Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
3Dリッチコンテンツビジネス活用のご提案                  2012年8月               株式会社IT働楽研究所Copyright © 2012   IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LT...
1. 3Dリッチコンテンツ   1.-1   3Dリッチコンテンツとは?   1.-2   iPhoneによるUIの革新   1.-3   Tangibleインターフェース   1.-4   低リソースCPU端末で3次元空間を実現2. Matr...
1. 3Dリッチコンテンツとは?   Copyright © 2012   IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved.   3
1.-1 3Dリッチコンテンツとは?  「リッチ」とは、〔表現力・見せ方が豊かである〕、 〔動的であ  る〕、〔情報量がある〕、 〔創造力のある〕、 〔カッコいい〕な  どの意味がこめられています。   様々な商品やサービスの顔であり、お客様と...
1.-2 iPhoneによるUIの革新   Apple社のデジタルオーディオプレーヤーであるiPodに、携帯電話の機能に加え   タッチパネルで操作し、インターネットや電子メールの送受信等が行える携帯   情報端末としての機能を持ち合わせた。既...
1.-3 Tangibleインターフェース      タンジブルユーザインターフェース(Tangible user      interface)もしくはタンジブル・ビット(Tangible bits)      とは、マサチューセッツ工科大学...
1.-4 低リソースCPU端末で3次元空間を実現                                                     ●ガラ携 ●カーナビ操作UI                               ...
2.       MatrixEngineとは?     Copyright © 2012   IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved.
2.-1 マルチプラットフォームで対応可能  ◆時代のニーズに対応したハイエンド3Dツール ○業界のトレンドを意識した各種ソフトウェアプラットフォームへの対応   ◎iPhone (Apple)   ◎ Android (Google)   ◎...
2.-2   ワンリソースで異なるプラットフォームで再生         Copyright © 2012   IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved.   10
2.-3   グローバルに広がるアワード受賞製品  • INTEROP 東京 2006       <ベンチャー部門Grand Prix>                                                     ...
2.-4    プロダクトラインアップ                     ®  MatrixEngine        embedded    ・各種組込OS向け 3Dマルチメディアコンテンツ再生エンジン    ・カーナビ、スマートフォン...
3. MatrixEngineの特長 Copyright © 2012   IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved.
3.-1 MatrixEngine の特長  ①次世代ヒューマンマシンインターフェースを実現する3Dマルチ    メディア・コンテンツエンジン     ・見栄え良く、判りやすいヒューマンマシンインターフェース     ・3次元空間を利用した情報...
3.-2 MatrixEngineSDKツール画面        操作画面サンプル                                          オーサリングツールの特長                           ...
3.-3 コンテンツ制作プロセス構成図     写真、実物        CADデー                                                                         各種、既製の素...
3.-4 開発フレームワーク       Copyright © 2012   IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved.   17
3.-5 MatrixEngine vs. Adobe Flash比較   長時間稼働する場合、Adobe Flashより安定的に動作し、フィンガータッチに   最適化されたMatrixEngineがより便利に簡単に操作ができます       ...
4.導入メリットCopyright © 2012   IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved.
4.-1 開発期間の短縮 3D完全統合型ハイエンド・オーサリングツールによる共通プラットフォーム化に より、従来のネイティブ言語による開発期間を1/5~1/10まで圧縮します (※以下はロケーション情報サービスコンテンツ3D GUIにおける弊社...
4.-2 クリエイティブなリッチ体験                                        クリエイティブな「感覚」の実現                                        リッチな感覚を伴う...
4.-4 メジャープラットフォームに対応 3DMC = 3D Multimedia Communication        Porting Platforms                               Android (Go...
4.-5 立体パネル向けコンテンツ作成① 左右のカメラをセットしますCastに左右カメラ                            Score② ビューポイント機能の設定をします                           ...
5. ご提供サービスと活用シーン    Copyright © 2012   IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved.
5.-1 ご提供サービス ① MatrixEngineを使用した3Dリッチコンテンツの制作   お客様のご要望、用途に合わせた3Dリッチコンテンツの制作を行います         例)某プリンタメーカ次世代複合機プラットフォームUI制作    ...
5.-2 制作の流れ           お客様                                                           IT働楽研究所        コンテンツのご依頼               ...
5.-3 ご参考価格     製品名                                             説明                                          価格    保守費用     ...
5.-4 販売ターゲット①電子機器、電子端末 - ATM、KIOSK端末、事務機器、病院端末、広報・案内端末②タブレット端末用コンテンツ  - 金融商品プレゼンツール、セールスレディ営業端末等③スマートフォン用コンテンツ④保守メンテナンス用途 ...
5.-5 活用シーン1e-Learning/マニュアルストーリーに基づき、テキストによる説明、音声、2D画像、3D画像を織り交ぜた学習コンテンツを作成することが可能です 単純なビデオと違い、機器内部構造等を分かり易く表現することが可能です   ...
5.-6 活用シーン2KIOSK端末用コンテンツ奥行きを表現したコンテンツにより、魅力的で分かり易いコンテンツを作成できます          Copyright © 2012   IT DORAKU RESEARCH LABORATORY L...
5.-7 活用シーン3バーチャル施設紹介、シミュレーションコンテンツウォークスルーカメラにより施設を立体的に表現できます 更にプラン応じて設備/デザインを変更した場合のイメージについても分かり易く説明することが出来ます        Copyr...
5.-8 活用シーン43Dによる製品説明内部構造を含めた分かり易い商品説明を行う事ができます 更にキャラクターによるバーチャルナレーションをつけることも可能です            Copyright © 2012   IT DORAKU R...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

3Dリッチコンテンツビジネス活用のご提案ver3.1

837 views

Published on

3 dリッチコンテンツビジネス活用のご提案

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

3Dリッチコンテンツビジネス活用のご提案ver3.1

  1. 1. 3Dリッチコンテンツビジネス活用のご提案 2012年8月 株式会社IT働楽研究所Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved.
  2. 2. 1. 3Dリッチコンテンツ 1.-1 3Dリッチコンテンツとは? 1.-2 iPhoneによるUIの革新 1.-3 Tangibleインターフェース 1.-4 低リソースCPU端末で3次元空間を実現2. MatrixEngineとは? 2.-1 マルチプラットフォームで対応可能 2.-2 ワンリソースで異なるプラットフォームで再生 2.-3 グローバルに広がるアワード受賞製品 2.-4 プロダクトラインアップ3. MatrixEngineの特長 3.-1 MatrixEngine の特長 3.-2 MatrixEngineSDKツール画面 3.-3 コンテンツ制作プロセス構成図 3.-4 開発フレームワーク 5. ご提供サービスと活用シーン 3.-5 MatrixEngine vs. Adobe Flash比較 5.-1 ご提供サービス 5.-2 制作の流れ4. 導入メリット 5.-3 ご参考価格 4.-1 開発期間の短縮 5.-4 販売ターゲット 4.-2 クリエイティブなリッチ体験 5.-5 活用シーン1 4.-3 コンテンツサービスのモバイル展開 5.-6 活用シーン1 4.-4 メジャープラットフォームに対応 5.-7 活用シーン3 4.-5 立体パネル向けコンテンツ作成 5.-8 活用シーン4 Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 2
  3. 3. 1. 3Dリッチコンテンツとは? Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 3
  4. 4. 1.-1 3Dリッチコンテンツとは? 「リッチ」とは、〔表現力・見せ方が豊かである〕、 〔動的であ る〕、〔情報量がある〕、 〔創造力のある〕、 〔カッコいい〕な どの意味がこめられています。 様々な商品やサービスの顔であり、お客様とのインターフェース となる重要なパーツです。時代のニーズに合わせて3D空間で豊かに 表現することが「3Dリッチコンテンツ」です。 Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 4
  5. 5. 1.-2 iPhoneによるUIの革新 Apple社のデジタルオーディオプレーヤーであるiPodに、携帯電話の機能に加え タッチパネルで操作し、インターネットや電子メールの送受信等が行える携帯 情報端末としての機能を持ち合わせた。既存のタッチパネルの多くは同時に一 箇所のみでしか操作を行えなかったが、iPhoneではマルチタッチと呼ばれる、 複数の指を同時に操ることで画面の拡大縮小などバリエーションに富んだ操作 が可能となった。 Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 5
  6. 6. 1.-3 Tangibleインターフェース タンジブルユーザインターフェース(Tangible user interface)もしくはタンジブル・ビット(Tangible bits) とは、マサチューセッツ工科大学(MIT)教授石井裕が提唱す るユーザインタフェースの形態である。 Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 6
  7. 7. 1.-4 低リソースCPU端末で3次元空間を実現 ●ガラ携 ●カーナビ操作UI ●パソコン ©Clarion Co.,Ltd. ©Asia Air Survey CO.,Ltd. iPhoneがリリースされる15年前から、3Dオーサリングツールで制作し、 3Dリッチコンテンツが提供していた。ちなみに2000年、クラリオン カーオーディオでTangibleインターフェースが採用され、全世界に輸出 された。 Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 7
  8. 8. 2. MatrixEngineとは? Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved.
  9. 9. 2.-1 マルチプラットフォームで対応可能 ◆時代のニーズに対応したハイエンド3Dツール ○業界のトレンドを意識した各種ソフトウェアプラットフォームへの対応 ◎iPhone (Apple) ◎ Android (Google) ◎ Windows Mobile8 (Microsoft) ◎ Mobile Linux (Intel) ◎ BREW (Qualcomm) ○ハードウェアへの迅速な搭載エンジンの開発 ◎ Automotive Hardware (カーナビ) ◎ Android Tablet PC (e-Learning, e-Manual) ◎ デジカメ ◎ プリンター Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 9
  10. 10. 2.-2 ワンリソースで異なるプラットフォームで再生 Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 10
  11. 11. 2.-3 グローバルに広がるアワード受賞製品 • INTEROP 東京 2006 <ベンチャー部門Grand Prix> Grand Prix • 東京都ベンチャー技術大賞 - 2006 <奨励賞> • IPA ソフトウェア・プロダクト・ オブ・ザ・イヤー2006 • Microsoft Innovation Awards 2007 • Red Herring Asia 100 – 2009 • Red Herring GLOBAL 100 - 2009 Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 11
  12. 12. 2.-4 プロダクトラインアップ ® MatrixEngine embedded ・各種組込OS向け 3Dマルチメディアコンテンツ再生エンジン ・カーナビ、スマートフォン、KIOSK端末、PDA、等様々な組込シーンに おけるご活用が可能 動作環境: Windows CE/Automotive/Mobile、Tron OS、 Linux、iPhone, androidなど ® MatrixEngine SDK ・GUI型オーサリング環境による簡単かつ高効率な開発 ・3D空間をベースにした統合的な編集機能 ・各種プラットフォーム向けコンテンツを一元的に開発 ・業務用としてパートナー企業様にご提供 動作環境: Windows (2000/XP/Vista/7) ® MatrixEngine ・PC向け 3Dマルチメディアコンテンツ再生エンジン ・大規模なWebネットワークゲームから業務用ソリューション等、 幅広いジャンルでの活用実績 ・プラグイン形式による無償配布にてご提供 動作環境: Windows (2000/XP/Vista/7) Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 12
  13. 13. 3. MatrixEngineの特長 Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved.
  14. 14. 3.-1 MatrixEngine の特長 ①次世代ヒューマンマシンインターフェースを実現する3Dマルチ メディア・コンテンツエンジン ・見栄え良く、判りやすいヒューマンマシンインターフェース ・3次元空間を利用した情報表現力 ②軽量・軽快 ・エンジンプログラムサイズ:約4~500kB ・3D‐CG、2D‐CG、音楽、ストリーミング等、様々なデータを3D空間上で快適に再 生 ③CPU負荷軽減の実現 ・組み込み向けの3D描画アクセラレータに対応 ・ローエンドからハイエンドまでの組み込み機器に適用可能 ④高度な生産性、再利用性 ・オーサリングツールでデザイナーによるコンテンツ制作が可能 ・コンテンツはPC及び各種組み込みプラットフォーム上でシームレスに動作可能 ⑤外部システムとの連携 ・各種ミドルウェアやDLL、ネットワークサービス、データベース等と容易に連携が可能 ・コンテンツからハードウェアに対しての操作・制御が可能 Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 14
  15. 15. 3.-2 MatrixEngineSDKツール画面 操作画面サンプル オーサリングツールの特長 1. 軽量かつ軽快な操作性 2. マルチな素材のインポート機能 3. SDKツールだけでアプリ開発環境を実現 4. 大規模開発環境に対応 5. 産業系3D/2Dデータの導入 6. 既存データベースとの連携 7. 各種外部ファイルとの柔軟な接続 8. プログレッシブ・ダウンロード環境 9 .インタラクティブな双方向通信機能 10. 音声・映像ストリーミング再生の対応 Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 15
  16. 16. 3.-3 コンテンツ制作プロセス構成図 写真、実物 CADデー 各種、既製の素材データ タ 各種市販ツール 3DCGツール ムービーツー 3D座標測定ツール 2DCGツール サウンドツール モデリング,アニメーション ル 3Dデジタイザやイメ 作成 ージベースドモデラ等 背景、ボタン等 効果音、BGM、 によるスキャン 2DCGツール 映像部品作成 2D部品作成 音声の作成 テクスチャ作成 3Dデー SDK付属スクリプトに ラ SDK付属モデラー マルチメディア よる カ タ TEXT 効イ による3Dモデルの (2D,音楽,映像, 各種インタラクティブ制 メ インポー 作成 果テ 制作、編集、最適化 等)インポート ラ 御 設ィ ト 設 及び 定ン 置 3Dアニメーション制作・編集 各種データの登録・演出設定 グ 外部プログラム連携制御 ネットワーク制御 スコア上への各種オブジェクトの統合配置・編集(3Dマルチメディア化) データ エクスポート MatrixEngin MatrixEngin MatrixEngin e e e ランタイムファイル プロジェクトファイル キャビネットファイル 配布用形式 編集用形式 素材・制御のライブラリ 化 Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 16
  17. 17. 3.-4 開発フレームワーク Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 17
  18. 18. 3.-5 MatrixEngine vs. Adobe Flash比較 長時間稼働する場合、Adobe Flashより安定的に動作し、フィンガータッチに 最適化されたMatrixEngineがより便利に簡単に操作ができます Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 18
  19. 19. 4.導入メリットCopyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved.
  20. 20. 4.-1 開発期間の短縮 3D完全統合型ハイエンド・オーサリングツールによる共通プラットフォーム化に より、従来のネイティブ言語による開発期間を1/5~1/10まで圧縮します (※以下はロケーション情報サービスコンテンツ3D GUIにおける弊社実績) ■ゼロからの開発の場合 3D空間レイアウト カメラ設定 2Dレイアウト、キー操作 etc. モデル作成 テスト アニメーション ■約1/5に短縮! *3Dの要素が大きくなるほど効率が向上1/10も! 短期間・低コストで各種制御のためのインタフェースの構築が可能! Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 20
  21. 21. 4.-2 クリエイティブなリッチ体験 クリエイティブな「感覚」の実現 リッチな感覚を伴うGUIの実現には、従来 型設計によるエンジニアリングでは多くの労力 を伴い、実現が困難でしたMatrixEng ineは、クリエイションとエンジニアリング を結ぶ懸け橋としての機能を有しています エンジニアリング色がきわめて強い車載機器 の開発ラインで採用されている理由です Shaderの対応 次世代3D表現に欠かせないSha der機能は、高度な言語開発を伴うため 高い難易度が課題です MatrixEngine Ve r.2(2011/3Q)ではオーサリング環 境にShaderを取り込み高効率な 開発を実現します Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 21
  22. 22. 4.-4 メジャープラットフォームに対応 3DMC = 3D Multimedia Communication Porting Platforms Android (Google) WEB2.0 iPhone (Apple) Smart Grid ITSプラットフォーム Windows Mobile (Microsoft) Home/Facility World Brew (Qualcomm) Camera/TV Market Digital Shader Electronics デバイス OpenGL ES2.0 Mobile Location Services Car/Mobile WEB Photos/Documents OpenGL ES1.0 Community PC Manual 3D Search Map eLearning Game Avatar コンテンツ 3D Management 1995 2000 2005 2010 Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 22
  23. 23. 4.-5 立体パネル向けコンテンツ作成① 左右のカメラをセットしますCastに左右カメラ Score② ビューポイント機能の設定をします サイド・バイ・サイド例 Script Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 23
  24. 24. 5. ご提供サービスと活用シーン Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved.
  25. 25. 5.-1 ご提供サービス ① MatrixEngineを使用した3Dリッチコンテンツの制作 お客様のご要望、用途に合わせた3Dリッチコンテンツの制作を行います 例)某プリンタメーカ次世代複合機プラットフォームUI制作 例)某ディスプレイメーカ大型タッチパネルUI制作 ② 3Dリッチコンテンツと他システムとのインテグレーション ソフトウェア開発、システムインテグレーション、SEサービス等で培った、IT分野 の幅広い専門知識と確かな技術力に基づき、3DリッチコンテンツとWebシステム、 DB等とのインテグレーションを行います 例)某通信キャリア向けクラウド写真アプリケーション 例)中古車販売画像検索システム(デモサンプル) ③SDK販売、教育、サポート ネットディメンション社ゴールドパートナーとしてSDKの販売、教育、サポートを 行います 例)某プリンタメーカ、Web制作会社、サイネージコンテンツ提供会社等 Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 25
  26. 26. 5.-2 制作の流れ お客様 IT働楽研究所 コンテンツのご依頼 ヒアリング e-Learning、3DによるUI作成、製品説明、組込等の各種用途既存コンテンツを3D化する場合は現行コンテンツ、お客様がイ に応じてお客様のイメージ、ご要望等をヒアリング致しますメージするコンテンツがある場合は絵コンテ等をご提供頂けると、作業がスムースに進みます 絵コンテの確認/修正点のご指示 絵コンテの作成ご覧頂いた絵コンテにつき、修正点等をご指示頂きます ヒアリングに基づき、絵コンテを作成し、見積を提出致しますこの時点でご発注頂きます α版のご確認/修正点のご指示 α版の制作/ご提供ご覧頂いたα版につき、修正点等をご指示頂きます 絵コンテに基づきα版を制作し、ご提供いたします β版のご確認、修正点のご指示 β版の制作/ご提供ご覧頂いたβ版につき、修正点等をご指示頂きます α版後のご指示に基づき、β版を制作し、ご提供します 最終版のご確認、最終確認/合意 最終版制作/ご提供ご覧頂いたβ版につき、最終確認を頂きます β版を基に最終版コンテンツの制作します長期に渡る政策とな る場合、適宜制作状況をご報告いたします 納品 最終版コンテンツ制作性し、その後納品します Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 26
  27. 27. 5.-3 ご参考価格 製品名 説明 価格 保守費用 ¥500,000 ¥240,000 MatrixEngineSDK WindowsPC上での3Dリッチコンテンツ開発ツール (次年度以降) MatrixEngineSDKのインストール方法、MatrixEngineSDK教育 ¥100,000 - 基本的な使用方法の教育(半日、オフサイト) コンテンツ開発費 3Dリッチコンテンツ制作 別途見積 別途見積 MatrixEngineで製作したコンテンツを販売する場合ランニングロイヤリティ 別途見積 - 必要となるランニングロイヤリティ ポーティング費用 機器組込等、特殊OS、ハードウェアのサポート 別途見積 別途見積 Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 27
  28. 28. 5.-4 販売ターゲット①電子機器、電子端末 - ATM、KIOSK端末、事務機器、病院端末、広報・案内端末②タブレット端末用コンテンツ - 金融商品プレゼンツール、セールスレディ営業端末等③スマートフォン用コンテンツ④保守メンテナンス用途 - 電子機器操作説明、タイヤ交換説明、緊急時対応方法説明⑤操作説明書 - 電子マニュアル、操作マニュアル⑥プレゼンテーションツール⑦業務&クラウドアプリとの連携 Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 28
  29. 29. 5.-5 活用シーン1e-Learning/マニュアルストーリーに基づき、テキストによる説明、音声、2D画像、3D画像を織り交ぜた学習コンテンツを作成することが可能です 単純なビデオと違い、機器内部構造等を分かり易く表現することが可能です Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 29
  30. 30. 5.-6 活用シーン2KIOSK端末用コンテンツ奥行きを表現したコンテンツにより、魅力的で分かり易いコンテンツを作成できます Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 30
  31. 31. 5.-7 活用シーン3バーチャル施設紹介、シミュレーションコンテンツウォークスルーカメラにより施設を立体的に表現できます 更にプラン応じて設備/デザインを変更した場合のイメージについても分かり易く説明することが出来ます Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 31
  32. 32. 5.-8 活用シーン43Dによる製品説明内部構造を含めた分かり易い商品説明を行う事ができます 更にキャラクターによるバーチャルナレーションをつけることも可能です Copyright © 2012 IT DORAKU RESEARCH LABORATORY LTD. All Rights Reserved. 32

×