Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

LTO/オートローダー/仮想テープライブラリの基礎知識

18,090 views

Published on

日本HPさんに講演いただいた第2回バックアップ勉強会の資料です。

Published in: Technology

LTO/オートローダー/仮想テープライブラリの基礎知識

  1. 1. LTO/オートローダー/仮想テープ ライブラリの基礎知識 バックアップ勉強会#2
  2. 2. バックアップシステムの選定①
  3. 3. バックアップの基本構成 スタンドアロンシステム ネットワーク化されたシステム 業務サーバー 兼バックアップ 業務サーバー サーバー バックアップ バックアップ サーバー ソフトウェア Agt Agt Agt バックアップ 複製 ネットワーク ソフトウェア 元 データ 複製 複製 複製 バックアップ 元 元 元ディスクストレージ ストレージ データ データ データ バックアップ (内蔵 or 外付) ストレージ 共有ストレージ(SAN / NAS) バックアップサーバー バックアップソフトウェア バックアップストレージバックアップソフトウェアを バックアップジョブを実行、 バックアップ先のデバイス 動作させるサーバー 制御する専用ソフトウェア (テープ or ディスク)(専用サーバーを推奨) バックアップ対象となるサーバーに Agt エージェントが必要となるケースが多い
  4. 4. 主要なバックアップソフトウェア Unixなど Windowsで Linuxで 企業系で 豊富な実績 豊富な実績 豊富な実績Data Protector Net Backup ARCserve NetVault  そのほか IBM Tivoli Storage Manager Windowsで 豊富な実績 EMC NetWorker  この他、機能は劣るが OS 標準のバックアップツール Backup Exec なども使用可能
  5. 5. バックアップストレージラインアップ リムーバル 重複排除バックアップストレージ ディスク バックアップ ディスクバックアップ D2D2500 D2D4000 B6200 RDX (スケールアウト型) 単体ドライブ 自動化ソリューション テープバックアップ ESL テープ テープ MSL テープライブラリ ドライブ オートローダー テープライブラリ EML テープライブラリ エントリー ミッドレンジ エンタープライズ データセンタ 高性能 大容量 スタンドアロン SMB~中規模 大規模 超大規模 / ローカル
  6. 6. LTOとは
  7. 7. バックアップの長期保管に最適 テープドライブ製品豊富な実績と手軽な導入価格 最新第5世代でセキュリティ機能を強化エントリテープドライブ DAT 高速大容量 LTO Ultrium SOHO~中堅企業向け 対象 中小~大企業向け 最大160GB/巻 (2:1圧縮) テープ容量 最大3TB/巻 (2:1圧縮) 最高49GB/時間 (2:1圧縮) スピード 最高1TB/時間 (2:1圧縮) 2世代前まで読み書き 下位互換性 1世代前の読み書き、2世代前の読み込み 現行のみ 将来性 第8世代までロードマップあり SAS, USB 接続性 SAS, FC 対応(DAT320のみ) データ暗号化 対応
  8. 8. 企業向けテープ規格の業界標準LTO (Linear Tape Open)とは = + + 3社共同開発のオープンテクノロジ  新デザイン –大容量バックアップを見込んだデザイン –既存のテクノロジーから優れた機能を集結 –ライブラリー搭載に対応する大容量、高速、高信頼性  オープン規格 –複数のサプライヤからドライブ/メディアが供給 –競合環境による信頼性、低コスト化、技術革新の創出 –ベンダー間での互換性 LTOロードマップ –現在 第5世代のLTO5 、一巻32TBのLTO8までのロードマップ –およそ2年間隔で着実な製品のリリース
  9. 9. HP LTO Ultrium データレートマッチング データ レートマッチング – ホストからの転送データのスピードにテープスピードを合わせて、 テープのストリーミングを保つ事が可能 − 再ポジショニングを避けることによりパフォーマンスを上げ、 またヘッドとメディアへのストレスを最小化できる ホストデータ (変化するレート) 速いデータレート 可変の書込みレート を制御するライトフィ ルターとサーボ指標が送られてくるデータの転送レートが速いと上がり、遅いと下がる 遅いデータ データバッファ レート テープへのデータ
  10. 10. 各テープドライブのバックアップ時間比較
  11. 11. LTOロードマップ
  12. 12. バックアップシステムの選定②
  13. 13. テープバックアップ製品 ユーザーニーズ別製品選択【ユーザーのニーズ】 単体ドライブ(DAT) 小 低•初期導入費用/運用費用を抑えたい•サーバーに内蔵したい/直接接続したい•バックアップ時間に余裕がある•バックアップ容量は最大160GBぐらい DAT160単体ドライブ•バックアップ時間を短縮したい、 単体ドライブ(LTO) 高速でバックアップしたい 規 コ 模 ス•大容量をバックアップしたい ト•サーバーに内蔵したい、直接接続したい•法令順守に対応したい(暗号化、改ざん LTO5 Ultrium3000 LTO4 Ultrium1840 防止) 単体ドライブ 単体ドライブ•バックアップを自動化したい オートロ-ダ•IT管理者の工数を削減したい ライブラリ•大容量をバックアップしたい (LTO)•バックアップを高速で行いたい 大 高•将来のデータ増加時にバックアップ 容量を拡張したい 1/8 G2 ALとMSLテープライブラリー
  14. 14. テープ製品のポジショニング DAT, LTO• 容量と性能、世代管理数から選択• 導入コストとランニングコストから選択 バックアップ規模 = 容量・性能導入 LTO5コ LTOス 4.2円/GBト 容量・性能ともに最高レベル 大規模環境にも対応 初期導入コストが高い DAT DAT160 小規模環境に最適 複数の世代管理を低コストで 30.2円/GB ランニングコスト = カートリッジ価格
  15. 15. テープライブラリについて サーバーへ スロットからドライブ へテープを出し入れテープライブラリは、 テープカート するロボット機構リッジを格納するスロット、テープドライブ、スロットからテープカートリッジを移動させるロボット、コントローラー コント等から構成される。 ローラーバックアップソフトウェア等の設定に テープドライ従い、テープを自動的に交換して、 ブバックアップの自動運用を行う テープドライ10巻以下でドライブが1台の物は、 ブテープオートローダーという パワーサーバーとの接続は、SAS、ファイ サプライバーチャネル(FC) 。 テープドライブが複数ある と、複数のバックアップジョ スロットにテープ カートリッジを装填 ブを同時に実行させること ができる
  16. 16. テープ管理を自動化し運用コストを削減 HP LTOテープオートメーションシリーズ– バックアップ環境を統合 • 管理する対象を減らします バックアップ統合 • SCSI, SAS, FC接続に対応– 複数テープを自動管理 • テープ交換の手間を減らします 1/8 G2 Autoloader MSL2024 MSL4048 MSL8048/ MSL8096 スロット 8巻 24巻 48巻 96巻(8048:48巻) 最大容量 24TB 72TB 144TB 288TB (2:1圧縮) ドライブ LTO2,3,4,5 LTO2,3,4,5 LTO3,4,5 LTO3,4,5 サイズ 1U 2U 4U 8U
  17. 17. HP 1/8 G2 Autoloaderとは•テープメディアを複数収納し自動バックアップを行うテープ装置•CDチェンジャーのテープ版!?•最大8巻までテープカートリッジを搭載可能•シングルドライブ搭載 正面 背面(ドライブにより異なる) 右マガジン ハーフハイト (4スロット) テープドライブ 左マガジン (4スロット)
  18. 18. HP 1/8 G2 LTO テープオートローダーラインアップ 1/8 G2 LTO3 1/8 G2 LTO3 1/8 G2 LTO4 1/8 G2 LTO4 1/8 G2 LTO5 HP 1/8 G2 LTO5 Ultrium920 SAS Ultrium920 SCSI Ultrium1760 SAS Ultrium1760 Ultrium3000 SAS Ultrium3000 FCモデル テープオートロー テープオートロー テープオートロー SCSI テープオー テープオートロー テープオートロー ダー ダー ダー トローダー ダー ダー LTO3 Ultrium 920 LTO3 Ultrium 920 LTO4 Ultrium 1760 LTO4 Ultrium LTO5 Ultrium 3000ストレージ LTO5 Ultrium 3000 SASドライブ SCSIドライブ SASドライブ 1760 SCSIドライブ SASドライブドライブ FCドライブ1台搭載 1台搭載 1台搭載 1台搭載 1台搭載 1台搭載ストレージ 6.4TB(圧縮時)、 24TB; 12TB(非圧 24TB(2:1圧縮時) 12.8TB(圧縮時); 6.4TB(非圧縮時)容量 最大3.2TB(非圧縮時) 縮時) 12TB(非圧縮時)データ転送 432GB/hr(2:1圧縮時) 576GB/時; 最大, 2:1データ圧縮時 1.0TB/時( 2:1圧縮時)速度暗号化機能 いいえ AES 256ビット AES 256ビットホストイン Ultra320 LVD Ultra320 LVD 8Gbファイバーチャター 3Gb/秒SAS 3Gb/秒SAS 6Gb/秒 SAS SCSI SCSI ネルフェイス 注)掲載の情報は予告なく変更されることがあります
  19. 19. HP MSL テープライブラリとは•テープメディアを複数収納し自動バックアップを行うテープ装置•大型CDチェンジャーのテープ版!?•24から最大144スロットまで拡張が可能※•1台から最大6台のテープドライブ搭載可能※ ※連結による拡張含む例: MSL2024 正面 背面(ドライブにより異なる) (12スロット)(12スロット) ハーフハイト フルハイト ドライブ ☆実物は形状が異なります。
  20. 20. HP MSLテープライブラリ エクスパンションキットで連結し拡張 【構成例】 合計144スロット 上段 MSL 8096 (96スロット) 下段 MSL 4048HP MSL ライブラリ エクスパンション (48スロット)キット
  21. 21. HP MSLテープライブラリ HP MSL8096 HP MSL8048 HP MSL4048 HP MSL2024 LTO5 Ultrium3280 LTO5 Ultrium3280 LTO5 Ultrium3280 LTO5 Ultrium3000 LTO5 Ultrium3000 LTO5 Ultrium3000サポートする LTO5 Ultrium3280 LTO4 Ultrium 1840 LTO-4 Ultrium 1840 LTO4 Ultrium 1840 ドライブ LTO5 Ultrium3000 LTO4 Ultrium1760 LTO-4 Ultrium 1760 LTO4 Ultrium1760 LTO4 Ultrium 1840 LTO3 Ultrium960 装備なし LTO3 Ultrium920 LTO3 Ultrium920 0、 付属なし。 ドライブ数 標準2、最大4 MSL8048では 標準1、最大2 1 1~4ドライブの注文が必要。 48(初期)、スロットライセンスで 96へ拡張可。片側48スロットを スロット数 96 使用可能にする為にはMSL8048 48 24 スロットライセンス(製品番号: TA739A)の購入が必要 シャーシ 8Uラック 8Uラック 4Uラック 2Uラック 6Gb/秒SAS 3Gb~6Gb/秒SAS 3Gb~6Gb/秒SASホストインター Ultra320 LVD SCSI Ultra320 LVD SCSI Ultra320 LVD SCSI ドライブによって異なる フェイス 4Gb~8Gb Native Fibre 4Gb~8Gb Native Fibre 4Gb~8Gb Native Fibre Channel Channel Channel 注)掲載の情報は予告なく変更されることがあります
  22. 22. 仮想テープライブラリVirtual Tape Library (VTL)
  23. 23. サーバーへ仮想テープライブラリについて サーバーへ仮想テープライブラリは、RAID構成されたディスク上に、複数の仮想的な サーバーからは普通のテープライブラリを構成する装置。 テープライブラリに見える (仮想的なテープライブラリ)構成された仮想テープライブラリは、あたかも個別のテープライブラリとして コントローラーサーバーに接続する。ファイル単位のリストア時間を短くした HDD HDD HDDい、災害対策のために遠隔地にバックアップデータを複製する、等に役立つ。 HDD HDD HDDサーバーとは、iSCSI、ファイバーチャネル(FC) で接続される。 パワーサプライ 遠隔地の仮想テープライブ ラリへの複製も可能
  24. 24. StoreOnceの特長: 「仮想テープライブラリ」とは 「テープライブラリの毛皮を被ったディスクアレイ」 バックアップを 私はテープ装置 とりたいなぁ(^^) ですよ!(^^) FC や iSCSI で接続 テープライブラリとして認識される 本当はディスク サーバー & 装置だけどねバックアップソフトウェア (`∇´) 仮想テープライブラリにする利点 重複排除 仮想ドライブ増設はタダ HDだからランダムアクセス 低帯域リプリケーション 容量をかしこく倹約 並列化でバックアップ時間を短縮 ファイル単位でも高速に読み出し テープ搬送の手間いらず ( Option License )
  25. 25. ディスクバックアップの利点 同時処理とランダムアクセスによる性能向上 テープ ① ② ③ LAN ディスク ① ② ③ LAN バックアップ バックアップ 順番待ちで 並列だから 時間がかかる 待ち時間なし! SAN SAN ① ① ② 並列処理で ② ③ バックアップ時 ③ 間を短縮 バックアップ時間 テープ バックアップ時間 オートローダー ディスクバックアップ (1ドライブ) メディアの先頭から リストア対象 目的のバックアップデータ ファイル シーケンシャルにアクセス に高速にアクセス可能 ランダム アクセスで リストア時間を 短縮 リストア対象 ディスク上のデータ ファイル36
  26. 26. 今注目の重複排除バックアップストレージ HP StoreOnce バックアップシステムHP StoreOnce Backup System とは テープライブラリと同様の運用を維持しながら、ディスクシステム上に高性能かつ効率よく データをバックアップできる製品です。 エントリー、ミッドレンジからエンタープライズまで、容量と性能の要件にあわせて、最適な モデルを選択していただけます。HP StoreOnce重複排除テクノロジーを標準で搭載し、 バックアップ総容量として約20倍のデータを格納することができます。 D2D2500 D2D4100 D2D4300特長と利点 バックアップの様々な課題を解決し、さらに災害対策にも活用可能• 既存テープ環境を1台に統合可能 • 重複排除でデータ量を1/20に削減 − 仮想テープライブラリ機能により既存 − StoreOnce重複排除のマイクロ可 環境を活かした移行が可能 変チャンクで高いデータマッチング バックアップ一元管理ですっきり 保存容量を最小化• リカバリの迅速性を向上 • 低コストで災害対策の導入が可能 − すべてのデータはディスク上にあるた − 重複排除後の差分データのみを転 め、頻繁なリカバリや、ファイル単位 送する低帯域レプリケーションで回 のリストアに有効 線コストを節約
  27. 27. ディスクとテープの適材適所
  28. 28. ディスクとテープの特性比較ディスクストレージ テープストレージ 常時アクセスする記憶装置として設計 データ保護用の記憶装置として設計 • 連続・ランダムのリード、ライトに対応 • 連続したリード、ライトが得意 • 規格化されたインターフェースとメカ • ランダムなリード、ライトは不得意 (性能・容量は規格に依存) • 規格化されたドライブとカートリッジ • 機器は固定利用(故障時のみ交換) • カートリッジ交換が必要 • テープと比較すると高い容量単価 • カートリッジによる外部保管が可能 (半導体>HDD>テープ) • 大容量データを低コストで保存可能 • 比較的大きい消費電力(常時稼働) • 低消費電力(動く時のみ電力を消費) • 暗号化機能なし(持ち出ししないため) • 暗号化に対応(一部) • 耐久性に優れたカートリッジ(~30年) ・・・・・
  29. 29. バックアップの特徴比較(ディスク vs テープ) ディスクバックアップ テープバックアップ (重複排除ストレージ) (自動化バックアップ) ◎ シーケンシャル(連続)アクセス ◎ シーケンシャル(連続)アクセス ◎ リカバリの迅速性 △ リカバリの迅速性 ◎ メディアの管理 △ メディアの管理 ○ メディアコスト(重複排除で節約) ◎ メディアコスト △ 消費電力(常時稼働) ◎ 消費電力(保管時電力消費なし) △ 可搬性 ◎ 可搬性 ◎ 外部保管(低帯域リモート複製) ○ 外部保管(メディアの移動が必要) △ セキュリティ(暗号化) ◎ セキュリティ(暗号化・外部保管) △ メディア耐久性 ◎ メディア耐久性(~30年) 新しいテクノロジーの登場により ディスクの欠点が逆にアドバンテージに
  30. 30. バックアップの適材適所(ディスク vs テープ) ディスクバックアップ テープバックアップ (重複排除ストレージ) (自動化バックアップ) • 複数のバックアップを統合して管 • 単一ジョブのバックアップ 理したい (ドライブ数依存) • サーバー仮想化環境 • コスト重視のバックアップ • ファイル単位のリカバリが必要 • 大容量アーカイブ • 頻繁なリカバリ • 世代毎にメディア管理が必要 • メディア管理をなくしたい • 暗号化保護や長期データ保管 • 外部保管が不要 • オフサイトのデータ保管・災害対 • 遠隔地へのデータ保管を 策を低コストで実現 自動的に運用したい

×