2010/12/11 クラウドごった煮祭LT

1,478 views

Published on

12/11のごった煮祭LT用に作ったOpenStackの資料です。残念ながら、家庭の事情で行けなくなってしまいましたが、悔しいので slideshare で公開しますw

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,478
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

2010/12/11 クラウドごった煮祭LT

  1. 1. Japan OpenStack Users Group December 11, 2010 Masanori ITOHCopyright 2010 (c) Masanori Itoh.
  2. 2. Disclaimer• おことわり – 本資料は著者の勤務先とは何ら関係ありません。Copyright 2010 (c) Masanori Itoh. 2
  3. 3. 自己紹介• 氏名:伊藤雅典(いとう まさのり) Twitter: @thatsdone• 勤務先:某SI企業• お仕事: – OSとかVMMとかを中心に、OSS一般に手広い感じで – ここ3カ月くらい OpenStack のコミュニティ活動(!?)に従事。 今後は研究っぽい仕事にシフト予定• 活動領域: – VIOPS (仮想化インフラ・オペレーターズグループ) • http://www.viops.jp/ (InterCloud SIG、Trans SIG) – Open Cloud Campus / 日本OpenStackユーザ会 • http://openstack.jp/ などCopyright 2010 (c) Masanori Itoh. 3
  4. 4. そもそもOpenStackって何?• ようするに Yet Another Eucalyptus のようなもの – オンプレミスで、ミニAmazonを作るOSS – NASAが開発したIaaS 基盤の Nova(EC2相当) + RackSpaceの Cloud Files 実装の Swift (S3相当)+α – 実装言語は、基本 Python• ポリシー • Open な開発プロセス • Open Core戦略を採らず、クローズドなエンタープライズ 版を作らない• URL – http ://www.openstack.org/ – http://launchpad.net/openstack/Copyright 2010 (c) Masanori Itoh. 4
  5. 5. OpenStack開発コミュニティの動向 OpenStack• スケジュール – 2010/10/21 Austin Release (1st) • The First Public Release (for Developers) – 2010/11/09-12 Design Summit for Bexar @San Antonio, Texas 日本関係者は14人参加(!?) – 2011/02/03 Bexar Release (2nd) • Production Ready – 2010/03/?? Design Summit for Cactus – 2011/05/?? Cactus Release (3rd) • Service Provider Scale Ready 以後、6カ月ごとのリリースに切り替わる予定。Copyright 2010 (c) Masanori Itoh. 5
  6. 6. 日本のコミュニティ• 日本OpenStackユーザ会 – 2010/10/22 設立プレスリリース – Open Cloud Campus と連動して、各種のイベント展開中 – (一応)女子部あります ☺• Webサイト – http://openstack.jp/ した ☺ – 本家(http://www.openstack.org/blog/) でも紹介されま• ML – Google Groupsで運用中 – http://groups.google.com/group/openstack-ja/Copyright 2010 (c) Masanori Itoh. 6
  7. 7. 日本のコミュニティの活動状況• 2010/10/29 – Open Cloud Campus 勉強会 • Nova の使い方の紹介• 2010/11/19 – 日本OpenStackユーザ会カンファレンス2010 • 本家コミュニティから4名が来日し、基調講演2本 • Swiftの使い方の紹介 • Live Migrationサポートの紹介 • 次版に向けたネットワーク拡張の紹介 • Design Summit 参加報告会 etc.• その他、各種イベントでの紹介、Webメディアでの記事執筆等、 紹介活動を展開中Copyright 2010 (c) Masanori Itoh. 7
  8. 8. 11/19イベントよりRedbull じゅーよー :oCopyright 2010 (c) Masanori Itoh. 8
  9. 9. 11/19イベントより 記念撮影Copyright 2010 (c) Masanori Itoh. 9
  10. 10. ただし・・・• OpenStackを試してみたいという人 – 人柱精神にあふれた人以外は、特に Nova については2月 のBexarリリースを待ったほうがいいでしょう…orz – でも、Swift はけっこう使える感じです – つまり、(まだまだ)絶賛開発中ということ!• モノづくりが好きな人 – 今なら、参入のチャンスです! ☺Copyright 2010 (c) Masanori Itoh. 10
  11. 11. まとめ• OpenStack熱いっす!• 日本OpenStackユーザ会へ来たれ! ☺ – HP : http://openstack.jp/ – ML : http://groups.google.com/group/openstack-ja/Copyright 2010 (c) Masanori Itoh. 11

×