SlideShare a Scribd company logo
クラウドサービス
AWS/Azure/GCP
それぞれのText to Speechを
比べてみた
@Neri78
ツイート、ツイート!
#burikaigi
#burikaigi2020
#burikaigiB
自己紹介
池原大然(いけはらだいぜん)
Twitter: @Neri78
富山県の入善町出身
Developer Evangelist @ Twilio
元EverQuest(MMORPG)廃人
セッションアジェンダ
● Text to Speech(tts)とは?
● くらべてみよう:AWS/GCP/Azure
● ttsにおける違和感
● まとめ
Text to Speech(tts)
とは?
テキスト文字から音声を再生させること
● https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E5%90%88%E6%88%90
● 1950年代終盤から取り組まれていた...らしい
● 日常生活の中に入り込んでいる
○ 電話の自動応答(IVR)
○ ATM、複合機
○ 工場の構内放送
○ 駅・バスターミナル・空港
● 逆方向として、音声の内容をテキストとして認識する
Speech to Textも存在する
他の技術との連携も
● 録音と違ってリアルタイムで合成
できるのが魅力
○ というか、そうでなかったら、
録音で良いし...
● 例:LINE BRAIN - DUET
○ https://youtu.be/SwZLp5Y-Z4g
Text to Speech APIを提供している主要なクラウドベンダー
多くが複数の言語に対応している
● AWS - Amazon Polly
https://aws.amazon.com/jp/polly/
● Google Cloud - Cloud Text-to-Speech
https://cloud.google.com/text-to-speech/?hl=ja
● Microsoft Azure - Cognitive Services Text-to-Speech
https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/text-to-speech/
● IBM Watson - Text to Speech
https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/text-to-speech.html
日本語の実力、確かめたるぜ!
くらべてみよ
う:AWS/GCP/Azure
生成する音声の仕様
● ほぼ固定文(違いを感じるため)
● 女性話者
● 標準設定。とくに変更は加えない
● mp3ファイルを作成
● サンプリングレートとビットレートは
統一できなかった...
○ 22,050khz / 32kbps くらい
基本的にやることは似ている
let polly = new AWS.Polly({
apiVersion: '2016-06-10', region:'ap-northeast-1'});
polly.synthesizeSpeech({
Engine: 'standard', OutputFormat: 'mp3',
VoiceId: 'Mizuki', Text: 'AmazonのMitsukiだよ。' + baseText,
SampleRate: '22050', TextType: 'text'
}, (err, data) => {
//生成されたデータを取得 ..
data.AudioStream
});
1. サービスの有効化、
2. アクセストークン
など取得
3. オプション設定
4. 合成!
今日のデモはこんな感じ
Demo
Let’s 聴き比べ
より自然な音に近づけるには?(1)
● 音声合成マークアップ言語(SSML)を用いて抑揚や
スピードなどを細かく指定できる
基本は同じだが、ベンダーごとの独自設定が...
○ AWS
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/polly/latest/dg/supportedtags.html
○ GCP
https://cloud.google.com/text-to-speech/docs/ssml?hl=ja
○ Azure
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cognitive-services/speech-service/speech-synthesis-markup
より自然な音に近づけるには?(2)
● 自然な音声を選択する
○ Amazon Polly: ニューラル音声を提供(日本語NG)
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/polly/latest/dg/voicelist.html
○ GCP: WaveNetモデルを使用した音声(日本語OK)
https://cloud.google.com/text-to-speech/docs/voices?hl=ja
○ Azure: ニューラル音声を提供(日本語NG)
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cognitive-services/speech-service/language-support
良いと思った
サービスをツイート!
#burikaigi
#burikaigi2020
#burikaigiB
ttsにおける違和感
違和感の原因
● 発音
● イントネーション
● 抑揚
日本語ではそれが顕著
日本語が得意(または特化した)WebAPIも
AITalk Web API
● 標準語や関西弁など
● 感情調整に対応した
音声も提供
https://www.ai-j.jp/cloud/webapi/
Demo
より自然にできるかしら?
まとめ
まとめ
● ttsを利用することで、これまで人手が必要だった
業務をシステム化できる(かもしれない)
● メジャーどころのクラウドベンダーは
軒並みサービスを提供している
● 今後、より自然に近づくと思われる。
○ AI美空ひばりみたいなやつ
リソース
● tts - wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E5%90%88%E6%88%90
● AWS - Amazon Polly
https://aws.amazon.com/jp/polly/
● Google Cloud - Cloud Text-to-Speech
https://cloud.google.com/text-to-speech/?hl=ja
● Microsoft Azure - Cognitive Services Text-to-Speech
https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/text-to-speech/
● AiTalk Web API
https://www.ai-j.jp/cloud/webapi/
● Twilio Programmable Voice
https://www.twilio.com/ja/voice
最後に
Twilio Meetup @ DevSumi 2020
https://connpass.com/event/162110
北陸でTwilioをからめた
ミートアップ、勉強会、UGを
開催しませんか?
ご興味があれば@Neri78まで!
ありがとうございました!

More Related Content

What's hot

SolrとElasticsearchを比べてみよう
SolrとElasticsearchを比べてみようSolrとElasticsearchを比べてみよう
SolrとElasticsearchを比べてみよう
Shinsuke Sugaya
 
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのことマルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
Amazon Web Services Japan
 
OSS活動の活発さと評価の関係について
OSS活動の活発さと評価の関係についてOSS活動の活発さと評価の関係について
OSS活動の活発さと評価の関係について
Takuto Wada
 
Kubernetes 疲れに Azure Container Apps はいかがでしょうか?(江東区合同ライトニングトーク 発表資料)
Kubernetes 疲れに Azure Container Apps はいかがでしょうか?(江東区合同ライトニングトーク 発表資料)Kubernetes 疲れに Azure Container Apps はいかがでしょうか?(江東区合同ライトニングトーク 発表資料)
Kubernetes 疲れに Azure Container Apps はいかがでしょうか?(江東区合同ライトニングトーク 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
Kubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャー
Kubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャーKubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャー
Kubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャー
Toru Makabe
 
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
Yoshiki Hayama
 
インセプションデッキ: やらないことリストと トレードオフスライダーをやってる話
インセプションデッキ:やらないことリストとトレードオフスライダーをやってる話インセプションデッキ:やらないことリストとトレードオフスライダーをやってる話
インセプションデッキ: やらないことリストと トレードオフスライダーをやってる話
Nobuhiro Yoshitake
 
目grep入門 +解説
目grep入門 +解説目grep入門 +解説
目grep入門 +解説
murachue
 
Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話
Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話
Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話
JustSystems Corporation
 
文脈を操る美しきZenjectプロジェクトからの眺め 〜Contextの扱い方と活用方法〜
文脈を操る美しきZenjectプロジェクトからの眺め 〜Contextの扱い方と活用方法〜文脈を操る美しきZenjectプロジェクトからの眺め 〜Contextの扱い方と活用方法〜
文脈を操る美しきZenjectプロジェクトからの眺め 〜Contextの扱い方と活用方法〜
Mikito Yoshiya
 
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるなテスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
Kentaro Matsui
 
シリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのかシリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのか
Atsushi Nakada
 
40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていること
40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていること40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていること
40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていること
onozaty
 
AWS + MLflow + SageMakerの環境を動かしてみたお話
AWS + MLflow + SageMakerの環境を動かしてみたお話AWS + MLflow + SageMakerの環境を動かしてみたお話
AWS + MLflow + SageMakerの環境を動かしてみたお話
ItohHiroki
 
正しいものを正しくつくる
正しいものを正しくつくる正しいものを正しくつくる
正しいものを正しくつくる
toshihiro ichitani
 
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
Yoshiki Hayama
 
MLOpsはバズワード
MLOpsはバズワードMLOpsはバズワード
MLOpsはバズワード
Tetsutaro Watanabe
 
イベント・ソーシングを知る
イベント・ソーシングを知るイベント・ソーシングを知る
イベント・ソーシングを知る
Shuhei Fujita
 
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
toshihiro ichitani
 
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 

What's hot (20)

SolrとElasticsearchを比べてみよう
SolrとElasticsearchを比べてみようSolrとElasticsearchを比べてみよう
SolrとElasticsearchを比べてみよう
 
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのことマルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
 
OSS活動の活発さと評価の関係について
OSS活動の活発さと評価の関係についてOSS活動の活発さと評価の関係について
OSS活動の活発さと評価の関係について
 
Kubernetes 疲れに Azure Container Apps はいかがでしょうか?(江東区合同ライトニングトーク 発表資料)
Kubernetes 疲れに Azure Container Apps はいかがでしょうか?(江東区合同ライトニングトーク 発表資料)Kubernetes 疲れに Azure Container Apps はいかがでしょうか?(江東区合同ライトニングトーク 発表資料)
Kubernetes 疲れに Azure Container Apps はいかがでしょうか?(江東区合同ライトニングトーク 発表資料)
 
Kubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャー
Kubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャーKubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャー
Kubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャー
 
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
 
インセプションデッキ: やらないことリストと トレードオフスライダーをやってる話
インセプションデッキ:やらないことリストとトレードオフスライダーをやってる話インセプションデッキ:やらないことリストとトレードオフスライダーをやってる話
インセプションデッキ: やらないことリストと トレードオフスライダーをやってる話
 
目grep入門 +解説
目grep入門 +解説目grep入門 +解説
目grep入門 +解説
 
Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話
Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話
Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話
 
文脈を操る美しきZenjectプロジェクトからの眺め 〜Contextの扱い方と活用方法〜
文脈を操る美しきZenjectプロジェクトからの眺め 〜Contextの扱い方と活用方法〜文脈を操る美しきZenjectプロジェクトからの眺め 〜Contextの扱い方と活用方法〜
文脈を操る美しきZenjectプロジェクトからの眺め 〜Contextの扱い方と活用方法〜
 
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるなテスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
 
シリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのかシリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのか
 
40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていること
40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていること40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていること
40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていること
 
AWS + MLflow + SageMakerの環境を動かしてみたお話
AWS + MLflow + SageMakerの環境を動かしてみたお話AWS + MLflow + SageMakerの環境を動かしてみたお話
AWS + MLflow + SageMakerの環境を動かしてみたお話
 
正しいものを正しくつくる
正しいものを正しくつくる正しいものを正しくつくる
正しいものを正しくつくる
 
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
 
MLOpsはバズワード
MLOpsはバズワードMLOpsはバズワード
MLOpsはバズワード
 
イベント・ソーシングを知る
イベント・ソーシングを知るイベント・ソーシングを知る
イベント・ソーシングを知る
 
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
 
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
 

Similar to クラウドサービス、AWS/Azure/GCP それぞれの Text to Speechを比べてみた

Brain Dots at dots. - Brain Dotsのアーキテクチャ -
Brain Dots at dots. - Brain Dotsのアーキテクチャ -Brain Dots at dots. - Brain Dotsのアーキテクチャ -
Brain Dots at dots. - Brain Dotsのアーキテクチャ -
Masakazu Matsushita
 
座談会資料 事前配布 20170225
座談会資料 事前配布 20170225座談会資料 事前配布 20170225
座談会資料 事前配布 20170225
知礼 八子
 
Chrome拡張で改善 表紙
Chrome拡張で改善 表紙Chrome拡張で改善 表紙
Chrome拡張で改善 表紙
Wataru Terada
 
Re: ご注文は自動化ですか?[2]
Re: ご注文は自動化ですか?[2]Re: ご注文は自動化ですか?[2]
Re: ご注文は自動化ですか?[2]
Masahito Zembutsu
 
スマートスピーカーのバックエンドで Azure を使う方法
スマートスピーカーのバックエンドでAzure を使う方法スマートスピーカーのバックエンドでAzure を使う方法
スマートスピーカーのバックエンドで Azure を使う方法
一希 大田
 
VRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
VRアバターをモバイルARでより身近に! VismuthVRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
VRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
Takumi Ito
 
LT document _ Iwakenlab_20230408
LT document _ Iwakenlab_20230408LT document _ Iwakenlab_20230408
LT document _ Iwakenlab_20230408
Hiroki Ichikura
 
Dentoo.LT #3 "Party with Twitter"
Dentoo.LT #3 "Party with Twitter"Dentoo.LT #3 "Party with Twitter"
Dentoo.LT #3 "Party with Twitter"
Akihiro Urushihara
 
AWS Startup Tech Lightning Talks 2015 Summer at dots.
AWS Startup Tech Lightning Talks 2015 Summer at dots.AWS Startup Tech Lightning Talks 2015 Summer at dots.
AWS Startup Tech Lightning Talks 2015 Summer at dots.
Eiji Shinohara
 
IoT とは?取り組むべき理由 あらたな技術への取り組み例 / SORACOM UG 信州 #7
IoT とは?取り組むべき理由 あらたな技術への取り組み例 / SORACOM UG 信州 #7IoT とは?取り組むべき理由 あらたな技術への取り組み例 / SORACOM UG 信州 #7
IoT とは?取り組むべき理由 あらたな技術への取り組み例 / SORACOM UG 信州 #7
SORACOM,INC
 
いつでもどこでも .NET
いつでもどこでも .NETいつでもどこでも .NET
いつでもどこでも .NET
Yuta Matsumura
 
160531 IoT LT #15 @ 日本IBM
160531 IoT LT #15 @ 日本IBM160531 IoT LT #15 @ 日本IBM
160531 IoT LT #15 @ 日本IBM
Toshiki Tsuboi
 
20150603 AWS Summit Tokyo 2015 LT
20150603 AWS Summit Tokyo 2015 LT20150603 AWS Summit Tokyo 2015 LT
20150603 AWS Summit Tokyo 2015 LT
Daiki Mori
 
Serf2Excel - Serf を実運用に活かす話 + Consul もあるよ
Serf2Excel - Serf を実運用に活かす話 + Consul もあるよSerf2Excel - Serf を実運用に活かす話 + Consul もあるよ
Serf2Excel - Serf を実運用に活かす話 + Consul もあるよ
Masahito Zembutsu
 
元運用担当者が,現役時代に本当に欲しかったもの. Osc2014 kansai@kyoto terraform introduction
元運用担当者が,現役時代に本当に欲しかったもの. Osc2014 kansai@kyoto terraform introduction元運用担当者が,現役時代に本当に欲しかったもの. Osc2014 kansai@kyoto terraform introduction
元運用担当者が,現役時代に本当に欲しかったもの. Osc2014 kansai@kyoto terraform introduction
Masahito Zembutsu
 
TensorFlowで会話AIを作ってみた。
TensorFlowで会話AIを作ってみた。TensorFlowで会話AIを作ってみた。
TensorFlowで会話AIを作ってみた。
tak9029
 
スマートファクトリーから動画認識MLまで 製造現場IoTのホントのところ
スマートファクトリーから動画認識MLまで製造現場IoTのホントのところスマートファクトリーから動画認識MLまで製造現場IoTのホントのところ
スマートファクトリーから動画認識MLまで 製造現場IoTのホントのところ
Ichiro Tsuji
 
Seq2Seqでボットづくり
Seq2SeqでボットづくりSeq2Seqでボットづくり
Seq2Seqでボットづくり
Masato Fujitake
 
WebRTC Meetup Tokyo #3 - WebRTC Conference参加報告
WebRTC Meetup Tokyo #3 - WebRTC Conference参加報告WebRTC Meetup Tokyo #3 - WebRTC Conference参加報告
WebRTC Meetup Tokyo #3 - WebRTC Conference参加報告
satoru_tk
 
CONBU API の開発
CONBU API の開発CONBU API の開発
CONBU API の開発
TAKANO Mitsuhiro
 

Similar to クラウドサービス、AWS/Azure/GCP それぞれの Text to Speechを比べてみた (20)

Brain Dots at dots. - Brain Dotsのアーキテクチャ -
Brain Dots at dots. - Brain Dotsのアーキテクチャ -Brain Dots at dots. - Brain Dotsのアーキテクチャ -
Brain Dots at dots. - Brain Dotsのアーキテクチャ -
 
座談会資料 事前配布 20170225
座談会資料 事前配布 20170225座談会資料 事前配布 20170225
座談会資料 事前配布 20170225
 
Chrome拡張で改善 表紙
Chrome拡張で改善 表紙Chrome拡張で改善 表紙
Chrome拡張で改善 表紙
 
Re: ご注文は自動化ですか?[2]
Re: ご注文は自動化ですか?[2]Re: ご注文は自動化ですか?[2]
Re: ご注文は自動化ですか?[2]
 
スマートスピーカーのバックエンドで Azure を使う方法
スマートスピーカーのバックエンドでAzure を使う方法スマートスピーカーのバックエンドでAzure を使う方法
スマートスピーカーのバックエンドで Azure を使う方法
 
VRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
VRアバターをモバイルARでより身近に! VismuthVRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
VRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
 
LT document _ Iwakenlab_20230408
LT document _ Iwakenlab_20230408LT document _ Iwakenlab_20230408
LT document _ Iwakenlab_20230408
 
Dentoo.LT #3 "Party with Twitter"
Dentoo.LT #3 "Party with Twitter"Dentoo.LT #3 "Party with Twitter"
Dentoo.LT #3 "Party with Twitter"
 
AWS Startup Tech Lightning Talks 2015 Summer at dots.
AWS Startup Tech Lightning Talks 2015 Summer at dots.AWS Startup Tech Lightning Talks 2015 Summer at dots.
AWS Startup Tech Lightning Talks 2015 Summer at dots.
 
IoT とは?取り組むべき理由 あらたな技術への取り組み例 / SORACOM UG 信州 #7
IoT とは?取り組むべき理由 あらたな技術への取り組み例 / SORACOM UG 信州 #7IoT とは?取り組むべき理由 あらたな技術への取り組み例 / SORACOM UG 信州 #7
IoT とは?取り組むべき理由 あらたな技術への取り組み例 / SORACOM UG 信州 #7
 
いつでもどこでも .NET
いつでもどこでも .NETいつでもどこでも .NET
いつでもどこでも .NET
 
160531 IoT LT #15 @ 日本IBM
160531 IoT LT #15 @ 日本IBM160531 IoT LT #15 @ 日本IBM
160531 IoT LT #15 @ 日本IBM
 
20150603 AWS Summit Tokyo 2015 LT
20150603 AWS Summit Tokyo 2015 LT20150603 AWS Summit Tokyo 2015 LT
20150603 AWS Summit Tokyo 2015 LT
 
Serf2Excel - Serf を実運用に活かす話 + Consul もあるよ
Serf2Excel - Serf を実運用に活かす話 + Consul もあるよSerf2Excel - Serf を実運用に活かす話 + Consul もあるよ
Serf2Excel - Serf を実運用に活かす話 + Consul もあるよ
 
元運用担当者が,現役時代に本当に欲しかったもの. Osc2014 kansai@kyoto terraform introduction
元運用担当者が,現役時代に本当に欲しかったもの. Osc2014 kansai@kyoto terraform introduction元運用担当者が,現役時代に本当に欲しかったもの. Osc2014 kansai@kyoto terraform introduction
元運用担当者が,現役時代に本当に欲しかったもの. Osc2014 kansai@kyoto terraform introduction
 
TensorFlowで会話AIを作ってみた。
TensorFlowで会話AIを作ってみた。TensorFlowで会話AIを作ってみた。
TensorFlowで会話AIを作ってみた。
 
スマートファクトリーから動画認識MLまで 製造現場IoTのホントのところ
スマートファクトリーから動画認識MLまで製造現場IoTのホントのところスマートファクトリーから動画認識MLまで製造現場IoTのホントのところ
スマートファクトリーから動画認識MLまで 製造現場IoTのホントのところ
 
Seq2Seqでボットづくり
Seq2SeqでボットづくりSeq2Seqでボットづくり
Seq2Seqでボットづくり
 
WebRTC Meetup Tokyo #3 - WebRTC Conference参加報告
WebRTC Meetup Tokyo #3 - WebRTC Conference参加報告WebRTC Meetup Tokyo #3 - WebRTC Conference参加報告
WebRTC Meetup Tokyo #3 - WebRTC Conference参加報告
 
CONBU API の開発
CONBU API の開発CONBU API の開発
CONBU API の開発
 

More from Daizen Ikehara

13-E-7 クラウドサービスとゲーミフィケーション: 「TwilioQuest 3」を用いた開発者オンボーディング
13-E-7 クラウドサービスとゲーミフィケーション: 「TwilioQuest 3」を用いた開発者オンボーディング13-E-7 クラウドサービスとゲーミフィケーション: 「TwilioQuest 3」を用いた開発者オンボーディング
13-E-7 クラウドサービスとゲーミフィケーション: 「TwilioQuest 3」を用いた開発者オンボーディング
Daizen Ikehara
 
Communications Platform as a Service (CPaaS) 入門
Communications Platform as a Service (CPaaS) 入門Communications Platform as a Service (CPaaS) 入門
Communications Platform as a Service (CPaaS) 入門
Daizen Ikehara
 
DevRel Meetupのおかげで転職した話
DevRel Meetupのおかげで転職した話DevRel Meetupのおかげで転職した話
DevRel Meetupのおかげで転職した話
Daizen Ikehara
 
エンジニア?のキャリアと英語を考える
エンジニア?のキャリアと英語を考えるエンジニア?のキャリアと英語を考える
エンジニア?のキャリアと英語を考える
Daizen Ikehara
 
開発者向けカンファレンス出展に向けて考えるべきこと
開発者向けカンファレンス出展に向けて考えるべきこと開発者向けカンファレンス出展に向けて考えるべきこと
開発者向けカンファレンス出展に向けて考えるべきこと
Daizen Ikehara
 
オンラインIDEで爆速オンボーディングと、サンプルコード共有
オンラインIDEで爆速オンボーディングと、サンプルコード共有オンラインIDEで爆速オンボーディングと、サンプルコード共有
オンラインIDEで爆速オンボーディングと、サンプルコード共有
Daizen Ikehara
 
コントロールベンダー視点での Command line interface (CLI)
コントロールベンダー視点での Command line interface (CLI)コントロールベンダー視点での Command line interface (CLI)
コントロールベンダー視点での Command line interface (CLI)
Daizen Ikehara
 
Xamarin 対応開発ツールで効率良くクロスプラットフォーム開発
Xamarin 対応開発ツールで効率良くクロスプラットフォーム開発Xamarin 対応開発ツールで効率良くクロスプラットフォーム開発
Xamarin 対応開発ツールで効率良くクロスプラットフォーム開発
Daizen Ikehara
 
ベストタイムは 23 時? グローバル開発チームとの付き合い方
ベストタイムは 23 時? グローバル開発チームとの付き合い方ベストタイムは 23 時? グローバル開発チームとの付き合い方
ベストタイムは 23 時? グローバル開発チームとの付き合い方
Daizen Ikehara
 
Knockout.js を利用したインタラクティブ web アプリケーション開発
Knockout.js を利用したインタラクティブ web アプリケーション開発Knockout.js を利用したインタラクティブ web アプリケーション開発
Knockout.js を利用したインタラクティブ web アプリケーション開発
Daizen Ikehara
 
手戻り ゼロ を目指して
手戻り ゼロ を目指して手戻り ゼロ を目指して
手戻り ゼロ を目指して
Daizen Ikehara
 
Ignite ui 2012 最新情報 jQuery UI 編
Ignite ui 2012 最新情報 jQuery UI 編Ignite ui 2012 最新情報 jQuery UI 編
Ignite ui 2012 最新情報 jQuery UI 編
Daizen Ikehara
 
Net advantage 2012 volume2 最新情報 Windows Forms / ASP.NET 編
Net advantage 2012 volume2 最新情報 Windows Forms / ASP.NET 編Net advantage 2012 volume2 最新情報 Windows Forms / ASP.NET 編
Net advantage 2012 volume2 最新情報 Windows Forms / ASP.NET 編
Daizen Ikehara
 
Netadvantage 2012 volume2 最新情報 Reporting 編
Netadvantage 2012 volume2 最新情報 Reporting 編Netadvantage 2012 volume2 最新情報 Reporting 編
Netadvantage 2012 volume2 最新情報 Reporting 編
Daizen Ikehara
 
Net advantage 2012 volume2 最新情報 xaml プラットフォーム編
Net advantage 2012 volume2 最新情報 xaml プラットフォーム編Net advantage 2012 volume2 最新情報 xaml プラットフォーム編
Net advantage 2012 volume2 最新情報 xaml プラットフォーム編
Daizen Ikehara
 
jQuery/Html5/ASP.NET MVC 対応コンポーネントを用いたデバイス対応業務アプリケーション開発
jQuery/Html5/ASP.NET MVC 対応コンポーネントを用いたデバイス対応業務アプリケーション開発jQuery/Html5/ASP.NET MVC 対応コンポーネントを用いたデバイス対応業務アプリケーション開発
jQuery/Html5/ASP.NET MVC 対応コンポーネントを用いたデバイス対応業務アプリケーション開発
Daizen Ikehara
 
Windows8 の UX
Windows8 の UXWindows8 の UX
Windows8 の UX
Daizen Ikehara
 
IgChart 入門編
IgChart 入門編IgChart 入門編
IgChart 入門編
Daizen Ikehara
 
IgGrid 入門編
IgGrid 入門編IgGrid 入門編
IgGrid 入門編
Daizen Ikehara
 
高速レポート アプリケーション開発
高速レポート アプリケーション開発高速レポート アプリケーション開発
高速レポート アプリケーション開発
Daizen Ikehara
 

More from Daizen Ikehara (20)

13-E-7 クラウドサービスとゲーミフィケーション: 「TwilioQuest 3」を用いた開発者オンボーディング
13-E-7 クラウドサービスとゲーミフィケーション: 「TwilioQuest 3」を用いた開発者オンボーディング13-E-7 クラウドサービスとゲーミフィケーション: 「TwilioQuest 3」を用いた開発者オンボーディング
13-E-7 クラウドサービスとゲーミフィケーション: 「TwilioQuest 3」を用いた開発者オンボーディング
 
Communications Platform as a Service (CPaaS) 入門
Communications Platform as a Service (CPaaS) 入門Communications Platform as a Service (CPaaS) 入門
Communications Platform as a Service (CPaaS) 入門
 
DevRel Meetupのおかげで転職した話
DevRel Meetupのおかげで転職した話DevRel Meetupのおかげで転職した話
DevRel Meetupのおかげで転職した話
 
エンジニア?のキャリアと英語を考える
エンジニア?のキャリアと英語を考えるエンジニア?のキャリアと英語を考える
エンジニア?のキャリアと英語を考える
 
開発者向けカンファレンス出展に向けて考えるべきこと
開発者向けカンファレンス出展に向けて考えるべきこと開発者向けカンファレンス出展に向けて考えるべきこと
開発者向けカンファレンス出展に向けて考えるべきこと
 
オンラインIDEで爆速オンボーディングと、サンプルコード共有
オンラインIDEで爆速オンボーディングと、サンプルコード共有オンラインIDEで爆速オンボーディングと、サンプルコード共有
オンラインIDEで爆速オンボーディングと、サンプルコード共有
 
コントロールベンダー視点での Command line interface (CLI)
コントロールベンダー視点での Command line interface (CLI)コントロールベンダー視点での Command line interface (CLI)
コントロールベンダー視点での Command line interface (CLI)
 
Xamarin 対応開発ツールで効率良くクロスプラットフォーム開発
Xamarin 対応開発ツールで効率良くクロスプラットフォーム開発Xamarin 対応開発ツールで効率良くクロスプラットフォーム開発
Xamarin 対応開発ツールで効率良くクロスプラットフォーム開発
 
ベストタイムは 23 時? グローバル開発チームとの付き合い方
ベストタイムは 23 時? グローバル開発チームとの付き合い方ベストタイムは 23 時? グローバル開発チームとの付き合い方
ベストタイムは 23 時? グローバル開発チームとの付き合い方
 
Knockout.js を利用したインタラクティブ web アプリケーション開発
Knockout.js を利用したインタラクティブ web アプリケーション開発Knockout.js を利用したインタラクティブ web アプリケーション開発
Knockout.js を利用したインタラクティブ web アプリケーション開発
 
手戻り ゼロ を目指して
手戻り ゼロ を目指して手戻り ゼロ を目指して
手戻り ゼロ を目指して
 
Ignite ui 2012 最新情報 jQuery UI 編
Ignite ui 2012 最新情報 jQuery UI 編Ignite ui 2012 最新情報 jQuery UI 編
Ignite ui 2012 最新情報 jQuery UI 編
 
Net advantage 2012 volume2 最新情報 Windows Forms / ASP.NET 編
Net advantage 2012 volume2 最新情報 Windows Forms / ASP.NET 編Net advantage 2012 volume2 最新情報 Windows Forms / ASP.NET 編
Net advantage 2012 volume2 最新情報 Windows Forms / ASP.NET 編
 
Netadvantage 2012 volume2 最新情報 Reporting 編
Netadvantage 2012 volume2 最新情報 Reporting 編Netadvantage 2012 volume2 最新情報 Reporting 編
Netadvantage 2012 volume2 最新情報 Reporting 編
 
Net advantage 2012 volume2 最新情報 xaml プラットフォーム編
Net advantage 2012 volume2 最新情報 xaml プラットフォーム編Net advantage 2012 volume2 最新情報 xaml プラットフォーム編
Net advantage 2012 volume2 最新情報 xaml プラットフォーム編
 
jQuery/Html5/ASP.NET MVC 対応コンポーネントを用いたデバイス対応業務アプリケーション開発
jQuery/Html5/ASP.NET MVC 対応コンポーネントを用いたデバイス対応業務アプリケーション開発jQuery/Html5/ASP.NET MVC 対応コンポーネントを用いたデバイス対応業務アプリケーション開発
jQuery/Html5/ASP.NET MVC 対応コンポーネントを用いたデバイス対応業務アプリケーション開発
 
Windows8 の UX
Windows8 の UXWindows8 の UX
Windows8 の UX
 
IgChart 入門編
IgChart 入門編IgChart 入門編
IgChart 入門編
 
IgGrid 入門編
IgGrid 入門編IgGrid 入門編
IgGrid 入門編
 
高速レポート アプリケーション開発
高速レポート アプリケーション開発高速レポート アプリケーション開発
高速レポート アプリケーション開発
 

Recently uploaded

【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
TsuyoshiSaito7
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
Takuya Minagawa
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
TsuyoshiSaito7
 

Recently uploaded (12)

【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
 

クラウドサービス、AWS/Azure/GCP それぞれの Text to Speechを比べてみた