Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

WI2研究会ステージ発表特別企画 「大学教員から⾒た『企業と⼤学の蜜⽉な関係』とは」 清田発表分

448 views

Published on

WI2研究会第2回ステージ発表(2014年11月21日@リクルート)の「産学連携」をテーマとしたパネルディスカッションで、清田から共有させていただいたコンテンツです。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

WI2研究会ステージ発表特別企画 「大学教員から⾒た『企業と⼤学の蜜⽉な関係』とは」 清田発表分

  1. 1. 産学間の「壁」を 超えるには? HOME’S事業本部 プロダクト開発部 リッテルラボラトリーユニット 主席研究員 清⽥田 陽司 第2回WI2研究会ステージ発表(2014年年11⽉月21⽇日@リクルート) 特別企画 ⼤大学教員から⾒見見た『企業と⼤大学の蜜⽉月な関係』とは? Copyright(c) NEXT Co., Ltd. All Rights Reserved.1
  2. 2. ⾃自⼰己紹介 › ⾃自然⾔言語処理理応⽤用、情報検索索、情報推薦 › 略略歴 • 京都⼤大学⼤大学院情報学研究科 博⼠士課程 (-2004) • 質問応答システム「ダイアログナビ」 マイクロソフト⽇日本法⼈人との共同研究 • 東京⼤大学情報基盤センター (2004-2012) • 図書館ナビゲーションシステム • 株式会社リッテル (2007-2011) • 図書館ナビゲーションシステム実⽤用化 • Hadoopベースの⼤大規模データ処理理技術 • 株式会社ネクスト リッテルラボラトリー (2011-) • 情報レコメンデーション研究開発 (主にHOME’S) ⼤大学との共同研究 Copyright(c) NEXT Co., Ltd. All Rights Reserved.2
  3. 3. ⼤大学院⽣生として産学連携研究テーマに携わった経験から › 相⼿手企業のビジネス背景の把握が必須 • 実験環境への習熟(⼤大学と企業の組織⽂文化の違い) • 情報セキュリティー • サービスレベル • 提供されるデータの性質への理理解 • 顧客ニーズへの理理解 › 必要なコミット期間の⻑⾧長さは? • MSとの共同研究では、本質的な研究テーマに切切 り込めるまで1年年ほど要した › 習熟・理理解に⾄至る⽅方法は? • 密なミーティング、企業からの研究員受け⼊入れ、 インターンシップ、…. Copyright(c) NEXT Co., Ltd. All Rights Reserved.3
  4. 4. 産学連携研究テーマに携わることで得られた視点(⼤大学院⽣生として) › ⼤大学の「知」と企業の「知」の関係づけ • ⼤大学の「知」の限界を経験的に知る • 企業の「知」にコミットしすぎる怖さを知る › 専攻以外の分野にも関⼼心を向けることの重要性 • 分野横断型のテーマに取り組むきっかけに Copyright(c) NEXT Co., Ltd. All Rights Reserved.4
  5. 5. ⼤大学へのデータ提供について(企業側の視点) › データが⽣生み出されるビジネス的背景への理理解が 必要とされることが「壁」になっている • データの加⼯工(クレンジングなど) • 現場のオペレーションに依存した知識識 › プライバシー保護をめぐる問題 データ本体だけでなく、データ活⽤用の知⾒見見そのもの の共有をどうやって進めるか? Copyright(c) NEXT Co., Ltd. All Rights Reserved.5
  6. 6. インターンシップの受け⼊入れをめぐる課題 › 学⽣生にとって有益な体験をどうやって提供する か? • 短期では「適切切なサイズ」のテーマの設定に困 難がある(研究開発部⾨門) • リソースの問題 › 受け⼊入れの条件 • ⾒見見通しがある程度度明確なテーマが準備できてい る • 中⻑⾧長期的な受け⼊入れができる状況が整っている Copyright(c) NEXT Co., Ltd. All Rights Reserved.6

×