Your SlideShare is downloading. ×
Androidの衝撃 クラウドで進化する組込システム
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

Androidの衝撃 クラウドで進化する組込システム

1,864
views

Published on

ET-WEST2010 日本Androidの会コミュニティセッションでの講演資料です

ET-WEST2010 日本Androidの会コミュニティセッションでの講演資料です

Published in: Technology

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,864
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
30
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 日本Androidの会 日高 正博 ET WEST 2010 2010/8/25 1
  • 2.  日高 正博(ひだか まさひろ) ◦ 日本Androidの会/関西支部  Android開発情報サイト Tech Booster 運営 http://techbooster.jpn.org/ Twitter Account @mhidaka ET WEST 2010 2010/8/25 2
  • 3. はじめに •Android×クラウドで実現する価値とは Androidを取り巻く環境 •普及が進むAndroid、Googleの狙い クラウドの活用 •概要、クラウドで出来ること、Demo Android×クラウド •Androidがもたらす変化 おわりに •Androidの衝撃 ET WEST 2010 2010/8/25 3
  • 4. はじめに ET WEST 2010 2010/8/25 4
  • 5.  プロダクトの価値(Value)は、 どのように定義すればよいか? - 製品価値-  価値を中心に考える 創造コスト 買いたくなる特徴 -ライブラリ-  プロダクト価値コスト 開発コスト 価値を提供する =共通+開発+創造 のに必要な機能 共通コスト プラットフォーム /基盤技術 Japan Linux symposium 2009, Value Diagram James Bottomleyのinnovation diagramをヒントに。 ET WEST 2010 2010/8/25 5
  • 6.  ソフトウェアの大規模化で プロダクトの価値コストが増加 - 製品価値- 創造コスト 買いたくなる特徴  大規模開発に対応した リソースが必要 -ライブラリ- 開発コスト 価値を提供する  創造が難しい時代へ のに必要な機能 共通コスト プラットフォーム /基盤技術 Value Diagram ET WEST 2010 2010/8/25 6
  • 7. 価値を生む部分  「価値を生む部分」を - 製品価値- 追求するために、より多く 創造コスト 買いたくなる特徴 のリソースを使える 開発コスト Androidプラットフォームでは、 開発コストの大部分を共通化 -ライブラリ- 共通コスト 価値を提供する のに必要な機能  誰でもイノベーションが 起こせる プラットフォーム /基盤技術 Value Diagram ET WEST 2010 2010/8/25 7
  • 8.  ユーザーは価値(Value)を買う ◦ ハードウェアそのものが製品価値の場合もあるし、 ソフトウェアが価値を生み出す場合もある。  Android×クラウド=価値の創造 ◦ 製品は購入後のユーザ体験で価値が決まる。 ◦ アプリケーションや、サービスが価値を向上させる。 ET WEST 2010 2010/8/25 8
  • 9. ET WEST 2010 2010/8/25 9
  • 10.  日本Androidの会 ◦ NPO日本Androidの会が運営するコミュニティ ◦ http://groups.google.co.jp/group/android-group-japan Android Bazaar and Conference 2010 Spring 参加会員数 9245名 6月26日(土)東京大学駒場キャンパス10 ET WEST 2010 2010/8/25
  • 11.  携帯端末用ソフトウェアスタック  Open Handset Alliance主導 2008年 9月:Android 1.0  アップデートは約4ヶ月ペース 2009年 2月:Android 1.1 2009年 4月:Android 1.5 2009年 9月:Android 1.6 2009年 10月:Android 2.0 2010年 1月:Android 2.1 2010年 5月:Android 2.2 ET WEST 2010 2010/8/25 11
  • 12.  加入メンバー Mobile Handset Semiconductor Software Commercialization ET WEST 2010 2010/8/25 12
  • 13.  携帯電話分野  次は家電・組込みシステム ET WEST 2010 2010/8/25 13
  • 14.  GoogleはWeb技術の会社  収入は主に広告 ◦ 検索語によるAdSenseなど  AndroidはGoogleの技術が使いやすい設計 ◦ 成長分野(モバイル)の基幹技術を確保 ET WEST 2010 2010/8/25 14
  • 15. クラウドコンピューティングとの親和性 • サービスを受け取るモバイルデバイス オープンプロジェクト • オープンソースで改変が自由(ライセンスについては後述) • グローバル市場へのリーチ。自由なアプリケーション • Andriod Marketを搭載、決済機能 ET WEST 2010 2010/8/25 15
  • 16. ET WEST 2010 2010/8/25 16
  • 17.  ネットワークを介したコンピュータ処理の活用  機器では提供が難しい 機能、サービスを実現 Google Amazon Microsoft ET WEST 2010 2010/8/25 17
  • 18.  Dropboxの紹介 ◦ オンラインストレージサービス ◦ パソコンのHDDに保存した情報を、別の機器でも共有 ◦ インターネット上のストレージにコピー、同期する。 モバイルデバイスで同期処理を行うことで、反映される ET WEST 2010 2010/8/25 18
  • 19.  利用者 Client  インターネット経由 Application ソフトウェアの提供 Platform  アプリケーション実行 プラットフォームの提供 Infrastructure  ハードウェア、ストレージなど インフラの提供 Server-Side  クラウドを支えるWeb技術 technology ET WEST 2010 2010/8/25 19
  • 20.  Android, Application Client  webブラウザ Application  Gmail, Google Apps  Google App Engine Platform Amazon S3 Infrastructure  Amazon EC2 Server-Side  インターネット・仮想化技術 etc technology ET WEST 2010 2010/8/25 20
  • 21. Andriodが組込とクラウドをつなぐ • 組込機器へのWeb技術流入を促進する。入り口。 • Androidフレームワークはネットワーク対応 (特にサービス)を容易にする クラウドサービスとプロダクトを組み合わせる • 新しい使い方、ユーザ体験を生み出すことが可能 • プロダクトの価値向上に寄与する ET WEST 2010 2010/8/25 21
  • 22. 緩やかに繋がる • 米国IDC予測では、2010年、インターネットにアクセスできるモバイ ル機器が10億台を超える。 • 組込システムは、相互の直接アクセスは、できなくてもよい • 組込機器(家電)のそばにいるユーザは、モバイル端末を持っている • モバイル端末を鍵として、お互いが緩やかに連携していくようになる 密なネットワーク 疎なネットワーク ET WEST 2010 2010/8/25 22
  • 23. Android×クラウド ET WEST 2010 2010/8/25 23
  • 24. オープンソース • Androidプラットフォームのソースコードは、すべて公開 • 改変は自由、組込システムに合わせて変更可能 標準化 • ミドルウェア以下:Linux Kernelとライブラリで構成。 • WebKit、OpenGL、OpenCore、SQLiteなどオープンな技術 で標準化している。 • アプリケーション:Javaで記述 ET WEST 2010 2010/8/25 24
  • 25. ET WEST 2010 2010/8/25 25
  • 26. 基本はApache2.0 ライセンス • 著作権・特許権表示と免責事項表示の保持 • ソースコードは商用でも非公開とできる  アプリケーション:ほぼ意識しないでよい  Linux Kernel:GPL ◦ カーネル部分については、公開が必要  ミドルウェア:複数のOSSライセンス ◦ 場合によっては注意 ◦ bionic:組み込み用のコンパクトなlibc。BSDライセンス ET WEST 2010 2010/8/25 26
  • 27. プラットフォームの価値向上 • 利用が促進されることで Android自体の価値が向上する - 製品価値- 創造コスト 買いたくなる特徴 価値の創造に注力 -ライブラリ- 開発コスト 価値を提供する • 製品価値を高めるためには、 のに必要な機能 汎用化されプラットフォーム上で 差別化を行う必要がある。 共通コスト プラットフォーム /基盤技術 Value Diagram ET WEST 2010 2010/8/25 27
  • 28.  Intent(インテント) ◦ アプリケーションから他のアプリケーションを呼び出す仕組み。 ◦ 緩やかな連携 ◦ 1つのアプリケーションは1機能 写真を撮る →メールで送信 →Twitterで投稿 →Blogに投稿 が選べる Intent intent = new Intent(); intent.setAction(Intent.ACTION_SEND); intent.setType("image/jpeg"); ET WEST 2010 2010/8/25 28
  • 29.  Cloud to Device Messaging ◦ サーバーから端末へのPush配信できる。 ◦ すべてのアプリケーションでPushが受けられる! ①PCからURLを送信 ②googleからAndroid端末へ、 URLをメッセージとして送信 ③メッセージ受信 URLなのでWeb ブラウザ起動 Google ET WEST 2010 2010/8/25 29
  • 30.  Android Market ◦ アプリケーション課金の仕組み ◦ 開発者の収益は販売価格の70%。すでに75,000以上公開 コンテンツ提供の仕組 ET WEST 2010 AndroLib.com 2010/8/25 30
  • 31.  GoogleTV ◦ 放送とネットコンテンツをシームレスに統合 「ウェブブラウザがついたテレビ」ではない。  ソニーのテレビやBDプレーヤに統合 YouTube / Skype対応 TVでクラウドサービス +コンテンツ提供 +広告による収入 ET WEST 2010 2010/8/25 31
  • 32.  デジタル家電のクラウド対応が加速 ソフトウェアが価値を持つ ◦ 携帯電話・モバイルデバイスとの連携、収集した情報の活用 おすすめ配信 ストレージ 視聴予約 クラウド 個人ストリーミング 転送機能 サービス 屋外での視聴 ET WEST 2010 2010/8/25 32
  • 33. 今までにない製品価値を創造 家電同士の連携が進む サービスで価値を創造する •Androidをただのプラットフォームとして見てしまうと× •クラウドに繋がるドアと考える ET WEST 2010 2010/8/25 33
  • 34. おわりに ET WEST 2010 2010/8/25 34
  • 35. 価値を生む部分  組込は今後、オープン化に向かう - 製品価値-  Androidは、 創造コスト 買いたくなる特徴 開発コスト オープン化の先頭  標準化された技術が重要 ◦ Forkしても良いことはない -ライブラリ- 共通コスト 価値を提供する ◦ それなら乗っかる。 のに必要な機能  独自の価値の創造を! プラットフォーム ◦ 標準化からは逃げられない /基盤技術 Value Diagram ET WEST 2010 2010/8/25 35
  • 36. ET WEST 2010 2010/8/25 36