2013-10-01_FRBR&RDA勉強会復習スライド

556 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
556
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

2013-10-01_FRBR&RDA勉強会復習スライド

  1. 1. FRBR&RDA勉強会復習スライド 2013年10月01日 国立教育政策研究所 江草由佳
  2. 2. What is RDA • RDA: Resource Description and Access • RDAはAACR2に取って変わる新しい目録規則 – AACR2: Anglo‐American Cataloguing Rules, 2 edtion (英米目録規則第2版) • RDAの全体的な目的は:資料発見の支援のた めのデータ標準化のガイドラインおよび規則 “a  set of guidelines and instructions on formulating  data to support resource discovery”(0.0)
  3. 3. AACR2とここが違う! 1. FRBRとFRADという理論的なフレームワークに 基づいている 2. ディジタル環境のためにデザインされている 3. AACR2より広い範囲を対象としている →図書館だけじゃない、英語圏だけじゃない (ただし、AACR2と強くリンクもしている)
  4. 4. FRBRやFRADでは 何が定義されているか?(ユーザ) • ユーザ – (FRBR)大規模な書誌データを使う人 – (FRAD)大規模な典拠データを使う人(+作る人)
  5. 5. FRBRやFRADでは 何が定義されているか? (ユーザのタスク) • (FRBR)大規模な書誌 データを使うときによく あるタスク –find – identify – select – obtain • (FRAD)大規模な典拠 データを使うときによく あるタスク –find, –Identify – clarify (contextualize) –understand (justify)
  6. 6. FRBRやFRADでは 何が定義されているか?(データ) • 記録されるデータ・・・ERモデルで – (FRBR)書誌データについて定義 – (FRAD)典拠データについて定義 • タスクと記録されるデータの関係 • (ERモデルについては、後にくわしく)
  7. 7. ER(Entity‐Relationship)モデル • Entity: 利用者が興味のある”key object” • Attribute:Entityについての情報 • Relationship:Entity と Entity の関係 • →この3つが – (FRBR)書誌データ – (FRAD)典拠データ を表すために定義されている Work Preferred title of the work: ハリーポッターと賢者の石 Person Name of the person:  J.K. ローリング Is created by  Entity Entity Relationship Attribute Attribute
  8. 8. RDAでは, どんな定義・説明があるか? • RDAで新しく出てきた言葉 ”element” • RDAでは – どんなelementがあり – そのelementには何を記述するか • についての説明がある • Elementの説明や定義にはFRBRやFRADの Entity,Attribute,Relationshipが使われている
  9. 9. RDAのelement • RDAのelementは2種類ある – FRBRやFRADのAttributeに対応するelement – FRBRやFRADのRelationshipに対応するelement • Relationshipそのものではなく、 結果としてRelationshipを表現しうる値というのがミソ Work Preferred title of the work: ハリーポッターと賢者の石 Person Name of the person:  J.K. ローリング Creator  Entity Entity Relationship Attribute Attribute RDAの element RDAの element RDAの element
  10. 10. RDAのsectionとchapterの見方(1) • chapter 0~37  と appendix A~L がある • RDAでは section は大きな内容の区切り – chapter はsectionを超えて通し番号に • chater 1~37 は 10のsectionに分かれている • Chapter 0 • Section 1 – Chapter 1, 2, 3, 4 • Section 2 – Chapter 5,6,7 • Section 3 – Chapter 8
  11. 11. RDAのsectionとchapterの見方(2) 例:6.2.1.2  Sources of Information • Chapter 6 Identifying Works and Expressions • の 2.1.2 • Section 6 ではないのに注意
  12. 12. RDAの流れ • 10 section  +付録(Appendix) • Section  1~ 4  Entity の Attribute に対応したElement • Section 5 ~ 10 Relationshipに対応したElement • Appendix  A ~ L 
  13. 13. Sectionのはじめには General Guidelines  • Section のはじめには 必ずGeneral Guidelines  がある • 例 • Section 1: Recording Attributes of Manifestation  and Item – Chapter 1: General Guidelines on Recording Attributes  of Manifestations and Items – Chapter 2: Identifying Manifestations and Items – ・・・

×