Windows Azure AppFabric 第2章
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Windows Azure AppFabric 第2章

on

  • 2,434 views

 

Statistics

Views

Total Views
2,434
Views on SlideShare
1,827
Embed Views
607

Actions

Likes
0
Downloads
16
Comments
0

3 Embeds 607

http://vsug.jp 601
http://webcache.googleusercontent.com 5
url_unknown 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Windows Azure AppFabric 第2章 Windows Azure AppFabric 第2章 Presentation Transcript

  • VSUG DAY 2011 SummerWindows AzureAppFabric 第2章 VSUGフォーラムリーダー 酒井達明 Microsoft Regional DirectorMicrosoft MVP – Windows Azure
  • アジェンダ• Windows Azure AppFabricの変遷• 最新のAppFabric機能紹介 – キャッシング – サービスバス V2 – アクセスコントロール V2• 近日公開!? 新機能 – アプリケーション管理 VSUG DAY 2011.6.19
  • AppFabric ロードマップ(Tech・Ed前) Tech・Ed 20119/16 PDC10 North America CTP General Availability Access Control enhancements Access Control CTP General Availability Caching Caching CTP Release ? Service Bus enhancements Service Bus enhancements CTP ? Composite App VSUG DAY 2011.6.19
  • 最新のロードマップ Q1 2011 Q2 2011 H2 2011 CTP Refresh General Availability General Availability Access Control Access Control Access Control CTP Refresh General Availability General Availability Caching Caching Caching CTP Refresh Release Service Bus enhancements Service Bus enhancements CTP CTP Refresh Application Manager Application Manager CTP Integration VSUG DAY 2011.6.19
  • 最新のAppFabricの体系Composition Model Applications Events & Events & Events & Health Health Health WCF, WF, Code, Svc ASP.NET Config DAC VSUG DAY 2011.6.19
  • 最新のAppFabricの体系 Applications Composition Model VSUG DAY 2011.6.19
  • キャッシュサービス• Windows Azureで実行される分散されたイン・メモリ キャッシュ – Windows Azureアプリケーションに近接したイン・メモリ キャッシュ – Windows Server AppFabric キャッシングがベース• 利点 – 高スケーラビリティ、少ない待ち時間、高いスループット – 必要に応じ動的に容量追加が可能 – エンドユーザはキャッシュの構成、配置、管理を気にしなくて良い VSUG DAY 2011.6.19
  • 主な機能と利点• 既存アプリの容易な統合を実現 Web Role – キャッシュ・アサイド モデル Local Cache – 一つのAPI ( Windows Server & Windows Azure AppFabric) 出力 – ASP.NET セッション状態プロバイダ セッション – ASP.NET ページ出力キャッシュプロバイダ 参照データ• 待ち時間の少ないキャッシング 実行時情報• シリアライズ可能なすべてのCLRオブジェクトが キャッシュ可能 リソース情報 – ローカルキャッシュ時のシリアライズ省力化• アクセスコントロール利用でセキュアなキャッシュ DB VSUG DAY 2011.6.19
  • キャッシュの機能• 複数のサイズから選択可能 – 128 MB, 256 MB, 512 MB, 1 GB, 2 GB, 4 GB• 複数の容量を組み合わせて、希望するキャッシュ容 量を利用可能• 動的なキャッシュ容量の増減 – データ容量が増加時にキャッシュ容量を追加 – 不要時にはキャッシュ容量を縮小 VSUG DAY 2011.6.19
  • AppFabricキャッシュを利用したセッションの保存 VSUG DAY 2011.6.19
  • 注意事項• そのままコピー&ペーストでは問題が発生する – マルチインスタンス構成時にエラーが発生 – 解決方法:Session State Providerの定義に 「applicationName」属性を追加<add name="AppFabricCacheSessionStoreProvider" type="Microsoft.Web.DistributedCache.DistributedCacheSessionStateStoreProvider, … cacheName="default" useBlobMode="true" dataCacheClientName="default" applicationName ="VSUGDAY2011Summer" /> VSUG DAY 2011.6.19
  • サービスバス Service Bus• ネットワーク間におけるサービスの相互接続 – ネーミングと発見 – NATおよびファイヤウォールを介した接続性の確保 – アクセスコントロールに統合された認証• クラウドベースの「メッセージ指向」ミドルウェア – 次世代のメッセージキュー技術 – フィルタリングを伴うリッチなパブリッシュ/サブスクライバ – トランザクション統合• V1向けに開発されたアプリケーションはそのまま実行可能 VSUG DAY 2011.6.19
  • サービスバス Queue P Queue C• 高信頼のストレージ、1つのQueueあたり最大1GBの容量• 一度Queueが生成されると、無期限でシステム内に生存• 最大256KBのメッセージ• シリアライズ可能なオブジェクトの送受信が可能• メッセージングAPI, WCF, HTTP/REST インタフェースの サポート *Limited to 100MB per Queue for CTP VSUG DAY 2011.6.19
  • AppFabric Queueを利用したメッセージングVSUG DAY 2011.6.19
  • Queue利用の流れ ServiceBusNamespaceClientIssuer MessageSender Queue SharedSecretCredential Key BrokeredMessage QueueClient Namespace Uri MessageReceiver MessagingFactory VSUG DAY 2011.6.19
  • Publish/SubscribeモデルとTopic S C P Topic S C S C• Publish/SubscribeモデルにおけるQueueの機能を提供• 1つのTopicに最大2000のSubscriptionを追加可能• 各Subscriptionに仮想的なQueueが生成され、メッセージが コピーされる• Subscriptionsはフィルタとアクションを持つことができる VSUG DAY 2011.6.19
  • TopicによるPublisher/Subscriberの実現 VSUG DAY 2011.6.19
  • Topics利用の流れ MessagingFactoryIssuer MessageSender SharedSecret Credential TopicClient Key BrokeredMessage SubscriptionClient SubscriptionClient SubscriptionClientNamespace Uri MessageReceiver Topic Subscription Subscription Subscription ServiceBusNamespaceClient VSUG DAY 2011.6.19
  • アクセスコントロールAccess Control• すべてのアプリケーションに対する統合的な認証・承認基盤 – Web,デスクトップ, モバイル – 認証プロバイダ: • Facebook, Google, Yahoo, Live ID OAuth WRAP • Active Directory Federation Services 2.0 OAuth 2.0 • OAuth 2, OAuth WRAP アクセス WS-* コントロール • WS-Trust 1.3 Service Open ID ルール – トークン形式 Google, Yahoo • OAuth WRAP SWT Facebook • SAML 1.1, SAML 2.0 Webサイトおよび Webサービス• ルールの承認 Live ID VSUG DAY 2011.6.19
  • アプリケーションマネージャWeb Services WorkflowThis CTP will also enable and make it easy to build, deploy, manage and monitor Windows CommunicationFoundation (WCF) and Windows Workflow Foundation (WF) services on AppFabric.–出典:AppFabric Team Blog• アプリケーションサーバのインフラ – デプロイと配置 – 実行ライフサイクル – スケールアウト – 高可用性 – 独立性 – リソース管理 – ルーティング – 利用状況のモニタリング• 6月版SDK アップデートで、CTP提供予定 VSUG DAY 2011.6.19
  • まとめ• Azure AppFabricはまだまだ進化中 – 分散キャッシュ利用によるアプリケーション高速化 – サービスバスの永続化メッセージング – Publisher / Subscriberモデル – 幅広い認証手段の提供 – オンプレミス&クラウド相互のオーケストレーション VSUG DAY 2011.6.19