Your SlideShare is downloading. ×

Fusion io

12,250
views

Published on


0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
12,250
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide
  • SolidStateStorage とか?
  • Transcript

    • 1.
      • FusionIO について
      株式会社サイバーエージェント 桑野 章弘
    • 2. FusionIO
      • FusionIO ってどうなのかについて
    • 3. FusionIO SSD ( NAND 型フラッシュデバイス)を束ねて並列構成 メモリ コントローラ OS 側 ドライバ バッファ ファイルシステム OS 側のメモリも使用してバッファなども行う
    • 4. アジェンダ
      • 単純書き込み負荷テスト
      • コスト感
      • 現状の色々
      • 今後
    • 5. 単純な書込性能
      • 100MB のファイルを並列 100 スレッドで 5000 ファイル書き込んだ時( =500GB )の負荷
    • 6. 単純な書込性能 [SAS RAID5]
    • 7. 単純な書込性能 [FusionIO]
    • 8. 実際の使用実績
      • うちの DB の一部で導入済
    • 9. 実際の使用実績
      • うちの DB の一部で導入済
    • 10. コスト感
      • FusionIO の価格は高くない
        • 基本 DB に使えるサーバスペックのマシン価格の 3 、 4 台分働く?
        • わりと普通にペイできる。
    • 11. 現状の色々
      • 普通に使えるものになりつつある
        • 昔は RAID も無かったでしょ?
        • まあプロプラエタリだけど。
        • DISK I/O が来る事が分かっている場合選択肢の一つに普通に入る
          • 共用 DB サーバとかもいいですね
    • 12. 現状の色々
      • 部材確保で確保が大変だったりする
        • 大人気らしい。
        • ベンダーは信頼できる所を。
    • 13. 現状の色々
      • その他
        • 電力的なこと
        • 寿命的なこと
        • 起動ディスクに使えない
    • 14. 現状の色々
      • 負荷箇所の移動
        • ドライバが I/O をメモリのバッファで吸収しているので負荷箇所としては I/Owait よりもコンテクストスイッチに来る
        • なので CPU は足した方がいい。
        • IOPS を設定で増やす方がいい
    • 15. ちゅーにんぐの云々
      • パフォーマンスモードとオーバーフォーマット
        • 内部的な素子は 320GB であれば 400GB(80GB 分は予備領域 ) つんでいる
        • それを使うか、増やすかがパフォーマンスモードとオーバーフォーマット
          • パフォーマンスモード(予備領域増やす)は更新優先
          • オーバーフォーマット(予備領域減らす)は参照優先
    • 16.
      • 今後これ系のストレージは色々出てくると思いますので、ちょっと新しいデバイスにもに期待しておりますです。