Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

オープンデータとは(北海道内自治体向け)

2,987 views

Published on

北海道オープンデータワークショップ作成
CC BYにしました。

Published in: Business
  • Be the first to comment

オープンデータとは(北海道内自治体向け)

  1. 1. オープンデータとは 北海道オープンデータワークショップ 山形巧哉†1 丸田之人†2 山口琢 2015/11版 北海道内における自治体オープンデータ普及に関する参考資料 †1 北海道森町総務課情報管理係主任 †2 室蘭市財政部ICT推進課課長 この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。
  2. 2. 2 この資料は、いまいちピンとこない「オープンデータ」と いう「パソコン用語」みたいな言葉を、なぜ一部の人たち が使い始め、「必要だ」と言い始めているのかを、とても ざっくりと説明した資料です
  3. 3. ✤自由に使える ✤再利用できる ✤再配布できる 3 オープンデータとは何か 誰もが データの事である しかし、自治体のホームページには、すでに、 様々な情報が公表=オープンにされているのでは?
  4. 4. 4 『オープン』と『公表』 あいている、ひらいた、利用できる = オープン[Open] = パブリッシュ[Publish] 書籍・雑誌を刊行、出版、公にすること、公表 ホームページは、情報をパブリッシュであって、 オープンでは無い
  5. 5. 5 自治体がオープンデータを取り組む必要性 「必要性」というよりも オープンガバメント 行政が保持するデータは本来公共的な資源であり、それらを 広く公表し有効活用してもらうことが公共団体にとって有益 であるという考え ー開かれた行政ー
  6. 6. 6 データをオープンにするとは 誰でも利用できる汎用形式にする 特定のアプリケーションに依存した形式ではなく、汎用フォ ーマットを使うということ。さらにそれが機械判別可能な形 であれば情報集約しやすい。複数フォーマットならなお良い 。 その1:
  7. 7. 7 データをオープンにするとは 誰でもいつでもアクセスできる様にする ホームページ等に公表し、いつでもアクセスできる様にする 。ただし、データ量等の問題があるのであれば、誰にでも渡 せるようにしておく。 その2:
  8. 8. 8 データをオープンにするとは 誰でも再利用・再配布することができる様にする 要はコピーペーストを良しとする。また、それらを改変して も良しとする。たとえそれが、どこかの企業に商用利用され ても問題ない。 そういうことをしっかりと宣言する。 その3:
  9. 9. 9 なんでもオープンにすべきか 原則オープンだが、例外もある オープンにするため、情報管理=文書管理を徹底 非公開情報、すなわち住民の生命や生活、個人情報に悪影響 をもたらすものや、自治体の財産=住民の財産を脅かすおそ れのあるものはオープンにすべきではない 特別なことではなく、自治体が常日頃からやっていること
  10. 10. 10 それは面倒なことか 公表すべき情報を公表することと同じ オープンにすべき情報をオープンにするだけ しいていうのであれば、汎用フォーマットを利用するという ことだけ。しかし、これらはすでに良いツールが出始めてい る。
  11. 11. 11 Linkdata http://linkdata.org IPA「表からRDF」 https://imi.ipa.go.jp/tools/4328/
  12. 12. 12 リスクは無いのか オープンにしないリスクの方がある 最低でもパブリッシュしてなければ批判にさらされるのは、 周知の事実。 パブリッシュしたならば、今後は、オープンにしてくれとい う要望は必ず起きる。 ネット社会となった現代は、知る権利、利用する権利のある ものを非公表・非公開にした方がリスキーである。
  13. 13. 13 必ずやらなきゃダメなのか 必ずその時はきます 今は、まだ、「オープンデータ」という言葉が、やっと表に 出はじめたばかりで、一部(我々の様な)の人たちが声を出 し始めたに過ぎませんが、「自治体ホームページ」が当たり 前になった時の様に、確実にこの流れは主流になるため、い つかはやることになるでしょう。
  14. 14. 14 メリットはあるのか メリットは住民生活が良くなる可能性がある 5374(ゴミなし) さっぽろ保育園マップ 自治体のデータをオープンにすることで、それらを利用し、 住民がアプリケーションの開発を行う事が盛んになってきて いる。 これらは全国的な盛り上がりを見せている 住民はデータを欲しがっています
  15. 15. 15 そう言ってもアプリがそんなに重要なのか 皆さんはこの文書をなにで見てますか パソコンはマニアの為のものでした。今では無くては仕事が できません。1999年携帯電話は初めてカラーになりまし た。当時は不必要と言われましたが今は普通です。2008 年iPhoneが国内販売されました。当時はマニアだけと言わ れましたが今では普通です。 ハードウェアが成熟しソフトウェアの時代が来ています 必ず最初は「意味があるのか」と言われて来ました
  16. 16. 16 オープンにして悪用されかねない その懸念わかります しかし、悪用されてまずいデータはすべて非公開のはずです。 そう考えると、オープンデータになり得るデータは統計書に でるようなものや、広報で周知しているようなもの、原則一 次資料となるようなものばかりになるはずです。 印刷する前の「生データ」を提供するだけです
  17. 17. 17 大丈夫です。 すでに取り組んでいることばかりなので 心配はいりません。
  18. 18. 18 これからの自治体のあるべき姿 オープンバイデフォルト オープンができないなら、まずはパブリッシュから、公表す ることで、オープンに対する「しきい」はぐっと下がるはず 。 そして、オープンにするとそれらの繋がりがはじまります
  19. 19. 19 もっと詳しく知りたいときは 北海道オープンデータワークショップへ 自治体及び関係者・研究者で構成しており オープンデータの話題を なんと非公開でやってます howml《アット》outlook.com 参加申込は↓までメールをくださるか、構成メンバーを探しあてて登録してもらってください 原則道内自治体の方を対象にしていますので、お断りする場合もございます。ご了承ください。
  20. 20. 20 本資料は北海道オープンデータワークショップが作成し、そ れぞれの取り組み、研究に基づき作成しておりますが、これ らは作成者の見解であり、作成者が所属する組織・職場等の 公式見解ではないことをご了承ください。

×