Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ライトノベル市場の現状分析

29,960 views

Published on

研究会で資料を希望された方が居たのでアップします。
2014年度(=発表会は2015年2月)の卒業研究です

Published in: Business
  • Be the first to comment

ライトノベル市場の現状分析

  1. 1. ライトノベル市場の分析 小山 研究室・鈴木 理恵さん の卒業研究です 1
  2. 2. 研究背景①:現在の出版市場は減少傾向 2 文献[1]より著者作成
  3. 3. 研究背景②:ライトノベル市場は増加傾向 3 ※2013年:初の減少 ・・・一時的なものという見方もある文献[1]より著者作成
  4. 4. 研究目的 • ライトノベル市場の現状を分析 • コミック市場との比較:今後、成長の見込みはあるのか • 成長の一方で「新作が売れていない」といわれるのは本当か • ライトノベル市場もいずれはコミック市場の様になるのか • コミック市場:メディアミックスは盛んだが市場は縮小 4 文献[1]より著者作成 アニメ作品の原作比率の推移 コミック市場推移
  5. 5. ライトノベルとは • 若者向け小説の一部 • コミック・アニメ調のイラストの表紙・挿絵の作品が多い • 一般的なイメージ:「小説」と「マンガ(コミック)」の中間 • 各レーベルでコンテストを開催:新人発掘 • 販売形態:文庫と新書が中心 • 主に文庫 5
  6. 6. レーベル・単行本数 • レーベル数・単行本数 ・・・増加傾向 • 単行本数平均 ・・・大きな変動なし →多くのレーベルからほ ぼ同量のライトノベルが 出版されている →新規参入が多く、競争 が激しい 6 0 500 1000 1500 2000 2500 0 10 20 30 40 50 60 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 レーベル数 単行本数/レーベル数 単行本数(右軸) 文献[8]より著者作成
  7. 7. 書店による売上数の推移 • 文献[5]にあった2店のライトノベルの販売部数/店舗数 • 「くまざわ書店」グループ:一般向け書店 • コミックとらのあな:オタク向けコンテンツ中心に販売 • トップは変動が激しいため特定の順位を調査 • 文庫:10,20,30位 • 新書:10,15,20位 7
  8. 8. 文庫本販売数/店舗数:コミックとらのあな 8 文献[8]より著者作成
  9. 9. 9 文庫本販売数/店舗数:「くまざわ書店」グループ 文献[8]より著者作成
  10. 10. 10 新書販売数/店舗数:コミックとらのあな 文献[8]より著者作成
  11. 11. 11 新書販売数/店舗数:「くまざわ書店」グループ 文献[8]より著者作成
  12. 12. 購入傾向 • どちらも市場とは異なる動き • 新作:両者ともにほとんど入っていない • 個別の売上:大きな変動は少ない メディアミックス展開の影響 • メディアミックスの効果:「くまざわ書店」グループのみ • 1巻が特に売れる:新規層の獲得 • コミックとらのあな:メディアミックス前に販売数増 • コミックとらのあな:オタク向けコンテンツが中心の書店 • ここで関心を集めた作品がメディアミックスされる? • 新刊が特に売れる:従来のファン>新規層 • 同じメディアミックスでも実写の影響は見られない 12
  13. 13. 現状調査:新人数(新人賞応募数から) 13 上:電撃大賞 下:小学館ライトノベル大賞 • 2014年以外基本的に増加 • 2014年:減少したが2012 年と同じ位の応募数 各公式HPより著者作成
  14. 14. 現状調査:その年にライトノベルを刊行した作家数 • 作家数:年々増加 →各レーベルから新人が輩出 • ライトノベル市場:2013年減少 →市場は下がっても、作家数は 増加 14 文献[8]より著者作成
  15. 15. 現状調査:作家の1年あたりの単行本発行数 15 • 全体の約4~5割:1冊 • 3冊以下:全体の約8割 • 一部に執筆速度が速い作家も存在 文献[8]より著者作成
  16. 16. 現状調査:作家の生存数 16 • 2010年までに本を出した作家の約半分が2011年以降出版数0 • 出版数0の作家:約半分が2010年までに出した本が1冊 →「読み切りor最終巻」+「新人」と考えられる →多くの新人が1冊で終わっている 文献[8]より著者作成
  17. 17. コミック市場との比較 コミック市場の減少理由 • 読む人の減少 • コミック誌の販売数の減少:現在では「雑誌<単行本」 「雑誌でファン獲得→単行本で拡大→メディアミックスで拡大」 というビジネスモデルの崩壊 • メディアミックスの影響:薄れている • 放送後に売上が下がる • 「売れている作品」と「そうでない作品」の二極化 ライトノベルとの比較 • ライトノベル:多くは直接単行本化 • ビジネスモデルの崩壊:考えにくい • 放送後の売上減少・作品の二極化・・・ライトノベルでも発生 →全く異なるとはいえない 17
  18. 18. 結論 • 競争:激しい • 単行本、レーベル、新人の応募数:増加 • レーベルの増加:新規参入 • 出版業では数少ない成長分野 • 市場は拡大したが,個別の売上はあまり伸びていない • 書店での10位,20位,30位の売上はほぼ同じ • 実態は厳しい • 1冊しか出さずに消えていく作家が多い →新人が消え、人気作だけが残っている →メディアミックス:人気作を生み出すための手法 • メディアミックスの効果が薄れる→減少する? • コミック市場の様になる可能性は十分ある • メディアミックスを一時的なものにしないことが課題 18
  19. 19. 参考文献 • [1]出版科学研究所『出版指標年表』 出版科学研究所 2005~2014年度版 • [2]出版科学研究所『出版月報 2010年8月号』 出版科学研究所 2010 • [3]玉川博章 「現代における青少年向け書籍の発展―ヤングアダルト文庫出版史」 • 『出版研究35号』 2004 P41~63 • [4]榎本秋『ライトノベル文学論』 NTT出版 2008 • [5]『このミステリーがすごい!』編集部・編 『このライトノベルがすごい!』 宝島社 2005~2015年版 (2008年版より編集が『このライトノベルがすごい!』編集部に変更) • [6]新城カズマ『ライトノベル「超」入門』 ソフトバンク新書 2006 • [7]『ライトノベル完全読本』 日経BP社 2004 • [8]ラノベの杜DB http://ranobe-mori.net/db/ • [9]ラノベ作家の統計 http://tma.main.jp/lanobe/author.html • [10]デジタルコンテンツ協会編『デジタルコンテンツ白書 2013』 2013 • [11]キネ旬総研エンタメ叢書『“日常系アニメ”ヒットの法則』 キネマ旬報社 2011 • [12]増田弘道『アニメビジネスがわかる』 NTT出版 2007 • [13]増田弘道『もっとわかるアニメビジネス』 NTT出版 2011 • [14]ORICON STYLE http://www.oricon.co.jp/ • [15]大森望・三村美衣 『ライトノベル★めった斬り』 太田出版 2004 • [16]飯田一史『ベストセラー・ライトノベルのしくみ キャラクター小説の競争戦略』 青土社 2012 19
  20. 20. ご清聴ありがとうございました 20

×