Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Androidの衝撃 クラウドで進化する組込システム

2,300 views

Published on

ET-WEST2010 日本Androidの会コミュニティセッションでの講演資料です

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Androidの衝撃 クラウドで進化する組込システム

  1. 1. 日本Androidの会 日高 正博 ET WEST 2010 2010/8/25 1
  2. 2.  日高 正博(ひだか まさひろ) ◦ 日本Androidの会/関西支部  Android開発情報サイト Tech Booster 運営 http://techbooster.jpn.org/ Twitter Account @mhidaka ET WEST 2010 2010/8/25 2
  3. 3. はじめに •Android×クラウドで実現する価値とは Androidを取り巻く環境 •普及が進むAndroid、Googleの狙い クラウドの活用 •概要、クラウドで出来ること、Demo Android×クラウド •Androidがもたらす変化 おわりに •Androidの衝撃 ET WEST 2010 2010/8/25 3
  4. 4. はじめに ET WEST 2010 2010/8/25 4
  5. 5.  プロダクトの価値(Value)は、 どのように定義すればよいか? - 製品価値-  価値を中心に考える 創造コスト 買いたくなる特徴 -ライブラリ-  プロダクト価値コスト 開発コスト 価値を提供する =共通+開発+創造 のに必要な機能 共通コスト プラットフォーム /基盤技術 Japan Linux symposium 2009, Value Diagram James Bottomleyのinnovation diagramをヒントに。 ET WEST 2010 2010/8/25 5
  6. 6.  ソフトウェアの大規模化で プロダクトの価値コストが増加 - 製品価値- 創造コスト 買いたくなる特徴  大規模開発に対応した リソースが必要 -ライブラリ- 開発コスト 価値を提供する  創造が難しい時代へ のに必要な機能 共通コスト プラットフォーム /基盤技術 Value Diagram ET WEST 2010 2010/8/25 6
  7. 7. 価値を生む部分  「価値を生む部分」を - 製品価値- 追求するために、より多く 創造コスト 買いたくなる特徴 のリソースを使える 開発コスト Androidプラットフォームでは、 開発コストの大部分を共通化 -ライブラリ- 共通コスト 価値を提供する のに必要な機能  誰でもイノベーションが 起こせる プラットフォーム /基盤技術 Value Diagram ET WEST 2010 2010/8/25 7
  8. 8.  ユーザーは価値(Value)を買う ◦ ハードウェアそのものが製品価値の場合もあるし、 ソフトウェアが価値を生み出す場合もある。  Android×クラウド=価値の創造 ◦ 製品は購入後のユーザ体験で価値が決まる。 ◦ アプリケーションや、サービスが価値を向上させる。 ET WEST 2010 2010/8/25 8
  9. 9. ET WEST 2010 2010/8/25 9
  10. 10.  日本Androidの会 ◦ NPO日本Androidの会が運営するコミュニティ ◦ http://groups.google.co.jp/group/android-group-japan Android Bazaar and Conference 2010 Spring 参加会員数 9245名 6月26日(土)東京大学駒場キャンパス10 ET WEST 2010 2010/8/25
  11. 11.  携帯端末用ソフトウェアスタック  Open Handset Alliance主導 2008年 9月:Android 1.0  アップデートは約4ヶ月ペース 2009年 2月:Android 1.1 2009年 4月:Android 1.5 2009年 9月:Android 1.6 2009年 10月:Android 2.0 2010年 1月:Android 2.1 2010年 5月:Android 2.2 ET WEST 2010 2010/8/25 11
  12. 12.  加入メンバー Mobile Handset Semiconductor Software Commercialization ET WEST 2010 2010/8/25 12
  13. 13.  携帯電話分野  次は家電・組込みシステム ET WEST 2010 2010/8/25 13
  14. 14.  GoogleはWeb技術の会社  収入は主に広告 ◦ 検索語によるAdSenseなど  AndroidはGoogleの技術が使いやすい設計 ◦ 成長分野(モバイル)の基幹技術を確保 ET WEST 2010 2010/8/25 14
  15. 15. クラウドコンピューティングとの親和性 • サービスを受け取るモバイルデバイス オープンプロジェクト • オープンソースで改変が自由(ライセンスについては後述) • グローバル市場へのリーチ。自由なアプリケーション • Andriod Marketを搭載、決済機能 ET WEST 2010 2010/8/25 15
  16. 16. ET WEST 2010 2010/8/25 16
  17. 17.  ネットワークを介したコンピュータ処理の活用  機器では提供が難しい 機能、サービスを実現 Google Amazon Microsoft ET WEST 2010 2010/8/25 17
  18. 18.  Dropboxの紹介 ◦ オンラインストレージサービス ◦ パソコンのHDDに保存した情報を、別の機器でも共有 ◦ インターネット上のストレージにコピー、同期する。 モバイルデバイスで同期処理を行うことで、反映される ET WEST 2010 2010/8/25 18
  19. 19.  利用者 Client  インターネット経由 Application ソフトウェアの提供 Platform  アプリケーション実行 プラットフォームの提供 Infrastructure  ハードウェア、ストレージなど インフラの提供 Server-Side  クラウドを支えるWeb技術 technology ET WEST 2010 2010/8/25 19
  20. 20.  Android, Application Client  webブラウザ Application  Gmail, Google Apps  Google App Engine Platform Amazon S3 Infrastructure  Amazon EC2 Server-Side  インターネット・仮想化技術 etc technology ET WEST 2010 2010/8/25 20
  21. 21. Andriodが組込とクラウドをつなぐ • 組込機器へのWeb技術流入を促進する。入り口。 • Androidフレームワークはネットワーク対応 (特にサービス)を容易にする クラウドサービスとプロダクトを組み合わせる • 新しい使い方、ユーザ体験を生み出すことが可能 • プロダクトの価値向上に寄与する ET WEST 2010 2010/8/25 21
  22. 22. 緩やかに繋がる • 米国IDC予測では、2010年、インターネットにアクセスできるモバイ ル機器が10億台を超える。 • 組込システムは、相互の直接アクセスは、できなくてもよい • 組込機器(家電)のそばにいるユーザは、モバイル端末を持っている • モバイル端末を鍵として、お互いが緩やかに連携していくようになる 密なネットワーク 疎なネットワーク ET WEST 2010 2010/8/25 22
  23. 23. Android×クラウド ET WEST 2010 2010/8/25 23
  24. 24. オープンソース • Androidプラットフォームのソースコードは、すべて公開 • 改変は自由、組込システムに合わせて変更可能 標準化 • ミドルウェア以下:Linux Kernelとライブラリで構成。 • WebKit、OpenGL、OpenCore、SQLiteなどオープンな技術 で標準化している。 • アプリケーション:Javaで記述 ET WEST 2010 2010/8/25 24
  25. 25. ET WEST 2010 2010/8/25 25
  26. 26. 基本はApache2.0 ライセンス • 著作権・特許権表示と免責事項表示の保持 • ソースコードは商用でも非公開とできる  アプリケーション:ほぼ意識しないでよい  Linux Kernel:GPL ◦ カーネル部分については、公開が必要  ミドルウェア:複数のOSSライセンス ◦ 場合によっては注意 ◦ bionic:組み込み用のコンパクトなlibc。BSDライセンス ET WEST 2010 2010/8/25 26
  27. 27. プラットフォームの価値向上 • 利用が促進されることで Android自体の価値が向上する - 製品価値- 創造コスト 買いたくなる特徴 価値の創造に注力 -ライブラリ- 開発コスト 価値を提供する • 製品価値を高めるためには、 のに必要な機能 汎用化されプラットフォーム上で 差別化を行う必要がある。 共通コスト プラットフォーム /基盤技術 Value Diagram ET WEST 2010 2010/8/25 27
  28. 28.  Intent(インテント) ◦ アプリケーションから他のアプリケーションを呼び出す仕組み。 ◦ 緩やかな連携 ◦ 1つのアプリケーションは1機能 写真を撮る →メールで送信 →Twitterで投稿 →Blogに投稿 が選べる Intent intent = new Intent(); intent.setAction(Intent.ACTION_SEND); intent.setType("image/jpeg"); ET WEST 2010 2010/8/25 28
  29. 29.  Cloud to Device Messaging ◦ サーバーから端末へのPush配信できる。 ◦ すべてのアプリケーションでPushが受けられる! ①PCからURLを送信 ②googleからAndroid端末へ、 URLをメッセージとして送信 ③メッセージ受信 URLなのでWeb ブラウザ起動 Google ET WEST 2010 2010/8/25 29
  30. 30.  Android Market ◦ アプリケーション課金の仕組み ◦ 開発者の収益は販売価格の70%。すでに75,000以上公開 コンテンツ提供の仕組 ET WEST 2010 AndroLib.com 2010/8/25 30
  31. 31.  GoogleTV ◦ 放送とネットコンテンツをシームレスに統合 「ウェブブラウザがついたテレビ」ではない。  ソニーのテレビやBDプレーヤに統合 YouTube / Skype対応 TVでクラウドサービス +コンテンツ提供 +広告による収入 ET WEST 2010 2010/8/25 31
  32. 32.  デジタル家電のクラウド対応が加速 ソフトウェアが価値を持つ ◦ 携帯電話・モバイルデバイスとの連携、収集した情報の活用 おすすめ配信 ストレージ 視聴予約 クラウド 個人ストリーミング 転送機能 サービス 屋外での視聴 ET WEST 2010 2010/8/25 32
  33. 33. 今までにない製品価値を創造 家電同士の連携が進む サービスで価値を創造する •Androidをただのプラットフォームとして見てしまうと× •クラウドに繋がるドアと考える ET WEST 2010 2010/8/25 33
  34. 34. おわりに ET WEST 2010 2010/8/25 34
  35. 35. 価値を生む部分  組込は今後、オープン化に向かう - 製品価値-  Androidは、 創造コスト 買いたくなる特徴 開発コスト オープン化の先頭  標準化された技術が重要 ◦ Forkしても良いことはない -ライブラリ- 共通コスト 価値を提供する ◦ それなら乗っかる。 のに必要な機能  独自の価値の創造を! プラットフォーム ◦ 標準化からは逃げられない /基盤技術 Value Diagram ET WEST 2010 2010/8/25 35
  36. 36. ET WEST 2010 2010/8/25 36

×