Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

151202 教育評価論(三田)第9講

396 views

Published on

151202 教育評価論(三田)第9講

Published in: Education
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

151202 教育評価論(三田)第9講

  1. 1. 教育評価論(第 9 講) フィードバックの効果(2) 文部科学省 国立教育政策研究所 文部科学省 国立教育政策研究所 総括研究官 やま 山 もり 森 こう 光 よう 陽 (教育心理学) koyo@nier.go.jp 平成 27 年 12 月 2 日 この内容は個人的見解であり 国立教育政策研究所の公式見解ではありません
  2. 2. はじめに 本日の出席とスライド 本日の出席 https: //questant.jp/q/151202 本日のスライド http://www.slideshare.net/ koyoyamamori/eduass151202 教育評価論(第 9 講) フィードバックの効果 (2) 平成 27 年 12 月 2 日 2 / 11
  3. 3. 現在取り組んでいる課題
  4. 4. 現在取り組んでいる課題 フィードバックの効果のメタ分析 ▶   Bangert-Drowns, et al. (1991) ▶ 40 研究,58 効果指標を統合 ▶ フィードバックの種類による効果の大きさの違いを検討 ▶   Graham, et al. (2015) ▶ 作文のフィードバックについて 39 効果指標を検討 ▶ 誰がフィードバックを与えるかよる効果の大きさの違いを検討 ▶   Hattie &Timperley (2007) ▶ メタ分析の結果をさらにメタ分析 ▶ フィードバックに類するものの効果の大きさの違いを検討 ▶   Kingston & Nash (2011) ▶ 42 効果指標を統合 ▶ 学年及び教科によるフィードバックの効果の大きさの違いを検討 ▶   Lyster & Saito (2010) ▶ 外国語学習における口頭フィードバック ▶ フィードバックの内容による効果の大きさの違いを検討 教育評価論(第 9 講) フィードバックの効果 (2) 平成 27 年 12 月 2 日 4 / 11
  5. 5. 現在取り組んでいる課題 最終的な成果物 ▶ 各々の班に割り振られた論文を読み,フィードバックの種類 等による効果の大きさの違いに関する記述をまとめる。 ▶ 各々の班の成果物から,どのようなフィードバックを与える ことが学力に寄与すると考えられるかを議論し,まとめる。 教育評価論(第 9 講) フィードバックの効果 (2) 平成 27 年 12 月 2 日 5 / 11
  6. 6. 現在取り組んでいる課題 進め方 小グループ(各論文 2 班ずつ)で ▶ 担当する論文は教職ログブックにある。 ▶ 小グループで,来週の講義を使いその後(12 月 7 日)までに,フィード バックの種類等による効果の大きさの違いに関する記述をまとめる。 ▶ 本文やアブストラクトから要点を抽出する。 ▶ 成果物は教職ログブックに各自が提出する。 各論文グループ(同じ論文を担当した 2 班合同)で ▶ 小グループの成果を持ち寄り,アサインされた論文について,フィード バックの種類等による効果の大きさの違いに関する記述をまとめ,要点を 指摘する。 ▶ A4 判用紙 3 枚程度 (スライド 2 枚) にまとめる。 ▶ プレゼンテーションに耐えられる構成にする。 ▶ グループ名とメンバーの名前を明記すること。 ▶ 12 月 11 日 (土) 中に教職ログブックに全員が提出。 教育評価論(第 9 講) フィードバックの効果 (2) 平成 27 年 12 月 2 日 6 / 11
  7. 7. 現在取り組んでいる課題 手掛かり I B1,B2 班:Bangert-Drowns, et al. (1991) ▶ Figure 1 は何を示しているのかを説明する。 ▶ Table 2 を和訳し何を言っているのかを分かるようにする。 ▶ Table 3 を和訳し何を言っているのかを分かるようにする。 G1,G2 班:Graham, et al. (2015) ▶ Table 2 を和訳し何を言っているのかを分かるようにする。 ▶ 538 ページの Question 2 のセクションの記述内容をまと める。 教育評価論(第 9 講) フィードバックの効果 (2) 平成 27 年 12 月 2 日 7 / 11
  8. 8. 現在取り組んでいる課題 手掛かり II H1,H2 班:Hattie &Timperley (2007) ▶ Table1(メタ分析を行った先行研究について)を和訳し何を 言っているのかを分かるようにする。 ▶ Table 2 を和訳し何を言っているのかを分かるようにする。 ▶ Figure 1 を説明する。 K1,K2 班:Kingston & Nash (2011) ▶ Table 2 を説明する。 ▶ Table 4,5 を和訳し何を言っているのかを分かるようにする。 ▶ Table 7 を説明する。 教育評価論(第 9 講) フィードバックの効果 (2) 平成 27 年 12 月 2 日 8 / 11
  9. 9. 現在取り組んでいる課題 手掛かり III L1,L2 班:Lyster & Saito (2010) ▶ Figure 1 を説明する。 ▶ Figure 3 を between groups と within groups とは何を指すの かを説明した上で,この図が何を示しているのかを分かるよ うにする。 教育評価論(第 9 講) フィードバックの効果 (2) 平成 27 年 12 月 2 日 9 / 11
  10. 10. 現在取り組んでいる課題 グループ分け 11112220 (不明) 11112220 (X) 11114636 (L2) 11204170 (B2) 11204195 (K1) 11211156 (B2) 11300140 (H2) 11314009 (B2) 11314507 (G2) 11316810 (K1) 11317015 (G2) 11317918 (G2) 11400211 (B1) 11400278 (G1) 11401307 (H1) 11403817 (H2) 11404420 (L1) 11404601 (G1) 11405584 (L1) 11406379 (B1) 11407661 (B1) 11410286 (K2) 11411839 (H2) 11412138 (G1) 11416621 (H1) 11417457 (L2) 11417786 (B2) 21318691 (L2) 31313684 (G2) 41202422 (K2) 41302717 (K2) 41312647 (X) 41320812 (L2) 61203869 (X) 61307352 (G1) 61316169 (K1) 61402644 (B1) 61407857 (K2) 71205026 (K1) 71304896 (X) 71335110 (H2) 71343458 (H1) 71400552 (X) 71409603 (H1) 71446210 (L1) 81400353 (X) 91518033 (L1) 91518059 (X) 教育評価論(第 9 講) フィードバックの効果 (2) 平成 27 年 12 月 2 日 10 / 11
  11. 11. 出席の登録 本日の出席とスライド 本日の出席 https: //questant.jp/q/151202 本日のスライド http://www.slideshare.net/ koyoyamamori/eduass151202 教育評価論(第 9 講) フィードバックの効果 (2) 平成 27 年 12 月 2 日 11 / 11

×