Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20141023 Research for UK

949 views

Published on

国立情報学研究所での報告資料です。

Published in: Business
  • Be the first to comment

20141023 Research for UK

  1. 1. 平成26年度国立大学図書館協会 海外派遣事業調査報告 :英国視察 電気通信大学学術情報課 学術情報サービス係 上野 友稔 ⓒ 2014UEC Tokyo. 平成26年10月23日(木) 15:00~17:00 国立情報学研究所 電子リソースデータ共有WG
  2. 2. No.1 ⓒ 2014 UEC Tokyo. 0. 提案 1.データ管理の明確な分担を提案します。 2.KB+を参考にしたシステムの改善を提案 します。 3.APIを用いた各種システムとの連携を提 案します。 4.日本語KBの国際的な流通および海外EJ のKBを活用するために、GOKbやKB+と より緊密なコンタクトを取ることを提案 します。
  3. 3. No.2 ⓒ 2014 UEC Tokyo. 1. データ管理の分担 •KB+では登録データ管理をJISC Collectionsと参加機関で分担しています。 •JISC Collections:パッケージ、タイト ル •参加機関:購読情報(予算情報)、利用 条件 •JISC Collectionsが管理するデータ (例:タイトル)に誤りがあった場合に は、発見機関からJISC Collectionsへ通 知し、 JISC Collectionsがデータを修正 しています。
  4. 4. No.3 ⓒ 2014 UEC Tokyo. 1. データ管理の分担 •JISC Collectionsのメンテナンス体制:2 年前の調査とくらべて大きな変化はあり ません •Liam氏:チームリーダ •Margaly氏:データマネージャ(フルタ イム) •データマネージャ2名(パートタイム) •(必要に応じて)JISC Lisence Team
  5. 5. No.4 ⓒ 2014 UEC Tokyo. 1. データ管理の分担 •KB+のデータ管理体制 書誌層 KB層 契約層 書誌 契約情報 利用条件 提供タイトル・ パッケージ (収録範囲,URL) JISC Collections 参加機関
  6. 6. No.5 ⓒ 2014 UEC Tokyo. 1. データ管理の分担(提案) •ERDB(-JP)のデータ管理体制 書誌層 KB層 契約層 書誌 契約情報 利用条件 提供タイトル・ パッケージ (収録範囲,URL) NII・WG機関 参加機関
  7. 7. No.6 ⓒ 2014 UEC Tokyo. 2. システムの改善 •KB+のシステムは複雑化してきている。 そのため、インターフェースやシステム そのものの改善が必要と考えている。 (JISC Collections) •KBART2:次年度になるのではないか。 電子ブックのデータを扱うようになると 非常に有用 •電子ブック:パイロットプロジェクトと して来年9月頃にスタート、息の長いプ ロジェクトになるだろう •リンクリゾルバとの連携(後述)
  8. 8. No.7 ⓒ 2014 UEC Tokyo. 2. システムの改善 •KB+のドキュメントや操作の様子を見る ことができます。 •KB+ Support:http://bit.ly/ZDGFYR •KB+ Users Guide: http://bit.ly/1yToMoz •KB+(Youtube): http://bit.ly/1yTpm5K
  9. 9. No.8 ⓒ 2014 UEC Tokyo. 2. システムの改善(提案) •ERDBのインターフェースに関して、操 作性が向上するような改善を提案します。 •各種データの作成時に、流用作成が容易 にできるシステムであることを提案しま す。 •例:リニューアルデータを作成するとき には、前年度のパッケージ、タイトル、 購読情報、ライセンス等のデータが流用 できる。
  10. 10. No.9 ⓒ 2014 UEC Tokyo. 3. データ・システム連携 •既にデータ連携済のelcat・JUSPに加え て、JISC Collectionsで提供している サービスを統合し図書館へ提供すること を検討しています(JISC Collections)。 •Intotaへのデータ提供の実証実験を行い、 フィードバックをKB+へ提供しています (Huddersfield) •APIを用いてリンクリゾルバに自動的に データをやりとりする機能を求めていま した(King’s College London)→対応 準備中(JISC Collections)
  11. 11. No.10 ⓒ 2014 UEC Tokyo. 3. データ・システム連携 •ProQuest(Serials Solutions):とても ポジティブ •OCLC、EBSCO:ポジティブ •Ex Libris:ニュートラル(KB+のデータ は必要なく自前のデータで十分と判断し ているようだ。) •(出版社:ニュートラル)
  12. 12. No.11 ⓒ 2014 UEC Tokyo. 3. データ・システム連携(提案) •各種システムに対してAPIを用いてデー タ提供することを提案します。 •データ提供を希望するシステム:ディス カバリ、リンクリゾルバ、図書館システ ム(OPAC) •各ベンダーに対してERDBからのデータ 提供に対応するよう調整することを提案 します。
  13. 13. No.12 ⓒ 2014 UEC Tokyo. 4. GOKbやKB+とのコンタクト •日本語KBの流通:GOKbを通じた流通が 理想的(Liam氏) •KB+には、GOKbのデータが既に収録さ れている •ERDBに対するリアクション:Liam氏は 非常に興味をもった様子
  14. 14. No.13 ⓒ 2014 UEC Tokyo. 4. GOKbやKB+とのコンタクト(提案) •GOKbと緊密なコンタクトを取り、日本 語KB流通のためのネゴを行うことを提案 します。 •GOKb(KB+)から海外EJのKB(Elsevier等)が取得できるようであれ ば話を進めていただくよう提案します。 •研究で利用される電子リソースは海外EJ が中心であるため、海外EJのKBが収録さ れることはERDB利用の大きなメリット になります。(本学にとっては特に…多 くの大学でも同じでは…)。
  15. 15. No.14 ⓒ 2014 UEC Tokyo. 4. GOKbやKB+とのコンタクト(相談) •Liam氏から以下2点の希望がありました。 対応をご検討ください。 •ERDBのインターフェース・スライド ショウ •テストID・PWの提供 •ERDB事業の理解を深めてもらう意味で も、情報の提供は有用かと考えます。

×