Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

子供達と プログラミングをはじめよう

411 views

Published on

子供達と プログラミングをはじめようーCoderDojoの活動と最新事例ー地域活動紹介ゆめサロンIT利用バーチャルまちめぐりでお話させていたい資料です。内容は2018/11現在の資料に基づきます。

Published in: Education
  • Be the first to comment

子供達と プログラミングをはじめよう

  1. 1. 子供達と プログラミングをはじめよう - CoderDojo の活動と最新事例 - 新妻正夫(CoderDojo ひばりヶ丘主宰) 地域活動紹介ゆめサロンIT利用バーチャルまちめぐり
  2. 2. 自己紹介 新妻正夫(にいづままさお) 56才のScratcher(登録歴10年、 実質は6年くらい) CoderDojoひばりヶ丘Champion (主宰/責任者のことで、最強の人 ではありませんw) 本業はITコンサルタント兼ライター 他いろいろ サイボウズ公認kintoneエバンジェ リスト/ペライチ公式代表サポーター なども Webメディア「こどもとIT」寄稿中 『小学生向け「ロボット工作プログラミング ワークショップ」で大人もタミヤのカムロボ を組み立ててみた』より
  3. 3. 本日のお題 2020年プログラミング教育必修化とは CoderDojoひばりヶ丘の紹介 子ども達が親しむScratchの世界 最新事例の紹介 子供達は何を学んでいるのかーどう関わればいいのか
  4. 4. 2020年「プログラミング教育」 の必修化とは 小学校プログラミング教育の手引(第二版)より
  5. 5. 2020年度教育制度改革 小学校の学習指導要領改訂実施(現在は移行期間) 英語(外国語)の科目化 「プログラミング教育」の導入 「プログラミング」という科目ができるわけではない 開かれた学校/カリキュラムマネジメントなど盛りだくさん 大学入試制度改革 中学校・高等学校の学習指導要領改訂も順次 「主体的で対話的な深い学び」を実現する
  6. 6. 学習指導要領改訂スケジュール
  7. 7. 小学校における学習活動の例 教科の中でプログラミングを活用す る例(A分類、B分類) 算数:プログラミングを通して、 正多角形の意味を基に正多角形 をかく 理科:身の回りには電気の性質 や働きを利用した道具があること 等をプログラミングを通して学習 する 総合:「情報」を探究課題に設 定した学習 家庭:自動炊飯器に組み込まれ ているプログラミングを考える活 動を通して、炊 飯について学習 する 教科外の時間でプログラミングを活用す る例(C分類) プログラミングの楽しさや面白さ、 達成感などを味わえる題材など でプログラミングを体験 プログラミング言語やプログラミ ングの技能の基礎についての学 習 各教科等の学習と関連させた具 体的な課題を設定する取組 学校内のパソコンクラブなど(D分類) 放課後学童でのワークショップなど(E 分類) 民間のパソコン教室、プログラミングク ラブ(F分類)
  8. 8. CoderDojoひばりヶ丘 の紹介
  9. 9. プログラミング教室? ではありません
  10. 10. Dojos are relaxed and fun programming clubs! CoderDojo.comより リラックスした雰囲気の愉しい プログラミングクラブ
  11. 11. こどものためのプログラミング道場 地域のボランティアによる非営利の活動、世界100カ国に 1900以上の道場 2011年7月、アイルランドで最初のセッションが開催。日 本では2012年に下北沢のOpenSource Cafeで、 「CoderDojo Tokyo」として最初のセッション開催 Dojo間に交流はあるが、基本独立した存在 Dojoごとに、Scratch、ラズベリーパイ、HTML/CSS、 JavaScript、Python、アルディーノ、マインクラフトなど、 やることもいろいろ
  12. 12. 日本のCoderDojo 159以上(2018/11現在)
  13. 13. CoderDojoひばりヶ丘沿革 2012年11月より活動 当時小3男子、作ったプログラ ムを誤って消去!!号泣! おやつ食べて、自分からやり直 してあっという間に完成 「へえ、子供ってすごいね」と 感心することに 登録だけは日本で 2番目だったらしい
  14. 14. そして2018年 2012年より月2回の定期開催、セッ ション数は130回を超える 内容はScratch中心/ラズパイ他新 しいものを適宜追加する 未経験者には30分ほどレクチャ、あ とは書籍等で自主的にやってもらう 保護者はもれなく「メンター」状態。 指導ではなく、「寄り添い/共感」 基本は「教えない」。学び合いを 促す。大人も対等に、子どもの方が 詳しければ子どもに聞く
  15. 15. 愉しい面白いという体験重視 いろいろなScratch作品で遊んでみる 作品の中をのぞいてみる。真似をする。 豊富な教材(書籍/チュートリアル/コーディングカード)を見て 興味のある作品をゼロから作ってみる NHKのWhy!?大喜利(毎月のお題で作品を投稿できるWeb サイト)に挑戦してみる 作った作品を見せ合う、遊んでみる !15
  16. 16. ここでちょっと質問です 「Scratch(スクラッチ)」ってご存じですか 1. 今日はじめて聞いた 2. 名前だけは見たことがある/知っていた 3. 触ったことがある 4. コインでこするやつなら知っています
  17. 17. 子ども達が親しむ Scratchの世界
  18. 18. Scratchとは MITメディアラボの「ライフロングキンダーガーテングループ」のプロ ジェクト ブロック型プログラミング言語として教育現場で広く使われている 世界中で利用(無償、多国語対応、ブラウザで利用可能) 共有された作品数:3300万以上  登録ユーザー数:3400万弱 (日本は34万以上)※2018/11現在 作品の共有、リミックス(改造)、SNS的な機能など、作品作りを通 して自発的な学びを促す仕組み 書籍、NHKの番組など教材も豊富
  19. 19. Scratchとその仲間 Scratch2.0 scratch で検索 または https://scratch.mit.edu Pyonkee Scratch Jr 低年齢向け
  20. 20. 公開されている作品は多種多様 なにを作るかは作る人の自由 音声のみです
  21. 21. みんな大好き増殖系 いつのまにかリミックス 団子増殖 on Scratch 「30秒」の時間制限で、団子 (?)をクリックすると増えていく「団 子増殖」を公開 子供達が遊びはじめる 何個増やせるかを競っていると思っ たら・・・・remix(リミックス)して たw 団子増殖remix on Scratch なぜか団子が魔法使いに 時間制限が「60秒」に変更され ている WHY?(なんで?) 『団子の数をもっと増やせるように したかったから』
  22. 22. 皆さんも遊んでみましょう 皆さんの応援でねこを大砲から飛ばしましょうw
  23. 23. 最新事例紹介
  24. 24. 次世代Scratch3.0 2019年1月リリース予定
  25. 25. micro:bitとも連携が簡単に
  26. 26. micro:bit(マイクロビット)
  27. 27. 国産ロボットでプログラミング タミヤロボットスクール全国展開中
  28. 28. 様々な取り組み 新座IoTの学び推進協議会(代表:新座子育て ネットワーク) 地域でプログラミングを楽しめる新座ICT くらぶを市民参加で市内5カ所で開催 メンター養成講座をあわせて実施 JIYUアフタースクール(放課後学童) iPadを使ったプログラミング体験 シニアプログラミングネットワーク もくもく会イベントを毎月渋谷で開催 埼玉県戸田市教育委員会 産官学民と連携し小中一貫のプログラミ ング教育を実施
  29. 29. 子供達は何を 学んでいるのか どう関わればよいのか
  30. 30. よく言われること プログラミングの基 本的な知識 ITリテラシー 学び合い・他人との コミニュケーション 作品作りを通しての デザインプロセス 実はこちらも大事? やってみる/挑戦 してみる姿勢 自分でやることを 考える・決める 試行錯誤する 「わかった!」を 積み重ねる
  31. 31. 関わる大人達も実は一緒 「新しいこと」に挑戦してみる姿勢 自分でやることを考える・決める 試行錯誤する 「わかった!」を積み重ねる 「教える」ではなく「遊び心」をもって 一緒に参加する
  32. 32. 落書きにするとこんな感じ?
  33. 33. プログラミングで創造的に学ぶ 『ライフロング・キンダーガーテン 創 造的思考力を育む4つの原則』 (日経BP社、2018) 「Let’s teach kids to code」 (TEDxBeaconStreet、2012) ライフロングキンダーガーデングループ を率いるミッチェル・レズニック教授の 新著とTEDプレゼンテーション
  34. 34. こんな方です 「遊び心」をもってやっていきたいですね
  35. 35. 僕もいい年こいて遊んでいます みなさんもぜひご一緒に
  36. 36. 出典他小学校プログラミング教育の手引(第二版) http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1403162.htm CoderDojo/CoderDojo Japan/CoderDojoひばりヶ丘 https://coderdojo.com/ https://coderdojo.jp/ https://coderdojo.hanare-hibari.info/ Why!?大喜利 | ワイワイプログラミング https://www.nhk.or.jp/school/programming/oogiri/index.html 『ライフロング・キンダーガーテン 創造的思考力を育む4つの原則』(日経BP社、2018) https://www.nikkeibp.co.jp/atclpubmkt/book/18/P55550/ 「Let's teach kids to code/子供達にプログラミングを教えよう」(TEDxBeaconStreet、2012) https://www.ted.com/talks/mitch_resnick_let_s_teach_kids_to_code?language=ja ScratchはMITメディアラボのライフロングキンダーガーテングループのプロジェクトで、無償で提供されています。 https://scratch.mit.edu
  37. 37. 紹介作品一覧 母の日のコイン探し https://scratch.mit.edu/projects/61416988/ ラジオ https://scratch.mit.edu/projects/106708513/ うみの魚寿司!!!!!!!!!!! https://scratch.mit.edu/projects/197771173/ クリスマスのアベセンセー。 https://scratch.mit.edu/projects/187764431/ 連続!おうえん!ねこたいほう https://scratch.mit.edu/projects/68765336/ Play With My Face (v2) https://scratch.mit.edu/projects/235820484/

×