Your SlideShare is downloading. ×
0
2011-07-31 saveMLAK紹介
2011-07-31 saveMLAK紹介
2011-07-31 saveMLAK紹介
2011-07-31 saveMLAK紹介
2011-07-31 saveMLAK紹介
2011-07-31 saveMLAK紹介
2011-07-31 saveMLAK紹介
2011-07-31 saveMLAK紹介
2011-07-31 saveMLAK紹介
2011-07-31 saveMLAK紹介
2011-07-31 saveMLAK紹介
2011-07-31 saveMLAK紹介
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

2011-07-31 saveMLAK紹介

771

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
771
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. http://savemlak.jp/ セーブムラック 2011年7月31日 江草由佳 saveMLAK システムチーム(国立教育政策研究所 教育研究情報センター 研究員) 1 MLAK(ムラック)くん by 渡辺ゆきの(http://kumori.info)
  • 2. saveMLAKプロジェクトとは• 博物館(Museum)• 図書館(Library)• 文書館(Archives) M・L・A・K• 公民館(Kominkan) = M・L・A・Kの関係者、支援者等の有志によって 構成されたプロジェクト – プロジェクトリーダーは岡本真• NPO/NGOでもなくゆるやかなネットワーク 2
  • 3. 元々は・・・• MLAK個別のプロジェクトからスタート• M/L/A/Kそれぞれの施設の被災・救援情報を集約する いわゆる情報まとめサイトを運営する活動 – savelibrary (3/12開設) – savemuseum (3/12開設) – savearchives (3/13開設) – savekominkan (3/16開設)• 2011年4月にはこの4つのサイトを統合 – (複合施設も多く、ひろく教育・文化施設として一緒に やったほうがよいだろう)• saveMLAK(セーブムラック)として http://savemlak.jp/ を開設 (MediaWiki) 3
  • 4. どうしてはじめたか?(savelibraryを例に) 被災地での人命救助活動は、 プロ(消防、自衛隊等)に。 自分たちは自分達で できること・得意なことをやるしかない! 4
  • 5. 現在は・・・• MLAKの震災関連の情報まとめサイトの運営 どんどん活動が広がってきた• 被災したMLAK施設や関係者の支援・支援仲介 – 例:本棚に本を戻す作業ボランティア仲介• 全国のMLAKが今回の震災に対して行なっている活動の 推進 – 例:東北地方紙を全国の図書館等へ(避難者への情報提供)• 将来の震災に備えるためにMLAKができる活動の推進 – 例:復旧・減災に役立つノウハウを残す、有事ネットワークの 確立、MLAK施設リストの作成 7
  • 6. どんな情報をまとめているのか?• MLAK施設の被害・救援・運営情報 – 基本情報:名称、所在地、URLなど – 被害:どんな被害があったか(人的、施設、コレクショ ン) – 救援:どんな救援を募集しているか – 運営:震災後にいつ再開したか、サービス提供状況• MLAK関連の震災支援活動情報 – 例:在籍していなくても利用できる大学図書館の紹介• MLAK施設の復旧・復興に役立つ情報 – 例:復旧作業に必要なものリスト(工具などの) 8
  • 7. どんなことができると 期待してはじめた?• (いろんな人がいろんな思惑ではじめたのでなんとも言えな いが・・・)• 被害情報・救援情報を共有できる(場になれる)• 救援情報と支援者を結ぶ(場になれる) 被災地に迷惑をかけないことを大前提におく = 被災地に被害情報を聞く電話等はしない! 友人・知人からのメール、twitter等から情報やぶち当たった壁 Web等など公表情報から情報を入手• 被災地にどんな施設がどれくらいあるかわから ない• 被害情報が得られない• 救援情報が得られない 13
  • 8. ぶち当たった壁への対応• 被災地にどんな施設がどれくらいあるかわから ない・・・(13,248件登録) – もっていそうなところからもらう • インターネットミュージアム、公民館年鑑 – とにかく調べて入れる(人海戦術)• 被害情報が得られない – (わからないものはしょうがないが) – 知人・Web以外の方法を探る(地方紙・現地張り紙)• 救援情報が得られない – 現地にヒアリングに行く(現在、3回実施) 14
  • 9. 役に立ったか? ― すでに役立った事例 ―• 支援者の支援(間接支援)に活躍 – 本棚メーカーの営業が被災図書館を把握できて本棚 救援にすぐに始動できた – 復旧に役立つものリストの道具セットを被災地訪問者 に渡せた – 被災地のヒアリング部隊の初期情報把握に • 近くのMLAK施設はないか、訪問直前のMLAK施設の状況の 把握• 被害状況の広報に活躍 – 開館しない、サービスが完全回復しないことの市民へ の理解のために利用 • 野田市立図書館の例 15
  • 10. 野田市立図書館の例 千葉県の図書館の被災の広報 16
  • 11. 役に立ったか? ― 今、今後役に立つと期待 ―• MLAK施設リスト – MLAKの施設リスト(地理情報あり)があったら被 害がありそうな施設がすぐに把握できる• 有事(人的)ネットワークの確立 – 災害があったさいにすぐに復旧に動ける• 「記録に残らないものはなかったことになる」 – 災害の深刻さのリアリティの継承 – 減災・復旧・復興のためのノウハウの継承 – 文化の復興、継承へ 17
  • 12. さいごに• saveMLAK wiki はだれでも編集大歓迎です• 多くの方の編集参加をお待ちしております 広報担当、ファンド担当も 募集中です! 私たちは忘れない。できる支援を継続する! 18 MLAKくん by 渡辺ゆきの(http://kumori.info)

×