Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Mobility Technologies Co., Ltd.
GOの機械学習システムを支える
MLOps事例紹介
開発本部 AI技術開発部
MLエンジニアリンググループ
鈴木 隆史
Mobility Technologies Co., Ltd.
自己紹介
2
鈴木 隆史 | Takashi Suzuki
開発本部 AI技術開発部 MLエンジニアリンググループ
● 2019年DeNA入社
機械学習の実験基盤やパイプラインの設...
Mobility Technologies Co., Ltd.
3
Mobility Technologies Co., Ltd.
4
Mobility Technologies Co., Ltd.
GOのとある機械学習システムにおける、いくつかのMLOpsについてお話します
● Test
● Validation
● Deploy
今日話すこと
5
Mobility Technologies Co., Ltd.
お客様探索ナビについて
01
6
Mobility Technologies Co., Ltd.
プロダクトの課題設定
7
乗務員は歩合制
収入は
探客スキルに依存
Mobility Technologies Co., Ltd.
お客様探索ナビとは
8
需要を予測して最適な
営業経路を提案
Mobility Technologies Co., Ltd.
お客様探索ナビとは
9
需要を予測して最適な
営業経路を提案
需要供給予測
● 特徴量作成
● MLモデル推論
走行ルート推薦
● 最適方策の獲得
● 全体最適化
ベースとなる技術
Mobility Technologies Co., Ltd.
機械学習による需要供給予測
10
直近の乗車数
周辺の乗車数
各種統計量
MLモデル
直後30分に発生
する乗車数
Mobility Technologies Co., Ltd.
強化学習による走行ルート推薦
11
行動:進行方向
報酬:売上など
報酬
行動
環境
エージェント
Mobility Technologies Co., Ltd.
MLシステムフロー
02
12
Mobility Technologies Co., Ltd.
MLシステムのリアルタイムデータの重要性
13
● 時間帯による需要変化、タクシーの供給変化など、刻一刻と状況は変化する
● 例: 突然の商業施設閉館による道路の需要減
高需要道路...
Mobility Technologies Co., Ltd.
MLシステムのワークフロー
14
● 新鮮なデータで推論・学習(モデル更新)を行う必要がある
現在のモデルでリアルタイムデータに対し推論(短期の変化)
直近のデータを用いて学習・モ...
Mobility Technologies Co., Ltd.
MLモデル更新パイプライン(1週ごと)
15
統計値作成 前処理 学習 バッチ推論
AI Platform Training
BigQuery
Mobility Technologies Co., Ltd.
MLモデル更新パイプライン(1週ごと)
16
Mobility Technologies Co., Ltd.
推論パイプライン(5分ごと)
17
Mobility Technologies Co., Ltd.
Test MLOps
03
18
Mobility Technologies Co., Ltd.
MLシステムにおけるテストの難しさ
19
統計値
作成 前処理 学習
バッチ
推論
シミュレータ
デプロイサイクル
● 開始から終了まで10時間ほど要する
● 学習など、ステップ単...
Mobility Technologies Co., Ltd.
MLシステムにおけるテストの難しさ
20
精度テスト
- 最新 develop image で定期実行
- 10時間ほど要する
- プロダクションと同条件のデータ
- 精度の面は監...
Mobility Technologies Co., Ltd.
動作テスト
21
Github + CircleCI + PyTest によるテスト運用
● 運用ルール: PR を出す時は最低限テストをパスさせる
● develop ブランチに...
Mobility Technologies Co., Ltd.
動作テスト
22
● 基本的にパイプラインの流れを最低限のデータで再現
● CircleCI 上での実行時間は30分弱
統計値作成 前処理 学習 バッチ推論
※最小限のデータで実行...
Mobility Technologies Co., Ltd.
Pytestの設計
23
● Setup/Teardown で一時データセットやバケットを用意
テスト実行ごとにハッシュ値を用意し、 BQ や GCS 上で被りがないように
Mobility Technologies Co., Ltd.
Test MLOps まとめ
24
1. 動作テスト
- 開発サイクルにおけるテスト
- Github + CircleCI + PyTestで最小限データと実行時間で動作確認
2...
Mobility Technologies Co., Ltd.
Validation MLOps
04
25
Mobility Technologies Co., Ltd.
MLシステムにおける精度検証の難しさ
26
学習データのノイズや時期性
モデル精度の経年悪化
テストデータのノイズ等
正しい精度評価ができない
精度が悪いモデルを本番デプロイ
経路...
Mobility Technologies Co., Ltd.
デプロイフローにおける精度検証
27
RMSE (Root Mean Squared Error)
● 道路ごとに、ある時間枠で何台のタクシーが通るか → 供給
● 道路ごとに、あ...
Mobility Technologies Co., Ltd.
デプロイフローにおける精度検証
28
統計値
作成 前処理 学習
バッチ
推論
BQの一時テーブルを利用して平均値がおかしな値でないかを確認
閾値は少し緩めだが、多段なので許容
統...
Mobility Technologies Co., Ltd.
デプロイフローにおける精度検証
29
学習したMLモデルが
検証データに対する RMSE が統計値よりも悪ければ弾く
学習時の Validation
統計値
作成 前処理 学習
バ...
Mobility Technologies Co., Ltd.
デプロイフローにおける精度検証
30
テストデータに対する RMSE がプロファイルよりも悪ければ弾く
バッチ推論時の Validation
テストデータに対する RMSE が統計...
Mobility Technologies Co., Ltd.
デプロイフローにおける精度検証
31
統計値
作成 前処理 学習
バッチ
推論
シミュレータ
シミュレーション結果が現行モデルを超えていなければ弾く
シミュレータの Validat...
Mobility Technologies Co., Ltd.
Validation MLOps まとめ
32
1. モデルデプロイ時には多段Validation
- データ異常値によるモデルと統計値のズレを想定する
- デプロイ時には多段Va...
Mobility Technologies Co., Ltd.
Deploy MLOps
05
33
Mobility Technologies Co., Ltd.
● 手動デプロイと自動デプロイの選択
○ 手動にすれば質の悪いモデルデプロイは防げるが、人的コストがかか
る
○ 自動デプロイの場合は、リリース時の精度担保をどうするか
● 障害等...
Mobility Technologies Co., Ltd.
● 前項で話したとおり、デプロイ前に4段のValidationでモデル/統計値の精度
面チェックは実施済み
● そのためValidation通過済みのモデルに関しては自動デプロイを...
Mobility Technologies Co., Ltd.
統計値によるフォールバック
36
デプロイ対象
● 推論結果が一定時間更新されない際、統計値を基にした経路が引かれる
● つまり推論パイプラインが止まっても、ナビは機能する(重要)...
Mobility Technologies Co., Ltd.
統計値によるフォールバック
37
デプロイ対象
● 推論結果が一定時間更新されない際、統計値を基にした経路が引かれる
● つまり推論パイプラインが止まっても、ナビは機能する(重要)...
Mobility Technologies Co., Ltd.
デプロイ済みモデルの精度劣化監視
38
評価パイプライン(1日1回)
● 直近1日の推論結果を Ground Truth (実際のログ)を用いて評価
● 推論 RMSE と統計値 ...
Mobility Technologies Co., Ltd.
Deploy MLOps まとめ
39
1. 統計値でシステム担保
- MLリアルタイム推論の停止前提に統計値でフォールバック
2. 監視パイプラインで事後精度の担保
- モデル推...
Mobility Technologies Co., Ltd.
まとめ
06
40
Mobility Technologies Co., Ltd.
人的リソースの削減
● 枯れたMLシステムとなると、システム担保のための定常的なエンジニア工数削減が
重要になる
● テスト、精度検証、デプロイ、監視まわりでしきい値や担保したい精...
Mobility Technologies Co., Ltd.
Appendix
42
お客様探索ナビのアルゴリズムやMLOps全般については
DeNA TechConでの登壇資料をご覧ください
https://www.slideshare.n...
Mobility Technologies Co., Ltd.
技術全般 Twitter @mot_techtalk
Thank You!
We Are Hiring!
43
AI関連 Twitter @mot_ai_tech
confidential
文章·画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。
Mobility Technologies Co., Ltd.
44
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

10

Share

Download to read offline

GOの機械学習システムを支えるMLOps事例紹介

Download to read offline

2021/7/6に実施されたTier4 MoT Meetupの登壇資料です

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

GOの機械学習システムを支えるMLOps事例紹介

  1. 1. Mobility Technologies Co., Ltd. GOの機械学習システムを支える MLOps事例紹介 開発本部 AI技術開発部 MLエンジニアリンググループ 鈴木 隆史
  2. 2. Mobility Technologies Co., Ltd. 自己紹介 2 鈴木 隆史 | Takashi Suzuki 開発本部 AI技術開発部 MLエンジニアリンググループ ● 2019年DeNA入社 機械学習の実験基盤やパイプラインの設計開発を担当 ● 2020年Mobility Technologies転籍
  3. 3. Mobility Technologies Co., Ltd. 3
  4. 4. Mobility Technologies Co., Ltd. 4
  5. 5. Mobility Technologies Co., Ltd. GOのとある機械学習システムにおける、いくつかのMLOpsについてお話します ● Test ● Validation ● Deploy 今日話すこと 5
  6. 6. Mobility Technologies Co., Ltd. お客様探索ナビについて 01 6
  7. 7. Mobility Technologies Co., Ltd. プロダクトの課題設定 7 乗務員は歩合制 収入は 探客スキルに依存
  8. 8. Mobility Technologies Co., Ltd. お客様探索ナビとは 8 需要を予測して最適な 営業経路を提案
  9. 9. Mobility Technologies Co., Ltd. お客様探索ナビとは 9 需要を予測して最適な 営業経路を提案 需要供給予測 ● 特徴量作成 ● MLモデル推論 走行ルート推薦 ● 最適方策の獲得 ● 全体最適化 ベースとなる技術
  10. 10. Mobility Technologies Co., Ltd. 機械学習による需要供給予測 10 直近の乗車数 周辺の乗車数 各種統計量 MLモデル 直後30分に発生 する乗車数
  11. 11. Mobility Technologies Co., Ltd. 強化学習による走行ルート推薦 11 行動:進行方向 報酬:売上など 報酬 行動 環境 エージェント
  12. 12. Mobility Technologies Co., Ltd. MLシステムフロー 02 12
  13. 13. Mobility Technologies Co., Ltd. MLシステムのリアルタイムデータの重要性 13 ● 時間帯による需要変化、タクシーの供給変化など、刻一刻と状況は変化する ● 例: 突然の商業施設閉館による道路の需要減 高需要道路 低需要道路 施設閉館 Map data ©2021 Google
  14. 14. Mobility Technologies Co., Ltd. MLシステムのワークフロー 14 ● 新鮮なデータで推論・学習(モデル更新)を行う必要がある 現在のモデルでリアルタイムデータに対し推論(短期の変化) 直近のデータを用いて学習・モデルを更新(中長期の変化) 前処理 推論 推論パイプライン (5分ごと) 統計値 作成 前処理 MLモデル更新パイプライン (1週ごと) 学習 バッチ推論 シミュレーション
  15. 15. Mobility Technologies Co., Ltd. MLモデル更新パイプライン(1週ごと) 15 統計値作成 前処理 学習 バッチ推論 AI Platform Training BigQuery
  16. 16. Mobility Technologies Co., Ltd. MLモデル更新パイプライン(1週ごと) 16
  17. 17. Mobility Technologies Co., Ltd. 推論パイプライン(5分ごと) 17
  18. 18. Mobility Technologies Co., Ltd. Test MLOps 03 18
  19. 19. Mobility Technologies Co., Ltd. MLシステムにおけるテストの難しさ 19 統計値 作成 前処理 学習 バッチ 推論 シミュレータ デプロイサイクル ● 開始から終了まで10時間ほど要する ● 学習など、ステップ単位でも1時間以上要するものも ● BigQuery や GCS を含む複雑な依存関係 ● 動作の保証だけでなく、精度も考慮する必要
  20. 20. Mobility Technologies Co., Ltd. MLシステムにおけるテストの難しさ 20 精度テスト - 最新 develop image で定期実行 - 10時間ほど要する - プロダクションと同条件のデータ - 精度の面は監視・通知によってカバー - 問題なければ本番環境にデプロイ 動作テスト - ローカルもしくはCI で実行するテスト - 30分ほど要する - 最小限のダミーデータを用いる - 精度やデータノイズは一切見ない - パスすれば開発環境まで自動デプロイ
  21. 21. Mobility Technologies Co., Ltd. 動作テスト 21 Github + CircleCI + PyTest によるテスト運用 ● 運用ルール: PR を出す時は最低限テストをパスさせる ● develop ブランチにマージされたら、 CI で最新イメージをビルド ○ 開発環境 Airflow に自動デプロイ ○ 精度含めたテストはパイプラインの定期実行で検知 ローカル開発環境 Push PyTest Job Deploy Job ※develop branch のみ ※全 branch Hook Composer Image Hash
  22. 22. Mobility Technologies Co., Ltd. 動作テスト 22 ● 基本的にパイプラインの流れを最低限のデータで再現 ● CircleCI 上での実行時間は30分弱 統計値作成 前処理 学習 バッチ推論 ※最小限のデータで実行 AI Platform は使わずローカルリソースで
  23. 23. Mobility Technologies Co., Ltd. Pytestの設計 23 ● Setup/Teardown で一時データセットやバケットを用意 テスト実行ごとにハッシュ値を用意し、 BQ や GCS 上で被りがないように
  24. 24. Mobility Technologies Co., Ltd. Test MLOps まとめ 24 1. 動作テスト - 開発サイクルにおけるテスト - Github + CircleCI + PyTestで最小限データと実行時間で動作確認 2. 精度テスト - 開発パイプラインにおけるテスト - 最新 develop branch に自動追従させ、定期実行 - 精度面は監視運用で検証
  25. 25. Mobility Technologies Co., Ltd. Validation MLOps 04 25
  26. 26. Mobility Technologies Co., Ltd. MLシステムにおける精度検証の難しさ 26 学習データのノイズや時期性 モデル精度の経年悪化 テストデータのノイズ等 正しい精度評価ができない 精度が悪いモデルを本番デプロイ 経路、UXに悪影響 検証項目
  27. 27. Mobility Technologies Co., Ltd. デプロイフローにおける精度検証 27 RMSE (Root Mean Squared Error) ● 道路ごとに、ある時間枠で何台のタクシーが通るか → 供給 ● 道路ごとに、ある時間枠で何回の乗車が発生するか → 需要 ● これらを2つのモデルで予測しており、その誤差を見る シミュレーション結果 ● バッチ推論の結果を用いた経路に従うと、どれだけの営収となるか
  28. 28. Mobility Technologies Co., Ltd. デプロイフローにおける精度検証 28 統計値 作成 前処理 学習 バッチ 推論 BQの一時テーブルを利用して平均値がおかしな値でないかを確認 閾値は少し緩めだが、多段なので許容 統計値の Validation シミュレータ
  29. 29. Mobility Technologies Co., Ltd. デプロイフローにおける精度検証 29 学習したMLモデルが 検証データに対する RMSE が統計値よりも悪ければ弾く 学習時の Validation 統計値 作成 前処理 学習 バッチ 推論 シミュレータ
  30. 30. Mobility Technologies Co., Ltd. デプロイフローにおける精度検証 30 テストデータに対する RMSE がプロファイルよりも悪ければ弾く バッチ推論時の Validation テストデータに対する RMSE が統計値よりも悪ければ弾く Monitoring で監視し、ここで弾かれたらアラートを飛ばす バッチ推論時の Validation 統計値 作成 前処理 学習 バッチ 推論 シミュレータ
  31. 31. Mobility Technologies Co., Ltd. デプロイフローにおける精度検証 31 統計値 作成 前処理 学習 バッチ 推論 シミュレータ シミュレーション結果が現行モデルを超えていなければ弾く シミュレータの Validation
  32. 32. Mobility Technologies Co., Ltd. Validation MLOps まとめ 32 1. モデルデプロイ時には多段Validation - データ異常値によるモデルと統計値のズレを想定する - デプロイ時には多段Validationで精度を担保 - デプロイフローを1週毎に実施することで精度劣化を防ぐ
  33. 33. Mobility Technologies Co., Ltd. Deploy MLOps 05 33
  34. 34. Mobility Technologies Co., Ltd. ● 手動デプロイと自動デプロイの選択 ○ 手動にすれば質の悪いモデルデプロイは防げるが、人的コストがかか る ○ 自動デプロイの場合は、リリース時の精度担保をどうするか ● 障害等により時間内にモデル推論が終わらなかった際のfallback ● デプロイ後のモデル精度を監視する仕組み MLシステムにおけるデプロイ周りの難しさ 34
  35. 35. Mobility Technologies Co., Ltd. ● 前項で話したとおり、デプロイ前に4段のValidationでモデル/統計値の精度 面チェックは実施済み ● そのためValidation通過済みのモデルに関しては自動デプロイをしてもよい という判断へ ● その分、デプロイ後の精度監視を強化していく 自動デプロイ 35
  36. 36. Mobility Technologies Co., Ltd. 統計値によるフォールバック 36 デプロイ対象 ● 推論結果が一定時間更新されない際、統計値を基にした経路が引かれる ● つまり推論パイプラインが止まっても、ナビは機能する(重要) ● しかし推論を基にした経路のほうがシミュレーション営収が良い 場合がほとんど モデル推論バケット 推論パイプライン (5分ごと) 統計値バケット 経路生成API アップロード デプロイパイプライン (週ごと) アップロード 直近30分の結果があれば 推論データを参照
  37. 37. Mobility Technologies Co., Ltd. 統計値によるフォールバック 37 デプロイ対象 ● 推論結果が一定時間更新されない際、統計値を基にした経路が引かれる ● つまり推論パイプラインが止まっても、ナビは機能する(重要) ● しかし推論を基にした経路のほうがシミュレーション営収が良い 場合がほとんど モデル推論バケット 推論パイプライン (5分ごと) 統計値バケット 経路生成API 停止 デプロイパイプライン (週ごと) アップロード 直近30分の結果がなければ 統計値を参照
  38. 38. Mobility Technologies Co., Ltd. デプロイ済みモデルの精度劣化監視 38 評価パイプライン(1日1回) ● 直近1日の推論結果を Ground Truth (実際のログ)を用いて評価 ● 推論 RMSE と統計値 RMSE をカスタム指標として Monitoring に送信 ● 推論結果が統計値よりも悪かった場合にアラート発火 評価パイプライン (日ごと) カスタム指標 送信 Monitoring 精度が 悪ければ
  39. 39. Mobility Technologies Co., Ltd. Deploy MLOps まとめ 39 1. 統計値でシステム担保 - MLリアルタイム推論の停止前提に統計値でフォールバック 2. 監視パイプラインで事後精度の担保 - モデル推論が統計値よりも悪かった場合は通知 - 通知が続いた場合は、異常値などによるモデル精度劣化を検証
  40. 40. Mobility Technologies Co., Ltd. まとめ 06 40
  41. 41. Mobility Technologies Co., Ltd. 人的リソースの削減 ● 枯れたMLシステムとなると、システム担保のための定常的なエンジニア工数削減が 重要になる ● テスト、精度検証、デプロイ、監視まわりでしきい値や担保したい精度を定義すること で、ほとんどのMLシステムは自動化が可能 まとめ 41
  42. 42. Mobility Technologies Co., Ltd. Appendix 42 お客様探索ナビのアルゴリズムやMLOps全般については DeNA TechConでの登壇資料をご覧ください https://www.slideshare.net/dena_tech/mov-mlops https://www.slideshare.net/dena_tech/dena-techcon-2019- 132196217
  43. 43. Mobility Technologies Co., Ltd. 技術全般 Twitter @mot_techtalk Thank You! We Are Hiring! 43 AI関連 Twitter @mot_ai_tech
  44. 44. confidential 文章·画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。 Mobility Technologies Co., Ltd. 44
  • tatsunorikawamoto

    Aug. 8, 2021
  • shirakiya

    Jul. 30, 2021
  • KentaroFujii3

    Jul. 20, 2021
  • TakuyaOno1

    Jul. 18, 2021
  • mfunaki1

    Jul. 15, 2021
  • takatsugunokubi

    Jul. 15, 2021
  • TomohikoSengoku1

    Jul. 14, 2021
  • naltoma

    Jul. 14, 2021
  • ssusere171fd

    Jul. 13, 2021
  • zuccini

    Jul. 13, 2021

2021/7/6に実施されたTier4 MoT Meetupの登壇資料です

Views

Total views

5,076

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

749

Actions

Downloads

29

Shares

0

Comments

0

Likes

10

×