• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
20120423 aws meister-reloaded-fm-son_aws
 

20120423 aws meister-reloaded-fm-son_aws

on

  • 5,989 views

 

Statistics

Views

Total Views
5,989
Views on SlideShare
5,981
Embed Views
8

Actions

Likes
11
Downloads
147
Comments
0

4 Embeds 8

https://twitter.com 3
https://twimg0-a.akamaihd.net 2
https://si0.twimg.com 2
http://localhost 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel

20120423 aws meister-reloaded-fm-son_aws 20120423 aws meister-reloaded-fm-son_aws Presentation Transcript

  • AWSマイスターシリーズ Reloaded~Flash Media Server on AWS~ 2012年04月23日 北迫 清訓 ソリューションアーキテクト 玉川憲 技術統括部長/エバンジェリスト
  • Agenda ストリーミング配信の概要 FMS on AWS AWSを利用した配信パターン AMI FMS導入手順  オンデマンド配信手順  ライブ配信設定 CloudFormation FMS導入手順 Tips まとめ Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • ストリーミング配信の概要 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • ストリーミング配信 オンデマンド配信 ライブ配信 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 配信技術の概要 配信技術の進化 プログ HTTP ストリー ダウン レッシブ ストリー ミング ロード ダウン ミング ロード配信専用環境が必要 HTTPを利用し、簡 ダウンロード配信の ストリーミングとダで導入のハードルが 単に動画配信が可能 弱点を改善 ウンロード配信のい 高い に いとこどり Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 配信技術の概要ストリーミング  サーバ側に専用の配信ソフトウェアが必要  クライアントとサーバ間で1対1のコネクションを確立するため、ビットレート と接続数に伴い、配信サーバ側のNW帯域が必要となる  クライアント側に配信データが残らない  映像の巻戻し、早送り等のシーク操作が自由に行える(オンデマンドのみ)  アダプティブビットレートストリーミングに対応ダウンロード  動画ファイルをクライアントがダウンロードした後、再生が開始  サーバ側はHTTPサーバのみで配信可能  HTTPプロトコルを利用するため、キャッシュ等が利用しやすい  ダウンロードが完了しない限り再生が開始されない  クライアント側に動画ファイルが残る Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 配信技術の概要プログレッシブダウンロード  動画ファイルをクライアントがダウンロードしながら、再生が可能  サーバ側はHTTPサーバのみで配信可能  HTTPプロトコルを利用するため、キャッシュ等が利用しやすい  未ダウンロード部分の映像へのシークは、ダウンロードの待ちが発生  クライアント側に動画ファイルが残るHTTPストリーミング  サーバ側に専用の配信ソフトウェアや、独自の配信ファイルが必要  HTTPプロトコルを利用するため、キャッシュ等が利用しやすい  クライアント側に配信データが残らないようにすることが可能  映像の巻戻し、早送り等のシーク操作が自由に行える(オンデマンドのみ)  アダプティブビットレートストリーミングに対応 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 配信形式と配信技術 オンデマンド ライブ ストリーミング ✔ ✔ ダウンロード ✔ プログレッシブ ダウンロード ✔HTTPストリーミング ✔ ✔※ライブ配信に関してはマルチキャスト配信も存在 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 配信プロトコル標準プロトコル  RTSP , HTTP独自プロトコル Flash系プロトコル  RTMP (RTMPE/RTMPT/RTMPTE) • TCPを利用し、スムーズに配信するためにストリームをフラグメントに分割 して配信  RTMFP • UDPを利用し、P2Pの通信をサポートする FMSはこのプロトコルを利用しライブのマルチキャスト配信を実現 Windows Media系プロトコル  MMS • Windows Media9以前まで利用されていたMS独自プロトコル 最近はすべてRTSPに移行 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 配信プロトコルHTTPストリーミング  動画をフラグメントに分割し、HTTPを利用して配信 アダプティブビットレート(ABR)ストリーミング  サーバ側で複数のビットレートで動画ファイルを準備し、その情報を 記載したManifestファイルを作成  クライアント側は、Manifestファイルをもとに、自身の再生状況を確 認しながら最適なビットレートのフラグメントを要求 →再生しながら動的にビットレートを変えられる →シーク時など小さいビットレートフラグメントを要求することで、 再生再開時の体感速度を上げる Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • ストリーミング配信動向マルチプラットフォームへの配信HTTPを利用した効率的な配信インフラの構築アダプティブビットレートへの対応 HTTPストリーミングが 配信方式の支流に Adobe HTTP Dynamic Streaming Microsoft IIS Smooth Streaming QuickTime HTTP Live Streaming Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • FMS on AWS Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • FMS on AWS 2012年3月末 Flash Media Server 4.5がAWSをサポート AWSのプラットフォームを利用し、 安定した配信環境を簡単に ご利用いただくことが可能に また、Flashデバイスへはもちろん、iOSデバイスへ も配信が行えるようになりました Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • FMS4.5の特徴 Key Update  Apple iOSを搭載したデバイスへのメディア配信機能に対応 マルチプラットフォームへの対応 Android端末 WindowsPC Flash Media Server4.5 iOS端末 Linux PC Mac PC Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • FMS on AWSの特徴 安定的に配信できるインフラ  EC2 (Elastic)  CloudFront  AWS Network AWS専用FMSバージョンの提供  FMS4.5.1(Latest)  FMS Enterprise Editionと同等の機能が利用可能 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • AWSにおけるFMS4.5の提供形態 AWSにおけるFMS4.5の提供形態  FMS installed AMI • FMS4.5がすでにインストールされた状態のAMIで、オンデ マンド配信およびライブ配信サーバとして自由にAWS上で 配信環境の構築が可能  ライブ配信用 CloudFormationテンプレート • CloudFrontと連携したFMSライブ配信環境を、 CloudFormationを利用して簡単に構成することが可能 スポット的なライブ配信の利用が実現可能に Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • FMS on AWSの制約 FMS機能  IPマルチキャスト未サポート  インスタンスタイプに依存したRTMFPコネクション数制限 AWS機能  Instance Store Root Device • インスタンス停止時に個別設定情報や、コンテンツが残らない  下記の機能が未サポート • リサーブドインスタンス • スポットインスタンス • Amazon VPC • EBS-Backedインスタンスによる起動 • インスタンスの再利用 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • FMSサブスクリプションAWS上でFMSを利用いただくためには、事前にAmazonPaymentにて、FMSのサブスクリプション(月額請求)を購入する必要があります http://www.adobe.com/products/amazon-web-services.html Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • FMS on AWS価格 http://www.adobe.com/products/amazon-web-services/pricing-intl.html 2012/4/23時点 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • AWSを利用した配信パターン Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • オンデマンド配信パターン1標準配信構成AMI FMS単体 配信形態 SmartPhone Client PC • EC2インスタンスより直接配信 • HDS,HLS,RTMP,RTMPE,RTMFPな Tablet どすべての配信に対応 ポイント • FMSサーバのインスタンスタイプ や台数に配信性能が依存 Internet Upload Mount Snapshot FMS4.5 / Backup 管理者 EC2 EBS S3 Streaming Contents Contents Server Storage Backup Region Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • オンデマンド配信パターン2 広範囲HTTP Streaming配信構成 AMI FMS + CloudFront 配信形態 • CFのEdgeサーバを利用することで、 FMSオリジンサーバの負荷を軽減 • HDS,HLSのHTTP Streaming配信Client PC EdgeLocation EdgeLocation に対応 ポイント • CF採用による、幅広いユーザへの 安定配信が可能 EdgeLocation CloudFrontSmartPhone Tablet Upload Mount Snapshot FMS4.5 /Backup 管理者 EC2 EBS S3 Streaming Contents Contents Server Storage Backup Region Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • オンデマンド配信パターン3 広範囲Streaming配信構成 AMI FMS(Origin) + AMI FMS(Edge) 配信形態 • FMSのEdgeサーバを構成すること で、FMSオリジンサーバの負荷をClient PC 分散 • RTMPベースの配信に対応 ポイント ELB • Edge採用による、幅広いユーザへ の安定配信が可能 Edge EdgeSmartPhone Tablet Upload Mount Snapshot FMS4.5 /Backup 管理者 Origin EC2 EBS S3 Streaming Contents Contents Server Storage Backup Region Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • オンデマンド配信パターン4 広範囲シンプル配信構成 Amazon S3 + CloudFront 配信形態 • S3に格納されたFLV,mp4のダイレ クト配信 • HTTP(Progressive/Download),RClient PC EdgeLocation EdgeLocation TMPベースの配信に対応 ポイント • 簡単に環境の準備が可能 • EC2インスタンスが不要で、S3と EdgeLocation CloudFront CFを利用した広範囲への安定配信 が可能SmartPhone Tablet Upload 管理者 S3 Contents Backup Region Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • ライブ配信パターン1 CloudFormationを利用してたFMSライブ配信環境 LIVE 配信形態 • HDS,HLSによるライブ配信 ポイント Client PC EdgeLocation EdgeLocation • 簡単に環境の準備が可能 • CFを利用した広範囲への安定配信 が可能 LIVE EdgeLocation CloudFront Flash Media Live LIVE Encoder SmartPhone Tablet Video Camera FMS4.5 Internet EC2 Live Encode PCスタック作成 Region TemplateAWS CloudFormation Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • ライブ配信パターン2AMI FMSライブ配信環境 SmartPhone 配信形態 Tablet Client PC • EC2インスタンスより直接配信 • HDS,HLS,RTMP,RTMPE,RTMFPな どすべての配信に対応 ポイント LIVE LIVE • FMSサーバのインスタンスタイプ に配信性能が依存 Internet Flash Media Live LIVE Encoder Video Camera FMS4.5 Internet EC2 Live Encode PC Region Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • AWS on FMSを利用する利点 CloudFront(CDN)を組み合わせることで、よ り一層の安定した配信環境の提供FMS4.5採用による、様々なクライアント環境 への配信 CloudFormationやAMIの利用による簡略化さ れた配信環境の準備手順  ライブ配信などは実施したいときにすぐに準備が可能 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • AMI FMS導入手順 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • FMS AMIの特徴 Instance Store Root Device  FMS 4.5.1  CentOS 5.5 製品版FMSとの違い  ディレクトリ構成 • アプリケーションディレクトリ /mnt/applications • ウェブルート /mnt/wwwoot • ログディレクトリ /mnt/logs ※通常はすべて/opt/adobe/fms配下 選択可能起動インスタンスタイプ  m1.large, m1.xlarge, m2.xlarge, m2.2xlarge, m2.4xlarge, c1.xlarge Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 事前準備事前準備1. Adobe Flash Media Serverサブスクライブの購入 • FMSをご利用いただく上で、サブスクライブの購入が必要 http://www.adobe.com/products/amazon-web-services.html ※CloudFormation FMSとの共有利用可能 購入 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備AMIからのFMSインスタンス起動 1. Management Consoleの「EC2」タブ「Images」-「AMI」 にて以下のAMIを検索 AMI ID Source Region ami-b06edfb1 adobe-flashmediaserver- Asia Pacific (Tokyo) apnortheast/fms-4.5.1.8003-centos- 5.5-ami-2.manifest.xml 2. 検索結果より対象のAMIを選択しLaunchを実行  最新のAMIインスタンス情報は以下を参照 http://helpx.adobe.com/flash-media-server/kb/flash-media-server- amazon-machine.html Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備インスタンスの起動  以下のいずれかのインスタンスタイプを指定 • m1.large, m1.xlarge, m2.xlarge, m2.2xlarge, m2.4xlarge, c1.xlarge  ウィザードのセキュリティグループではHTTPとSSHのみを解放 (RTMP等の他のポートはセキュリティグループ作成後個別に設定が必要) Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備インスタンスタイプは以下の表を参考に選定INSTANCES DESCRIPTIONLarge 100 RTMFP simultaneous connections また、想定動画配信ビットHigh-memory extralarge 100 RTMFP simultaneous connections レート、想定同時アクセス数High-CPU extra large 1000 RTMFP simultaneous をもとに、サーバ側で必要と connections なるNW帯域の割り出しも重Extra large 1000 RTMFP simultaneous connections 要な要素となるHigh-memory double 10000 RTMFP simultaneousextra large connectionsHigh-memory 10000 RTMFP simultaneousquadruple extra large connections推奨インスタンスタイプ Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備RTMPポートとAdmnistration Consoleポートの解放  作成したFMS用セキュリティグループに以下を追加 Protocol Port Source Range TCP 1935 0.0.0.0/0 UDP 1935 0.0.0.0/0 TCP 1111 任意 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備起動確認  起動したFMSインスタンスのPublicDNSを確認し、ブラウザー を利用してアクセス http://public-dns  HDS, RTMP等が正常に再生 されることを確認 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備Flash Media Server Administration Consoleの設定  SSHクライアント(PuTTY等)を利用して、FMSサーバにログイン • ログインアカウントはrootを使用  Administration Consoleのログインアカウントの準備 1. /opt/adobe/fms/conf/fms.iniをエディタで開き以下のパラメータを指定し保存 SERVER.ADMIN_USERNAME = <ログインID> SERVER.ADMINSERVER_HOSTPORT = :1111 2. /opt/adobe/fms/fmsadmin –console –user <ログインID> コマンドを実行し、パス ワードを入力 インスタンス停止に伴い設定内容がクリアされるため、fms.ini ファイルをEBSなどに退避しておくことを推奨 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備FMSの再起動  設定変更後、FMSの再起動を実行 1. FMSサーバの再起動 /opt/adobe/fms/fmsmgr server fms restart 2. Administrator Serverの再起動 /opt/adobe/fms/fmsmgr adminserver restartブラウザを利用して、Administration Consoleに接続URL:http://public-dns/fms_adminConsole.htm 項目 入力値 Server Name Sever 1 Server Address Public-dns名 Username 設定したログインID Password 設定したパスワード Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • オンデマンド配信設定 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • オンデマンド配信FMSサーバの配信ディレクトリにコンテンツを格納するだけで、ユーザからのリクエストをもとに配信が可能  動画ファイル格納ディレクトリ ストリーミング配信 FMSサーバ:/mnt/application/media/vod HTTPストリーミング配信 FMSサーバ:/mnt/webroot/vod ※動画ファイル格納ディレクトリは、EBSにマウントもしくは定期的にバックアップを取ることを推奨  動画ファイルの所有者は以下で設定 User: fmsuser Group: fmsgroup  動画ファイルのアップロードはWinSCP等を利用してFMSサーバに格納 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • オンデマンド配信オンデマンドストリーミング  サポートプロトコル • RTMP, RTMPE, RTMPT, RTMPTE  サポートファイルフォーマット • FLV, F4V, MP4  コンテンツ格納ディレクトリ /mnt/application/vod/media File Format 配信URL FLV rtmp://public-dns/vod/<filename> F4V rtmp://public-dns/vod/mp4:<filename>.f4v rtmp://public-dns/vod/mp4:subdirectory/<filename>.f4v MP4 rtmp://public-dns/vod/mp4:<filename>.mp4 rtmp://public-dns/vod/mp4:subdirectory/<filename>.mp4 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • オンデマンド配信HTTPストリーミング  crossdomain.xmlの準備 • /mnt/webroot/にcrossdomain.xmlを準備 <cross-domain-policy> <allow-access-from domain="*" /> 設定例 </cross-domain-policy>  サポートファイルフォーマット • f4m(HTTP Dynamic Streaming), m3u8(HTTP Live Streaming)  コンテンツ格納ディレクトリ /mnt/webroot/vod/ 配信方式 File 配信URL Format HDS f4m http://public-dns/vod/<Manifest Filename>.f4m HLS m3u8 http://public-dns/vod/<Manifest Filename>.m3u8 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 再生確認Flash Media Playbackを利用した再生確認  ブラウザを利用して以下のURLにアクセス http://www.osmf.org/configurator/fmp/  Video Sourceに配信URLを入力 • HDSの場合は”Are you using HTTP Streaming or Flash Access 2.0” をYESに  [Preview]ボタンを押下し、プレイヤーで再生確認 HLSの場合はiOS等を利用し、ブラウ ザで直接配信URLにアクセス Flash Media Playback Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • ライブ配信設定 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備事前準備1. ライブエンコードマシンへのFlash Media Live Encoder(無償)のインストール • 以下のURLから製品を入手 http://www.adobe.com/products/flashmediaserver/flashmediaencoder. ※Adobeのアカウントの作成が必要HTTP経由での配信を行うためconfig.xmlのタグ<flashmedialiveencoder_config><mbrconfig><streamsynchronization><enable>を true に設定します。 • Windowsデフォルトパス:C:¥Program Files¥Adobe¥Flash Media Live Encoder 3.2¥conf • Mac OSデフォルトパス:Macintosh HD:Applications:Adobe:Flash Media Live Encoder 3.2 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備 Flash Media Live LIVE EncoderAdobo Flash Media Live Encoderの設定 Live Encode PC 1. Live Encode PCに、カメラを接続 2. Flash Media Live Encoderの起動 3. [Encoding Options]タブにて以下のパラメタを設定 1. [Preset]で”Medium Bandwidth(300kbps)-H.264”もしくは、”High Bandwidth(800kbps)-H.264”を選択 2. DeviceにてVideo(映像)とAudio(音声)のデバイスを選択 3. [Format]のレンチマークボタンを押下し、[Adbanced Encoder Settings]の ”Keyframe Frequency]をFMS側の設定に合わせ”4seconds”を設定 4. 必要に応じて、[Frame Rate], [Bit Rate]の設定値を変更 ※ 1,3のパラメータに関しては、Live Encode PCとFMS間のネットワーク回 線環境に合わせてチューニングが必要。実際に配信確認を行いながら適正 な値を設定 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備 Flash Media Live LIVE Encoderライブストリーム用FMLEの設定 Live Encode PC 1. FMSサーバへの接続 1. [Panel Options]にて”Output”を選択し、以下のパラメータを指定設定項目 設定値FMS URL rtmp://public-dns/live Stream livestream 2. スタートボタンを押下して、再生を 開始 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備 Flash Media Live LIVE Encoder HTTPライブストリーム用FMLEの設定 Live Encode PC 1. FMSサーバへの接続 1. [Panel Options]にて”Output”を選択し、以下のパラメータを指定設定項目 設定値FMS URL rtmp://public-dns/livepkgrStream Livestream%i?adbe-live- event=liveevent 2. スタートボタンを押下して、再生を 開始 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 再生確認ライブ配信URL 配信形態 設定値 ライブストリーム rtmp://public-dns/live/livestreamHTTPライブストリーム http://public-dns/hds- (HDS) live/livepkgr/_definst_/liveevent.f4mHTTPライブストリーム http://public-dns/hls- (HLS) live/livepkgr/_definst_/liveevent.m3u8 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 再生確認Flash Media Playbackを利用した再生確認  ブラウザを利用して以下のURLにアクセス http://www.osmf.org/configurator/fmp/  Video Sourceにライブ配信URLを入力 • HDSの場合は”Are you using HTTP Streaming or Flash Access 2.0” をYESに  [Preview]ボタンを押下し、プレイヤーで再生確認 HLSの場合はiOS等を利用し、ブラウ ザで直接配信URLにアクセス Flash Media Playback Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • CloudFormation FMS導入手順 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備事前準備1. ライブエンコードマシンへのFlash Media Live Encoder(無償)のインストール • 以下のURLから製品を入手 http://www.adobe.com/products/flashmediaserver/flashmediaencoder. ※Adobeのアカウントの作成が必要HTTP経由での配信を行うためconfig.xmlのタグ<flashmedialiveencoder_config><mbrconfig><streamsynchronization><enable>を true に設定します。 • Windowsデフォルトパス:C:¥Program Files¥Adobe¥Flash Media Live Encoder 3.2¥conf • Mac OSデフォルトパス:Macintosh HD:Applications:Adobe:Flash Media Live Encoder 3.2 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備CloudFormationによる環境準備(1)  以下のURLより配信サーバを起動する“Region”のTemplateを選 択し、CloudFormationのスタック作成画面を起動 http://docs.amazonwebservices.com/AmazonCloudFront/latest/Develop erGuide/FMS4.5CreatingLiveStreamingStack.html 起動 AWS CloudFormation Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備CloudFormationによる環境準備(2)  FMSインスタンスのキーペア名、FMS管理画面へのログインパ スワードおよび起動インスタンスタイプの指定 INSTANCES DESCRIPTION Large 100 RTMFP simultaneous connections High-memory extra 100 RTMFP simultaneous large connections High-CPU extra large 1000 RTMFP simultaneous connections Extra large 1000 RTMFP simultaneous connections High-memory double 10000 RTMFP simultaneous extra large connections High-memory 10000 RTMFP simultaneous quadruple extra large connections 推奨インスタンスタイプ Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備CloudFormationによる環境準備(3)  Stackが生成されると「Outputs」タブ内に配信に必要な設定情 報が表示 Key 説明 FMSServer FMS動作確認画面URL FMSURL ライブエンコーダー接続URL (Publish Location) Stream ストリーム名 FlashMediaPlayback 再生確認サイトURL (Flash Media Playback) LiveHDSManifest Flash向け動画配信URL (Live Http Dynamic Streaming Manifest File URL) LiveHLSManifest iOS向け動画配信URL (Live Http Live Streaming Manifest File URL) FMSServerAdminCo FMS管理画面URL nsole FMSAdminConsoleS FMS管理画面接続サーバ名 erverAddres 配信設定情報 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備 Flash Media Live LIVE EncoderAdobo Flash Media Live Encoderの設定(1) Live Encode PC 1. Live Encode PCに、カメラを接続 2. Flash Media Live Encoderの起動 3. [Encoding Options]タブにて以下のパラメタを設定 1. [Preset]で”Medium Bandwidth(300kbps)-H.264”もしくは、”High Bandwidth(800kbps)-H.264”を選択 2. DeviceにてVideo(映像)とAudio(音声)のデバイスを選択 3. [Format]のレンチマークボタンを押下し、[Adbanced Encoder Settings]の ”Keyframe Frequency]をFMS側の設定に合わせ”4seconds”を設定 4. 必要に応じて、[Frame Rate], [Bit Rate]の設定値を変更 ※ 1,3のパラメータに関しては、Live Encode PCとFMS間のネットワーク回 線環境に合わせてチューニングが必要。実際に配信確認を行いながら適正 な値を設定 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 環境準備 Flash Media Live LIVE EncoderAdobo Flash Media Live Encoderの設定(2) Live Encode PC 1. FMSサーバへの接続 1. [Panel Options]にて”Output”を選択し、以下のパラメータを指定 設定項目 設定値 FMS URL: CloudFormation配信設定情報 の”FMSURL”に表示されているURL Stream CloudFormation配信設定情報 の”Stream”に表示されている値 2. スタートボタンを押下して、再生を 開始 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 再生確認Flash Media Playbackを利用した再生確認  CloudFormation配信設定情報の”FlashMediaPlayback” URLよ りブラウザで再生確認画面サイトを表示 1. 再生確認サイトの[Video Source]に”LiveHDSManifest”の値を指定 2. [Are you using HTTP Steaming or Flash Access 2.0?]を”Yes”に設 定 3. Previewボタンを押下した後、Playerで再生を開始し、配信状況を確認 ※ここで再生されない、もしくはバッファリングが多発する場合は、Live Encoderの Frame Rate、Bit Rate等のチューニングが必要 Flash Media Playback Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 再生確認MacおよびiOSでの再生確認1. CloudFormation配信設定情報の”LiveHLSManifest” URLをSafari 等を利用して直接指定 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • TipsCopyright © 2012 Amazon Web Services
  • 配信サーバサイジング配信サーバサイジングのポイントNo リソース 詳細 1 NW帯域 通常、動画の配信ビットレートと同時接続数に比例して、必要となるサー バおよびNW機器のNW帯域が最初のボトルネックとなる。これより、配信 要件をもとに必要となるNW帯域よりサーバの台数を割り出すことから始め る。 平均配信ビットレート(Mbps)x同時接続数÷サーバNIC帯域(80%程度)= サーバ台数 2 Disk Size コンテンツ格納に必要なディスクサイズとして、平均配信ビットレート (Mbps)x平均再生時間(sec)xコンテンツ数をもとに割り出す。 3 Disk IO オンデマンド配信の場合、格納されている動画ファイルのRead IO性能も 重要な要素となる。 ローカルディスクを利用する場合、一般的なNW Through putに対して、 Disk IOの方が高速のため、問題になることが少ないが、配信サーバを複数 台並べ、NAS等でコンテンツを共有する場合は、NASサーバのThroughput を十分に考慮する必要がある。 4 CPU 一般的に配信において、CPU/Memoryリソースを多く消費する処理が少な Memory く、アクセス数に比例してCPU/Memoryリソースが増加することは少ない。 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • コンテンツの公開方法Flash実行可能環境への公開  Flash Media Playbackの“Preview Embed Code”に出力された タグを公開ページに埋め込む  任意のFlash Playerを利用する場合は、配信URLに動画のURL を指定MacおよびiOSへの公開  HTML5 videoタグを利用して配信URLに動画のManifest URLを 指定 HTML5 videoタグ使用例 <html> <head> <title>HTTP Live Streaming Example</title> </head> <body> <video src=“{動画Manifest URL}" height="300" width="400"> </video> </body> </html> Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • FMSを利用しないHDS配信 FMSを導入しなくてもApacheとHDS用HTTP Originモジュール(無償提供) のみでHTTP Dynamic Streaming配信サーバを構築可能  モジュールをダウンロードし、httpの/modulesフォルダにモジュールを配置し た後、httpd.confを先のように修正http://help.adobe.com/en_US/HTTPStreaming LoadModule f4fhttp_module modules/mod_f4fhttp.so/1.0/Using/WS8d6ed60bd880807c48597a9e1 : <Location /vod>265edd6cc0-8000.html HttpStreamingEnabled true HttpStreamingContentPath “<動画格納PATH>" </Location> Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • EBSを動画ファイル格納領域として利用AMI FMSはInstance Store Root Deviceのため、インスタンス障害が発生した際に、設定内容およびデフォルトの動画ファイル格納領域(/mnt)に保存していたデータが消去されてしまいます対処案 1. /mnt配下をコピーしたEBSを/mntにマウントし、EBSをコンテンツ格 納領域として利用 ※Ephemeral StoreからEBSになるため、多少のIOオーバーヘッドは 発生する 2. 別のディレクトリにEBSをマウントし、rsync等を利用して定期的に /mnt配下をコピーする Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • まとめCopyright © 2012 Amazon Web Services
  • まとめFMS on AWSを利用して簡単に配信環境の構築が可能AWSのプラットフォームを利用し、安定かつ柔軟性のある配信インフラの構築が可能FMSにより様々なクライアントデバイスへの配信が可能FMSの様々な機能を利用して、より高度な配信システムの構築が可能 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  • 参考Announcing Flash Media Server 4.5 on AWS  http://blogs.adobe.com/ktowes/2012/03/announcing-flash-media-server-4-5-on- amazon-web-services.htmlUsing Flash Media Server on Amazon Web Services  http://help.adobe.com/en_US/flashmediaserver/amazonec2/index.htmlAWS Live HTTP Streaming Using CloudFront and Adobe Flash MediaServer 4.5  http://docs.amazonwebservices.com/AmazonCloudFront/latest/DeveloperGuide/Liv eStreamingAdobeFMS4.5.htmlFlash Media Server 4.5 Datasheet  http://wwwimages.adobe.com/www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/products/ flash-media-streaming/pdfs/fms45_ds_ue_v1.pdf Copyright © 2012 Amazon Web Services