Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2014図書館総合展フォーラム

1,090 views

Published on

2014.11.6.図書館総合展フォーラム
「ディスカバリーサービス徹底検証」
(パネルディスカッション)
発表資料

  • Be the first to comment

2014図書館総合展フォーラム

  1. 1. 第16回図書館総合展サンメディア主催フォーラム ディスカバリーサービス徹底検証 ~図書館員が知っておくべき利用機関の5つの本音~ 結局ディスカバリーサービスって何のためのツールなんです? 2014.6.7 15:30~ 於パシフィコ横浜鹿児島大学学術情報部情報管理課北山信一
  2. 2. 論文のタイトルで探すときは…… 外国語の論文を探すには…… 雑誌記事を探すときには…… 雑誌記事を探すときには…… 探す資料の種類によって使うツールを使い分けましょう 目的にあったデータベースを選択してください。 日本国内の学術論文情報は…… 電子ブックを読む方法 どれ使っていいのか、わからなくなるんだよね…… ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  3. 3. 図書は書名や著者名で「論文のタイトル」で は検索できません 論題しかわからない時は まず文献DB等で収録さ れている雑誌名を云々… 探す資料毎に 使うツールが 異なります フリーワード検索とは 前方一致検索… 後方一致検索… AND検索… 完全一致検索… NOT検索… OR検索… ヨミ… 件名… このテクニックはボクには 必要なさそう(訳:めんどくさそう)だから使わないかも ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  4. 4. これはOPACの検索ログです 簡単なキーワード検索ばっかりです 「高度な検索方法」を使う人なんかいませんってば ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  5. 5. 利用者教育の負担減 電子書籍の目録問題 システムの鮮度 簡単に検索 さまざまな期待を背負って導入されたんですよね ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  6. 6. それは2013年3月7日のことでした ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  7. 7. 欲しい情報が トップ(検索結果上位)に来ない 電子ジャーナルやOPACを 一括して検索できて便利 面白い 使いにくい わかりにくい ◯◯が検索できて いるのか不安 OPACの方が いい 該当のものに辿りつくのに苦労する 検索結果が多すぎる 検索対象範囲が狭い 何の話をしてるんだコレ……? ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  8. 8. 自らの検索行動に 対して期待している 結果のイメージ ”探していたもの”がヒッ トする安心感 ディスカバリーサービスの感触が気持ち悪かったのかも ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  9. 9. ところで、これについてはどうなったの? ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  10. 10. 「検索語」検索 「形態素解析」 D.S.の方が「ヒットなしが少ない」気はしてる…… 検索 V.S. ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  11. 11. いろいろなデータソースからバランスよく拾ってきてい るような気はする…… ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  12. 12. 事典類を一緒に引けるのは地味に便利な気がする…… ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  13. 13. 諦めたらそこで試合終了ですよ? ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  14. 14. DS ≒ OPAC or DS = OPAC と思 われている…? 「図書館の目録は『打てない漢字』の時はひらがなでいいはず」 ……ってツッコミを入れられたらしいよ ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  15. 15. なお、検索ログを見るとユーザ はここで退散した模様…… 検索エンジンの方が賢いの?… も、もしかして……「7つの習慣」? 7つの週間(?) ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  16. 16. 授業、ガイダンス等のサイクルと一致 (わけあって7月以降のデータ反映してませんが) 利用件数は増えている(少なくとも今のところは) ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  17. 17. 貸貸出出冊冊数数 の年推移 4月5月6月7月 2013年4,030 5,168 4,989 6,717 2014年4,884 6,014 5,872 7,894 増加率+21.2% +16.3% +17.7% +17.5% 貸出冊数 の月毎比較 2013年3月のDS導入以降、貸出冊数の増加傾向が 続いている ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  18. 18. リポジトリ・コンテンツ ダウンロード件数 「いや多すぎるだろ」とかいうツッコミ禁止 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  19. 19. 誰も、上手く言語化できない…… 期待した結果と違う…… 何か感覚が…… わ、何か出た…… 何でも出てきて便利だわー 結局、これって何なの? 言葉にすると嘘になるんだよ……(上手いこと言った風) ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  20. 20. 宝物は自分の手で見つけるんだよ! (再度、上手いこと言った風) D.S.は 「目的地がわかっている人」 のためのツールではない、のかも ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  21. 21. 期待(予想)値結果に対する印象 外れちゃダメだろ… もしかすると(現状では)無茶な期待をされてるのかも ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  22. 22. H T先生(鹿大N学部准教授) 最近の学生は、検索結果に「解答」を求めすぎている。検索すれば「答え」が出てく ることに疑いを持っておらず、検索とはそれを探すための手段だと思っている。 しかし 情報検索は本当は考察を深めていくための単なる きっかけにすぎない。 情報検索のプロである図書館の人は、そういうことを学生に教えてあげてほしい。 文献入手するだけではないのか…… 深イイなぁ…… ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  23. 23. どのように検索するか?… どうやって文献を 入手するか? 検索のコツは? 検索結果画面から 何が判るのか? 検索結果をどう 評価するか? どのレコードを拾いあ げたらいいのか? 次に何をするのか 「その先」の思考を促すような、図書館ガイダンス? (ハードルが上がってるなコレ……)… ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  24. 24. Summonは何も発見してませんよ。 アナタが発見するんです。。。。 期待を”裏切る”発見を! ”拾い上げる”のは誰? この集合は誰のもの? 役にたたない? これはまだ”結果”ではないのでは? “発見”は誰 がするのか? ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
  25. 25. 漏れなく ディスカバリーサービス に望むこと 速く 適切に 結局、当たり前のことを目指してるんだよね ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

×