Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

3行ラベリング 事例9-pdca

533 views

Published on

PDCA の考え方を再考する

Published in: Education
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

3行ラベリング 事例9-pdca

  1. 1. Together! 3行ラベリング 事例 #9 PDCA アイデアクラフト 開米瑞浩
  2. 2. 原文 【PDCA】 PDCAとは、 Plan = 計画を立てる Do = 実行する Check = 実行したことを振り返る Action = 改善する の略で、これをサイクルとして回していくことが改善活動の 基本です。 これが一般的に言われる「PDCA」の基本ですが、今回の事例はこの原文 を構造化するのではなく、PDCAは本来こういうものではないか? と、 本来のあり方から問い直しました。 2
  3. 3. 考察-1 PDCAについては、こんなサイクル状の図で説明されていることが 多いです。が、実のところこれが少々誤解の元です。 Plan Do Check Action 前ページの原文の忠実な構造化としては↑これで十分なのですが、 原文自体が説明不足で実態に合っていないのです。 いったいどのような誤解が起きるのでしょうか? 3
  4. 4. 考察-2 Planとは? Plan とは、現在地とGOAL(目標地点)を定義し、 GOALまでの大まかなロードマップを描くこと GOAL 現在地 ↓これを考えるのが Planning 4
  5. 5. 考察-3 Doとは? Do とは、実行。実行するとロードマップの上を進んでいく。 ・・・・・はず。というかそうあって欲しい、よね? GOAL 現在地 Do の分だけロードマップの上を進んでいく(赤矢印) 5
  6. 6. 考察-4 Check & Action とは?(1) しかし実際にDoをすると予定通りにはならない。 そこでこまめにCheckして対応(Action) していくのが改善。 GOAL 現在地 ズレを検出して細かく対応するのが Check & Action (Planのロードマップに合わせて行く) 6
  7. 7. 考察-5 大幅なズレが生じたら? しかし、もし小改善では対応できそうにない大きなズレが検出さ れたら? GOAL 現在地 おいおい全然違うほう行ってるやん、どうすんのこれ・・・ 7
  8. 8. 考察-6 Check & Action とは?(2) 場合によっては Plan のレベルで組み換える Action が必要なこと もある GOALは変えずにロードマップを変える GOAL 現在地 現在地 GOAL GOAL自体も変えてしまう いずれも、Planのレベルの変更。 これらも Action の1つ 8
  9. 9. 考察-7 実は2種類のActionがある つまり実際のところ Action には Do を修正するものと Plan を修正するものの2種類があります Plan Do Check Action 現実には Do を修正する Action のほうが圧倒的に多い 9
  10. 10. 考察-8 マクロ & ミクロ 要するに実際には マクロなAction と ミクロなAction が あるわけです Plan Do Check マクロ Action ミクロ Action この2種類のActionがある、ということが理解されない(誤解) 10
  11. 11. 考察-9 PDCAの構造化見直し案 単純なサイクルではなくこんな構造化をすると誤解を防げます 概要計画 (Plan) 実施 (Do) 評価 (Check) 計画修正 (Action) 手順修正 (Action) 実施手順 (Procedure) 結果実績 (Result) 管理指標 (KPI) マネジメント コントロール オペレーション 11
  12. 12. 考察-10 PDCA(改)詳説 注釈をつけるとこういうことです 概要計画 (Plan) 実施 (Do) 評価 (Check) 計画修正 (Action) 手順修正 (Action) 実施手順 (Procedure) 結果実績 (Result) 管理指標 (KPI) 12 ①PlanをProcedureとKPIに ブレークダウンする ②実施(Do)すると Result が出る ③それをKPI目標と 付き合わせて評価 ④それに応じて Procedureまたは Planを修正
  13. 13. 考察-10 RG-PDCAという考え方 前ページの図を公開したところ、ある会社から「当社はRG-PDCAが基本」という 意見を頂きました。こうすると、すべてが違う単語になるのがよいですね。 構想 (Goal) 実施 (Do) 評価 (Check) 調査 (Research) 手順修正 (Action) 実施手順 (Procedure) 結果実績 (Result) 管理指標 (KPI) マネジメント コントロール オペレーション 13
  14. 14. まとめ 原文が現実世界をうまく説明し切れていないと考えられると きは、原文を離れて現実のほうをベースに考えることもため らわないでください。(原文から離れていることを自覚する 必要はありますが) やってみたけどよくわからない・・・という場合は → Together! 3行ラベリングへようこそ http://ideacraft.jp/together-3.html 14

×