWS/Lambda Amazon Machine Learning AWS/ML AWS OpsWorks AWS/OpsWorks Amazon Redshift AWS/Redshift Amazon Relational Database Service AWS/RDS Amazon Route 53 AWS/Route53 Amazon Simple Notification Service AWS/SNS Amazon Simple Queue Service AWS/SQS Amazon Simple Storage Service AWS/S3 Amazon Simple Workflow Service AWS/SWF AWS Storage Gateway AWS/StorageGateway AWS WAF AWS/WAF Amazon WorkSpaces AWS/WorkSpaces http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/DeveloperGuide/supported_services.html
  14. 14. 14 CloudWatch利用イメージ 標準メトリックス監視 標準メトリックス一覧 対象インスタンス検索ウィンドウ グラフ表示期間設定 ディメンション 統計情報(単位)
  15. 15. 15 CloudWatchのメトリックス 標準メトリックス (EC2) カスタムメトリックス CPUUtilization CPUCreditBalance CPUCreditUsage DiskReadBytes DiskWriteBytes DiskWriteOps NetworkOut NetworkIn StatusCheckFailed_Instance StatusCheckFailed StatusCheckFailed_System 標準メトリックスでは 収集できないメトリックス
  16. 16. 16 CloudWatch カスタムメトリックス • 標準メトリックス以外の独自メトリックスも監視可能 – AWS CLIの”put-metric-data”、API Toolsの”mon-put-data”、もしく は”PutMetricData” APIでデータを登録 – サイズ制限として、HTTP GETは8KB、HTTP POSTは40KB、1つの PutMetricDataリクエストに20データ • APIコールにスロットリングあり – カスタムメトリックスの頻繁な登録や頻度の高いデータ取得には注意 $ aws cloudwatch put-metric-data –metric-name RequestLatency¥ --namespace "GetStarted“¥ --timestamp 2014-10-28T12:30:00Z¥ --value 87 ¥ --unit Milliseconds¥ $ aws cloudwatch put-metric-data --metric-name RequestLatency¥ --namespace "GetStarted“¥ --timestamp 2014-10-28T12:30:00Z¥ --statistic-value Sum=60,Minimum=15,Maximum=105,SampleCount=5 ←単一値の登録 ←統計セットの登録
  17. 17. 17 CloudWatch のメトリックス値 • CloudWatchで取得される情報は統計情報 – メトリックスデータを指定した期間で集約したもの – それぞれのメトリックスについて適切な統計情報を見る必要がある • メトリックスデータの保管は2週間まで – 2週間以上保存する場合は、get-metric-statisticsでデータを取得し別の場所に保管しておく • データ保管粒度は最短で1分間隔 – 多くのサービスで1分間隔、5分間隔のものもある http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/DeveloperGuide/cloudwatch_concepts.html
  18. 18. 18 Amazon EC2 のモニタリングタイプ 基本モニタリング 詳細モニタリング 無料 データは 5分間隔のものを 閲覧可能 追加料金が必要 データは 1分間隔のものを 閲覧可能
  19. 19. 19 Amazon CloudWatch を使ったアラーム設定 OK 不足 (INSUFFICIENT) アラーム (Alarm) 定義された閾値を 下回っている (正常値) 定義された閾値を 上回っている (異常値) データが不足のため、 状態を判定できない (判定不能) CloudWatch特有のステータス
  20. 20. 20 • CloudWatchはデータポイントを基準にステータスを判断 – データポイントとはCloudWatchに送信される値(CPU値など) – OK / アラーム時は入力されたデータポイントを基準に状態評価 – INSUFFIENT時はCloudWatchにテータポイントの入力が無い状態 → “INSUFFICIENT”は必ずしも障害を表すステータスではない INSUFFICIENT_DATA の考え方 EC2 CloudWatch データポイント EC2 CloudWatch データポイント 自体が存在しない OK / ALARM INSUFFICIENT
  21. 21. 21 Amazon CloudWatch のアクション機能 AutoScaling EC2 Action モニタリング CPUUtilization DiskReadBytes / DiskReadOps DiskWriteBytes / DiskWriteOps NetworkIn / NetworkOut StatusCheckFailed_Instance StatusCheckFailed_System EC2 CloudWatch Custom Metric Memory Free / Filesystem Free アクション Notification
  22. 22. 23 Amazon CloudWatch アラーム・通知の設定 • CPU使用率を監視対象 • CPU使用率80%以上が3期間(ここでは1期間=5分)以上
  23. 23. 24 Amazon EC2 Auto Recovery • EC2の自動復旧 – EC2インスタンスが稼働しているAWSシステムに障害が 発生した場合に、自動的にEC2インスタンス復旧する機能。 • ネットワーク接続喪失 • システム電源喪失 • 物理ホストの障害 • 対応するインスタンスタイプ – C3, C4, M3, R3, T2インスタンス • VPC内のインスタンス – EC2クラシックは未対応 – ハードウェア専有インスタンスは未対応 • EBS-Backedインスタンスのみ http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ec2-instance-recover.html
  24. 24. 25 Auto Recovery の注意事項① • IAMアカウントを使用してアラームを作成または変更す る場合、次の Amazon EC2 のアクセス権限が必要です – ec2:DescribeInstanceStatus と ec2:DescribeInstances。 Amazon EC2 インスタンスステータスメトリックスに対するす べてのアラーム用。 – ec2:StopInstances。停止アクションを含むアラーム用。 – ec2:TerminateInstances。終了アクションを含むアラーム用。 – ec2:DescribeInstanceRecoveryAttribute と ec2:RecoverInsta nces。復旧アクションを含むアラーム用。 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ec2-instance-recover.html
  25. 25. 26 Auto Recovery の注意事項② • AWS Security Token Service (AWS STS) を用いて許可さ れた一時的な認証情報を使用している場合は、アラームアク ションを用いて Amazon EC2 インスタンスを停止または終 了することはできません • 暗号化ボリュームは未サポート Currently, the recover action is not supported on: • EC2-Classic instances • Dedicated tenancy instances • Instances running on dedicated hosts • Instances with encrypted EBS volumes • Instances that use any instance store volumes, including instances launched with block device mappings for instance store volumes http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ec2-instance-recover.html (* 言語は英語でご確認ください)
  26. 26. 27 Metrics Monitoring (CloudWatch Dashboard)
  27. 27. 28 CloudWatchの料金 • 初期費用無しの従量課金 • 標準の監視は無料 – EC2インスタンスの標準監視(5分間隔) – EBS、ELB、RDSは1分間隔が無料 • アラームやカスタムメトリックスは一定数まで無料 – 10メトリックス、10 アラーム、および100万APIリクエスト – 1 か月あたり5GBのデータの取り込みおよび5GBのアーカイブされたストレージ • 課金対象及び料金(2015年7月現在 Tokyoリージョン) – EC2詳細モニタリング1インスタンスにつき$3.50/月 – カスタムメトリックス1つにつき$0.50/月 – アラーム1つにつき$0.10/月 – APIリクエスト1000回につき$0.01(Get, List, Putごとに) http://aws.amazon.com/jp/cloudwatch/pricing/
  28. 28. 29 クラウドならではの監視 https://vulcanpost.com/575341/servishero-survey-big-data/
  29. 29. 30 CloudWatchによるコストの監視 • Billingアラーム設定 • 課金状況をCloudWatch監視 • 一定金額を超えるとアラームメール通知が可能 • アラームの設定はVirginiaリージョンから設定
  30. 30. 31 メンテナンスイベントの監視 • AWSが予定するメンテナンス情報は事前にお客様にご 連絡させて頂きます。 マネジメントコンソールへの通知 メールでの通知 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/monitoring-instances-status-check_sched.html
  31. 31. 32 APIを使ったメンテナンスイベントの監視 aws ec2 describe-instance-status
  32. 32. 33 サード パーティ監視ツールの必要性 • 監視対象の制限 – ハイブリッド環境の監視 • データ保存期間(2週間の保存) • データ保管粒度は最短で1分間隔 • アラートの制限 – 複合アラートの設定 – 重要度の設定 • アクション機能
  33. 33. 34 サード パーティ監視ツールとの連携 • サードパーティ監視ツールの確認ポイント  AWSに対応しているか  CloudWatchとの連携機能の有無  その他、AWSサービス連携の有無  CloudWatchカスタムメトリックスに対応しているか  EC2インスタンス自動検出・自動削除が可能か http://aws.typepad.com/aws_partner_sa/2015/06/aws-ops.html https://aws.amazon.com/jp/solutions/partne r-central/esp-catalog/
  34. 34. 35 • CloudWatch • AWS上で稼働するシステム監視サービス  死活監視 / 性能監視 / キャパシティ監視 • CloudWatch Logs • ログ管理プラットフォーム サービス  EC2上のOS, APPのログ  AWSマネジドサービスのログ • CloudWatch Events • AWS上リソースの状態監視サービス • AWSリソースに対するイベントをトリ ガーにアクションを実行する機能 Amazon CloudWacth CloudWatch
  35. 35. AWS プラットフォームのログ活用 CloudWatch Logs S3 CloudTrail S3 Access Logs ELB VPC Flow Log OS / APP Kinesis Lambda チャット 電話 通知 アラート アクション Config Cloudfront Detailed Billing Redshift DMSRDS 他ツール連携 エクスポート API Gateway 可視化 ※一部サービスを抜粋
  36. 36. 37 CloudWatch Logs Amazon Linux Ubuntu Windows Red Hat Linux CloudWatch Logs 通知: CloudWatch Alarm Log Agent Log Agent Log Agent Log Agent VPC Flow Log 可視化: Amazon Elasticsearh Service (Kibana) エクスポート: Amazon Kinesis Firehose CloudTrail Lambda RDS
  37. 37. 38 CloudWatch Logsのログ管理 Web Server web001.ap-northeast-1 Log Group Log Stream Log Event web002.ap-northeast-1 web003.ap-northeast-1
  38. 38. 39 ログの保存期間 • CloudWatch Logsはログの保存期間を設定可能
  39. 39. 40 ログモニタリングイメージ • ログ内容はタイムスタンプとログメッセージ(UTF-8)で構成
  40. 40. 41 CloudWatch Logs Metric Filter(1/3) • ログイベントから特定の文字列のフィルタリングが可能
  41. 41. 42 CloudWatch Logs Metric Filter(2/3) • 特定文字列のエントリ頻度によりアラーム作成が可能 → コンソールへのログインが失敗するとアラーム警告
  42. 42. 43 CloudWatch Logs Metric Filter(3/3) • Metric Filterからアラーム作成、SNS連携が可能 Metric FilterをトリガーにしたCloudWatch アラームの作成が可能
  43. 43. 44 RDS 拡張モニタリング • CPU、メモリ、ファイルシステムやディスクI/Oなどの50を超えるメ トリクスが取得可能 • 拡張モニタリング データはJSON形式でCloudWatch Logsに蓄積 • 対応しているDB(db.t1.micro と db.m1.small を除く) – Amazon Aurora – MariaDB – Microsoft SQL Server – MySQL (バージョン 5.5 以降) – Oracle – PostgreSQL CloudWatch LogsRDS
  44. 44. 46 VPC Flow Log
  45. 45. 47 Amazon Elasticsearch Service との連携 • Elasticsearchクラスタを数分間で起動できるマネージ ドサービス • Kibanaが組み込まれており、即座にデータのビジュア ライズに着手できる • すでに東京リージョンでも利用可能 • CloudWatch Logs インテグレーションがとても簡単 CloudWatch Logs Elasticsearch Service
  46. 46. 48 CloudWatch Logs と Elasticsearch Service の連携設定 ① CloudWatch Logsに蓄積されたログを簡単にAmazon Elasticsearch Service (AES) にインポート
  47. 47. 49 CloudWatch Logs と Elasticsearch Service の連携設定 ② ログを転送するElasticsearch Service Clusterとログフォーマットを設定 事前に作成されたクラスタから選択 必要に応じフィルターパターンを変更
  48. 48. 50 Kibana Dashboard
  49. 49. 51 ログのエクスポート • ロググループ単位でCWLに蓄積されたログをS3にエクスポート $ aws logs create-export-task --task-name "myexport-06152016" --log-group-name ”LOGGROUP NAME" --from 1465484400 --to 1465570800 --destination "cwl-export-logs" https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/DeveloperGuide/S3ExportTasks.html
  50. 50. 52 CloudWatch Logs Subscription • CloudWatch Logsに収集されたログをリアルタイムに Kinesisに転送可能 – Kinesis Applicationでログに対してロジックを記述 – CloudWatch Logsには指定した保管期間ログが保管される – 設定はAWS CLIから実装 CloudWatch Logs Kinesis Kinesis Application Log Agent EC2 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/DeveloperGuide/Subscriptions.html
  51. 51. 53 awslogs (https://github.com/jorgebastida/awslogs) https://github.com/jorgebastida/awslogs Log Group Log Stream Log Record
  52. 52. 54 CloudWatch Logs料金体系 5GB 5GB $0.76 / GB $0.033 GB / 月 無料枠 (1カ月あたり) 従量課金 http://aws.amazon.com/jp/cloudwatch/pricing/ 10メトリックス、10アラーム、および100万の API リクエストの無料利用枠を準備 インジェクション アーカイブ
  53. 53. 55 • CloudWatch • AWS上で稼働するシステム監視サービス  死活監視 / 性能監視 / キャパシティ監視 • CloudWatch Logs • ログ管理プラットフォーム サービス  EC2上のOS, APPのログ  AWSマネジドサービスのログ • CloudWatch Events • AWS上リソースの状態監視サービス • AWSリソースに対するイベントをトリ ガーにアクションを実行する機能 Amazon CloudWacth CloudWatch
  54. 54. AWS上に構築された多くのシステムが Pollingモデルで動作 - DescribeInstances - DescribeVolumes - ListQueues
  55. 55. 57 CloudWatch Events コンポーネント イベントソース • 対象となるリソースの指定 • 処理が実行されるタイミング 選択(状態) ターゲット • 実行する処理を決定 • 処理内容を事前定義(AWS Lambda) or Bullet-inの利用 ルール • 定義したイベントソースと ルールの組み合わせ
  56. 56. 58 イベントソースの選択 • EC2 Instance states change notification – Pending/Running/Shutting down/Stopped/Stopping/Terminated • Schedule – 間隔:分(Minites)/時間(Hours)/日(Days) – クーロン表記 • AWS API call – AWS CloudTrailにより発行されたイベント • AWS console sign-in • Auto Scaling – Launch Successful/Launch Unsuccessful/Terminate Successful/Terminate Unsuccessful
  57. 57. 59 ターゲットの選択 • Lambda Function • SNS Topic • Kinesis Stream • Built-in target – EBSボリュームのスナップショット作成 – EC2インスタンスの再起動 – EC2インスタンスの削除 – EC2インスタンスの停止
  58. 58. 60 CloudWatch Event を利用する準備 • User accounts – IAMユーザに “events:*”, “iam:PassRole” のパーミッションが必要 • AWS CloudTrail logging – AWS API callをイベントソースに指定す る場合は事前にCloudTrailを有効にする必 要あり • AWS Security Token Service – リージョンのエンドポイントが有効に なっているかの確認(デフォルトでは有効)。 { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Action": [ "events:*", "iam:PassRole" ], "Effect": "Allow", "Resource": "*" } ] }
  59. 59. 61 CloudWatch Events の第一歩 • CloudWatch Eventの出力ログの理解 – ルールの実行ログ(AWS Lambda)はCloudWath Logsに出力される Lambda Functionサンプル ・インスタンスIDの取得 console.log(event.detail['instance-id']); → i-4f181ea ・インスタンス状態の取得 console.log(event.detail.state); → running ・インスタンス状態の取得 console.log(event.region); → ap-northeast-1
  60. 60. 62 CloudWatch Events の利用例 * サンプルコードあり http://blogs.aws.amazon.com/security/post /Tx150Z810KS4ZEC/How-to-Automatically- Tag-Amazon-EC2-Resources-in-Response- to-API-Events ② 特定のタグを付与する ③ 特定のタグの付与がない EC2は起動させない ① 定期的なスケジュール実行 https://speakerdeck.com/tmorinaga/opsj aws-number-4-cloudwatch-events-hands- on https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/lam bda/latest/dg/with-scheduled- events.html
  61. 61. 63 価格 • 100万カスタムイベントあたり$1.00 ペイロード 64 KB (切り上げ) につき 1 つのカスタムイベントとして請求されます。例 えば、ペイロードが 256 KB である 1 つのカスタムイベントは、4 つのカスタムイベ ントとして請求されます。また、ペイロードが 65 KB である 1 つのカスタムイベント は、2 つのカスタムイベントとして請求されます。 https://aws.amazon.com/cloudwatch/pricing/?nc1=h_ls
  62. 62. Amazon CloudWatch Metrics Name (CPUUtiliization) Metrics Name (HealthyHostCount) Name Space (AWS/EC2) Name Space (AWS/RDS) Name Space (AWS/ELB) Metrics Name (CPUUtiliization) Dimension (InstanaceId) Dimension (InstanaceId) Dimension (InstanaceId) Sum Max Min Average Statistic Metrics Namespace Dimension Simple Count Dashboard CloudWatch Logs CloudWatch Events Rules Filtering Event Rule Alert Action
  63. 63. 65 • CloudWatch • AWS上で稼働するシステム監視サービス  死活監視 / 性能監視 / キャパシティ監視 • CloudWatch Logs • ログ管理プラットフォーム サービス  EC2上のOS, APPのログ  AWSマネージド サービスのログ • CloudWatch Events • AWS上リソースの状態監視サービス • AWSリソースに対するイベントをトリ ガーにアクションを実行する機能 Amazon CloudWacth CloudWatch
  64. 64. 66 クラウド運用 • 標準化 • テンプレート • 監視 • ログ管理 • 構成管理、変更管理 • コンプライアンス強化 • API管理 • 監査 • コスト最適化 • Well Architected AWSのクラウド運用
  65. 65. AWS運用コミュニティ(OpsJAWS) ~クラウドによる、クラウドのための、クラウド運用管理~ AWS上に構築されたシステムの 運用管理のベストプラクティスを集約! @OpsJAWShttps://opsjaws.doorkeeper.jp/ http://aws.typepad.com/ aws_partner_sa/2015/06/aws-ops.html
  66. 66. 68 オンラインセミナー資料の配置場所 • AWS クラウドサービス活用資料集 – http://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/ • AWS Solutions Architect ブログ – 最新の情報、セミナー中のQ&A等が掲載されています – http://aws.typepad.com/sajp/
  67. 67. 69 公式Twitter/Facebook AWSの最新情報をお届けします @awscloud_jp 検索 最新技術情報、イベント情報、お役立ち情報、 お得なキャンペーン情報などを日々更新しています! もしくは http://on.fb.me/1vR8yWm
  68. 68. 70 AWSの導入、お問い合わせのご相談 • AWSクラウド導入に関するご質問、お見積り、資料請 求をご希望のお客様は、以下のリンクよりお気軽にご相 談ください https://aws.amazon.com/jp/contact-us/aws-sales/ ※「AWS 問い合わせ」で検索してください

×