U-Hyogo(20130718)

235 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
235
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

U-Hyogo(20130718)

  1. 1. プロデュース入門 -知識・情報・サービスを創り出すということ 学 問 を 生 か す 社 会 へ 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 兵庫県立大学「情報科学概論」 日時:2013年7月18日(木) 会場:兵庫県立大学 新在家キャンパス 1 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  2. 2. 自己紹介 -岡本真とアカデミック・リソース・ガイド株式会社 学 問 を 生 か す 社 会 へ 2 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  3. 3. 自己紹介(現在) 1. アカデミック・リソース・ガイド株式会社(2009年~)  代表取締役/プロデューサー(2009年~)  ACADEMIC RESOURCE GUIDE編集長(1998年~) 2. オーマ株式会社(2008年~)  代表取締役(2011年~) 3. 任意団体saveMLAKプロジェクト(2011年~)  プロジェクトリーダー(2011年~) 4. 任意団体iSPP 情報支援プロボノ・プラットフォーム(2011 年~)  共同代表理事(2011年~) 5. NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ(2002年~)  理事(2010年~) 6. 任意団体ニコニコ学会β実行委員会(2011年~)  事務局長(2011年~) 学 問 を 生 か す 社 会 へ 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  4. 4. 自己紹介(過去)  1973年生まれ  40歳  国際基督教大学(ICU)卒業(1997年)  日本政治思想史を専攻  教育雑誌、学術書等の編集者等を経て、  1999年~2009年、ヤフー株式会社に在籍  Yahoo!カテゴリ、Yahoo!検索、Yahoo!知恵袋、Yahoo!検 索ランキング、Yahoo!ラボ等の企画・設計・運用、また産学 連携のコーディネートに従事 学 問 を 生 か す 社 会 へ 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  5. 5. [参考] アカデミック・リソース・ガイド株式会社  創業:  2009年9月30日  前史:  1998年7月11日創刊のメールマガジン“ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)”  ビジョン:  「学問を生かす社会へ」  事業: 1. コミュニティー創造、 2. コラボレーション促進、 3. エンパワーメント支援、 4. ノウハウ提供  体制:  役員1名+パートナー6名 学 問 を 生 か す 社 会 へ 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  6. 6. 本日の目的と構成 学 問 を 生 か す 社 会 へ 6  目的:  講師がプロデュースしてきた、いくつかの事例を通して、 「ものごと」をプロデュースするということについての知識と 理解を深めていただき、皆さん自身による「ものごと」のプロ デュースに役立てていただく。  構成: 1. 話題提供: 1. Yahoo!知恵袋 2. saveMLAK 3. ライブラリー・リソース・ガイド 2. 質疑討論: Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  7. 7. YAHOO!知恵袋 -「検索」観の拡大 学 問 を 生 か す 社 会 へ 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  8. 8. 1. YAHOO!知恵袋 -世界最大級のQ&Aサービス 学 問 を 生 か す 社 会 へ 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  9. 9. 1. YAHOO!知恵袋 -YAHOO!知恵袋における質問・回答例 学 問 を 生 か す 社 会 へ 9 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp 兵 庫 県 立 大 学 姫 路 キ ャ ン パ ス の 周 辺 は ど の よ う な 感 じ で す か ? 都 会 の 雰 囲 気 で す か ? ん ー キ ャ ン パ ス に よ って か な り 立 地 の 差 が 激 し い で す 。 播 磨 光 都 キ ャ ン パ ス 姫 路 書 写 キ ャ ン パ ス 神 戸 学 園 都 市 キ ャ ン パ ス 明 石 キ ャ ン パ ス 姫 路 新 在 家 キ ャ ン パ ス ……
  10. 10. 1. YAHOO!知恵袋 -YAHOO!知恵袋の企画意図と設計(1) 学 問 を 生 か す 社 会 へ 10 仕組み・仕掛けの構想(企画・設計) 古典的なコミュニティー×インセンティブ 解決の定義(成功のイメージ) 「検索」観の拡大(「尋ねる」合理性) 問題(現状)の把握 検索エンジンの限界 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  11. 11. 1. YAHOO!知恵袋 -YAHOO!知恵袋の企画意図と設計(2) 学 問 を 生 か す 社 会 へ 11  様々な設計:  質問のしやすさ/したくなりやすさ  質問へのポイント付与という転換  質問文化不在という認識  「社会的ジレンマ」的状況の解決  ポイント制度の細かな区分  質問 < 回答 < ベストアンサー  学術研究の知見の取り込み:  國領二郎:「顧客間インタラクション」研究  山岸俊男:「社会的ジレンマ」研究  黒木玄:「匿名」研究 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  12. 12. 1. YAHOO!知恵袋 -YAHOO!知恵袋の企画意図と設計(3)補論 学 問 を 生 か す 社 会 へ 1. 質問欲求を喚起する画面のデザイン •全ページに質問ボタン、トップに質問ボックス 2. 質問意欲を助長するポイントの発行 •質問=貢献とみなすシステム設計 3. 質問躊躇を防止する類似質問の許容 •「過去ログ」文化との決別と回避策の提示 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  13. 13. SAVEMLAK -所在・被災・救援情報の集約と共有 学 問 を 生 か す 社 会 へ 13 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  14. 14. 2. SAVEMLAK -日本最大級の被災文化施設情報の集約・共有 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp 学 問 を 生 か す 社 会 へ 14 •Museum(博物館)M •Library(図書館)L •Archives(文書館)A •Kominkan(公民館)K
  15. 15. 2. SAVEMLAK -WIKIによるコラボレーションの成功 学 問 を 生 か す 社 会 へ 15 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp 約2.5万件の所在情報 約900件の被災情報 約300名の編集者 約10万回の編集
  16. 16. 2. SAVEMLAK -SAVEMLAKの企画意図と設計(1) 学 問 を 生 か す 社 会 へ 16 仕組み・仕掛けの構想(企画・設計) 自律・協調・分散のWikiシステムの選択 解決の定義(成功のイメージ) 所在・被災・救援情報の集約と共有 問題(現状)の把握 情報集約の遅延・放置の予見 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  17. 17. 2. SAVEMLAK -SAVEMLAKの企画意図と設計(2) 1. カラムを増やしすぎない簡易なデータフォーマット 2. システム特性に根づいた寛容な運営方針 3. ソーシャルメディア等での活発なコミュニケーション 4. オフラインでの定期的なコミュニケーション 5. 同時多発的な協同入力イベントの実施 学 問 を 生 か す 社 会 へ 17 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  18. 18. 2. SAVEMLAK -SAVEMLAKの企画意図と設計(3)補論 うきうきウィキ祭りの開催実績 開催回数 開催日時 開催名目 第1回 2011年4月24日(日) 第2回 2011年4月30日(日) 「図書館記念日」祭り 第3回 2011年5月18日(水) 「国際博物館の日」記念祭り 第4回 2011年6月4日(土) 「学校図書館」強化祭り 第5回 2011年6月9日(木) 「国際アーカイブズの日」記念祭り 第6回 2011年6月19日(日) 「公民館」強化祭り 第7回 2011年7月7日(木) 「七夕」祭り 第8回 2011年9月23日(金) 「学校図書館」強化祭り 第9回 2011年12月27日(火) 第10回 2012年3月11日(日) 第11回 2013年9月1日(土) 「防災の日」記念 学 問 を 生 か す 社 会 へ 18 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  19. 19. ライブラリー・リソース・ガイド -圧倒的情報量による質の転換 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp 学 問 を 生 か す 社 会 へ 19
  20. 20. 3. ライブラリー・リソース・ガイド -圧倒的情報量による質の転換 学 問 を 生 か す 社 会 へ 20  概要:  季刊雑誌(年4回)  テーマは「図書館」  2012年11月創刊  定価2500円+税  部数1000限定  過去3回発行  構成:  特別寄稿  特集 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  21. 21. 3. ライブラリー・リソース・ガイド -特別寄稿+特集記事 学 問 を 生 か す 社 会 へ 21  第1号:  特別寄稿:  長尾真「未来の図書館を作るとは」  特集:  嶋田綾子「図書館100連発」  第2号:  特別寄稿:  みわよしこ「「知」の機会不平等を解消するために-何から始めればよ いのか」  特集:  嶋田綾子(データ協力:株式会社カーリル)「図書館システムの現在」  第3号:  特別寄稿:  水島久光「記憶を失うことをめぐって~アーカイブと地域を結びつける 実践~」  特集:  嶋田綾子・岡本真「図書館における資金調達(ファンドレイジング)」 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  22. 22. 3. ライブラリー・リソース・ガイド -ライブラリー・リソース・ガイドの企画意図と設計(1) 学 問 を 生 か す 社 会 へ 22 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp 仕組み・仕掛けの構想(企画・設計) 特別寄稿と特集 解決の定義(成功のイメージ) 大規模論考による啓発、当たり前の事例紹介 問題(現状)の把握 既存の図書館業界への不満
  23. 23. 3. ライブラリー・リソース・ガイド -ライブラリー・リソース・ガイドの企画意図と設計(2) 学 問 を 生 か す 社 会 へ 23 特別寄稿 • 分野外からの問題提起(孤立主義への挑戦) 特集 • 1テーマ多事例の一括掲載(広く深くへ) 部数限定と価格設定 • ターゲティングの明確化(トップ1000へ訴求) Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  24. 24. 3. ライブラリー・リソース・ガイド -ライブラリー・リソース・ガイドの企画意図と設計(3)補論 学 問 を 生 か す 社 会 へ 24  例としての図書館100連発  観察と資料、ワンストップのサービス  たつの市立揖保川図書館(兵庫県たつの市) Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  25. 25. まとめ -討論に向けて 学 問 を 生 か す 社 会 へ 25 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  26. 26. 「ものごと」をプロデュースする上での基本 学 問 を 生 か す 社 会 へ 26 仕組み・仕掛けの構想(企画・設計) 解決(成功)のイメージ 問題(現状)の把握 先行知見からの学び Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  27. 27. 質疑討論 -質問するのは、よいことです。 学 問 を 生 か す 社 会 へ 27 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  28. 28. プロデュース入門 -知識・情報・サービスを創り出すということ 学 問 を 生 か す 社 会 へ 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 兵庫県立大学「情報科学概論」 日時:2013年7月18日(木) 会場:兵庫県立大学 新在家キャンパス 28 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp

×