OpenStack QuickStart - havana

13,698 views

Published on

RDO&packstack&VirtualBoxを利用したOpenStackのクイックスタート方法の紹介

4 Comments
26 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
13,698
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2,340
Actions
Shares
0
Downloads
314
Comments
4
Likes
26
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

OpenStack QuickStart - havana

  1. 1. OpenStack ~ Quick Start ~ Japan OpenStack Users Group Internet Initiative Inc. ! Manami Yokota Hideki Saito (@saito_hideki) 1 ver1.9
  2. 2. 目次 • 自己紹介 • はじめに • OpenStackを使ってみる • • • インストールする 仮想環境を管理する まとめ 2
  3. 3. 自己紹介 • 氏名: • • • 齊藤 秀喜(さいとう ひでき) twitterid: @saito_hideki 横田 愛美(よこた まなみ) 勤務先: 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ) • http://www.iij.ad.jp/ • 所属: 日本OpenStackユーザ会 ボードメンバー • 趣味: OpenStack 3
  4. 4. はじめに • OpenStackは2010年の1stリリース(Austin)から2013/10の最新リ リース(Havana)まで8回のメジャーリリースを経て、大規模なパブリック クラウド基盤や、オンプレミスのプライベートクラウド基盤に採用される ケースが増えています。 ! • OpenStackは、このようなプロダクション環境での本格利用だけでなく、 例えばノートPC上の仮想環境にクラウド基盤を構築して、その構造を学 んだり、新たな機能を実装してテストをしたりというサンドボックスを*比 較的*簡単に用意できるという嬉しい側面を持っています。 ! • 本セッションでは、このようなサンドボックス環境を手元に準備する方法 をご紹介します。 4
  5. 5. OpenStackを使ってみる 5
  6. 6. サンドボックス(Host) • 今回利用するPC • Apple MacBook Air 11inch • • Memory: 8GB • SSD: 256GB • • CPU: Intel Core i7 (1.7GHz) OS: MacOS X 10.9.1 VirtualBox 4.3.6 • • GuestOS CentOS 6.5 x86_64 (※x86_64版が必須要件です) OpenStack • 2013.2 Havana Release • RDO & packstack 6
  7. 7. サンドボックス(Guest) • VirtualBoxをインストールし仮想マシンを作成する • • vboxnet0 192.168.0.240 (192.168.0.0/24) • • HostOnlyNetworkを2面(vboxnet0/vboxnet1)作成しておく vboxnet1 172.16.0.240 (172.16.0.0/24) 仮想マシンのスペック • CPU x 1 / HDD 20GB(VDI) / MEM 2GB • Network • Adapter1 (vboxnet0) ※ネットワーク->高度->プロミスキャスモード->「すべて許可」/DHCP off • Adapter2 (vboxnet1) ※ネットワーク->高度->プロミスキャスモード->「すべて許可」/DHCP off • Adapter3 (NAT) 7
  8. 8. インストールする(1) • サンドボックス構成 vboxnet0 192.168.0.0/24 FloatingIP NATネットワーク経由で、 packstackを利用したOpenStack のインストールを行う br-ex: 192.168.0.1 eth0: IPアドレス割り当ては行わない “rdo” OpenStack BOX eth2: 10.0.4.15 NAT 10.0.4.0/24 OpenStackインストール用に利用する 外部接続用ネットワーク 10.0.4.2 vboxnet0: 192.168.0.240 MacBook Air HostOS eth1: 172.16.0.1 eth0はOpenStackの外部接続 用ブリッジ(br-ex)に接続するた めIPアドレスの割り当ては行わ ない vboxnet1 172.16.0.0/24 管理ネットワーク vboxnet1: 172.16.0.240 8
  9. 9. インストールする(2) • OpenStackのインストール方法 1. 公式ドキュメントを参考に構築にインストールする ��������公式ドキュメントをベースに日本仮想化技術株式会社さんが日本語で補完し てくれた完全版がありますので、初めてであれば以下がオススメです。 ������ http://enterprisecloud.jp/installguide-openstack/ 2. devstackを利用してインストールする OpenStackの開発者が自身で開発したコードをテストする目的で開発されて いるプロダクトです。 つまりdevstackを利用してOpenStackをインストールすれば、基本的に正常 動作するハズなんですが・・・ 3. RDO & packstackを利用してインストールする RedHatさんが提供するrpmとPuppetを利用したインストールシステムです。 RedHat系のOSを利用しているのであれば、迷わずRDOです。 9
  10. 10. インストールする(3) • OSの基本設定(1) • /etc/hostsに自身のエントリを追加(rootユーザで実施) 172.16.0.1 • rdo /etc/sysconfig/networkにホスト名を設定(rootユーザで実施) HOSTNAME=rdo • /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0を設定(vboxnet0) (rootユーザで実施) DEVICE=eth0 BOOTPROTO=static NM_CONTROLLED=no ONBOOT=yes TYPE=Ethernet • /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1を設定(vboxnet1) (rootユーザで実施) DEVICE=eth1 BOOTPROTO=static NM_CONTROLLED=no ONBOOT=yes TYPE=Ethernet IPADDR=172.16.0.1 NETMASK=255.255.255.0 NETWORK=172.16.0.0 BROADCAST=172.16.0.255 • /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth2(NAT network) (rootユーザで実施) DEVICE=eth2 BOOTPROTO=dhcp NM_CONTROLLED=no ONBOOT=yes TYPE=Ethernet • 基本設定が完了したらOSを再起動(rootユーザ で実施) 10
  11. 11. インストールする(4) • RDO & packstackでOpenStack環境をインストールする RDOとpackstackがOpenStackに必要なソフトウェア一式を自動インストール 【インストール対象ソフトウェア群】 • MySQL • QPID • Keystone • Glance • Cinder • Nova • Neutron • Horizon • Swift • Heat • Ceilometer • Tempest • OpenStack Clientライブラリ • Nagios 11
  12. 12. インストールする(5) • RDOとpackstackのインストール • stackユーザを作成しwheelグループに登録する(rootユーザで実施) # useradd -G wheel stack # passwd stack Changing password for user stack. New password: ******** Retype new password: ******** passwd: all authentication tokens updated successfully. • /etc/sudoersでwheelグループにsudoを許可する(rootユーザで実施) %wheel • ALL=(ALL) ALL RDOのリポジトリをインストールする(stackユーザで実施) $ sudo yum install -y http://rdo.fedorapeople.org/rdo-release.rpm • packstackをバージョン指定(2013.2.1-0.25.dev936)でインストールする(stackユーザで実施) $ sudo yum install -y openstack-packstack-2013.2.1-0.25.dev936.el6 • packstackでの自動インストール用answerファイルを作成する(stackユーザで実施) • 今回利用するanswerファイルは以下のパスからダウンロード �����������https://github.com/h-saito/packstack-answer/blob/master/all-in-one.conf $ git clone https://github.com/h-saito/packstack-answer.git && cd packstack-answer $ git checkout -b 2013.2.1-0.25.dev936 refs/tags/openstack-packstack-2013.2.1-0.25.dev936 • packstackを利用してOpenStackを自動インストールする 注意)今回の環境では完了まで40分〜1時間程度かかります。 $ packstack --answer-file=all-in-one.conf 12
  13. 13. インストールする(6) • packstackインストール後 • nagiosadminユーザのパスワードをメモする nagiosadminユーザのパスワードはインストール後に出力されるメッセージに含まれるので要確認 • /etc/nova/nova.confを修正する packstackではデフォルトでkvm環境を想定したインストールを行うが、VirtualBoxでは仮想マシンの CPUに”vmx”を付与することができず、kvmを利用することができないためqemuに変更する libvirt_type=qemu • /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0を修正する eth0をbr-exに接続するよう修正する DEVICE=eth0 BOOTPROTO=static NM_CONTROLLED=no ONBOOT=yes TYPE=Ethernet DEVICETYPE=ovs OVS_BRIDGE=br-ex TYPE=OVSPort • br-exにeth0を割り当てて仮想マシンをHyperVisorの外部と通信させるための経路を確保する $ sudo ovs-vsctl add-port br-ex eth0 • 再起動してインストール作業を完了する ログイン情報 ���インストール完了後、ログインに必要な情報は以下のファイルに置かれているので確認しておく • • adminユーザ��/root/keystonerc_admin • demoユーザ /root/keystonerc_demo • WebUI URL http://172.16.0.1/ 13
  14. 14. All-In-One • 構築された初期状態のOpenStack環境(ネットワーク図) 仮想マシンのインスタンスはprivate-subnetに接続される。 外部(External Network)との通信はpublic-subnetから floatingipアドレスを振り出して仮想マシンに割り当てる。 RDO&packstackが自動構成してくれる環境 14
  15. 15. 仮想環境を管理する • OpenStack起動後 • 管理者が行う作業 • • ユーザの管理(admin,demoユーザをpackstackが作成済) • 外部ネットワークの管理(public/public-subnetをpackstackが作成済) • • プロジェクト管理(admin,demoプロジェクトをpackstackが作成済) フレーバーの作成 利用者が行う作業 • 内部ネットワークの管理(private/private-subnetをpackstackが作成済) • 仮想ルータの作成(publicとprivateを結ぶ仮想ルータ「router1」をpackstackが作成済み) • セキュリティグループの作成 • 公開鍵の登録 • 仮想マシンのインスタンスを作成し起動 • 起動したインスタンスにフローティングIPを割り当て 15
  16. 16. フレーバーの作成(1) • 仮想マシンのフレーバー(グレードのようなもの)を作成する 16
  17. 17. フレーバーの作成(2) • 「m1.micro」フレーバーを追加する VirtualBoxでRDO用に割り当てたVMのメモ リが2GBしかないため、デフォルトの最小フレー バー(512MB)よりもさらに少ない64MBメモ リのフレーバーを用意する。 17
  18. 18. フレーバーの作成(3) • 「m1.micro」フレーバーが追加された m1.microが作成された 18
  19. 19. セキュリティグループの作成(1) • ICMPとSSHを許可する最低限のグループ「base」を作成 19
  20. 20. セキュリティグループの作成(2) • セキュリティグループにルールを追加する ICMPとSSHを許可するルールを追加する 20
  21. 21. セキュリティグループの作成(3) • ICMP許可ルールを追加。種別とコードは「-1」に設定しておく 21
  22. 22. セキュリティグループの作成(4) • SSH許可ルールを追加する 22
  23. 23. セキュリティグループの作成(5) • 「base」にICMPとSSHアクセスに対する許可が追加された ICMPを許可するルールが追加された SSHを許可するルールが追加された 23
  24. 24. 公開鍵の登録(1) • 仮想マシンへのSSHログイン用公開鍵を登録する 24
  25. 25. 公開鍵の登録(2) • キーペア名「admin」を作成しクライアントの公開鍵を登録する 25
  26. 26. 公開鍵の登録(3) • キーペア名「admin」が作成された 「admin」が作成され公開鍵が登録された 26
  27. 27. 仮想マシンのインスタンス作成と起動(1) • 仮想マシンを作成して起動する 27
  28. 28. 仮想マシンのインスタンス作成と起動(2) • 仮想マシン「server1」の詳細を設定する インスタンス名、フレーバー,作成す るインスタンス数、元になるイメージ 名を指定する 28
  29. 29. 仮想マシンのインスタンス作成と起動(3) • 仮想マシン「server1」の公開鍵/セキュリティグループを設定する キーペアとセキュリティグループを設定する 29
  30. 30. 仮想マシンのインスタンス作成と起動(4) • 仮想マシン「server1」を接続するネットワークを設定する インスタンスを「private」ネットワーク に割り当てる 30
  31. 31. 仮想マシンのインスタンス作成と起動(5) • 仮想マシン「server1」を接続するネットワークを設定する 10.0.0.3 「server1」が作成され起動する 31
  32. 32. 起動したインスタンスにフローティングIPを割り当て(1) • 仮想マシン「server1」にフローティングIPを割り当てる 10.0.0.3 フローティングIPアドレスを割り当てる 32
  33. 33. 起動したインスタンスにフローティングIPを割り当て(2) • 仮想マシン「server1」に「public」ネットワークからフローティングIPを割り当てる 「public」ネットワークからフローティングIPアドレスを割り当てる 33
  34. 34. All-In-One環境(VM作成) • RDO&packstackによる構築初期状態のOpenStack IaaSコントローラ All-In-Oneノード(rdo) eth0 br-ex(IPAddr 192.168.0.1) qg-e101f8ba-3e IPAddr: 192.168.0.2 router1 (qrouter-3b19895e-2b1a-4e16-a38c-d099cc9ad7e9) qr-051589d9-75 IPAddr: 10.0.0.1 VLAN tag:1 br-int tap997e629f-28 VLAN tag:1 (qdhcp-139b1160-3cb3-4b60-a08b-1db2838e7114) Open vSwitch Bridge dnsmasq IPAddr:10.0.0.2 TAP Device Network Namespace デバイス名は参考値 34
  35. 35. All-In-One環境(VM作成後) • 仮想マシンインスタンス起動後のOpenStack環境 All-In-Oneノード(rdo) eth0 br-ex(IPAddr 192.168.0.1) qg-e101f8ba-3e IPAddr: 192.168.0.2 router1 (qrouter-3b19895e-2b1a-4e16-a38c-d099cc9ad7e9) qr-051589d9-75 IPAddr: 10.0.0.1 VLAN tag:1 br-int tap997e629f-28 VLAN tag:1 Open vSwitch Bridge qvo058ced41-­2f   VLAN  tag:  1 Linux Bridge qbr058ced41-­2f dnsmasq IPAddr:10.0.0.2 qvb058ced41-­2f veth pair tap058ced41-­2f TAP Device eth0: 10.0.0.3 (qdhcp-139b1160-3cb3-4b60-a08b-1db2838e7114) server1 デバイス名は参考値 35 Network Namespace
  36. 36. All-In-One環境 • 仮想マシンインスタンス起動後のOpenStack環境(ネットワーク図) フローティングIPの設定はネットワークノード 上の仮想ルータのネームスペースにiptables で設定される demoプロジェクト 36 ICMPとSSHの許可ルールは、このブリッジに 接続されるTAPデバイスに対してiptalbesで 許可される
  37. 37. まとめ • VMを利用したOpenStackによるクラウド基盤のサンドボックス環境の 構築方法を紹介しました。 • RDO+packstack+VirtualBoxで比較的簡単にOpenStack環境を構 築できます。 • RDOAll-In-One環境を紹介しましたが、役割毎にサーバを分けることも 可能です。 • OpenStackが動作しているホストのネットワーク構成について図を交え て紹介しました。OpenStackではTAP/veth/NetworkNamespace/ Open vSwitch/Linux BridgeなどLinuxの仮想ネットワーク機能をフ ル活用しています。 • 手軽にOpenStackの世界を体験しましょう! 37
  38. 38. 参考 • OpenStack公式サイト • • RDO • • http://www.openstack.org http://openstack.redhat.com/Quickstart devstack (今回は紹介していません) • • • http://devstack.org https://github.com/openstack-dev/devstack.git OpenStackインストールドキュメント • • http://docs.openstack.org/havana/ 日本仮想化技術さんによる日本語版インストールドキュメント • http://enterprisecloud.jp/installguide-openstack/ 38
  39. 39. ご清聴ありがとうございました 39

×