SlideShare a Scribd company logo
©Yuki Saito, 2016/09/16
DNN音声合成のための
Anti-spoofing を考慮した学習アルゴリズム
☆ 齋藤 佑樹, 高道 慎之介, 猿渡 洋 (東大院・情報理工)
日本音響学会 2016年秋季発表会
講演番号 3-5-1
/14
問題点: 統計的パラメトリック音声合成の音質劣化
• 生成される音声パラメータ系列の過剰な平滑化が一因
改善策: 自然 / 合成音声を識別できる解析的特徴量の分布を補償
• 例: 変調スペクトルの正規分布 [Takamichi et al., 2016.]
• 例: Mel-LSP のヒストグラム [Ohtani et al., 2012.]
本発表: Anti-spoofing を考慮したDNN音声合成の学習法
• 自然 / 合成音声パラメータの分布の違いを補償
• 従来の補償手法の拡張
1
本発表の概要
DNN音声合成における従来の学習法よりも高音質を達成
/14
従来の音響モデル学習:
Minimum Generation Error (MGE) 学習
2
Generation
error
𝐿G 𝒄, ො𝒄
Linguistic
feats.
𝒄
[Wu et al., 2016.]
Static-delta
mean vectors
⋯
⋯
⋯
⋯
ො𝒄
time
𝑡 = 1
⋯
⋯
⋯
⋯
⋯
time
𝑡 = 𝑇
⋯
Generated
speech
params.
Natural
speech
params.
Parameter
generation
𝐿G 𝒄, ො𝒄 =
1
𝑇
ො𝒄 − 𝒄 T ො𝒄 − 𝒄 → Minimize
⋯
/143
MGE学習の問題点: 自然音声と異なるパラメータ分布
分布の違いを補償する音響モデル学習法を提案
分布が縮小
Natural MGE
20th mel-cepstral coefficient
23rdmel-cepstral
coefficient
/144
提案手法:
Anti-spoofing と敵対する
音響モデル学習
/14
Anti-spoofing:
合成音声による声のなりすましを防ぐ識別器
5
ො𝒄 Cross entropy
𝐿D 𝒄, ො𝒄
0: generated
1: natural
[Wu et al., 2016.] [Chen et al., 2015.]
𝐷 𝝓 ⋅
Generated
speech
params.
𝒄
Natural
speech
params.
Feature
function
𝝓 ⋅
本発表では𝝓 𝒄 𝑡 = 𝒄 𝑡
𝐿D,1 𝒄 𝐿D,0 ො𝒄
𝐿D 𝒄, ො𝒄 = → Minimize−
1
𝑇
෍
𝑡=1
𝑇
log 𝐷 𝒄 𝑡 −
1
𝑇
෍
𝑡=1
𝑇
log 1 − 𝐷 ො𝒄 𝑡
合成音声を
合成音声と識別させる
自然音声を
自然音声と識別させる
/14
Anti-spoofing と敵対する音響モデル学習
6
⋯
⋯
⋯
⋯
⋯
⋯
⋯
⋯
⋯
⋯
Linguistic
feats.
Parameter
generation
𝐿G 𝒄, ො𝒄
𝐿D,1 ො𝒄Feature
function 1: natural
𝜔D: 重み, 𝐸𝐿G
, 𝐸𝐿D
: 𝐿G 𝒄, ො𝒄 , 𝐿D,1 ො𝒄 の期待値
合成音声を
自然音声と識別させる
𝐿 𝒄, ො𝒄 = 𝐿G 𝒄, ො𝒄 + 𝜔D
𝐸𝐿G
𝐸𝐿D
𝐿D,1 ො𝒄 → Minimize
⋯
ො𝒄 𝒄
Generated
speech
params.
Natural
speech
params.
/147
自然音声パラメータの分布に近づくような
合成音声パラメータの生成
合成音声パラメータの分布が拡大
→ 過剰な平滑化の緩和!
20th mel-cepstral coefficient
23rdmel-cepstral
coefficient
Natural MGE Proposed
/14
素性関数 𝝓 ⋅ の設計を通じた特徴量の補償
• 音声合成や Anti-spoofing において既知の解析的特徴量
• DNNにより自動設計された特徴量
提案手法における学習手順
• 敵対的学習 [Goodfellow et al., 2014.] と,
• 識別器を含むマルチタスク学習 [Huang et al., 2015.] の組合せ
• DNNに基づく敵対的学習 → 複雑な分布を利用可能
学習は全て backpropagation で完結
• LSTMなどの任意のDNNアーキテクチャを利用可能
8
提案手法の特徴
/149
実験的評価
/14
実験条件
データセット ATR 音素バランス503文 (16 kHz サンプリング)
学習 / 評価データ A-I セット 450文 / Jセット 53文
音声パラメータ 25次元のメルケプストラム, 𝐹0, 5帯域の非周期成分
コンテキストラベル 274次元 (音素, モーラ位置, アクセント型など)
前処理 Trajectory smoothing [Takamichi et al., 2015.]
予測パラメータ
メルケプストラム
(𝐹0, 非周期成分, 継続長は自然音声の特徴量を利用)
最適化アルゴリズム AdaGrad [Duchi et al., 2011.] (学習率 0.01)
音響モデル Feed-Forward 274 – 3x400 (ReLU) – 75 (linear)
Anti-spoofing Feed-Forward 25 – 2x200 (ReLU) – 1 (sigmoid)
10
/14
提案手法の初期化・学習および客観評価
11
初期化
• 音響モデル: MGE学習
• Anti-spoofing: 自然音声とMGE学習後の合成音声を識別
学習 (𝜔D = 0.5 とする)
• 音響モデル: Anti-spoofing に敵対する学習
• Anti-spoofing: 自然音声と当該学習時点での合成音声を識別
客観評価指標
• パラメータの生成誤差
• Anti-spoofing における詐称率
• 詐称率: 合成音声を自然音声と誤識別した割合
• この際に用いる Anti-spoofing はMGE学習後の合成音声を用いて構築
/14
客観評価結果
12
生成誤差は悪化したが, 詐称率は大幅に改善
悪化MGE
Proposed
0.0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 0.8
生成誤差
改善MGE
Proposed
0.0 0.2 0.4 0.6 1.00.8
< 0.001
詐称率
/14
音質に関する主観評価結果
プリファレンススコア (評価者数8名)
13
提案手法による音質の改善を確認
*エラーバーは 95% 信頼区間
MGE
Proposed
0.0 0.2 0.4 0.6 1.00.8
改善
エラーバーは95%信頼区間
/14
まとめ
目的: 統計的パラメトリック音声合成の音質改善
提案手法: Anti-spoofing を考慮したDNN音声合成
• 自然 / 合成音声パラメータの分布の違いを補償
• 従来のMGE学習と比較して音質改善を確認
今後の検討事項
• ハイパーパラメータ 𝜔D の設定
• Anti-spoofing において有効な特徴量の利用
14

More Related Content

What's hot

SLP201805: 日本語韻律構造を考慮した prosody-aware subword embedding とDNN多方言音声合成への適用
SLP201805: 日本語韻律構造を考慮した prosody-aware subword embedding とDNN多方言音声合成への適用SLP201805: 日本語韻律構造を考慮した prosody-aware subword embedding とDNN多方言音声合成への適用
SLP201805: 日本語韻律構造を考慮した prosody-aware subword embedding とDNN多方言音声合成への適用Shinnosuke Takamichi
 
Saito20asj_autumn
Saito20asj_autumnSaito20asj_autumn
Saito20asj_autumnYuki Saito
 
Saito19asjAutumn_DeNA
Saito19asjAutumn_DeNASaito19asjAutumn_DeNA
Saito19asjAutumn_DeNAYuki Saito
 
音情報処理における特徴表現
音情報処理における特徴表現音情報処理における特徴表現
音情報処理における特徴表現NU_I_TODALAB
 
短時間発話を用いた話者照合のための音声加工の効果に関する検討
短時間発話を用いた話者照合のための音声加工の効果に関する検討短時間発話を用いた話者照合のための音声加工の効果に関する検討
短時間発話を用いた話者照合のための音声加工の効果に関する検討Shinnosuke Takamichi
 
雑音環境下音声を用いた音声合成のための雑音生成モデルの敵対的学習
雑音環境下音声を用いた音声合成のための雑音生成モデルの敵対的学習雑音環境下音声を用いた音声合成のための雑音生成モデルの敵対的学習
雑音環境下音声を用いた音声合成のための雑音生成モデルの敵対的学習Shinnosuke Takamichi
 
論文紹介: Direct-Path Signal Cross-Correlation Estimation for Sound Source Locali...
論文紹介: Direct-Path Signal Cross-Correlation Estimation for Sound Source Locali...論文紹介: Direct-Path Signal Cross-Correlation Estimation for Sound Source Locali...
論文紹介: Direct-Path Signal Cross-Correlation Estimation for Sound Source Locali...KoueiYamaoka
 
Divergence optimization based on trade-off between separation and extrapolati...
Divergence optimization based on trade-off between separation and extrapolati...Divergence optimization based on trade-off between separation and extrapolati...
Divergence optimization based on trade-off between separation and extrapolati...Daichi Kitamura
 
ICASSP2019音声&音響論文読み会 論文紹介(認識系)
ICASSP2019音声&音響論文読み会 論文紹介(認識系)ICASSP2019音声&音響論文読み会 論文紹介(認識系)
ICASSP2019音声&音響論文読み会 論文紹介(認識系)貴史 益子
 
ICASSP2019 音声&音響論文読み会 著者紹介2 (信号処理系2)
ICASSP2019 音声&音響論文読み会 著者紹介2 (信号処理系2)ICASSP2019 音声&音響論文読み会 著者紹介2 (信号処理系2)
ICASSP2019 音声&音響論文読み会 著者紹介2 (信号処理系2)KoueiYamaoka
 
音声認識の基礎
音声認識の基礎音声認識の基礎
音声認識の基礎Akinori Ito
 
半教師あり非負値行列因子分解における音源分離性能向上のための効果的な基底学習法
半教師あり非負値行列因子分解における音源分離性能向上のための効果的な基底学習法半教師あり非負値行列因子分解における音源分離性能向上のための効果的な基底学習法
半教師あり非負値行列因子分解における音源分離性能向上のための効果的な基底学習法Daichi Kitamura
 
日本語音声合成のためのsubword内モーラを考慮したProsody-aware subword embedding
日本語音声合成のためのsubword内モーラを考慮したProsody-aware subword embedding日本語音声合成のためのsubword内モーラを考慮したProsody-aware subword embedding
日本語音声合成のためのsubword内モーラを考慮したProsody-aware subword embeddingShinnosuke Takamichi
 
ICASSP読み会2020
ICASSP読み会2020ICASSP読み会2020
ICASSP読み会2020Yuki Saito
 
分布あるいはモーメント間距離最小化に基づく統計的音声合成
分布あるいはモーメント間距離最小化に基づく統計的音声合成分布あるいはモーメント間距離最小化に基づく統計的音声合成
分布あるいはモーメント間距離最小化に基づく統計的音声合成Shinnosuke Takamichi
 
日本音響学会2017秋 ”クラウドソーシングを利用した対訳方言音声コーパスの構築”
日本音響学会2017秋 ”クラウドソーシングを利用した対訳方言音声コーパスの構築”日本音響学会2017秋 ”クラウドソーシングを利用した対訳方言音声コーパスの構築”
日本音響学会2017秋 ”クラウドソーシングを利用した対訳方言音声コーパスの構築”Shinnosuke Takamichi
 

What's hot (20)

SLP201805: 日本語韻律構造を考慮した prosody-aware subword embedding とDNN多方言音声合成への適用
SLP201805: 日本語韻律構造を考慮した prosody-aware subword embedding とDNN多方言音声合成への適用SLP201805: 日本語韻律構造を考慮した prosody-aware subword embedding とDNN多方言音声合成への適用
SLP201805: 日本語韻律構造を考慮した prosody-aware subword embedding とDNN多方言音声合成への適用
 
Saito19asj_s
Saito19asj_sSaito19asj_s
Saito19asj_s
 
Saito20asj_autumn
Saito20asj_autumnSaito20asj_autumn
Saito20asj_autumn
 
Saito19asjAutumn_DeNA
Saito19asjAutumn_DeNASaito19asjAutumn_DeNA
Saito19asjAutumn_DeNA
 
音情報処理における特徴表現
音情報処理における特徴表現音情報処理における特徴表現
音情報処理における特徴表現
 
miyoshi17sp07
miyoshi17sp07miyoshi17sp07
miyoshi17sp07
 
短時間発話を用いた話者照合のための音声加工の効果に関する検討
短時間発話を用いた話者照合のための音声加工の効果に関する検討短時間発話を用いた話者照合のための音声加工の効果に関する検討
短時間発話を用いた話者照合のための音声加工の効果に関する検討
 
Saito18sp03
Saito18sp03Saito18sp03
Saito18sp03
 
雑音環境下音声を用いた音声合成のための雑音生成モデルの敵対的学習
雑音環境下音声を用いた音声合成のための雑音生成モデルの敵対的学習雑音環境下音声を用いた音声合成のための雑音生成モデルの敵対的学習
雑音環境下音声を用いた音声合成のための雑音生成モデルの敵対的学習
 
論文紹介: Direct-Path Signal Cross-Correlation Estimation for Sound Source Locali...
論文紹介: Direct-Path Signal Cross-Correlation Estimation for Sound Source Locali...論文紹介: Direct-Path Signal Cross-Correlation Estimation for Sound Source Locali...
論文紹介: Direct-Path Signal Cross-Correlation Estimation for Sound Source Locali...
 
Divergence optimization based on trade-off between separation and extrapolati...
Divergence optimization based on trade-off between separation and extrapolati...Divergence optimization based on trade-off between separation and extrapolati...
Divergence optimization based on trade-off between separation and extrapolati...
 
ICASSP2019音声&音響論文読み会 論文紹介(認識系)
ICASSP2019音声&音響論文読み会 論文紹介(認識系)ICASSP2019音声&音響論文読み会 論文紹介(認識系)
ICASSP2019音声&音響論文読み会 論文紹介(認識系)
 
ICASSP2019 音声&音響論文読み会 著者紹介2 (信号処理系2)
ICASSP2019 音声&音響論文読み会 著者紹介2 (信号処理系2)ICASSP2019 音声&音響論文読み会 著者紹介2 (信号処理系2)
ICASSP2019 音声&音響論文読み会 著者紹介2 (信号処理系2)
 
音声認識の基礎
音声認識の基礎音声認識の基礎
音声認識の基礎
 
半教師あり非負値行列因子分解における音源分離性能向上のための効果的な基底学習法
半教師あり非負値行列因子分解における音源分離性能向上のための効果的な基底学習法半教師あり非負値行列因子分解における音源分離性能向上のための効果的な基底学習法
半教師あり非負値行列因子分解における音源分離性能向上のための効果的な基底学習法
 
日本語音声合成のためのsubword内モーラを考慮したProsody-aware subword embedding
日本語音声合成のためのsubword内モーラを考慮したProsody-aware subword embedding日本語音声合成のためのsubword内モーラを考慮したProsody-aware subword embedding
日本語音声合成のためのsubword内モーラを考慮したProsody-aware subword embedding
 
ICASSP読み会2020
ICASSP読み会2020ICASSP読み会2020
ICASSP読み会2020
 
Saito18asj_s
Saito18asj_sSaito18asj_s
Saito18asj_s
 
分布あるいはモーメント間距離最小化に基づく統計的音声合成
分布あるいはモーメント間距離最小化に基づく統計的音声合成分布あるいはモーメント間距離最小化に基づく統計的音声合成
分布あるいはモーメント間距離最小化に基づく統計的音声合成
 
日本音響学会2017秋 ”クラウドソーシングを利用した対訳方言音声コーパスの構築”
日本音響学会2017秋 ”クラウドソーシングを利用した対訳方言音声コーパスの構築”日本音響学会2017秋 ”クラウドソーシングを利用した対訳方言音声コーパスの構築”
日本音響学会2017秋 ”クラウドソーシングを利用した対訳方言音声コーパスの構築”
 

Similar to DNN音声合成のための Anti-spoofing を考慮した学習アルゴリズム

Interspeech2022 参加報告
Interspeech2022 参加報告Interspeech2022 参加報告
Interspeech2022 参加報告Yuki Saito
 
英語リスニング研究最前線:実験音声学からのアプローチ
英語リスニング研究最前線:実験音声学からのアプローチ英語リスニング研究最前線:実験音声学からのアプローチ
英語リスニング研究最前線:実験音声学からのアプローチKosuke Sugai
 
seminar-paper_ForeignAccentConv.pptx
seminar-paper_ForeignAccentConv.pptxseminar-paper_ForeignAccentConv.pptx
seminar-paper_ForeignAccentConv.pptxNatsumi KOBAYASHI
 
[DL輪読会]音声言語病理学における機械学習とDNN
[DL輪読会]音声言語病理学における機械学習とDNN[DL輪読会]音声言語病理学における機械学習とDNN
[DL輪読会]音声言語病理学における機械学習とDNNDeep Learning JP
 
DNN音響モデルにおける特徴量抽出の諸相
DNN音響モデルにおける特徴量抽出の諸相DNN音響モデルにおける特徴量抽出の諸相
DNN音響モデルにおける特徴量抽出の諸相Takuya Yoshioka
 
Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案
Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案
Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案Keisuke Imoto
 
Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案
Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案
Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案Yuki Okamoto
 
Segmenting Sponteneous Japanese using MDL principle
Segmenting Sponteneous Japanese using MDL principleSegmenting Sponteneous Japanese using MDL principle
Segmenting Sponteneous Japanese using MDL principleYusuke Matsubara
 
Music signal separation using supervised nonnegative matrix factorization wit...
Music signal separation using supervised nonnegative matrix factorization wit...Music signal separation using supervised nonnegative matrix factorization wit...
Music signal separation using supervised nonnegative matrix factorization wit...Daichi Kitamura
 

Similar to DNN音声合成のための Anti-spoofing を考慮した学習アルゴリズム (11)

Slp201702
Slp201702Slp201702
Slp201702
 
Interspeech2022 参加報告
Interspeech2022 参加報告Interspeech2022 参加報告
Interspeech2022 参加報告
 
Discriminative SNMF EA201603
Discriminative SNMF EA201603Discriminative SNMF EA201603
Discriminative SNMF EA201603
 
英語リスニング研究最前線:実験音声学からのアプローチ
英語リスニング研究最前線:実験音声学からのアプローチ英語リスニング研究最前線:実験音声学からのアプローチ
英語リスニング研究最前線:実験音声学からのアプローチ
 
seminar-paper_ForeignAccentConv.pptx
seminar-paper_ForeignAccentConv.pptxseminar-paper_ForeignAccentConv.pptx
seminar-paper_ForeignAccentConv.pptx
 
[DL輪読会]音声言語病理学における機械学習とDNN
[DL輪読会]音声言語病理学における機械学習とDNN[DL輪読会]音声言語病理学における機械学習とDNN
[DL輪読会]音声言語病理学における機械学習とDNN
 
DNN音響モデルにおける特徴量抽出の諸相
DNN音響モデルにおける特徴量抽出の諸相DNN音響モデルにおける特徴量抽出の諸相
DNN音響モデルにおける特徴量抽出の諸相
 
Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案
Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案
Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案
 
Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案
Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案
Onoma-to-wave: オノマトペを利用した環境音合成手法の提案
 
Segmenting Sponteneous Japanese using MDL principle
Segmenting Sponteneous Japanese using MDL principleSegmenting Sponteneous Japanese using MDL principle
Segmenting Sponteneous Japanese using MDL principle
 
Music signal separation using supervised nonnegative matrix factorization wit...
Music signal separation using supervised nonnegative matrix factorization wit...Music signal separation using supervised nonnegative matrix factorization wit...
Music signal separation using supervised nonnegative matrix factorization wit...
 

More from Yuki Saito

hirai23slp03.pdf
hirai23slp03.pdfhirai23slp03.pdf
hirai23slp03.pdfYuki Saito
 
fujii22apsipa_asc
fujii22apsipa_ascfujii22apsipa_asc
fujii22apsipa_ascYuki Saito
 
nakai22apsipa_presentation.pdf
nakai22apsipa_presentation.pdfnakai22apsipa_presentation.pdf
nakai22apsipa_presentation.pdfYuki Saito
 
saito22research_talk_at_NUS
saito22research_talk_at_NUSsaito22research_talk_at_NUS
saito22research_talk_at_NUSYuki Saito
 
Neural text-to-speech and voice conversion
Neural text-to-speech and voice conversionNeural text-to-speech and voice conversion
Neural text-to-speech and voice conversionYuki Saito
 
Nishimura22slp03 presentation
Nishimura22slp03 presentationNishimura22slp03 presentation
Nishimura22slp03 presentationYuki Saito
 
GAN-based statistical speech synthesis (in Japanese)
GAN-based statistical speech synthesis (in Japanese)GAN-based statistical speech synthesis (in Japanese)
GAN-based statistical speech synthesis (in Japanese)Yuki Saito
 
Interspeech2020 reading
Interspeech2020 readingInterspeech2020 reading
Interspeech2020 readingYuki Saito
 
Saito20asj s slide_published
Saito20asj s slide_publishedSaito20asj s slide_published
Saito20asj s slide_publishedYuki Saito
 
Deep learning for acoustic modeling in parametric speech generation
Deep learning for acoustic modeling in parametric speech generationDeep learning for acoustic modeling in parametric speech generation
Deep learning for acoustic modeling in parametric speech generationYuki Saito
 
釧路高専情報工学科向け進学説明会
釧路高専情報工学科向け進学説明会釧路高専情報工学科向け進学説明会
釧路高専情報工学科向け進学説明会Yuki Saito
 
miyoshi2017asj
miyoshi2017asjmiyoshi2017asj
miyoshi2017asjYuki Saito
 
Saito2017icassp
Saito2017icasspSaito2017icassp
Saito2017icasspYuki Saito
 

More from Yuki Saito (15)

hirai23slp03.pdf
hirai23slp03.pdfhirai23slp03.pdf
hirai23slp03.pdf
 
fujii22apsipa_asc
fujii22apsipa_ascfujii22apsipa_asc
fujii22apsipa_asc
 
nakai22apsipa_presentation.pdf
nakai22apsipa_presentation.pdfnakai22apsipa_presentation.pdf
nakai22apsipa_presentation.pdf
 
saito22research_talk_at_NUS
saito22research_talk_at_NUSsaito22research_talk_at_NUS
saito22research_talk_at_NUS
 
Neural text-to-speech and voice conversion
Neural text-to-speech and voice conversionNeural text-to-speech and voice conversion
Neural text-to-speech and voice conversion
 
Nishimura22slp03 presentation
Nishimura22slp03 presentationNishimura22slp03 presentation
Nishimura22slp03 presentation
 
GAN-based statistical speech synthesis (in Japanese)
GAN-based statistical speech synthesis (in Japanese)GAN-based statistical speech synthesis (in Japanese)
GAN-based statistical speech synthesis (in Japanese)
 
Saito2103slp
Saito2103slpSaito2103slp
Saito2103slp
 
Interspeech2020 reading
Interspeech2020 readingInterspeech2020 reading
Interspeech2020 reading
 
Saito20asj s slide_published
Saito20asj s slide_publishedSaito20asj s slide_published
Saito20asj s slide_published
 
Deep learning for acoustic modeling in parametric speech generation
Deep learning for acoustic modeling in parametric speech generationDeep learning for acoustic modeling in parametric speech generation
Deep learning for acoustic modeling in parametric speech generation
 
Une18apsipa
Une18apsipaUne18apsipa
Une18apsipa
 
釧路高専情報工学科向け進学説明会
釧路高専情報工学科向け進学説明会釧路高専情報工学科向け進学説明会
釧路高専情報工学科向け進学説明会
 
miyoshi2017asj
miyoshi2017asjmiyoshi2017asj
miyoshi2017asj
 
Saito2017icassp
Saito2017icasspSaito2017icassp
Saito2017icassp
 

Recently uploaded

20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdfAyachika Kitazaki
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員Sadaomi Nishi
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )iwashiira2ctf
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一瑛一 西口
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose EstimationToru Tamaki
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑Akihiro Kadohata
 
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayersToru Tamaki
 
論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...
論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...
論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...atsushi061452
 
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)keikoitakurag
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521Satoshi Makita
 
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptxssuserbefd24
 
論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizes
論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizes論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizes
論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizesatsushi061452
 

Recently uploaded (12)

20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
 
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
 
論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...
論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...
論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...
 
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
 
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
 
論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizes
論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizes論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizes
論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizes
 

DNN音声合成のための Anti-spoofing を考慮した学習アルゴリズム