Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

One page memo v3

6,069 views

Published on

One Page Memo

Published in: Business
  • Be the first to comment

One page memo v3

  1. 1. 提案の相手: 提案の日付 相手の課題、リテラシー、重視点(新規性、抜け目なさ、信頼性、実証性、確実性)を理解し、 論理的にも、感覚的にも受け入れやすい提案を作成する。 提案のタイトル(重視点を含め、提案内容を伝え、好奇心を刺激する) 提案の目的:施策の目的ではなく、提案自体の目的(提案相手に行って欲しいこと)。例:「売 上目標の達成」ではなく「プロジェクト予算の承認」。提案書には、この目的を達成するために 必要な情報を含める。 問題の提起:解決すべき問題と、その解決法を理解してもらうために、既存の問題、解決しな かった場合に待ち受ける結果、そして解決の糸口となる機会について伝えます。 1. 問題:既存の問題が、その文脈から理解できる客観的な事実を伝える。 2. 結果:問題の解決に取り組まなければ、相手を待ち受ける結果を客観的な事実として伝え る。 3. 機会:新しい技術や、市況、競合動向、法律の変化などの外的要因から生まれ、問題解決 の糸口となる機会。 解決法の定義:行うことと、得られる結果の順に、解決法をワンフレーズで「◯◯を行い、◯ ◯を達成する」というように表記する。 不安要素の払拭:提案の承認に必要な情報を全て記載。企画内容や見積もり、スケジュール、 体勢などをただ記載するのではなく、相手がコスト、デメリット、リスクなどの不安要素が許 容範囲内であると認識するよう表現を工夫する。 1. コスト:得られるリターン、又は期待できるコスト削減が。 2. デメリット:メリットが、デメリットよりも多い。複数の選択肢の中でも最善のものであ る。 3. リスク:問題が起きる確率が低く、十分な回避策が設けられている。 拒否の不合理化:提案の拒否を不合理なものとし、断りにくくする。相手の重視点に合わせて、 強調するポイントを選ぶ。 1. 戦略との合致:提案内容に沿った相手の発言や指示を復唱し、提案の拒否を自己否定にす る。 1. 成功事例:同様のスキームの成功事例を挙げ、提案の拒否を不合理にする。 2. 経済的利益:提案の実施がもたらす経済的利益を挙げ、提案の拒否を不合理にする。 同意の獲得:提案に対する同意をその場で得ることで、プロジェクトに勢いをつけ、実施の確 率を高める。 1. 簡単な同意:相手がその場でできる簡単なタスクをお願いし、相手からボールを取り戻す。 また、全て同意につながる選択肢の中から、相手に選択をしてもらう(例:①打ち合わせ に同席する、②ビデオチャットなどで参加する、③同席せず、後ほど議事録の共有を受け る) 客観的な同意:こちら側にない情報を分岐点に、施策内調を分け、相手に客観的な判断を 求める。 同意の条件:小さな規模で試験的な実施を行い、ある条件を満たした場合に全体を実施す ることを提案する。 ※提案資料を作る前に、テキストで上記の内容を1ページにまとめ、説得に適した情報の流れ を作る。パワーポイントなどで資料を作成する際は、ページ毎に相手に理解してもらいたいこ と、感じてもらいたいことを定義し、内容とデザインを合わせる。

×