• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Zabbixローレベルディスカバリ機能&Zabbix2.2仮想環境監視機能紹介
 

Zabbixローレベルディスカバリ機能&Zabbix2.2仮想環境監視機能紹介

on

  • 8,160 views

Zabbixローレベルディスカバリについての紹介と、先取りでZabbix2.2の新機能「仮想環境監視機能」を紹介

Zabbixローレベルディスカバリについての紹介と、先取りでZabbix2.2の新機能「仮想環境監視機能」を紹介

Statistics

Views

Total Views
8,160
Views on SlideShare
7,991
Embed Views
169

Actions

Likes
11
Downloads
0
Comments
0

2 Embeds 169

https://twitter.com 168
http://www.zabbix.jp 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Zabbixローレベルディスカバリ機能&Zabbix2.2仮想環境監視機能紹介 Zabbixローレベルディスカバリ機能&Zabbix2.2仮想環境監視機能紹介 Presentation Transcript

    • Zabbixローレベルディスカバリ機能&先取りZabbix2.2新機能「仮想環境監視」紹介TIS 池田 大輔( @ike_dai )
    • Agenda● Zabbixの基本● Zabbix1.8での課題● Zabbix2.0のローレベルディスカバリ機能● 先取りZabbix2.2新機能「仮想環境監視」紹介
    • ~Zabbixの基本~ZabbixとはOSS統合監視ツールラトビアのZabbixSIA社が開発現在の最新安定版2.0.6監視対象機器- Linux- Windows- NW機器等監視方法- Zabbix Agent監視- SNMP監視- IPMI監視- エージェントレス監視等監視内容- リソース監視- 死活監視- ICMPPing- プロセス- Web監視- ログ監視- HW監視- SQL監視等
    • Zabbix Serverdbsyncertrapperpolleralerterdiscoverer・・・Shared Memory~Zabbixの基本~Zabbixの監視の仕組みApache(Zabbix Frontend)DB Server設定情報監視結果情報Zabbix AgentSNMP AgentSNMP Agent
    • ホストグループテンプレートホストアイテム トリガーグラフ割当ホストアイテム トリガーグラフ・・・・・・アクションアクションアイテム トリガーグラフホストグループ:Linuxホスト:Server1テンプレート:LinuxServerテンプレートアイテム:CPU使用率トリガー:CPU使用率が5分間平均80%以上アクション:管理者にアラートメール送信例~Zabbixの基本~Zabbixの監視設定の基本
    • Zabbix1.8での課題loeth0eth1//boot/var監視対象ホストNWやディスクの監視をインタフェース毎、パーティション毎に実施したい場合↓それぞれ監視アイテムを登録する必要があり手間がかかる
    • ● Zabbix2.0から搭載された便利機能○ NIC,Disk,SNMPOIDの情報を自動探索ローレベルディスカバリloeth0eth1//boot/var/proc/mountsの情報を自動取得注)Linuxの場合/proc/net/devの情報を自動取得注)Linuxの場合注)NIC,DiskのディスカバリにはZabbix2.0のAgent導入が必要Zabbix Agent探索Zabbix Server探索定期実行SNMP Agent 探索定期実行DB探索結果に応じてアイテム自動登録
    • ● 実施することは以下○ ディスカバリルールの設定■ ディスカバリルールに利用できるキー● net.if.discovery →タイプ:Zabbixエージェント● vfs.fs.discovery →タイプ:Zabbixエージェント■ SNMP OIDの場合は任意のSNMP OID(hrStorageDescr等)○ アイテム、トリガー、グラフのプロトタイプの設定■ プロトタイプで利用できるマクロ● {#FSNAME} :ディスカバリされたファイルシステムの名前が格納されるマクロ● {#FSTYPE} :ディスカバリされたファイルシステムのタイプが格納されるマクロ● {#IFNAME} :ディスカバリされたNICの名前が格納されるマクロ● {#SNMPINDEX} :ディスカバリされたSNMP OIDのインデックス番号が格納されるマクロ● {#SNMPVALUE} :ディスカバリルールで指定した OIDローレベルディスカバリ設定
    • ローレベルディスカバリ設定ネットワークインタフェースルール設定アイテムプロトタイプ設定
    • ローレベルディスカバリ設定ファイルシステムルール設定アイテムプロトタイプ設定
    • ローレベルディスカバリ設定SNMP OIDルール設定アイテムプロトタイプ設定
    • ● ディスカバリルールはZabbixの監視アイテムの一種○ この仕組みがわかればカスタマイズ可能● ファイルシステムのローレベルディスカバリルールのレスポンス仕様ローレベルディスカバリのカスタマイズ{"data":[   {   "{#FSNAME}":"/",  "{#FSTYPE}":"rootfs"},  {  "{#FSNAME}":"/proc",  "{#FSTYPE}":"proc"},  {  "{#FSNAME}":"/sys",  "{#FSTYPE}":"sysfs"},  ・・・省略}
    • ● 例:特定のディレクトリ以下のファイル一覧をディスカバリ○ 仕様に沿った形で値を返すスクリプトを作成○ ZabbixエージェントUserParameterを利用してディスカバリルールを定義○ ローレベルディスカバリルールにfile.path.discoveryを設定○ ディスカバリ結果は{#FILEPATH}に格納されるのでこのマクロを利用したアイテムプロトタイプを登録ローレベルディスカバリのカスタマイズ#!/bin/bashfor file_path in $(/bin/find $1 -type f); dofilelist="$filelist,"{"{#FILEPATH}":"$file_path"}doneecho {"data":[${filelist#,} ]}UserParameter=file.path.discovery[*],/bin/sh /var/scripts/filepath_discovery.sh $1filepath_discovery.sh
    • Zabbix2.2の機能紹介以降の話は開発途中の次期2.2の情報です。仕様が変わる可能性があります。利用時は注意!
    • Zabbix2.2「仮想環境監視」● Zabbix2.2から実装● VMware ESXiおよびvCenter Server経由の監視機能● Zabbixローレベルディスカバリの仕組みを活用● ホスト、ゲストの監視を実現○ リソース情報やイベントログ情報の監視● ホストとゲストを紐付けた管理を実現○ ハイパーバイザ名でホストグループを自動作成しVMをハイパーバイザ毎に管理
    • 仮想監視機能の仕組み● Zabbixのシンプルチェックを利用● libcurlを利用しvSphere APIにアクセス○ 注) 仮想監視機能を利用するには、 libcurl、libxml2が必要● vSphere APIのPropertyCollectorを利用して情報取得● イベントログはvSphere APIのEventManagerを利用して取得
    • 仮想監視機能の使い方● vCenterServerで管理している場合○ 以下の情報をvCenterServer用のZabbixホストとして登録■ 3マクロを設定     {$URL} ← vSphereAPIのURLを指定(例 https://vcenter-server-hostname/sdk)          {$USERNAME} ←vSphere APIアクセスユーザ名を指定          {$PASSWORD} ←vSphereAPIアクセスユーザのパスワードを指定    ■vCenter Server監視用テンプレート割り当て     テンプレート名: Template Virt VMware vCentervCenterServerの1ホスト登録のみでホスト、ゲスト全て自動登録
    • 仮想監視機能自動登録● 自動化されること○ ホスト登録○ グループへの登録■ ハイパーバイザであれば「Hypervisors」グループ■ VMであれば「Virtual Machines」「{#HV.NAME}」グループ○ テンプレートの割り当て■ ハイパーバイザであれば「Template Virt VMware vCenterHypervisor」■ VMであれば「Template Virt VMware vCenter Guest」各テンプレートにリソース監視等のアイテム情報が登録各仮想マシンはハイパーバイザ名のホストグループに自動登録されるため、どのハイパーバイザ上にどのマシンが稼働しているか等、VMとハイパーバイザを紐付けた管理が可能に
    • まとめ● Zabbixローレベルディスカバリの活用で面倒な設定が大幅に削減(Zabbix2.0以上)○ ローレベルディスカバリルールは監視アイテムの一種なのでカスタマイズ可能● ローレベルディスカバリの機能を活用したVMware監視機能がまもなく登場する予定(Zabbix2.2)● お試し下さい