LODとは何?(基礎編)

10,000 views
9,735 views

Published on

0 Comments
12 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
10,000
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
75
Actions
Shares
0
Downloads
154
Comments
0
Likes
12
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

LODとは何?(基礎編)

  1. 1. LODとは何?(基礎編)<br />武田 英明<br />国立情報学研究所<br />takeda@nii.ac.jp<br />Twitter: @takechan2000<br />
  2. 2. Webとは何?<br />
  3. 3.
  4. 4.
  5. 5. 情報を創るとは…<br />Collect<br />Donate<br />Create<br />創造は無から生じない<br />他者の仕事を知り、理解する<br />他者へ自らの仕事をみせていく<br />このサイクルが古今東西普遍のこと、ただし限定されてた<br />人、速さ、量、範囲<br />インターネット技術、ことにWeb技術はこれを解放した<br />人、速さ、量、範囲<br />
  6. 6. 創る<br />情報活動としてのInternet<br />創る<br />創る<br />創る<br />集める<br />見せる<br />集める<br />見せる<br />集める<br />見せる<br />集める<br />見せる<br />Internet<br />Webはそれだけ?<br />
  7. 7. 情報のサイクルが重要!<br />
  8. 8. Webとは<br />Webとは収集と利用のシステムではない!<br />Webとは情報を<br />収集して<br />利用して<br />公開して<br />共有して<br />するものである<br />ではどうしたら共有がうまくいくだろうか<br />これがSemantic Webのポイント<br />え?今のWebじゃだめなの?<br />
  9. 9. Semantic Webとは何?<br />
  10. 10. Next Generation Web<br />Webの進化<br />HTML: 表示のためのWeb<br />XML:シンタックスをもったWeb<br />?? :セマンティックスをもったWeb<br />なぜセマンティックスをWebのメカニズムの中に組み込なねばならないか<br />人間のためのWeb<br />から<br />人間と機械のためのWeb<br /> ヘ<br />cf. 機械ためだけのWeb<br />
  11. 11. HTML<br />HTMLの限界<br />表示と文書構造の混乱<br /><h3></h3>は本来3層目の見出しのためのタグだが,大きくするためにも使われている.<br /><b></b>は強調なのかボールド体で書くことなのか<br />構造が固定されている<br /><h7></h7>が欲しい<br />自分のデータのためのデータ構造が欲しい<br /><h1> 講義一覧</h1><br /><h2> 知識情報処理(1234)</h2><br /><h3> 担当:本位田真一,武田英明</h3><br /><h3>金曜2限</h3><br />
  12. 12. XML<br />XML(eXtensible Markup Language)<br />独自のタグを定義<br />データの論理構造を表現<br />DTD<br />スタイル情報を含まない<br />XST<br /><lecturelist><br /><lecture> <br /><title id=1234> 知識情報処理</title><br /><lecturer> 本位田真一</lecturer><br /><lecturer> 武田英明</lecturer><br /><schedule><br /> <week>金曜</week><br /> <time>2限</time><br /></lecture><br />... <br /></lecturelist><br />参考:<br />日本IBM, XMLとは,http://www-6.ibm.com/jp/tel-med/column/xml200106/index.html<br />吉田 稔,いまさら聞けない「XML再入門」 http://www.atmarkit.co.jp/fxml/rensai/rexml01/rexml01.html<br />
  13. 13. なぜXMLでは不十分か<br /><person><br /> <name> Hideaki Takeda</name><br /> <age> 20</age><br /></person><br /><個人><br /> <名前>Hideaki Takeda</名前><br /> <年齢> 20</年齢><br /></個人><br />“person”, “name”とは何を意味するのか.<br />“name”と“名前”は同じなのだろうか.(同一性)<br />これは“person”の記述して十分なのだろうか(拘束条件)<br />…<br />結局,シンタックスだけは解決つかない<br />
  14. 14. Architecture for the Semantic Web<br />Tim Berners-Lee http://www.w3.org/2002/Talks/09-lcs-sweb-tbl/<br />
  15. 15. RDF モデル<br />要素<br />Resource: <br />URI(Universal Resource Identifier)でさせるもの全て<br />Literal(文字列)<br />必ずしもWebでアクセス可能である必要はない<br />Property: <br />resourceを記述する属性(attribute)<br />Resourceと同様にURIあるいはLiteral<br />Statement: resource, property, propertyの3つ組<br />
  16. 16. RDFモデル<br />文<br />http://www-kasm.nii.ac.jp/~takedaのcreator “Hideaki Takeda” である<br />構造<br />Resource (subject): http://www-kasm.nii.ac.jp/~takeda<br />Property (predicate): Creator<br />Value (object): “Hideaki Takeda”<br />http://www-kasm.nii.ac.jp/~takeda<br />Creator<br />“Hideaki Takeda”<br />Resource<br />Property<br />Value<br />
  17. 17. RDFモデル<br />http://www-kasm.nii.ac.jp/~takedaのcreatorは“http://www.nii.ac.jp/staffid/123456であり,それはHideaki Takeda”というnameでtakeda@nii.ac.jpというemailをもっている.<br />http://www-kasm.nii.ac.jp/~takeda<br />Creator<br />http://www.nii.ac.jp/staffid/123456<br />name<br />email<br />“Hideaki Takeda”<br />“takeda@nii.ac.jp”<br />
  18. 18. RDFモデル<br />http://www-kasm.nii.ac.jp/~takedaのcreatorは“Hideaki Takeda”というnameでtakeda@nii.ac.jpというemailをもっている.<br />http://www-kasm.nii.ac.jp/~takeda<br />Creator<br />name<br />email<br />“Hideaki Takeda”<br />“takeda@nii.ac.jp”<br />
  19. 19. RDFシンタックス<br />http://www-kasm.nii.ac.jp/~takedaのcreatorは“Hideaki Takeda”である<br />http://www-kasm.nii.ac.jp/~takeda<br />Creator<br />“Hideaki Takeda”<br />Resource<br />Property<br />Value<br /><?xml version="1.0"?> <br /><rdf:RDF <br />  xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" <br />  xmlns:dc="http://dublincore.org/2001/08/14/dces#"> <br /> <rdf:Description about="http://www-kasm.nii.ac.jp/~takeda"> <br />   <dc:Creator>Hideaki Takeda</dc:Creator> <br /> </rdf:Description> <br /></rdf:RDF> <br /><rdf:RDF><br /> <rdf:Description about="http://www-kasm.nii.ac.jp/~takeda"> <br />   <dc:Creator rdf:resource=“Hideaki Takeda” /> <br /> </rdf:Description> <br /></rdf:RDF> <br />
  20. 20. Animal<br />RDF Schema<br /><rdf:RDFxml:lang="en"<br />xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"<br />xmlns:rdfs="http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#"><br /><rdfs:Classrdf:ID="Person"><br /> <rdfs:comment>The class of people.</rdfs:comment><br /> <rdfs:subClassOfrdf:resource="http://www.w3.org/<br />   2000/03/example/classes#Animal"/><br /></rdfs:Class><br /><rdf:Property ID="maritalStatus"><br /> <rdfs:rangerdf:resource="#MaritalStatus"/><br /> <rdfs:domainrdf:resource="#Person"/><br /></rdf:Property><br /><rdf:Property ID="ssn"><br /> <rdfs:comment>Social Security Number</rdfs:comment><br /> <rdfs:rangerdf:resource="http://www.w3.org/2000/03/example/classes#Integer"/><br /> <rdfs:domainrdf:resource="#Person"/><br /></rdf:Property><br /><rdf:Property ID="age"><br /> <rdfs:rangerdf:resource="http://www.w3.org/2000/03/example/classes#Integer"/><br /> <rdfs:domainrdf:resource="#Person"/><br /></rdf:Property><br /><rdfs:Classrdf:ID="MaritalStatus"/><br /><MaritalStatusrdf:ID="Married"/><br /><MaritalStatusrdf:ID="Divorced"/><br /><MaritalStatusrdf:ID="Single"/><br /><MaritalStatusrdf:ID="Widowed"/><br /></rdf:RDF><br />“The class of person”<br />s<br />rdfs:comment<br />Person<br />d<br />d<br />maritalStatus<br />d<br />ssn<br />r<br />age<br />MaritalStatus<br />r<br />rdfs:comment<br />Integer<br />t<br />t<br />Married<br />“Social Security Number”<br />Single<br />t<br />Windowed<br />t = rdf:type<br />d = rdfs:domain<br />r = rdfs:range<br /> = class<br /> = class instance<br /> = property<br />t<br />Divorced<br />Resource Description Framework(RDF) Schema Specification 1.0<br />http://www.w3.org/TR/2000/CR-rdf-schema-20000327/<br />
  21. 21. RDF(S)による情報共有のメリット<br />URIがIDとして機能<br />URIにその定義が書いてある<br />共通のURIを使い回すことによって同じことを指していることを保証<br />XMLでの問題の解決<br />
  22. 22. RDF(S)での情報共有のデメリット<br />オントロジー(クラス)を書くのは大変<br />一貫性、網羅性、論理性<br /><ul><li>複数オントロジーの統合・関連付けはもっと大変</li></li></ul><li>Linked Dataとは何?<br />
  23. 23. Semantic Webの階梯<br />抽象問題から具体問題への回帰<br />オントロジーが先ではなくてインスンタスを先に書こう<br />クラスに関する記述<br />オントロジー<br />インスタンスに関する記述<br />Linked Data<br />Tim Berners-Lee http://www.w3.org/2002/Talks/09-lcs-sweb-tbl/<br />
  24. 24. Semantic Webの階梯<br />Linked Data<br />インスタンスに関する記述=個々の事物に関する記述<br />RDF + (RDFS, OWL)<br />Linked Dataの記述における利点<br />書きやすい(事実に関する記述が主)<br />リンクしやすい(同)<br />LinkedDataの記述における問題点<br />複雑な記述は難しい<br />それでもクラス定義は必要(->オントロジー)<br />クラスに関する記述<br />オントロジー<br />インスタンスに関する記述<br />Linked Data<br />Tim Berners-Lee http://www.w3.org/2002/Talks/09-lcs-sweb-tbl/<br />
  25. 25. Linked Data<br /><ul><li>Linked Dataとは “Web of Data”</li></ul>RDFで公開されるデータ<br />外部から参照可能<br />Linked Dataのための4条件<br />事柄の名前にURIを使うこと<br />すべてのモノ,コトにURIを!<br />名前の参照がHTTP URIでできること<br />DOIとかいったURNは使わないでね<br />URIを参照したときに関連情報が手に入るように<br />理解可能なデータを提供してね.<br />外部へのリンクも含めよう<br />Webのようにリンクでつながるデータを作ろう<br />Linked Data, TBL, http://www.w3.org/DesignIssues/LinkedData.html<br />
  26. 26. Linking Open Data (LOD)<br />公開されたLinked Dataを集めるプロジェクト<br />主要なLinked Data<br />(データ変換)<br />Dbpedia (Wikipedia) : 百科事典, 2.7億文<br />Geonames:地名と緯度経度, 9300万文<br />MusicBrainz:音楽<br />WordNet:辞書<br />DBLP bibliography:論文の書誌,2800万文<br />US Census Data: 米国国勢調査(2000年), 10億文<br />(クロール)<br />FOAF (Friend Of A Friend):個人と個人関係のプロファイル<br />(ラッパー)<br />Flickr Wrapper<br />
  27. 27. Web-based Information<br />Music<br />Papers<br />Geographic information<br />Life Science and Health Care<br />131億文<br />1.41 万個のリンク <br />
  28. 28. DBpedia Mobile<br />
  29. 29. うう<br />
  30. 30.
  31. 31.
  32. 32.
  33. 33.
  34. 34.
  35. 35. http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/<br />http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/?query=PREFIX+skos%3A+%3Chttp%3A%2F%2Fwww.w3.org%2F2004%2F02%2Fskos%2Fcore%23%3E%0D%0APREFIX+rdfs%3A+%3Chttp%3A%2F%2Fwww.w3.org%2F2000%2F01%2Frdf-schema%23%3E%0D%0A%0D%0ASELECT+DISTINCT+%3Fy+%3Flabel%0D%0AWHERE+%7B%0D%0A+++%3Fx+rdfs%3Alabel+%22%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD%22+.%0D%0A+++%3Fx+skos%3Arelated+%3Fy+.%0D%0A+++%3Fy+rdfs%3Alabel+%3Flabel+.%0D%0A+++FILTER%28%3Flabel+%21%3D+%22%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD%22%29%0D%0A%7D%0D%0A&output=htmltab<br />
  36. 36.
  37. 37. Linked Dataの役割<br />収集ー利用ー公開ー共有 のよりよいループの完成<br />公開<br />誰でも使いやすい形で<br />コンピュータが使いやすい形で<br />共有<br />相互にリンクしあう<br />概念を共有する<br />
  38. 38. Linked Dataの生成に当たって<br />出してから考えよう<br />だんだんよくなればいい<br />大同小異なら気にしない<br />専門的な厳密性はちょっとわきにおいて<br />みんなで考えよう<br />専門家だけでなく、それ以外の人も一緒に考えよう<br />出し方だけでなく、使い方も考える<br />

×