Successfully reported this slideshow.

150929 教育評価論(三田)第1講

430 views

Published on

Eduass150929

Published in: Education
  • Be the first to comment

150929 教育評価論(三田)第1講

  1. 1. 教育評価論(第 1 回) 学習評価の技法 文部科学省 国立教育政策研究所 文部科学省 国立教育政策研究所 総括研究官 やま 山 もり 森 こう 光 よう 陽 (教育心理学) koyo@nier.go.jp 平成 27 年 9 月 29 日 この内容は個人的見解であり 国立教育政策研究所の公式見解ではありません
  2. 2. まずは動画から
  3. 3. 評価対象の能力を発揮させ その結果を表現として取得し 表現から能力を推定したい
  4. 4. 刺激(出題)によっては 余計な能力が発揮され 評価対象の能力が 十分に発揮できない
  5. 5. 能力の過小評価 そして評価にもとづく 処遇の間違い
  6. 6. 学習評価の基礎
  7. 7. 学習評価の基礎 潜在変数を観察可能な行動で推定する 能力 直接観察 できない能力の 発揮をともなう 行動や表現を させる 観察された 行動や表現から 能力の程度を 推定する Figure 1: 学習評価の手続き 教育評価論(第 1 回) 学習評価の基礎 平成 27 年 9 月 29 日 12 / 19
  8. 8. 学習評価の基礎 正誤ではなく能力を推定する 能力●●な テスト項目に 正答できる。 ■■できるような 能力が身について いる。 ●●なテスト項目 に正答できること で推測される ■■できるような 能力が発揮された ため, Figure 2: 能力推定の考え方 教育評価論(第 1 回) 学習評価の基礎 平成 27 年 9 月 29 日 13 / 19
  9. 9. 学習評価の基礎 評価の機能 教室 学校 校外 形成的評価 総括的評価 学習の ための評価 教育評価論(第 1 回) 学習評価の基礎 平成 27 年 9 月 29 日 14 / 19
  10. 10. 学習評価の基礎 学習評価に関する用語 評価の目的に関するもの ▶ 総括的評価 ▶ 形成的評価 ▶ 学習のための評価 (Assessment for Learning: AfL) 評価の参照枠に関するもの ▶ 目標基準準拠評価(絶対評価) ▶ 集団基準準拠評価(相対評価) 評価の確かさに関するもの ▶ 妥当性 ▶ 信頼性 教育評価論(第 1 回) 学習評価の基礎 平成 27 年 9 月 29 日 15 / 19
  11. 11. 講義概要 この講義の目標とその背景 背景 ▶ 学習評価の方法を知らずに教員になっているという現状 ▶ 育成することが目指される資質能力の変化にともなうテスト以外の方 法による学習評価実施の必要 ▶ 情報通信技術の発達と育成することが目指される資質能力の変化にと もなう新しい評価手法導入の兆候 目標 ▶ 筆記試験の項目を正しく作成し,評価対象者の能力の程度を出来るだ け妥当に推定して,評価出来るようになる。 ▶ 評価結果を効果的にフィードバックし,学習のための評価が出来るよ うになる。 ▶ 今後多用されるであろうコンピュータを用いた評価手法についても検 討する。 教育評価論(第 1 回) 学習評価の基礎 平成 27 年 9 月 29 日 16 / 19
  12. 12. 講義概要 当面の進め方 項目応答評価(筆記試験) ▶ 能力を出来るだけ発揮させることができ,一定以上の能力を 持つ受検者が必ず正答し,そうでないものが誤答するテスト 項目はどのように作ればよいか。 ▶ 能力の高い受検者ほど正答数が多く,低い受検者ほど正答数 が少ないテスト冊子はどのように構成すればよいか。 ▶ 目標基準準拠評価に適した能力の程度の記述が可能な項目応 答評価はどのような工夫をすればよいか。 その後 ▶ 課題解決評価 ▶ コンピュータべーストテスティング ▶ フィードバック 教育評価論(第 1 回) 学習評価の基礎 平成 27 年 9 月 29 日 17 / 19
  13. 13. 講義概要 当面の進め方 課題解決評価・CBT・フィードバック ▶ 項目応答評価では把握できない能力にはどのようなものがあ るか。 ▶ 課題解決評価はどのように準備し,実施すればよいか。 ▶ コンピュータべーストテスティング研究の動向 ▶ 評価結果の戻し方が学習者に与える影響の程度はどの程度か。 ▶ 方法によって影響の大きさは異なるのか。 まとめ ▶ 最終課題に取り組むことを通じた講義内容の立体的俯瞰的 理解 教育評価論(第 1 回) 学習評価の基礎 平成 27 年 9 月 29 日 18 / 19
  14. 14. 出席の登録 本日の出席とスライド 本日の出席 https: //questant.jp/q/150929 本日のスライド http://www.slideshare.net/ koyoyamamori/eduass150929 教育評価論(第 1 回) 学習評価の基礎 平成 27 年 9 月 29 日 19 / 19

×