Free Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセス

820 views

Published on

Presentation at Maker Conference Tokyo 2012
(2012.06.02)

  • Be the first to comment

Free Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセス

  1. 1. OSHWの理想と現実 MAKER CONFERENCE TOKYO2012 フリー・ハードウェアとオープン・プロセス Creative Commons Japan http://creativecommons.jp Dominick Chen @dominickchenG: Arduino Uno http://arduino.cc/en/uploads/Main/ArduinoUno_R3_Front.jpg
  2. 2. 年末 重要CCプロジェクト フリーライセンス数 全ライセンス数2002 MIT OCW - -2003 O Reilly Open 208,939 943,292 Books2004 Flickr 1,011,650 4,541,5862005 FreeSound 4,369,938 15,822,4082006 TED, StopRokkasho 12,284,600 50,794,0482007 SoundCloud 40,020,147 137,564,8072008 NIN GhostI-IV 68,459,952 214,970,4262009 Wikipedia, White 136,938,501 336,771,549 House2010 Europeana 160,064,676 407,679,2662011 YouTube 172,274,248 439,123,509
  3. 3. CCライセンスは排他的(exclusive)ではない•デュアルライセンスが可能•CC+:非営利ライセンス+営利利用契約の共存
  4. 4. デジタル 物理 ハードウェア
  5. 5. CCライセンス(著作権)の限界•CCライセンスはデジタル・コンテンツの著作権を対象に設計されている。•ソフトウェアにはGPLやOSLを推奨。•(著作権で保護されない)物理物には適用できない。•回路は対象外 / 回路図は対象
  6. 6. ▷ 物理世界と関連のあるCCライセンス適用例
  7. 7. CC House (吉村靖孝, 2010)•木造戸建て住宅の実施図面一式を販売するプロジェクト。建築は敷地に合わせ微調整される可能性があるため、図面に著作権の一部放棄が明記される。改変可能とすることで、さまざまな変種が生まれることを期待する。
  8. 8. CC House (吉村靖孝, 2010)• 設計図に改変権有りのCCライセンスを付けて廉価で「販売」• 施主/工務店が与条件に合わせて自由に改変し、竣工してもOK • 再ライセンスはどうする? • 建築のGitHubは作れるか?
  9. 9. OLIVE, http://www.olive-for.us/
  10. 10. Safecast, http://blog.safecast.org/ja/
  11. 11. 未来へのキオク, Google Japan, http://www.miraikioku.com/
  12. 12. Tohoku Earthquake and Tsunami Rebuilding, Architecture For Humanity, http://architectureforhumanity.org/programs/tohoku-earthquake-and-tsunami-rebuilding
  13. 13. Fablab Japan, http://fablabjapan.org/
  14. 14. OSHWの目的•,電子回路工作は情報社会における基盤的メディア・リテラシーのひとつ•今までこの分野に参入できなかったより多くの人間がOSHWを通して多様な創造性を発揮すること•プラットフォーム間の公正な競争と、ノウハウの共有によって全体の進化を促進
  15. 15. OSHWの目的•電子工作の参入障壁の低減 •コンピュータや回路の調整に時間をとられて し まい、思い通りに作品制作をおこなえないとい う問題を解決 •P5->Wiring->Arduino•OS化による廉価化(更新・流通コスト) •アメリカの教育領域(教材)で議論が活発化
  16. 16. CCライセンス:規範の醸成と共有•”ユーザーは、方法さえ提供されていれば正しいことをしたいと思っている。”(O’Reilly)•P2P->iTunes Store、Open Booksの例•違法行為を制圧するのではなく、推奨行為が増加することを目的化する•CCライセンスは誰にでも理解できるルール
  17. 17. OPEN? SOURCE HARDWARE•オープンであることの価値とは? •参加者間の連帯が生まれること •コミュニティ全体が利益を享受 •コミュニケーションの活性化 (=相互利用の萎縮効果の低減)
  18. 18. OPEN SOURCE? HARDWARE• ソフトウェア:ソースコード → オブジェクト D D• コンテンツ:ソースデータ → コンテンツ D D• ハードウェア:回路図 → 回路 D A• 建築:設計図 → 建物 D A•有体物化のコスト低下の革命が必要
  19. 19. OPEN SOURCE HARDWARE?•ハードウェアのソース(構成素)が物理的であるため、FOSS/FCと同じ文脈で捉えられない。•しかし、ハードウェア構築のプロセスやノウハウはデジタルで記録・共有可能 •ユーザー間の情報共有の活性化を 第一目的にしてオープン化していく
  20. 20. OPEN PROCESS HARDWARE•結果だけではなく、プロセスを価値転化する•F/OSS + FC: 評価経済 •直接の対価を得られなくても、対価を得られる仕事に つながる評判/評価の蓄積 •ミクロなプロセスの開示に対応する報酬システムの 誕生 •クラウドファンディング/ソーシャルチッピング
  21. 21. コンテンツの作り手と利用者を繋げることKickstarter, http://www.kickstarter.com/ / CAMPFIRE Micro Patron Platform http://camp-fire.jp/ / READYFOR? http://readyfor.jp/
  22. 22. コンテンツの作り手と利用者を繋げることKickstarter, http://www.kickstarter.com/ / CAMPFIRE Micro Patron Platform http://camp-fire.jp/ / READYFOR? http://readyfor.jp/
  23. 23. コンテンツの作り手と利用者を繋げることKickstarter, http://www.kickstarter.com/ / CAMPFIRE Micro Patron Platform http://camp-fire.jp/ / READYFOR? http://readyfor.jp/
  24. 24. Grow! Social Tipping Platform http://growbutton.com/ コンテンツの作り手と利用者を繋げることFlattr social micropayments, http://flattr.com/
  25. 25. コンテンツ/素材の作者に利益を還元することコンテンツツリーをつくろう! - ニコニ・コモンズ, http://commons.nicovideo.jp/tree/about
  26. 26. 多様な系統発生を促すだけではなく体系的に参照・追跡できるモデルが必要
  27. 27. F/OSHWの作者/作品とは?•F/OSHWの「作品」とは? •ソフトウェア/デザイン/回路図それぞれが作品 では? •その場合、「作者」も各階層に存在する?•それぞれの階層における参加者の貢献度と 正当な対価とは?•「効率的な学習」はそれ自体が重要な対価では?
  28. 28. F/OSHWのコモディティ化•かつてソフトウェアもコンテンツもアートだった •現在はコモディティ(生活品)として浸透している•F/OSHWはいつ「メディアアート」でなくなるのか? •F/OSHWがコモディティとして普及するには? • プロダクト化→オープンソース化 •Ponoko / Etsy
  29. 29. コモディティとしてのF/OSHWの共有•シェア文化からのヒント: •Share Hardware:モノを私有するのではなく共有する •One For Life: モノを買い替えずに生涯修理し続ける •Skill Share: モノを巡るスキルを貨幣的に交換する• 使用頻度が少なく、高価なモノほど共有ビジネス化が容易
  30. 30. OSHWの成功ビジョンとは?•F/OSS->CC->OSHW •大多数の人の日常生活の中に ハードウェアの設計・改変・共有が 行われている状況

×