ADTECH COLLEGE #2	

近い将来、開発責任者になるあなたへ
- 少しだけ先に経験した男からの、開発プロセスにまつわるアドバイスと小話集 -
2014年6月25日
GameLogic/GameAudienceユニット 開発責任者 ...
開発プロセスといっても、
かんばん方式のタスク管理
GitHub+Pull Requestベースの開発
など、前回のAdtechCollegeで話されたような
開発手法はうちのチームでも採用してます(むしろ真似た)
!
今日は、少し趣向を変えて...
山田 直行(やまだ なおゆき)
!
1979年生まれ 34歳
埼玉県さいたま市出身 渋谷区千駄ヶ谷在住
浦和市立高校卒
東京大学経済学部経済学科中退(松島斉ゼミ)
!
フリーター、ゲームライター、ウェブコンサルのスタートアッ
プ、ブロガー、ソー...
Contents
1. チームの文化をつくるポリシーを繰り返し言う、貼り出す
2. 一人ひとりのポジションと、チームのフォーメーションを明確に打ち出す
3. 新メンバーへのオリエンを丁寧にやる
4. 座席の配置はコミュニケーションを左右する
5...
1. チームの文化をつくるポリシーを繰り返し言う、貼り出す
途中から文化をつくるのは難しい。コアな価値観は最初に共有する
2. 一人ひとりのポジションと、チームのフォーメーションを
明確に打ち出す
適性を見極めたうえで、個々の
ミッションと立ち位置を共有す
る
個人面談をやる
3. 新メンバーへのオリエンを丁寧にやる
3∼4時間
即戦力になってもらうために、
前提をしっかり理解してもらう
4. 座席の配置はコミュニケーションを左右する
隣り同士の会話は自然と増える
月一ペースで席替え
5. KPTミーティングで言いたいことを言い合う
Keep, Problem, Try
「何かをあらたまって言う場」
をつくる
6. 技術選定とアーキテクチャを考え抜く
何を選んでも一長一短がある
「どうしてこうなってるの?」
に自信を持って答えられること
7. テンションの上がるツールを入れる
ElasticSearch+Kibanaを導入した狙い
8. 辛そうにしない
「売上は全てを癒す」
だけどそれがすぐには叶わない
ことはある
小さな改善を積み重ね、前向き
な雰囲気を維持する
9. コードを書くこととマネジメント業務との
バランスとジレンマ
永遠のテーマ
貴重だったAMoAdでの8ヶ月
10. 最終的に正義なのは、高い技術力
知識と経験を結集して共有する。あらゆる機会を使って学ぶ
などと、ドヤりましたが、
いまのプロジェクトは
個々のチームメンバーが優れており、
理解をもってついてきてくれるからこそ
チームとして成り立っているだけな気もします。
!
日頃一緒に働いているGameLogic/GameAudience/Sma...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

ADTECH COLLEGE #2 近い将来、開発責任者になるあなたへ

1,308 views
1,192 views

Published on

Published in: Leadership & Management

ADTECH COLLEGE #2 近い将来、開発責任者になるあなたへ

  1. 1. ADTECH COLLEGE #2 近い将来、開発責任者になるあなたへ - 少しだけ先に経験した男からの、開発プロセスにまつわるアドバイスと小話集 - 2014年6月25日 GameLogic/GameAudienceユニット 開発責任者 山田直行
  2. 2. 開発プロセスといっても、 かんばん方式のタスク管理 GitHub+Pull Requestベースの開発 など、前回のAdtechCollegeで話されたような 開発手法はうちのチームでも採用してます(むしろ真似た) ! 今日は、少し趣向を変えて、 開発チームやプロセスをつくっていくうえで 私が考えてきたこと、やってきたことを これから開発責任者になるかもしれない エンジニアのみなさんをメインターゲットに 話したいと思います。 ! これからサイバーエージェントのアドテクが飛躍するために、 自ら開発をリードできるエンジニアが1人でも増えることは とても意義があります。 今日の話を聞いて、「開発責任者やってみたい!」 と思う人が増えてくれるとうれしいです。 Preface
  3. 3. 山田 直行(やまだ なおゆき) ! 1979年生まれ 34歳 埼玉県さいたま市出身 渋谷区千駄ヶ谷在住 浦和市立高校卒 東京大学経済学部経済学科中退(松島斉ゼミ) ! フリーター、ゲームライター、ウェブコンサルのスタートアッ プ、ブロガー、ソーシャルゲームのスタートアップを経て、 2011年サイバーエージェント入社。 ! 2011/6 2012/12 CyberAgentAmerica
 (Zombie Restaurant → FreeAppKing+
 → FreeAppDaily → AMoAd DSP) 2013/01 2013/06 AMoAd DSP インフラ 2013/07 2013/08 AMoAdアドネットワーク 管理画面 2013/09 2013/10 AMoAdターゲティング 技術責任者 2013/11 2014/01 データプラットフォーム 技術責任者 2014/02 現部署 ! 職種:インフラ(オペレーションエンジニア) 自己紹介
  4. 4. Contents 1. チームの文化をつくるポリシーを繰り返し言う、貼り出す 2. 一人ひとりのポジションと、チームのフォーメーションを明確に打ち出す 3. 新メンバーへのオリエンを丁寧にやる 4. 座席の配置はコミュニケーションを左右する 5. KPTミーティングで言いたいことを言い合う 6. 技術選定とアーキテクチャを考え抜く 7. テンションの上がるツールを入れる 8. 辛そうにしない 9. コードを書くこととマネジメント業務とのバランスとジレンマ 10. 最終的に正義なのは、高い技術力
  5. 5. 1. チームの文化をつくるポリシーを繰り返し言う、貼り出す 途中から文化をつくるのは難しい。コアな価値観は最初に共有する
  6. 6. 2. 一人ひとりのポジションと、チームのフォーメーションを 明確に打ち出す 適性を見極めたうえで、個々の ミッションと立ち位置を共有す る 個人面談をやる
  7. 7. 3. 新メンバーへのオリエンを丁寧にやる 3∼4時間 即戦力になってもらうために、 前提をしっかり理解してもらう
  8. 8. 4. 座席の配置はコミュニケーションを左右する 隣り同士の会話は自然と増える 月一ペースで席替え
  9. 9. 5. KPTミーティングで言いたいことを言い合う Keep, Problem, Try 「何かをあらたまって言う場」 をつくる
  10. 10. 6. 技術選定とアーキテクチャを考え抜く 何を選んでも一長一短がある 「どうしてこうなってるの?」 に自信を持って答えられること
  11. 11. 7. テンションの上がるツールを入れる ElasticSearch+Kibanaを導入した狙い
  12. 12. 8. 辛そうにしない 「売上は全てを癒す」 だけどそれがすぐには叶わない ことはある 小さな改善を積み重ね、前向き な雰囲気を維持する
  13. 13. 9. コードを書くこととマネジメント業務との バランスとジレンマ 永遠のテーマ 貴重だったAMoAdでの8ヶ月
  14. 14. 10. 最終的に正義なのは、高い技術力 知識と経験を結集して共有する。あらゆる機会を使って学ぶ
  15. 15. などと、ドヤりましたが、 いまのプロジェクトは 個々のチームメンバーが優れており、 理解をもってついてきてくれるからこそ チームとして成り立っているだけな気もします。 ! 日頃一緒に働いているGameLogic/GameAudience/Smalgo のチームメンバーにはあらためて感謝しています。 ! アドテクスタジオには良い人材が揃っていると思うので、 これからも皆の力を結集して良いものを作っていきましょう!

×