SlideShare a Scribd company logo
バックアップ勉強会#1
バックアップの基礎知識
   MKTインターナショナル株式会社
        代表取締役社長 赤井 誠
バックアップ勉強会について
       システムバックアップとデータバックアップの違いは?
       ホットバックアップとコールドバックアップの違いは?
       D2Dとか、D2D2T ってどういう意味?

   昨年、今年と、バックアップが大切だという思いを持った人も多いはず。
    日本だけでなく、世界でも、一日数件以上データ消失事故は起こっている
    そうです(HP社の調査)


   バックアップは、ソフトウェアだけでなく、ストレージやテープなどの
    ハードウェアも含んで考える必要もあって、いろいろとタイヘンです。さ
    らに、最近は、クラウドバックアップというオプションも増えました。で
    も、もともとの基礎知識がないと、どれがいいかも選ぶのは一苦労。


   ということで、初心者の方も安心なバックアップ勉強会を開催します。
このセッションについて

                バックアップ・リカバリの
  基本的に初心者向け     範囲は広いため


                用語が、テクニカルターム以
テクニカルな詳細より、市場   外に、コンサルティング用語
    や用語の紹介      もあるので、用語が理解でき
                ないと、わかりにくい

                と、なったら、いいな。。
後半セッションへのイントロ   資料は、勉強会資料的?
                ではなく、ビジネスでも
                使えるように、ちょっと
                堅めに作っています。
自己紹介
                   経歴
                   • 京都大学工学部卒。神戸大学経営学修了。テキサ
                     ス大学MBA交換留学。
                   • 元日本ヒューレット・パッカード株式会社勤務
                      • ソフトウェアR&D
                      • 経営企画
                      • マーケティング
MKTインターナショナル株式会社      • ソフトウェアの経験が中心(→HPではまれか
赤井誠
2011年4月28日設立            も)
事業内容                     • Oracle Partner of the Year
事業企画                     • VMWare The OEM Partner Award受
マーケティングコンサルティング
人材育成
                           賞
翻訳業務等                    • Microsoft Windows Server アジアパ
                           フィック部門No.1 アワード受賞
                         • 国内Linuxベンダー1位
                         • 全HPでLinux OSの世界一の販売
                   • キャリアデベロップメントアドバイザー(特定非営利
                     活動法人 日本キャリア開発協会)
                   著作・翻訳
                   『マックで飛び込むインターネット』(翔泳社) の執筆以降、20
                   冊以上の著作・翻訳を行う。
用語解説
データバックアップとシステムバックアップ
   データバックアップ
       データベースなどに保存されているデータを保存
           データベースが提供する機能を利用する場合
           サードパーティ製品を利用する場合
       データの一貫性が大切
       データロストの場合、損失が大きい
   システムバックアップ
       イメージバックアップという場合もある
       稼働しているシステム構成を丸ごとバックアップする
       イメージファイルをリストアすると、システムの状態が戻る
       OSが安定稼働するためには、パッチや設定がかなり適用されてい
        るため、再OSインストールなどはやりたくない
       システム構築での納品物として、システムバックアップデータが
        提出されることが多い
       利用されるのは、ハードウェア障害などで部品交換したときなど
用語解説
災害対策(DR),RPO,RTO
   バックアップと対に語られることが多い
   RPO
       目標復旧地点
       データロストしたとしても、最大許容範囲する範囲
       データの重要度にあわせた決めるもの
       例: 一日ごとにバックアップ ← 一日前のデータまでは復旧で
        きる
   RTO
       目標復旧時間
       オペレーションを復活させるまでの最長許容時間
       データ復旧するだけではなく、運用まで復旧させる
       バックアップが戻ったとしても、例えば、ネットワーク構成の
        変更などが必要になる
最近の傾向(1)
   D2Dバックアップ: Disk-To-Disk
       ディスクへバックアップ
       高速バックアップ&リカバリ
   D2D2T: Disk-To-Disk-To-Tape
       ディスクへバックアップした後に、テープへ保存
       稼働システムへの負担が少ない
       やっぱり、テープに保存したい人もいる
       テープ利用は、省エネ対策にもなる
   クラウドバックアップ
       Amazon Glacierのような、クラウドサービスとして、
        バックアップを利用する方法
最近の傾向(2)
   重複排除
       最近のバックアップソフトでは、提供されていることがほとん
        ど
       すべてバックアップをとるとデータ量が莫大になる
   アプライアンス
       中央管理サーバーとして、バックアップソフトウェアとスト
        レージを内蔵したアプライアンスが増えている
       仮想化対応をうたう機会が多い
           システム全体をバックアップ
           システムイメージ自体を、復旧時に、違う仮想サーバー上にリス
            トアするなど
       代表的製品: Novell PlateSpin Forge
       多くは、共有ストレージ上データベースデータバックアップに
        は不向き。ファイルサーバーデータなどをバックアップするに
        は,手頃
バックアップと運用
   システムの重要性に応じて、バックアップの範囲や頻度が決まる。
   考慮点
       システムやデータの重要度
       運用や維持のコスト
       法律・裁判
           法律で定められた規則のために、バックアップデータをどれくらいもたないと
            いけないかが決まってくることも多い
           裁判の証拠で採用されるケースも多い
       バックアップの種類
           データバックアップ
           システムバックアップ
           フルバックアップ
           差分/増分バックアップ
       保存場所
           場所、セキュリティなど
       メディア
       復旧方法
   大企業は、方針決定(通常DR対策)だけで、コンサルティング導入することも多い
ストレージベンダー大手EMC調査
次ページ以降で引用
EMC、アジア太平洋地域および日本における災害復旧(DR)に関する調査結果を発表
    企業の81%がデータ損失やシステム・ダウンから復旧できない恐れ
     時代の要求に合わないバックアップ/リカバリ・ソリューションを使用している現状
     が浮き彫りに
概要
    アジア太平洋地域および日本の2,500社を対象に行われた最新調査の結果、81% (日
     本では89%) の企業が災害発生後の完全復旧に不安があると回答
    調査対象企業の71% (日本では50%) が、過去1年間にデータ損失またはシステム・
     ダウン(もしくは両方)を経験
    データ損失とシステム・ダウンの主原因のトップ3は、ハードウェアの障害が
     60%(日本では55%)、データの破損が49%、電力供給の問題が44%
    データ損失とシステム・ダウンによる最も大きな影響として、42%(日本では38%)
     の企業が従業員の生産性の低下を回答
    バックアップ・コピーをオフサイトで保管している企業のうち、今でもリカバリに
     テープを使用している企業は44%(日本では58%)、CD-ROMを使用している企業は
     37%。ただし、62%(日本では66%)の企業がすでにディスク・ベースのストレージ
     を使用中
    テープを使用している企業の83%(日本では68%)がテープからの完全な切替えを希
     望 - 次世代バックアップ/リカバリ・ソリューションに対するニーズが浮き彫りに
    http://japan.emc.com/about/news/press/japan/2012/20120615-1.htm
バックアップが必要な理由?

       過去1年間に53%の調
       査対象企業がデータ
           ロスト




        データロスト理由
1.    データ破壊
2.    ハードウェア障害
3.    ソフトウェア障害
4.    電源喪失
5.    セキュリティ


     http://apj.emc.com/microsites/emc-brs-survey/emc-apj-disaster-
     recovery-survey-2012-the-full-report.pdf
データロストするとどうなるのか?

      企業にとっては、作業
      の遅れ、売上減少、
      顧客からの信頼が落
          ちる



      データロストが起こると?
1.    商品開発に遅れ
2.    売上のロスト
3.    顧客の信頼低下
4.    従業員の生産性低下
5.    ビジネス機会のロスト


     http://apj.emc.com/microsites/emc-brs-survey/emc-apj-disaster-
     recovery-survey-2012-the-full-report.pdf
コピーをどこにおいているのか?
      災害対策している企
      業のほとんどが、別の
      場所(会社でも、アウト
      ソース先でも)におい
          ている



        コピーの保存先
1.    国内の自社の別サイト
2.    国内の別会社のサイト
3.    自社ネットワーク上
4.    国外の自社の別サイト
5.    従業員の家!←マジ?


     http://apj.emc.com/microsites/emc-brs-survey/emc-apj-disaster-
     recovery-survey-2012-the-full-report.pdf
バックアップとっているメディアは?


今は、ディスクへの
バックアップが主流だ
 けど、テープバック
アップも半分くらいい
     る




http://apj.emc.com/microsites/emc-brs-survey/emc-apj-disaster-
recovery-survey-2012-the-full-report.pdf
テープバックアップをストップしたい理由

      コストとの兼ね合いだ
      が、結局バックアップ
      スピードとリカバリス
         ピードの話



           理由
1.    さらに高速なバックアップ
2.    データリカバリ、システムリ
      ストアのスピード
3.    耐久性
4.    簡素化、中央管理
5.    コスト

     http://apj.emc.com/microsites/emc-brs-survey/emc-apj-disaster-
     recovery-survey-2012-the-full-report.pdf
最後に
   というわけで、結構、考えないといけないことが多いで
    す。
   バックアップデータそのものの保証を行っているベン
    ダー、プロバイダーは、ほとんど記憶にありません。
   そのため、PCのバックアップレベルで、考えるのとは、
    ちょっと違ったりします。
   年金データように、ひとりのデータが軽く50年以上保存
    しないといけないケースもあるので、保存方法、保存場
    所も考えないといけません。
   社会的立場によっては、公開範囲を考慮しないと、問題
    が起こります
   今日は、このくらいのイントロで。
バックアップ勉強会#1 バックアップ基礎

More Related Content

What's hot

Azure Arc Enabled Serverの活用
Azure Arc Enabled Serverの活用Azure Arc Enabled Serverの活用
Azure Arc Enabled Serverの活用
Tomoya Katayama
 
Oracle Data Guard による高可用性
Oracle Data Guard による高可用性Oracle Data Guard による高可用性
Oracle Data Guard による高可用性
Yahoo!デベロッパーネットワーク
 
OpenLineage による Airflow のデータ来歴の収集と可視化(Airflow Meetup Tokyo #3 発表資料)
OpenLineage による Airflow のデータ来歴の収集と可視化(Airflow Meetup Tokyo #3 発表資料)OpenLineage による Airflow のデータ来歴の収集と可視化(Airflow Meetup Tokyo #3 発表資料)
OpenLineage による Airflow のデータ来歴の収集と可視化(Airflow Meetup Tokyo #3 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
S13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティス
S13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティスS13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティス
S13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティス
Microsoft Azure Japan
 
AWS で Presto を徹底的に使いこなすワザ
AWS で Presto を徹底的に使いこなすワザAWS で Presto を徹底的に使いこなすワザ
AWS で Presto を徹底的に使いこなすワザ
Noritaka Sekiyama
 
Red Hat Update Infrastructure 2.0
Red Hat Update Infrastructure 2.0Red Hat Update Infrastructure 2.0
Red Hat Update Infrastructure 2.0Etsuji Nakai
 
Sql server 2016 always on 可用性グループ new features
Sql server 2016 always on 可用性グループ new featuresSql server 2016 always on 可用性グループ new features
Sql server 2016 always on 可用性グループ new features
Masayuki Ozawa
 
Weblogic 12c installation (oracle linux)
Weblogic 12c installation (oracle linux)Weblogic 12c installation (oracle linux)
Weblogic 12c installation (oracle linux)
Osama Mustafa
 
Amazon Redshiftへの移行方法と設計のポイント(db tech showcase 2016)
Amazon Redshiftへの移行方法と設計のポイント(db tech showcase 2016)Amazon Redshiftへの移行方法と設計のポイント(db tech showcase 2016)
Amazon Redshiftへの移行方法と設計のポイント(db tech showcase 2016)
Amazon Web Services Japan
 
障害とオペミスに備える! ~Oracle Databaseのバックアップを考えよう~
障害とオペミスに備える! ~Oracle Databaseのバックアップを考えよう~障害とオペミスに備える! ~Oracle Databaseのバックアップを考えよう~
障害とオペミスに備える! ~Oracle Databaseのバックアップを考えよう~
Shinnosuke Akita
 
サポート エンジニアが Azure Networking をじっくりたっぷり語りつくす会
サポート エンジニアが Azure Networking をじっくりたっぷり語りつくす会サポート エンジニアが Azure Networking をじっくりたっぷり語りつくす会
サポート エンジニアが Azure Networking をじっくりたっぷり語りつくす会
ShuheiUda
 
負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!
負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!
負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!
株式会社クライム
 
Outlook アドイン開発入門
Outlook アドイン開発入門Outlook アドイン開発入門
Outlook アドイン開発入門
Hiroaki Oikawa
 
はじめての SAP on AWS
はじめての SAP on AWSはじめての SAP on AWS
はじめての SAP on AWS
Amazon Web Services Japan
 
vSphere 7 へのアップグレードについて
vSphere 7 へのアップグレードについてvSphere 7 へのアップグレードについて
vSphere 7 へのアップグレードについて
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
 
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWS
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWSAWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWS
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWS
Amazon Web Services Japan
 
Ws2012フェールオーバークラスタリングdeep dive 130802
Ws2012フェールオーバークラスタリングdeep dive 130802Ws2012フェールオーバークラスタリングdeep dive 130802
Ws2012フェールオーバークラスタリングdeep dive 130802
wintechq
 
Sql server 構築 運用 tips
Sql server 構築 運用 tipsSql server 構築 運用 tips
Sql server 構築 運用 tipsMasayuki Ozawa
 
20190130 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...
20190130 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...20190130 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...
20190130 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...
Amazon Web Services Japan
 
EC2のストレージどう使う? -Instance Storageを理解して高速IOを上手に活用!-
EC2のストレージどう使う? -Instance Storageを理解して高速IOを上手に活用!-EC2のストレージどう使う? -Instance Storageを理解して高速IOを上手に活用!-
EC2のストレージどう使う? -Instance Storageを理解して高速IOを上手に活用!-
Yuta Imai
 

What's hot (20)

Azure Arc Enabled Serverの活用
Azure Arc Enabled Serverの活用Azure Arc Enabled Serverの活用
Azure Arc Enabled Serverの活用
 
Oracle Data Guard による高可用性
Oracle Data Guard による高可用性Oracle Data Guard による高可用性
Oracle Data Guard による高可用性
 
OpenLineage による Airflow のデータ来歴の収集と可視化(Airflow Meetup Tokyo #3 発表資料)
OpenLineage による Airflow のデータ来歴の収集と可視化(Airflow Meetup Tokyo #3 発表資料)OpenLineage による Airflow のデータ来歴の収集と可視化(Airflow Meetup Tokyo #3 発表資料)
OpenLineage による Airflow のデータ来歴の収集と可視化(Airflow Meetup Tokyo #3 発表資料)
 
S13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティス
S13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティスS13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティス
S13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティス
 
AWS で Presto を徹底的に使いこなすワザ
AWS で Presto を徹底的に使いこなすワザAWS で Presto を徹底的に使いこなすワザ
AWS で Presto を徹底的に使いこなすワザ
 
Red Hat Update Infrastructure 2.0
Red Hat Update Infrastructure 2.0Red Hat Update Infrastructure 2.0
Red Hat Update Infrastructure 2.0
 
Sql server 2016 always on 可用性グループ new features
Sql server 2016 always on 可用性グループ new featuresSql server 2016 always on 可用性グループ new features
Sql server 2016 always on 可用性グループ new features
 
Weblogic 12c installation (oracle linux)
Weblogic 12c installation (oracle linux)Weblogic 12c installation (oracle linux)
Weblogic 12c installation (oracle linux)
 
Amazon Redshiftへの移行方法と設計のポイント(db tech showcase 2016)
Amazon Redshiftへの移行方法と設計のポイント(db tech showcase 2016)Amazon Redshiftへの移行方法と設計のポイント(db tech showcase 2016)
Amazon Redshiftへの移行方法と設計のポイント(db tech showcase 2016)
 
障害とオペミスに備える! ~Oracle Databaseのバックアップを考えよう~
障害とオペミスに備える! ~Oracle Databaseのバックアップを考えよう~障害とオペミスに備える! ~Oracle Databaseのバックアップを考えよう~
障害とオペミスに備える! ~Oracle Databaseのバックアップを考えよう~
 
サポート エンジニアが Azure Networking をじっくりたっぷり語りつくす会
サポート エンジニアが Azure Networking をじっくりたっぷり語りつくす会サポート エンジニアが Azure Networking をじっくりたっぷり語りつくす会
サポート エンジニアが Azure Networking をじっくりたっぷり語りつくす会
 
負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!
負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!
負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!
 
Outlook アドイン開発入門
Outlook アドイン開発入門Outlook アドイン開発入門
Outlook アドイン開発入門
 
はじめての SAP on AWS
はじめての SAP on AWSはじめての SAP on AWS
はじめての SAP on AWS
 
vSphere 7 へのアップグレードについて
vSphere 7 へのアップグレードについてvSphere 7 へのアップグレードについて
vSphere 7 へのアップグレードについて
 
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWS
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWSAWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWS
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWS
 
Ws2012フェールオーバークラスタリングdeep dive 130802
Ws2012フェールオーバークラスタリングdeep dive 130802Ws2012フェールオーバークラスタリングdeep dive 130802
Ws2012フェールオーバークラスタリングdeep dive 130802
 
Sql server 構築 運用 tips
Sql server 構築 運用 tipsSql server 構築 運用 tips
Sql server 構築 運用 tips
 
20190130 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...
20190130 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...20190130 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...
20190130 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...
 
EC2のストレージどう使う? -Instance Storageを理解して高速IOを上手に活用!-
EC2のストレージどう使う? -Instance Storageを理解して高速IOを上手に活用!-EC2のストレージどう使う? -Instance Storageを理解して高速IOを上手に活用!-
EC2のストレージどう使う? -Instance Storageを理解して高速IOを上手に活用!-
 

Viewers also liked

バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめバックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
MKT International Inc.
 
CentOS7で統合バックアップBacula7.0を使ってみよう
CentOS7で統合バックアップBacula7.0を使ってみようCentOS7で統合バックアップBacula7.0を使ってみよう
CentOS7で統合バックアップBacula7.0を使ってみよう
Ken Sawada
 
バックアップの基礎知識
バックアップの基礎知識バックアップの基礎知識
バックアップの基礎知識
hogehuga
 
テストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jp
テストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jpテストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jp
テストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jp
kyon mm
 
初心者向けWebinar 貴重なデータを守るクラウドバックアップの実現
初心者向けWebinar 貴重なデータを守るクラウドバックアップの実現初心者向けWebinar 貴重なデータを守るクラウドバックアップの実現
初心者向けWebinar 貴重なデータを守るクラウドバックアップの実現
Amazon Web Services Japan
 
レガシーコードとの付き合い方とテストでの話
レガシーコードとの付き合い方とテストでの話レガシーコードとの付き合い方とテストでの話
レガシーコードとの付き合い方とテストでの話
H Iseri
 
レガシーコード改善のススメ
レガシーコード改善のススメレガシーコード改善のススメ
レガシーコード改善のススメ
Akira Hirasawa
 
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - re:Invent 2015 最新アップデート速報
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - re:Invent 2015 最新アップデート速報AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - re:Invent 2015 最新アップデート速報
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - re:Invent 2015 最新アップデート速報
Amazon Web Services Japan
 
「レガシーコード」とはいったい?
「レガシーコード」とはいったい?「レガシーコード」とはいったい?
「レガシーコード」とはいったい?
Hiroyuki Ohnaka
 
AWSで実現するバックアップとディザスタリカバリ
AWSで実現するバックアップとディザスタリカバリAWSで実現するバックアップとディザスタリカバリ
AWSで実現するバックアップとディザスタリカバリ
Amazon Web Services Japan
 
MySQL 5.7の罠があなたを狙っている
MySQL 5.7の罠があなたを狙っているMySQL 5.7の罠があなたを狙っている
MySQL 5.7の罠があなたを狙っている
yoku0825
 

Viewers also liked (11)

バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめバックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
 
CentOS7で統合バックアップBacula7.0を使ってみよう
CentOS7で統合バックアップBacula7.0を使ってみようCentOS7で統合バックアップBacula7.0を使ってみよう
CentOS7で統合バックアップBacula7.0を使ってみよう
 
バックアップの基礎知識
バックアップの基礎知識バックアップの基礎知識
バックアップの基礎知識
 
テストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jp
テストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jpテストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jp
テストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jp
 
初心者向けWebinar 貴重なデータを守るクラウドバックアップの実現
初心者向けWebinar 貴重なデータを守るクラウドバックアップの実現初心者向けWebinar 貴重なデータを守るクラウドバックアップの実現
初心者向けWebinar 貴重なデータを守るクラウドバックアップの実現
 
レガシーコードとの付き合い方とテストでの話
レガシーコードとの付き合い方とテストでの話レガシーコードとの付き合い方とテストでの話
レガシーコードとの付き合い方とテストでの話
 
レガシーコード改善のススメ
レガシーコード改善のススメレガシーコード改善のススメ
レガシーコード改善のススメ
 
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - re:Invent 2015 最新アップデート速報
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - re:Invent 2015 最新アップデート速報AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - re:Invent 2015 最新アップデート速報
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - re:Invent 2015 最新アップデート速報
 
「レガシーコード」とはいったい?
「レガシーコード」とはいったい?「レガシーコード」とはいったい?
「レガシーコード」とはいったい?
 
AWSで実現するバックアップとディザスタリカバリ
AWSで実現するバックアップとディザスタリカバリAWSで実現するバックアップとディザスタリカバリ
AWSで実現するバックアップとディザスタリカバリ
 
MySQL 5.7の罠があなたを狙っている
MySQL 5.7の罠があなたを狙っているMySQL 5.7の罠があなたを狙っている
MySQL 5.7の罠があなたを狙っている
 

Similar to バックアップ勉強会#1 バックアップ基礎

[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...
[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...
[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...
Insight Technology, Inc.
 
OSS Market Momentum In Japan
OSS Market Momentum In JapanOSS Market Momentum In Japan
OSS Market Momentum In Japan
MKT International Inc.
 
CLOUDIAN at Support Engineer Night
CLOUDIAN at Support Engineer NightCLOUDIAN at Support Engineer Night
CLOUDIAN at Support Engineer Night
CLOUDIAN KK
 
ITコアを刷新するハイブリッドクラウド型ITシステム
ITコアを刷新するハイブリッドクラウド型ITシステムITコアを刷新するハイブリッドクラウド型ITシステム
ITコアを刷新するハイブリッドクラウド型ITシステム
CLOUDIAN KK
 
[db tech showcase Tokyo 2015] C25:HP NonStop SQLはなぜグローバルに分散DBを構築できるのか、 データの整合...
[db tech showcase Tokyo 2015] C25:HP NonStop SQLはなぜグローバルに分散DBを構築できるのか、 データの整合...[db tech showcase Tokyo 2015] C25:HP NonStop SQLはなぜグローバルに分散DBを構築できるのか、 データの整合...
[db tech showcase Tokyo 2015] C25:HP NonStop SQLはなぜグローバルに分散DBを構築できるのか、 データの整合...
Insight Technology, Inc.
 
オブジェクトストレージのユースケース (Cloudweek2014 講演資料)
オブジェクトストレージのユースケース (Cloudweek2014 講演資料)オブジェクトストレージのユースケース (Cloudweek2014 講演資料)
オブジェクトストレージのユースケース (Cloudweek2014 講演資料)
CLOUDIAN KK
 
[db tech showcase Tokyo 2015] C17:MySQL Cluster ユーザー事例紹介~JR東日本情報システム様における導入事例...
[db tech showcase Tokyo 2015] C17:MySQL Cluster ユーザー事例紹介~JR東日本情報システム様における導入事例...[db tech showcase Tokyo 2015] C17:MySQL Cluster ユーザー事例紹介~JR東日本情報システム様における導入事例...
[db tech showcase Tokyo 2015] C17:MySQL Cluster ユーザー事例紹介~JR東日本情報システム様における導入事例...
Insight Technology, Inc.
 
[de:code 2019 振り返り Night!] Data Platform
[de:code 2019 振り返り Night!] Data Platform[de:code 2019 振り返り Night!] Data Platform
[de:code 2019 振り返り Night!] Data Platform
Naoki (Neo) SATO
 
セミナ受講レポート NRI Senju V12
セミナ受講レポート NRI Senju V12セミナ受講レポート NRI Senju V12
セミナ受講レポート NRI Senju V12
Yukio Saito
 
DBTS2016 Data as Code - Delphix
DBTS2016 Data as Code - DelphixDBTS2016 Data as Code - Delphix
DBTS2016 Data as Code - Delphix
Masaya Ishikawa
 
Gmo media.inc 第9回西日本ossの普及を考える会
Gmo media.inc 第9回西日本ossの普及を考える会Gmo media.inc 第9回西日本ossの普及を考える会
Gmo media.inc 第9回西日本ossの普及を考える会
Dai Utsui
 
[hccjp#2] 忖度なし!自社にあったハイブリッドクラウドの選び方
[hccjp#2] 忖度なし!自社にあったハイブリッドクラウドの選び方[hccjp#2] 忖度なし!自社にあったハイブリッドクラウドの選び方
[hccjp#2] 忖度なし!自社にあったハイブリッドクラウドの選び方
Daichi Ogawa
 
新しいTERASOLUNA Batch Frameworkとは
新しいTERASOLUNA Batch Frameworkとは新しいTERASOLUNA Batch Frameworkとは
新しいTERASOLUNA Batch Frameworkとは
apkiban
 
Big data解析ビジネス
Big data解析ビジネスBig data解析ビジネス
Big data解析ビジネス
Mie Mori
 
Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用
Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用
Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用Yukio Kumazawa
 
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
Yoshihito Kuranuki
 
Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)
Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)
Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)
CLOUDIAN KK
 
Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)
Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)
Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)
CLOUDIAN KK
 
ソフトウェア資産管理とIT投資マネジメントの関係性
ソフトウェア資産管理とIT投資マネジメントの関係性ソフトウェア資産管理とIT投資マネジメントの関係性
ソフトウェア資産管理とIT投資マネジメントの関係性
Tetsu Kawata
 
Windows Server 2016 Essentials と記憶域スペースでつくる中小企業を支えるサーバー
Windows Server 2016 Essentials と記憶域スペースでつくる中小企業を支えるサーバーWindows Server 2016 Essentials と記憶域スペースでつくる中小企業を支えるサーバー
Windows Server 2016 Essentials と記憶域スペースでつくる中小企業を支えるサーバー
Masahiko Sada
 

Similar to バックアップ勉強会#1 バックアップ基礎 (20)

[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...
[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...
[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...
 
OSS Market Momentum In Japan
OSS Market Momentum In JapanOSS Market Momentum In Japan
OSS Market Momentum In Japan
 
CLOUDIAN at Support Engineer Night
CLOUDIAN at Support Engineer NightCLOUDIAN at Support Engineer Night
CLOUDIAN at Support Engineer Night
 
ITコアを刷新するハイブリッドクラウド型ITシステム
ITコアを刷新するハイブリッドクラウド型ITシステムITコアを刷新するハイブリッドクラウド型ITシステム
ITコアを刷新するハイブリッドクラウド型ITシステム
 
[db tech showcase Tokyo 2015] C25:HP NonStop SQLはなぜグローバルに分散DBを構築できるのか、 データの整合...
[db tech showcase Tokyo 2015] C25:HP NonStop SQLはなぜグローバルに分散DBを構築できるのか、 データの整合...[db tech showcase Tokyo 2015] C25:HP NonStop SQLはなぜグローバルに分散DBを構築できるのか、 データの整合...
[db tech showcase Tokyo 2015] C25:HP NonStop SQLはなぜグローバルに分散DBを構築できるのか、 データの整合...
 
オブジェクトストレージのユースケース (Cloudweek2014 講演資料)
オブジェクトストレージのユースケース (Cloudweek2014 講演資料)オブジェクトストレージのユースケース (Cloudweek2014 講演資料)
オブジェクトストレージのユースケース (Cloudweek2014 講演資料)
 
[db tech showcase Tokyo 2015] C17:MySQL Cluster ユーザー事例紹介~JR東日本情報システム様における導入事例...
[db tech showcase Tokyo 2015] C17:MySQL Cluster ユーザー事例紹介~JR東日本情報システム様における導入事例...[db tech showcase Tokyo 2015] C17:MySQL Cluster ユーザー事例紹介~JR東日本情報システム様における導入事例...
[db tech showcase Tokyo 2015] C17:MySQL Cluster ユーザー事例紹介~JR東日本情報システム様における導入事例...
 
[de:code 2019 振り返り Night!] Data Platform
[de:code 2019 振り返り Night!] Data Platform[de:code 2019 振り返り Night!] Data Platform
[de:code 2019 振り返り Night!] Data Platform
 
セミナ受講レポート NRI Senju V12
セミナ受講レポート NRI Senju V12セミナ受講レポート NRI Senju V12
セミナ受講レポート NRI Senju V12
 
DBTS2016 Data as Code - Delphix
DBTS2016 Data as Code - DelphixDBTS2016 Data as Code - Delphix
DBTS2016 Data as Code - Delphix
 
Gmo media.inc 第9回西日本ossの普及を考える会
Gmo media.inc 第9回西日本ossの普及を考える会Gmo media.inc 第9回西日本ossの普及を考える会
Gmo media.inc 第9回西日本ossの普及を考える会
 
[hccjp#2] 忖度なし!自社にあったハイブリッドクラウドの選び方
[hccjp#2] 忖度なし!自社にあったハイブリッドクラウドの選び方[hccjp#2] 忖度なし!自社にあったハイブリッドクラウドの選び方
[hccjp#2] 忖度なし!自社にあったハイブリッドクラウドの選び方
 
新しいTERASOLUNA Batch Frameworkとは
新しいTERASOLUNA Batch Frameworkとは新しいTERASOLUNA Batch Frameworkとは
新しいTERASOLUNA Batch Frameworkとは
 
Big data解析ビジネス
Big data解析ビジネスBig data解析ビジネス
Big data解析ビジネス
 
Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用
Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用
Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用
 
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
 
Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)
Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)
Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)
 
Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)
Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)
Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)
 
ソフトウェア資産管理とIT投資マネジメントの関係性
ソフトウェア資産管理とIT投資マネジメントの関係性ソフトウェア資産管理とIT投資マネジメントの関係性
ソフトウェア資産管理とIT投資マネジメントの関係性
 
Windows Server 2016 Essentials と記憶域スペースでつくる中小企業を支えるサーバー
Windows Server 2016 Essentials と記憶域スペースでつくる中小企業を支えるサーバーWindows Server 2016 Essentials と記憶域スペースでつくる中小企業を支えるサーバー
Windows Server 2016 Essentials と記憶域スペースでつくる中小企業を支えるサーバー
 

More from MKT International Inc.

ツールを用いた脆弱性リスクの管理・低減
ツールを用いた脆弱性リスクの管理・低減ツールを用いた脆弱性リスクの管理・低減
ツールを用いた脆弱性リスクの管理・低減
MKT International Inc.
 
ランサムウェアをサーバー側から対策する
ランサムウェアをサーバー側から対策するランサムウェアをサーバー側から対策する
ランサムウェアをサーバー側から対策する
MKT International Inc.
 
サーバーサイドにおけるOSSセキュリティ市場動向について
サーバーサイドにおけるOSSセキュリティ市場動向についてサーバーサイドにおけるOSSセキュリティ市場動向について
サーバーサイドにおけるOSSセキュリティ市場動向について
MKT International Inc.
 
神戸大学MBA修了生勉強会資料
神戸大学MBA修了生勉強会資料神戸大学MBA修了生勉強会資料
神戸大学MBA修了生勉強会資料
MKT International Inc.
 
B2Bデジタルマーケティング最前線 〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜
B2Bデジタルマーケティング最前線〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜B2Bデジタルマーケティング最前線〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜
B2Bデジタルマーケティング最前線 〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜
MKT International Inc.
 
MySQLはじめの第一歩
MySQLはじめの第一歩MySQLはじめの第一歩
MySQLはじめの第一歩
MKT International Inc.
 
自分にあった英語学習法を探してみよう!
自分にあった英語学習法を探してみよう!自分にあった英語学習法を探してみよう!
自分にあった英語学習法を探してみよう!
MKT International Inc.
 
求められているエンジニアのナレッジってなに?
求められているエンジニアのナレッジってなに?求められているエンジニアのナレッジってなに?
求められているエンジニアのナレッジってなに?
MKT International Inc.
 
求められているエンジニアのナレッジってなに?
求められているエンジニアのナレッジってなに?求められているエンジニアのナレッジってなに?
求められているエンジニアのナレッジってなに?
MKT International Inc.
 
ボイストレーニング入門
ボイストレーニング入門ボイストレーニング入門
ボイストレーニング入門
MKT International Inc.
 
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(有賀さん)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(有賀さん)グローバル時代に求められるキャリアと生き方(有賀さん)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(有賀さん)
MKT International Inc.
 
経済を理解する数字の見方、上司が見たい数字の見せ方
経済を理解する数字の見方、上司が見たい数字の見せ方経済を理解する数字の見方、上司が見たい数字の見せ方
経済を理解する数字の見方、上司が見たい数字の見せ方
MKT International Inc.
 
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(全体資料)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(全体資料)グローバル時代に求められるキャリアと生き方(全体資料)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(全体資料)
MKT International Inc.
 
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(高岡さん)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(高岡さん)グローバル時代に求められるキャリアと生き方(高岡さん)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(高岡さん)
MKT International Inc.
 
パーソナルカラー入門
パーソナルカラー入門パーソナルカラー入門
パーソナルカラー入門
MKT International Inc.
 
上司が見たい数字の見せ方
上司が見たい数字の見せ方上司が見たい数字の見せ方
上司が見たい数字の見せ方
MKT International Inc.
 
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(梶山さん)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(梶山さん)グローバル時代に求められるキャリアと生き方(梶山さん)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(梶山さん)
MKT International Inc.
 
エンジニアのキャリアを考える
エンジニアのキャリアを考えるエンジニアのキャリアを考える
エンジニアのキャリアを考える
MKT International Inc.
 
提案に役に立つ情報 (teianlab 勉強会)
提案に役に立つ情報 (teianlab 勉強会)提案に役に立つ情報 (teianlab 勉強会)
提案に役に立つ情報 (teianlab 勉強会)
MKT International Inc.
 
[キャリア支援]失敗しない! 初めての起業のステップABC
[キャリア支援]失敗しない! 初めての起業のステップABC[キャリア支援]失敗しない! 初めての起業のステップABC
[キャリア支援]失敗しない! 初めての起業のステップABC
MKT International Inc.
 

More from MKT International Inc. (20)

ツールを用いた脆弱性リスクの管理・低減
ツールを用いた脆弱性リスクの管理・低減ツールを用いた脆弱性リスクの管理・低減
ツールを用いた脆弱性リスクの管理・低減
 
ランサムウェアをサーバー側から対策する
ランサムウェアをサーバー側から対策するランサムウェアをサーバー側から対策する
ランサムウェアをサーバー側から対策する
 
サーバーサイドにおけるOSSセキュリティ市場動向について
サーバーサイドにおけるOSSセキュリティ市場動向についてサーバーサイドにおけるOSSセキュリティ市場動向について
サーバーサイドにおけるOSSセキュリティ市場動向について
 
神戸大学MBA修了生勉強会資料
神戸大学MBA修了生勉強会資料神戸大学MBA修了生勉強会資料
神戸大学MBA修了生勉強会資料
 
B2Bデジタルマーケティング最前線 〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜
B2Bデジタルマーケティング最前線〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜B2Bデジタルマーケティング最前線〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜
B2Bデジタルマーケティング最前線 〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜
 
MySQLはじめの第一歩
MySQLはじめの第一歩MySQLはじめの第一歩
MySQLはじめの第一歩
 
自分にあった英語学習法を探してみよう!
自分にあった英語学習法を探してみよう!自分にあった英語学習法を探してみよう!
自分にあった英語学習法を探してみよう!
 
求められているエンジニアのナレッジってなに?
求められているエンジニアのナレッジってなに?求められているエンジニアのナレッジってなに?
求められているエンジニアのナレッジってなに?
 
求められているエンジニアのナレッジってなに?
求められているエンジニアのナレッジってなに?求められているエンジニアのナレッジってなに?
求められているエンジニアのナレッジってなに?
 
ボイストレーニング入門
ボイストレーニング入門ボイストレーニング入門
ボイストレーニング入門
 
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(有賀さん)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(有賀さん)グローバル時代に求められるキャリアと生き方(有賀さん)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(有賀さん)
 
経済を理解する数字の見方、上司が見たい数字の見せ方
経済を理解する数字の見方、上司が見たい数字の見せ方経済を理解する数字の見方、上司が見たい数字の見せ方
経済を理解する数字の見方、上司が見たい数字の見せ方
 
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(全体資料)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(全体資料)グローバル時代に求められるキャリアと生き方(全体資料)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(全体資料)
 
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(高岡さん)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(高岡さん)グローバル時代に求められるキャリアと生き方(高岡さん)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(高岡さん)
 
パーソナルカラー入門
パーソナルカラー入門パーソナルカラー入門
パーソナルカラー入門
 
上司が見たい数字の見せ方
上司が見たい数字の見せ方上司が見たい数字の見せ方
上司が見たい数字の見せ方
 
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(梶山さん)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(梶山さん)グローバル時代に求められるキャリアと生き方(梶山さん)
グローバル時代に求められるキャリアと生き方(梶山さん)
 
エンジニアのキャリアを考える
エンジニアのキャリアを考えるエンジニアのキャリアを考える
エンジニアのキャリアを考える
 
提案に役に立つ情報 (teianlab 勉強会)
提案に役に立つ情報 (teianlab 勉強会)提案に役に立つ情報 (teianlab 勉強会)
提案に役に立つ情報 (teianlab 勉強会)
 
[キャリア支援]失敗しない! 初めての起業のステップABC
[キャリア支援]失敗しない! 初めての起業のステップABC[キャリア支援]失敗しない! 初めての起業のステップABC
[キャリア支援]失敗しない! 初めての起業のステップABC
 

Recently uploaded

協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
Osaka University
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
Osaka University
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
osamut
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
ARISE analytics
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
azuma satoshi
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
tazaki1
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
嶋 是一 (Yoshikazu SHIMA)
 

Recently uploaded (9)

協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
 

バックアップ勉強会#1 バックアップ基礎

  • 1. バックアップ勉強会#1 バックアップの基礎知識 MKTインターナショナル株式会社 代表取締役社長 赤井 誠
  • 2. バックアップ勉強会について  システムバックアップとデータバックアップの違いは?  ホットバックアップとコールドバックアップの違いは?  D2Dとか、D2D2T ってどういう意味?  昨年、今年と、バックアップが大切だという思いを持った人も多いはず。 日本だけでなく、世界でも、一日数件以上データ消失事故は起こっている そうです(HP社の調査)  バックアップは、ソフトウェアだけでなく、ストレージやテープなどの ハードウェアも含んで考える必要もあって、いろいろとタイヘンです。さ らに、最近は、クラウドバックアップというオプションも増えました。で も、もともとの基礎知識がないと、どれがいいかも選ぶのは一苦労。  ということで、初心者の方も安心なバックアップ勉強会を開催します。
  • 3. このセッションについて バックアップ・リカバリの 基本的に初心者向け 範囲は広いため 用語が、テクニカルターム以 テクニカルな詳細より、市場 外に、コンサルティング用語 や用語の紹介 もあるので、用語が理解でき ないと、わかりにくい と、なったら、いいな。。 後半セッションへのイントロ 資料は、勉強会資料的? ではなく、ビジネスでも 使えるように、ちょっと 堅めに作っています。
  • 4. 自己紹介 経歴 • 京都大学工学部卒。神戸大学経営学修了。テキサ ス大学MBA交換留学。 • 元日本ヒューレット・パッカード株式会社勤務 • ソフトウェアR&D • 経営企画 • マーケティング MKTインターナショナル株式会社 • ソフトウェアの経験が中心(→HPではまれか 赤井誠 2011年4月28日設立 も) 事業内容 • Oracle Partner of the Year 事業企画 • VMWare The OEM Partner Award受 マーケティングコンサルティング 人材育成 賞 翻訳業務等 • Microsoft Windows Server アジアパ フィック部門No.1 アワード受賞 • 国内Linuxベンダー1位 • 全HPでLinux OSの世界一の販売 • キャリアデベロップメントアドバイザー(特定非営利 活動法人 日本キャリア開発協会) 著作・翻訳 『マックで飛び込むインターネット』(翔泳社) の執筆以降、20 冊以上の著作・翻訳を行う。
  • 5. 用語解説 データバックアップとシステムバックアップ  データバックアップ  データベースなどに保存されているデータを保存  データベースが提供する機能を利用する場合  サードパーティ製品を利用する場合  データの一貫性が大切  データロストの場合、損失が大きい  システムバックアップ  イメージバックアップという場合もある  稼働しているシステム構成を丸ごとバックアップする  イメージファイルをリストアすると、システムの状態が戻る  OSが安定稼働するためには、パッチや設定がかなり適用されてい るため、再OSインストールなどはやりたくない  システム構築での納品物として、システムバックアップデータが 提出されることが多い  利用されるのは、ハードウェア障害などで部品交換したときなど
  • 6. 用語解説 災害対策(DR),RPO,RTO  バックアップと対に語られることが多い  RPO  目標復旧地点  データロストしたとしても、最大許容範囲する範囲  データの重要度にあわせた決めるもの  例: 一日ごとにバックアップ ← 一日前のデータまでは復旧で きる  RTO  目標復旧時間  オペレーションを復活させるまでの最長許容時間  データ復旧するだけではなく、運用まで復旧させる  バックアップが戻ったとしても、例えば、ネットワーク構成の 変更などが必要になる
  • 7. 最近の傾向(1)  D2Dバックアップ: Disk-To-Disk  ディスクへバックアップ  高速バックアップ&リカバリ  D2D2T: Disk-To-Disk-To-Tape  ディスクへバックアップした後に、テープへ保存  稼働システムへの負担が少ない  やっぱり、テープに保存したい人もいる  テープ利用は、省エネ対策にもなる  クラウドバックアップ  Amazon Glacierのような、クラウドサービスとして、 バックアップを利用する方法
  • 8. 最近の傾向(2)  重複排除  最近のバックアップソフトでは、提供されていることがほとん ど  すべてバックアップをとるとデータ量が莫大になる  アプライアンス  中央管理サーバーとして、バックアップソフトウェアとスト レージを内蔵したアプライアンスが増えている  仮想化対応をうたう機会が多い  システム全体をバックアップ  システムイメージ自体を、復旧時に、違う仮想サーバー上にリス トアするなど  代表的製品: Novell PlateSpin Forge  多くは、共有ストレージ上データベースデータバックアップに は不向き。ファイルサーバーデータなどをバックアップするに は,手頃
  • 9. バックアップと運用  システムの重要性に応じて、バックアップの範囲や頻度が決まる。  考慮点  システムやデータの重要度  運用や維持のコスト  法律・裁判  法律で定められた規則のために、バックアップデータをどれくらいもたないと いけないかが決まってくることも多い  裁判の証拠で採用されるケースも多い  バックアップの種類  データバックアップ  システムバックアップ  フルバックアップ  差分/増分バックアップ  保存場所  場所、セキュリティなど  メディア  復旧方法  大企業は、方針決定(通常DR対策)だけで、コンサルティング導入することも多い
  • 10. ストレージベンダー大手EMC調査 次ページ以降で引用 EMC、アジア太平洋地域および日本における災害復旧(DR)に関する調査結果を発表  企業の81%がデータ損失やシステム・ダウンから復旧できない恐れ 時代の要求に合わないバックアップ/リカバリ・ソリューションを使用している現状 が浮き彫りに 概要  アジア太平洋地域および日本の2,500社を対象に行われた最新調査の結果、81% (日 本では89%) の企業が災害発生後の完全復旧に不安があると回答  調査対象企業の71% (日本では50%) が、過去1年間にデータ損失またはシステム・ ダウン(もしくは両方)を経験  データ損失とシステム・ダウンの主原因のトップ3は、ハードウェアの障害が 60%(日本では55%)、データの破損が49%、電力供給の問題が44%  データ損失とシステム・ダウンによる最も大きな影響として、42%(日本では38%) の企業が従業員の生産性の低下を回答  バックアップ・コピーをオフサイトで保管している企業のうち、今でもリカバリに テープを使用している企業は44%(日本では58%)、CD-ROMを使用している企業は 37%。ただし、62%(日本では66%)の企業がすでにディスク・ベースのストレージ を使用中  テープを使用している企業の83%(日本では68%)がテープからの完全な切替えを希 望 - 次世代バックアップ/リカバリ・ソリューションに対するニーズが浮き彫りに http://japan.emc.com/about/news/press/japan/2012/20120615-1.htm
  • 11. バックアップが必要な理由? 過去1年間に53%の調 査対象企業がデータ ロスト データロスト理由 1. データ破壊 2. ハードウェア障害 3. ソフトウェア障害 4. 電源喪失 5. セキュリティ http://apj.emc.com/microsites/emc-brs-survey/emc-apj-disaster- recovery-survey-2012-the-full-report.pdf
  • 12. データロストするとどうなるのか? 企業にとっては、作業 の遅れ、売上減少、 顧客からの信頼が落 ちる データロストが起こると? 1. 商品開発に遅れ 2. 売上のロスト 3. 顧客の信頼低下 4. 従業員の生産性低下 5. ビジネス機会のロスト http://apj.emc.com/microsites/emc-brs-survey/emc-apj-disaster- recovery-survey-2012-the-full-report.pdf
  • 13. コピーをどこにおいているのか? 災害対策している企 業のほとんどが、別の 場所(会社でも、アウト ソース先でも)におい ている コピーの保存先 1. 国内の自社の別サイト 2. 国内の別会社のサイト 3. 自社ネットワーク上 4. 国外の自社の別サイト 5. 従業員の家!←マジ? http://apj.emc.com/microsites/emc-brs-survey/emc-apj-disaster- recovery-survey-2012-the-full-report.pdf
  • 15. テープバックアップをストップしたい理由 コストとの兼ね合いだ が、結局バックアップ スピードとリカバリス ピードの話 理由 1. さらに高速なバックアップ 2. データリカバリ、システムリ ストアのスピード 3. 耐久性 4. 簡素化、中央管理 5. コスト http://apj.emc.com/microsites/emc-brs-survey/emc-apj-disaster- recovery-survey-2012-the-full-report.pdf
  • 16. 最後に  というわけで、結構、考えないといけないことが多いで す。  バックアップデータそのものの保証を行っているベン ダー、プロバイダーは、ほとんど記憶にありません。  そのため、PCのバックアップレベルで、考えるのとは、 ちょっと違ったりします。  年金データように、ひとりのデータが軽く50年以上保存 しないといけないケースもあるので、保存方法、保存場 所も考えないといけません。  社会的立場によっては、公開範囲を考慮しないと、問題 が起こります  今日は、このくらいのイントロで。