Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
DevStackで始める
Cloud FoundryとBOSH
Iwasaki Yudai @i_yudai
NTT Laboratory
Software Innovation Center
2013-08-23
AWSはちょっと使いづらい
– お金がかかる
– 会社の事情
– サーバが余ってる
これまでのあらすじ
2
そんなあなたにOpenStack
OpenStack環境を1台で構成するツール
– 1コマンドで構成可能
– 実験環境用
– http://devstack.org/
DevStackとは
Ubuntu 12.04 64bit
16GB以上のメモリ
100GB程度のHDD
IPアドレス3つ
必要なもの
ソースコードの入手
DevStackのインストール(1)
$ sudo apt-get install git
$ git clone https://github.com/openstack-dev/devstack.git
$ cd de...
設定ファイルを記述
DevStackのインストール(2)
$ cat <<_EOF_ > localrc
# パスワードはすべて “openstack”
DATABASE_PASSWORD=openstack
RABBIT_PASSWORD=...
インストールの実行
DevStackのインストール(3)
$ ./stack.sh
CF用にいくつか設定を行う
DevStackの設定
# ログイン情報の設定
$ export OS_USERNAME=admin
$ export OS_PASSWORD=openstack
$ export OS_TENANT_NAME=d...
bosh-bootstrapを使用
MicroBOSHのデプロイ
$ gem install bosh-bootstrap
$ bosh-bootstrap deploy
1. AWS
2. OpenStack
Choose your inf...
bosh-cloudfoundry を使用
Cloud Foundryのデプロイ
# 最新の BOSH CLI をインストールする
$ gem install bosh_cli -v "~> 1.5.0.pre" ¥
--source htt...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

DevStackで始めるCloud FoundryとBOSH

18,662 views

Published on

DevStackを用いて構築したOpenStack上に、Cloud Foundry環境を構築する方法を紹介します。Cloud Foundry環境の構築には構成管理ツールのBOSHを使用します。

Published in: Technology, Design

DevStackで始めるCloud FoundryとBOSH

  1. 1. DevStackで始める Cloud FoundryとBOSH Iwasaki Yudai @i_yudai NTT Laboratory Software Innovation Center 2013-08-23
  2. 2. AWSはちょっと使いづらい – お金がかかる – 会社の事情 – サーバが余ってる これまでのあらすじ 2 そんなあなたにOpenStack
  3. 3. OpenStack環境を1台で構成するツール – 1コマンドで構成可能 – 実験環境用 – http://devstack.org/ DevStackとは
  4. 4. Ubuntu 12.04 64bit 16GB以上のメモリ 100GB程度のHDD IPアドレス3つ 必要なもの
  5. 5. ソースコードの入手 DevStackのインストール(1) $ sudo apt-get install git $ git clone https://github.com/openstack-dev/devstack.git $ cd devstack # Grizlly を使う $ git checkout -t origin/stable/grizzly
  6. 6. 設定ファイルを記述 DevStackのインストール(2) $ cat <<_EOF_ > localrc # パスワードはすべて “openstack” DATABASE_PASSWORD=openstack RABBIT_PASSWORD=openstack SERVICE_TOKEN=openstack SERVICE_PASSWORD=openstack ADMIN_PASSWORD=openstack # 巨大なエフェメラルディスクを許可 VOLUME_BACKING_FILE_SIZE=70000M # API呼び出しレートを無制限に API_RATE_LIMIT=False # インターネットにつながっているNIC PUBLIC_INTERFACE=eth0 # MicroBOSHとCFのルータに払い出すIPアドレス(最低2個) # この例では 192.168.10.128 - 192.168.10.255 FLOATING_RANGE=192.168.10.128/25 # サーバ自体のIPアドレス HOST_IP=192.168.10.2 _EOF_
  7. 7. インストールの実行 DevStackのインストール(3) $ ./stack.sh
  8. 8. CF用にいくつか設定を行う DevStackの設定 # ログイン情報の設定 $ export OS_USERNAME=admin $ export OS_PASSWORD=openstack $ export OS_TENANT_NAME=demo $ export OS_AUTH_URL=http://192.168.10.2:5000/v2.0 # URL部分はサーバのIPアドレス # Flavorを1度削除して再設定する $ nova flavor-list | grep m1 | awk '{ print $4 }' | xargs -n 1 nova flavor-delete $ nova flavor-create m1.small 2 2048 20 1 --ephemeral 20 --rxtx-factor 1 --is-public true $ nova flavor-create m1.medium 3 4096 20 2 --ephemeral 20 --rxtx-factor 1 --is-public true $ nova flavor-create m1.microbosh 20 4096 20 2 --ephemeral 20 --rxtx-factor 1 --is-public true # CF用のセキュリティグループを作成 $ nova secgroup-create cf "Cloud Foundry“ $ for port in 22 80 443 4222; do ¥ nova secgroup-add-rule cf tcp ${port} ${port} 0.0.0.0/0 ¥ done $ nova secgroup-add-group-rule cf cf tcp 1 65535 $ nova secgroup-add-group-rule cf cf udp 1 65535 # CFのルータ用にFloating IPを払い出す # 表示されたIPアドレスをあとで実行する bosh cf create の --ip に渡す $ nova floating-ip-create # RAMを無制限に $ nova quota-update --ram 999999 $(keystone tenant-list | awk '/¥ demo¥ / {print $2}')
  9. 9. bosh-bootstrapを使用 MicroBOSHのデプロイ $ gem install bosh-bootstrap $ bosh-bootstrap deploy 1. AWS 2. OpenStack Choose your infrastructure: 2 Using provider OpenStack Username: demo Password: openstack Tenant: demo Authorization Token URL: http://192.168.10.2:5000/v2.0 ... 最後の方に表示される IP アドレスに bosh target しておく
  10. 10. bosh-cloudfoundry を使用 Cloud Foundryのデプロイ # 最新の BOSH CLI をインストールする $ gem install bosh_cli -v "~> 1.5.0.pre" ¥ --source https://s3.amazonaws.com/bosh-jenkins-gems/ # bosh-cloudfoundryのインストール $ gem install bosh-cloudfoundry # デプロイの準備(cr-releaseのダウンロードなど) $ bosh prepare cf # デプロイの実行 # nova floating-ip-create で表示されたIPを指定する $ bosh create cf --ip <IP> --security-group cf

×