SlideShare a Scribd company logo
エンジニアのための勉強会 #1
A I
• AlphaGo?
• チャットボット?
• 株式売買?
• Deep Learning?
• 機械学習?
• 自然言語処理?
• ドラ○もん?
• ○ーミネーター?
AIに対するイメージ
• 「AI」はいわゆる「バズワード」
• 単語だけが先行して広まっている
• 「AIがヒトの仕事を代わりにやってくれるんでしょ? 」
• マーケティング的な使われ方
• 「AI」という単語を商品で使いたい
• 「AI」が特定の技術を意味する単語ではない
• AIを構成する多くの技術がある
AIという言葉の危うさ
出典:人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの 松尾 豊 (著)
専門家間でもAIの定義は一致しない
人工知能は「人工的につくられた人間のような知能」であり、人間
のように知的であるとは「気づくことのできる」コンピュータ、つ
まり、データの中から特徴量を生成し現象をモデル化することので
きるコンピュータである
AIを定義する
• 松尾教授の定義を参考にする
出典:人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの 松尾 豊 (著)
• 強いAI
• 心を持つAIはコンピュータで実現できるとする考え方。汎用型AIとも
• ドラ〇もんや〇ーミネーターはこっち
• 弱いAI
• 問題解決できる便利な道具であれば良いという考え方。特化型AI
• いま世の中で実現してのはこっち
• 2つを混同するとAIができることを見誤る
強いAIと弱いAI
「人間のような知能」は昔からある
書籍ではレベル分けされてたりするが割愛
AIの歴史
出典:NVIDIA 人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いとは
https://blogs.nvidia.co.jp/2016/08/09/whats-difference-artificial-intelligence-machine-learning-deep-learning-ai/
機械学習
狭義にはディープ
ラーニング前の手法、
広義には機械による
学習全般
• Deep Learningの台頭
• コンピュータの処理性能の向上(GPU等)により膨大な計算が可能に
• 2012年のILSVRCで圧倒的な成績
• AlphaGo
• 囲碁の世界チャンピオンに勝利
• フレームワークやサービスの多様化
• 誰でも少し勉強すれば高度な設備も要らず簡単に始められる
• GAFA、MSなどが多様なAPIを提供
なぜ今になってAI?
• ニューラルネットワーク(NN)
• 人間の脳の構造を模したアルゴリズム。入力に対して何らかの計算をして出力
• 中間層(隠れ層)の数を増やしたNNでの学習をDeep Learningと呼ぶ
Deep Learningとは
https://qrunch.net/@hokekiyoo/entries/vjBGEBV0ZePYyTVu
• 教師あり学習
• 大量のデータからニューラルネットのパラメータを決める(学習/訓練)
• パラメータをもとに入力に対する結果を決める(推定)
• 画像分類が代表例
• 教師なし学習
• データそのものが持つ構造を学習
• 強化学習
機械学習で使われる手法
Deep Learningに限った手法ではないので、タイトルは機械学習としています。
• 特徴表現学習
• ネコと見分けるための「特徴」を機械が学習
• 従来の機械学習では、ネコと見分けるための要素を人が教える必要があった
• 多層化により表現豊かに
• 感覚的には、層が深いとより多くの特徴を学べる
• 人の画像認識率や音声認識率は超えたとされる
• 2015年2月には人間を超えた
Deep Learningの何が凄いのか
• 強化学習
• 行動による報酬を最大化する仕組
• 深層強化学習
• 強化学習にDeep Learningを活用
• DQNが代表的な手法
• Deep MindのAlphaGo
強化学習
https://www.youtube.com/watch?v=V1eYniJ0Rnk&
• 分類モデルの応用
• ジェネレータとディスクリミネータ
• GANが代表例
• https://qiita.com/Kohey1480/items/1d72b7f2a4ea92915734
生成タスクへの応用
• RNN
• 時系列の概念を取り入れる
• LSTM
• Google翻訳にも使われている技術
• Attention
• Attention Is All You Need
• 時間の重みも加える
自然言語処理
• Tensorflow
• Googleの提供するディープラーニングのフレームワーク
• Jupyter Notebook
• Pythonとかインストールするの面倒…でもブラウザさえあればできる
• Google Colab
• Jupyter NotebookのUIでブラウザからGPUを利用できる
• Google Vision API
• https://cloud.google.com/vision/docs/drag-and-drop
有名なフレームワークやサービス
• Fashion MNISTを利用
• お気軽に機械学習を体験できるように用意されたデモデータのようなもの
• 60,000枚の画像で訓練して、10種類の衣類に分類する
• 単にMNISTと言うと「手書き数字」が有名
• Jupyter Notebookでブラウザから実行
• Tensorflow
• Tensorflowチュートリアルのコードを実行
ハンズオン内容
• Jupyter Notebook
• https://jupyter.org/try
• Tensorflow チュートリアル(日本語)
• https://www.tensorflow.org/tutorials/keras/classification/?hl=ja
ハンズオンURL
• 蒸留学習
• 教師あり学習で得られた結果を別の教師あり学習に適用
• 「ネコだけどイヌの推定値もちょっとある」を学べる
• 少ない学習でも精度の高い学習を行える
• BERT
• 自然言語処理で今一番注目されているらしい
• 学習済みの分散表現を利用
• ROBERTとかも提案されている(2019/7)
最近のAI研究事情
• 過学習
• 訓練データに最適化されて検証はダメダメ
• データが少ないと起きやすい
• 見せかけの最適解
• 適切な学習パラメータ調整が必要
• ブラックボックス
Deep Learningで生じる課題
• 何を学習としているかわからない
• AIが判断に使った「特徴」を人がみてもわからない
• https://newtechnologylifestyle.net/vgg16networkvisual/
• 説明責任を気にする会社
• 金融だと「AIに任せてたら損が出ました」と言えないと考えている人が多い
• 可視化する研究も最近は盛ん
• https://qiita.com/icoxfog417/items/8689f943fd1225e24358
「AIがブラックボックス」とは
• AIを使うことがゴールになっていないか
• AIを使う目的を見失わないこと
• 「それロジックでよくない?」
• AIを使うことに適したケースか
• データ量は十分か、データが分析可能な状態か
• 結果は目的に沿った数字か
• 1,000個の中に3個の不良品。全部不良品ではないと判定しても正答率は99.7%になる。
• 「不良品をどれだけ検出できたか」を目標とすべき
終わりに:AIをどう活用するか
• 人工知能は人間を超えるか ディープ
ラーニングの先にあるもの
• 松尾 豊 (著)
• ゼロから作るDeep Learning
• オライリージャパン
• 1は基礎、2は自然言語に特化
参考書籍
• JDLA Deep Learning for GENERAL/ ENGINEER (G検定/E検
定)
• G検定は座学、E検定は実装力も問われる。
さらに興味がある人は
Fin

More Related Content

What's hot

LiBRA 07.2020 / ITソリューション塾・第34期・AI
LiBRA 07.2020 / ITソリューション塾・第34期・AILiBRA 07.2020 / ITソリューション塾・第34期・AI
LiBRA 07.2020 / ITソリューション塾・第34期・AI
Masanori Saito
 
人工知能と身体
人工知能と身体人工知能と身体
人工知能と身体
Youichiro Miyake
 
ゲンロンカフェ講演資料 「変わる社会と変わる人工知能」
ゲンロンカフェ講演資料 「変わる社会と変わる人工知能」ゲンロンカフェ講演資料 「変わる社会と変わる人工知能」
ゲンロンカフェ講演資料 「変わる社会と変わる人工知能」
Youichiro Miyake
 
Pictlet #3 ファイルレスウィルス
Pictlet #3 ファイルレスウィルスPictlet #3 ファイルレスウィルス
Pictlet #3 ファイルレスウィルス
Mizuhiro Kaimai
 
ロボットのための認知的インタラクションデザイン(今井 倫太)
ロボットのための認知的インタラクションデザイン(今井 倫太)ロボットのための認知的インタラクションデザイン(今井 倫太)
ロボットのための認知的インタラクションデザイン(今井 倫太)
KIT Cognitive Interaction Design
 
知能が作る社会・社会が作る知能:HAI研究による知能と社会のデザイン(大澤 博隆)
知能が作る社会・社会が作る知能:HAI研究による知能と社会のデザイン(大澤 博隆)知能が作る社会・社会が作る知能:HAI研究による知能と社会のデザイン(大澤 博隆)
知能が作る社会・社会が作る知能:HAI研究による知能と社会のデザイン(大澤 博隆)
KIT Cognitive Interaction Design
 
会話型ロボットを作った話
会話型ロボットを作った話会話型ロボットを作った話
会話型ロボットを作った話
Kasai Nobuhiro
 
TensorFlowで会話AIを作ってみた。
TensorFlowで会話AIを作ってみた。TensorFlowで会話AIを作ってみた。
TensorFlowで会話AIを作ってみた。
tak9029
 
フロイトと人工知能の意識モデル -「新記号論」を読んで -
フロイトと人工知能の意識モデル  -「新記号論」を読んで - フロイトと人工知能の意識モデル  -「新記号論」を読んで -
フロイトと人工知能の意識モデル -「新記号論」を読んで -
Youichiro Miyake
 
技術者に必要なもの
技術者に必要なもの技術者に必要なもの
技術者に必要なもの
yujifukatani
 
平成29年度 日本大学文理学部オープンキャンパス 「人工知能ってどんな仕組み?」
平成29年度 日本大学文理学部オープンキャンパス 「人工知能ってどんな仕組み?」平成29年度 日本大学文理学部オープンキャンパス 「人工知能ってどんな仕組み?」
平成29年度 日本大学文理学部オープンキャンパス 「人工知能ってどんな仕組み?」
kthrlab
 
Innovative City Forum 2020 講演資料
 Innovative City Forum 2020 講演資料 Innovative City Forum 2020 講演資料
Innovative City Forum 2020 講演資料
Youichiro Miyake
 
HTML5/JS勉強会「HTML5/JavaScript ではじめるIoT」
HTML5/JS勉強会「HTML5/JavaScript ではじめるIoT」HTML5/JS勉強会「HTML5/JavaScript ではじめるIoT」
HTML5/JS勉強会「HTML5/JavaScript ではじめるIoT」
ニフクラ mobile backend
 
【ITソリューション塾・第29期】AI
【ITソリューション塾・第29期】AI【ITソリューション塾・第29期】AI
【ITソリューション塾・第29期】AI
Masanori Saito
 
ユーザの個人差とインタラクションデザイン, 西崎友規子
ユーザの個人差とインタラクションデザイン, 西崎友規子ユーザの個人差とインタラクションデザイン, 西崎友規子
ユーザの個人差とインタラクションデザイン, 西崎友規子
KIT Cognitive Interaction Design
 
人工知能が啓く教育の可能性
人工知能が啓く教育の可能性人工知能が啓く教育の可能性
人工知能が啓く教育の可能性
Youichiro Miyake
 
人工知能とDX
人工知能とDX人工知能とDX
人工知能とDX
Youichiro Miyake
 
キャラクターAIイベント講演資料
キャラクターAIイベント講演資料キャラクターAIイベント講演資料
キャラクターAIイベント講演資料
Youichiro Miyake
 
SIG-ARG
SIG-ARGSIG-ARG
SIG-ARG
IGDA JAPAN
 
「AI研究の現在とSFの想像力」講演資料(上)
「AI研究の現在とSFの想像力」講演資料(上)「AI研究の現在とSFの想像力」講演資料(上)
「AI研究の現在とSFの想像力」講演資料(上)
Youichiro Miyake
 

What's hot (20)

LiBRA 07.2020 / ITソリューション塾・第34期・AI
LiBRA 07.2020 / ITソリューション塾・第34期・AILiBRA 07.2020 / ITソリューション塾・第34期・AI
LiBRA 07.2020 / ITソリューション塾・第34期・AI
 
人工知能と身体
人工知能と身体人工知能と身体
人工知能と身体
 
ゲンロンカフェ講演資料 「変わる社会と変わる人工知能」
ゲンロンカフェ講演資料 「変わる社会と変わる人工知能」ゲンロンカフェ講演資料 「変わる社会と変わる人工知能」
ゲンロンカフェ講演資料 「変わる社会と変わる人工知能」
 
Pictlet #3 ファイルレスウィルス
Pictlet #3 ファイルレスウィルスPictlet #3 ファイルレスウィルス
Pictlet #3 ファイルレスウィルス
 
ロボットのための認知的インタラクションデザイン(今井 倫太)
ロボットのための認知的インタラクションデザイン(今井 倫太)ロボットのための認知的インタラクションデザイン(今井 倫太)
ロボットのための認知的インタラクションデザイン(今井 倫太)
 
知能が作る社会・社会が作る知能:HAI研究による知能と社会のデザイン(大澤 博隆)
知能が作る社会・社会が作る知能:HAI研究による知能と社会のデザイン(大澤 博隆)知能が作る社会・社会が作る知能:HAI研究による知能と社会のデザイン(大澤 博隆)
知能が作る社会・社会が作る知能:HAI研究による知能と社会のデザイン(大澤 博隆)
 
会話型ロボットを作った話
会話型ロボットを作った話会話型ロボットを作った話
会話型ロボットを作った話
 
TensorFlowで会話AIを作ってみた。
TensorFlowで会話AIを作ってみた。TensorFlowで会話AIを作ってみた。
TensorFlowで会話AIを作ってみた。
 
フロイトと人工知能の意識モデル -「新記号論」を読んで -
フロイトと人工知能の意識モデル  -「新記号論」を読んで - フロイトと人工知能の意識モデル  -「新記号論」を読んで -
フロイトと人工知能の意識モデル -「新記号論」を読んで -
 
技術者に必要なもの
技術者に必要なもの技術者に必要なもの
技術者に必要なもの
 
平成29年度 日本大学文理学部オープンキャンパス 「人工知能ってどんな仕組み?」
平成29年度 日本大学文理学部オープンキャンパス 「人工知能ってどんな仕組み?」平成29年度 日本大学文理学部オープンキャンパス 「人工知能ってどんな仕組み?」
平成29年度 日本大学文理学部オープンキャンパス 「人工知能ってどんな仕組み?」
 
Innovative City Forum 2020 講演資料
 Innovative City Forum 2020 講演資料 Innovative City Forum 2020 講演資料
Innovative City Forum 2020 講演資料
 
HTML5/JS勉強会「HTML5/JavaScript ではじめるIoT」
HTML5/JS勉強会「HTML5/JavaScript ではじめるIoT」HTML5/JS勉強会「HTML5/JavaScript ではじめるIoT」
HTML5/JS勉強会「HTML5/JavaScript ではじめるIoT」
 
【ITソリューション塾・第29期】AI
【ITソリューション塾・第29期】AI【ITソリューション塾・第29期】AI
【ITソリューション塾・第29期】AI
 
ユーザの個人差とインタラクションデザイン, 西崎友規子
ユーザの個人差とインタラクションデザイン, 西崎友規子ユーザの個人差とインタラクションデザイン, 西崎友規子
ユーザの個人差とインタラクションデザイン, 西崎友規子
 
人工知能が啓く教育の可能性
人工知能が啓く教育の可能性人工知能が啓く教育の可能性
人工知能が啓く教育の可能性
 
人工知能とDX
人工知能とDX人工知能とDX
人工知能とDX
 
キャラクターAIイベント講演資料
キャラクターAIイベント講演資料キャラクターAIイベント講演資料
キャラクターAIイベント講演資料
 
SIG-ARG
SIG-ARGSIG-ARG
SIG-ARG
 
「AI研究の現在とSFの想像力」講演資料(上)
「AI研究の現在とSFの想像力」講演資料(上)「AI研究の現在とSFの想像力」講演資料(上)
「AI研究の現在とSFの想像力」講演資料(上)
 

Similar to エンジニアのための勉強会 #1 『AI』

人工知能と機械学習の違いって?
人工知能と機械学習の違いって?人工知能と機械学習の違いって?
人工知能と機械学習の違いって?
Shuyo Nakatani
 
今さら聞けないITエンジニアのための人工知能
今さら聞けないITエンジニアのための人工知能今さら聞けないITエンジニアのための人工知能
今さら聞けないITエンジニアのための人工知能
Keisuke Tameyasu
 
先端ITサービス ‐AIを使用したサービスに焦点を当て- .pdf
先端ITサービス ‐AIを使用したサービスに焦点を当て- .pdf先端ITサービス ‐AIを使用したサービスに焦点を当て- .pdf
先端ITサービス ‐AIを使用したサービスに焦点を当て- .pdf
Hiroshi Takahashi
 
AIについて
AIについてAIについて
AIについて
mamiruco
 
人工知能勉強会人工知能(AI)業界まとめ(個人中小企業向け)非エンジニアでも参加できるAIビジネス tsubasa
人工知能勉強会人工知能(AI)業界まとめ(個人中小企業向け)非エンジニアでも参加できるAIビジネス tsubasa人工知能勉強会人工知能(AI)業界まとめ(個人中小企業向け)非エンジニアでも参加できるAIビジネス tsubasa
人工知能勉強会人工知能(AI)業界まとめ(個人中小企業向け)非エンジニアでも参加できるAIビジネス tsubasa
翼 宮崎
 
人工知能についての基礎知識
人工知能についての基礎知識人工知能についての基礎知識
人工知能についての基礎知識
Yuta Inamura
 
コンピュータの舞台裏 Vol.08 - 身近な事例からひも解く人工知能
コンピュータの舞台裏 Vol.08 - 身近な事例からひも解く人工知能コンピュータの舞台裏 Vol.08 - 身近な事例からひも解く人工知能
コンピュータの舞台裏 Vol.08 - 身近な事例からひも解く人工知能
TATSUYA HAYAMIZU
 
DIAMOND AI Presentation 20240125
DIAMOND AI Presentation 20240125DIAMOND AI Presentation 20240125
DIAMOND AI Presentation 20240125
diamondaidev
 
AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?
AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?
AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?
Shigeyuki Kameda
 
第4次産業革命 AIでビジネスの現場が変わる
第4次産業革命 AIでビジネスの現場が変わる第4次産業革命 AIでビジネスの現場が変わる
第4次産業革命 AIでビジネスの現場が変わる
DIVE INTO CODE Corp.
 
Watsonで画像認識!お米を炊くレベル
Watsonで画像認識!お米を炊くレベルWatsonで画像認識!お米を炊くレベル
Watsonで画像認識!お米を炊くレベル
ariariari1112
 
Ai受託プロダクト開発アンチパターン
Ai受託プロダクト開発アンチパターンAi受託プロダクト開発アンチパターン
Ai受託プロダクト開発アンチパターン
Ozawa Kensuke
 
AIとDeep Learningについての私的メモ
AIとDeep Learningについての私的メモAIとDeep Learningについての私的メモ
AIとDeep Learningについての私的メモ
IWASAKI NOBUSUKE
 
Javaone報告会2016
Javaone報告会2016Javaone報告会2016
Javaone報告会2016
yuki shiroma
 
AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」
AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」
AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」
Shigeyuki Kameda
 
Microsoft Conversational AI_20191030
Microsoft Conversational AI_20191030Microsoft Conversational AI_20191030
Microsoft Conversational AI_20191030
Ayako Omori
 
「なぜ人工知能は人と会話ができるのか?」
「なぜ人工知能は人と会話ができるのか?」「なぜ人工知能は人と会話ができるのか?」
「なぜ人工知能は人と会話ができるのか?」
Youichiro Miyake
 
Ai受託プロダクト開発アンチパターン (1)
Ai受託プロダクト開発アンチパターン (1)Ai受託プロダクト開発アンチパターン (1)
Ai受託プロダクト開発アンチパターン (1)
Ozawa Kensuke
 
自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」
自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」
自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」
Shigeyuki Kameda
 
第6回 Machine Learning 15minutes!
第6回 Machine Learning 15minutes!第6回 Machine Learning 15minutes!
第6回 Machine Learning 15minutes!
Shigeyuki Kameda
 

Similar to エンジニアのための勉強会 #1 『AI』 (20)

人工知能と機械学習の違いって?
人工知能と機械学習の違いって?人工知能と機械学習の違いって?
人工知能と機械学習の違いって?
 
今さら聞けないITエンジニアのための人工知能
今さら聞けないITエンジニアのための人工知能今さら聞けないITエンジニアのための人工知能
今さら聞けないITエンジニアのための人工知能
 
先端ITサービス ‐AIを使用したサービスに焦点を当て- .pdf
先端ITサービス ‐AIを使用したサービスに焦点を当て- .pdf先端ITサービス ‐AIを使用したサービスに焦点を当て- .pdf
先端ITサービス ‐AIを使用したサービスに焦点を当て- .pdf
 
AIについて
AIについてAIについて
AIについて
 
人工知能勉強会人工知能(AI)業界まとめ(個人中小企業向け)非エンジニアでも参加できるAIビジネス tsubasa
人工知能勉強会人工知能(AI)業界まとめ(個人中小企業向け)非エンジニアでも参加できるAIビジネス tsubasa人工知能勉強会人工知能(AI)業界まとめ(個人中小企業向け)非エンジニアでも参加できるAIビジネス tsubasa
人工知能勉強会人工知能(AI)業界まとめ(個人中小企業向け)非エンジニアでも参加できるAIビジネス tsubasa
 
人工知能についての基礎知識
人工知能についての基礎知識人工知能についての基礎知識
人工知能についての基礎知識
 
コンピュータの舞台裏 Vol.08 - 身近な事例からひも解く人工知能
コンピュータの舞台裏 Vol.08 - 身近な事例からひも解く人工知能コンピュータの舞台裏 Vol.08 - 身近な事例からひも解く人工知能
コンピュータの舞台裏 Vol.08 - 身近な事例からひも解く人工知能
 
DIAMOND AI Presentation 20240125
DIAMOND AI Presentation 20240125DIAMOND AI Presentation 20240125
DIAMOND AI Presentation 20240125
 
AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?
AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?
AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?
 
第4次産業革命 AIでビジネスの現場が変わる
第4次産業革命 AIでビジネスの現場が変わる第4次産業革命 AIでビジネスの現場が変わる
第4次産業革命 AIでビジネスの現場が変わる
 
Watsonで画像認識!お米を炊くレベル
Watsonで画像認識!お米を炊くレベルWatsonで画像認識!お米を炊くレベル
Watsonで画像認識!お米を炊くレベル
 
Ai受託プロダクト開発アンチパターン
Ai受託プロダクト開発アンチパターンAi受託プロダクト開発アンチパターン
Ai受託プロダクト開発アンチパターン
 
AIとDeep Learningについての私的メモ
AIとDeep Learningについての私的メモAIとDeep Learningについての私的メモ
AIとDeep Learningについての私的メモ
 
Javaone報告会2016
Javaone報告会2016Javaone報告会2016
Javaone報告会2016
 
AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」
AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」
AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」
 
Microsoft Conversational AI_20191030
Microsoft Conversational AI_20191030Microsoft Conversational AI_20191030
Microsoft Conversational AI_20191030
 
「なぜ人工知能は人と会話ができるのか?」
「なぜ人工知能は人と会話ができるのか?」「なぜ人工知能は人と会話ができるのか?」
「なぜ人工知能は人と会話ができるのか?」
 
Ai受託プロダクト開発アンチパターン (1)
Ai受託プロダクト開発アンチパターン (1)Ai受託プロダクト開発アンチパターン (1)
Ai受託プロダクト開発アンチパターン (1)
 
自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」
自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」
自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」
 
第6回 Machine Learning 15minutes!
第6回 Machine Learning 15minutes!第6回 Machine Learning 15minutes!
第6回 Machine Learning 15minutes!
 

Recently uploaded

Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
Osaka University
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
Shinichi Hirauchi
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
Osaka University
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
ssuserfcafd1
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
Takuya Minagawa
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
Hideo Kashioka
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
ARISE analytics
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
kitamisetagayaxxx
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
Seiya Shimabukuro
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Hirotaka Kawata
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 

Recently uploaded (13)

Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 

エンジニアのための勉強会 #1 『AI』