Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【 xpaper.challenge 】ブレインストーミング法

743 views

Published on

cvpaper.challengeはコンピュータビジョン分野の今を映し、トレンドを創り出す挑戦です。論文サマリ・アイディア考案・議論・実装・論文投稿に取り組み、凡ゆる知識を共有しています。
http://xpaperchallenge.org/cv/

本資料はxpaper.challengeにて開催している、ブレインストーミング(ブレスト)法について以下の項目に従って記載しております。
1. ブレストとは
2. 研究におけるブレスト
3. これまで/これからのブレスト
4. その他(ブレストのコツなど)

Published in: Technology
  • Be the first to comment

【 xpaper.challenge 】ブレインストーミング法

  1. 1. Brain Storming in xpaper.challenge http://xpaperchallenge.org/ 資料作成:美濃⼝宗尊,⼭⽥亮佑†,⽚岡裕雄 産業技術総合研究所(AIST),†東京電機⼤学(TDU)
  2. 2. はじめに 2 効果的なブレストとは? ブレインストーミング(ブレスト)のやり⽅についてご存知でしょうか? 本資料では xpaper.challenge が実施している研究テーマ設定のためのブレ スト法について紹介(もちろん、研究以外のブレストにも応⽤可能です) • ブレストの在り⽅の⾒直し • ブレストを実施した結果
  3. 3. もくじ 3 1. ブレストとは 2. 研究におけるブレスト 3. これまで/これからのブレスト 4. その他
  4. 4. 1. ブレストとは
  5. 5. ブレストとは: 1 5 ブレストってなんだろう? • ブレインストーミング(Brainstorming)の略 • アレックス・F・オズボーン⽒によって考案された会議⽅式 “任意のテーマに対して、⾃由に意⾒を出し合う事で 新しい発想や問題の解決⽅法を導き出す⼿法“
  6. 6. ブレストとは: 2 6 ブレストの4原則 ※必ず守らなければならないという訳でもない 1.結論を出さない – あくまでも⾃由なアイデアを出すことが⽬的 2.⾃由奔放 – 斬新なアイデアや不可能と思われるユニークなアイデアも⼤歓迎 – バカみたいなアイデアが最⾼の結果に繋がる!Like NJM!! • NJM参照: ボケをかますAI Neural Joking Machine https://rnavi.org/3663/ 3.質より量 – 考え抜いた意⾒よりも思い付きのような意⾒を尊重 – 躊躇せず,どんどん出していこう!Donʼt be shy!! 4.結合・便乗・連想 – 他のアイデアに便乗したり,連想し発展させて新しい発想を広げる
  7. 7. ブレストとは: 3 7 ブレストするには? • 必要なもの – ⼈数,テーマ,記録媒体,参考資料(ネット環境),やる気! • 必要なこと – 参加する意思,脳内をさらけ出す勇気,ちょっとした知識 • 係 – 司会,記録係 (※マストではない) • 形式やルール – 基本的に⾃由 – ⼀般的な⽅法もたくさんある xpaper.challenge流のブレストを⾒出していきたい!
  8. 8. 2. xpaper.challengeのブレスト
  9. 9. 研究におけるブレスト: 1 9 ブレストのメリット 研究テーマ(アイデア)次第で研究は⼤きく変わる ・新たなアイデアで新たなタスクや⼿法を提案できる ・斬新なアイデアはそれだけで注⽬を浴びる ・テーマに愛着が沸けばモチベーションに繋がる ・誰もが取り組むような研究で勝つことは困難 (計算リソースや組織の⼤きさで負ける) ・既存研究の本質・改善案を⾒いだせれば⽐較的簡単に成果が出せる ・テーマだけでなく実装や発表までの流れまで⾒えてくることも などなど... 研究においてブレストは重要な要素の1つ!
  10. 10. 研究におけるブレスト: 2 10 ブレストの恩恵 xpaper.challengeはブレストの恩恵を⼤きく受けている (※ちょっと失礼だけど許してください!) 例として深層学習では「どうやるか?(How?)」の部分(e.g. アーキテク チャ, モデル)に注⽬が集まりがちだが,「何ができるか?(What?)」 「なぜできるか?(Why?)」の部分も⼤事にすべき! 研究者なら分野の可能性を拡げるような研究をしたい! 次ページからxpaper.challengeの研究例をいくつか紹介します
  11. 11. 研究におけるブレスト: 3 11 • Neural Joking Machine (NJM) – ボケを集めてイメージキャプショニングしただけでCVPR2018WS – 話題性抜群!海外でも取り上げられたことも! Neural Joking Machine: Humorous Image Captioning, in CVPR 2018 Workshop. https://arxiv.org/abs/1805.11850
  12. 12. 研究におけるブレスト: 4 12 • Near-miss Incident DB – 交通研とのブレストからテーマが誕⽣ – 「交通システムは危険シーンを直接理解すべき!」 – ICRA2018とCVPR2018に採択! Drive Video Analysis for the Detection of Traffic Near-Miss Incidents, in ICRA 2018. https://arxiv.org/pdf/1804.02555.pdf Anticipating Traffic Accidents with Adaptive Loss and Large-scale Incident DB, in CVPR 2018. https://arxiv.org/pdf/1804.02675.pdf
  13. 13. 研究におけるブレスト: 5 13 • Human Action Recognition without Human – ⼈⾒なくても⼈認識できちゃうんじゃね!? – 2週間で実装から執筆まで!ECCV 2016 Workshop – Brave new idea!,ViEW 2016 若⼿奨励賞 Human Action Recognition without Human, in ECCV 2016 Workshop. https://arxiv.org/abs/1608.07876
  14. 14. 研究におけるブレスト: 6 14 • Dynamic Fashion Culture (DFC) – 全国のスタバで⾃撮り写真を集めると,意識⾼い系が集まるんじゃね? – City Perception (ECCV14; 世界都市解析)を参考にして,SNS画像収集して 世界の動的ファッション解析!(MIRU2017最優秀学⽣賞) • Weakly Supervised Person Dataset (WSPD) – DFCから派⽣した研究 – 収集した⼤量のファッション画像(=⼈物画像)にて学習すれば⼈物検出の 事前学習となる – ImageNet事前学習と⽐較すると+13%@Caltech Pedestrian – ViEW 2019 若⼿奨励賞 アイディア + 実験からの知⾒により研究が進化
  15. 15. 研究におけるブレスト: 7 15 • 遷移⾏動認識による短期⾏動予測(BMVC 2016) • 3D ResNet(CVPR 2018) • Understanding Fake Faces(ECCV2018 WS) • 映画ポスターのみでアカデミー賞予測(MVA 2017) • ⾳楽からの画像⽣成(CVPR 2018 WS) ...まだまだあるよ! どの研究も皆が⽬を引く貴重な知⾒を得ている!
  16. 16. 研究におけるブレスト: 8 16 ブレストの準備 • 研究テーマ考案なのに,研究業界を知っていないと元も⼦もない – サーベイで培った知識がここで活きる! あくまで,新しく斬新なアイデアを考案するための会議 最新の動向をある程度把握していないと最新かどうか分からない! • ある程度アイデアを⽤意しておくと良い! – そのアイデアを⽕種に,新たなアイデアが⽣まれる! – スタートが円滑!
  17. 17. 研究におけるブレスト: 9 17 ⾃信がない CVの知識・動向に⾃信がないよ... という⼈も臆することなく意⾒を出しましょう! 前述した通り,ブレストは斬新なアイデアを出し合う場 熟練者では考え⽅が凝り固まっている可能性がある →実はCVを始めたての⼈の⽅がユニークなアイデアを⾒出せる説!? 技術的に できる/できない に関わらず(実現可能性は無視) まずはドラえもんの秘密道具レベルで良いので何か⾔う!! ※ただし,下ネタは論⽂に載せられないので却下される可能性アリ
  18. 18. 3. これまで/これからのブレスト
  19. 19. これまでのブレスト(基本形): 1 19 グループブレスト これまでcvpaper.challengeがやってきたブレストの形であり,基本形 • やりかた – 参加者を3〜5⼈程度のグループに分ける – 各グループで意⾒を出し合う (⽇常の困りごとから技術的提案までなんでも) – 出た意⾒はSlackに投稿 – replyやリアクションすることで意⾒を広げていく – ⼀定時間 (10〜30分程度)が経ったらグループメンバーを交換 • 結果 – reply数が多く,盛り上がっている投稿が良いアイデア – 履歴が残るので後からでも意⾒を拡張 – 実際に良いテーマが⽣まれてきた!
  20. 20. これまでのブレスト(基本形): 2 20 これまでの個⼈(ソロ)ブレスト これまでcvpaper.challengeがやってきたブレストの形であり,基本形 • やりかた – グループじゃなくてソロでやる – サーベイを挟みつつ意⾒を⾒出していく – ソース:論⽂,まとめ資料,その他ネットで検索 • 結果 – ⾃分のペースで意⾒を創出 – ⾃分の中のアイデアをじっくり深堀 – 家でも作業可能
  21. 21. これまでのブレスト(基本形): 3 21 アイデアの具現化 グループ・ソロで提案したアイデアを研究テーマとして固める • アイデアのクラスタリング – 似たようなアイデアを集めて,新たなアイデアを創出 • アイデアのコラボレーション – アイデアを組み合わせることでより⾯⽩いものに洗礼 • アイデアを具体的な研究テーマに – 実際に技術と絡めて,具体的にどうしていくのか道筋を構築
  22. 22. これまでのブレスト(基本形): 4 22 問題点 これまでのブレストはここがダメだ! • 後半で発⾔するのは⼀部のメンバーのみ – 最初だけは勢いが良い – コンテンツの不⾜ • アイデアと研究テーマ間の乖離 – テーマにするのは結局のところ熟練者 • 記録してくれる⼈がおらず消滅 – 貴重なアイデアがもったいない
  23. 23. これからのブレスト 23 ⼿法・意識改⾰ より良いブレストのために,これまでのブレストを改善する必要 これから⽬指していくブレストの形は2つ側⾯から 改⾰1:⼿法 ブレストのやり⽅を変えていく 今までは漠然と意⾒を出し合う時間を設けていたのではないか? アイデアを想像しやすい状況やスケジュール管理が必要 改⾰2:意識 ブレストに挑む姿勢を変えていく より良いアイデアの想像のためになんとなくではなく ⼀⼈⼀⼈がブレストを良いものにしようという意識が必要
  24. 24. これからのブレスト(⼿法改⾰): 1 24 テーマを⽣み出す⼯程 アイデア・テーマを段階に分けて⽣産していくことを考える 1. 創造 a. 全ての基となる提案 b. 衝撃的で突拍⼦のないものほど良く育つ!? 2. 拡張 a. アイデアの肥⼤化 b. 広く,深く,そこから新たな提案 3. まとめ a. 整理し具体的にテーマを固めていく b. ここで洗礼し,輝かしい結晶に! 基本的にはこの流れでテーマを⽣み出していく!! ※ただし現場優先
  25. 25. これからのブレスト(⼿法改⾰): 2 25 1:創造 新たなアイデアを提案し0を1にする! • 思いつき次第Slack(@bs-xpaperchallenge)に投稿 • 多ければ多いほど良い! • クオリティは問わない – クオリティは次のステップ以降で上げていく
  26. 26. これからのブレスト(⼿法改⾰): 3 26 2:拡張 アイデアを深掘りして広げていく! • Slackでリプライ&リアクション
  27. 27. これからのブレスト(⼿法改⾰): 4 27 3:まとめ 拡張したアイデアをテーマとして詰めていく! • 関連した論⽂(技術)を⾒つける – 既存/類似した研究のサーベイ • 新規性を⾒出す – どこが(学術的に)おもしろいのか,何が売りなのか? • 具体的なベースライン/提案⼿法/テーマ名 – 良いアイデアほどすぐ決まる • メンバーの選定 – 誰と誰を結びつけると良さそう
  28. 28. これからのブレスト(意識改⾰): 1 28 テーマを⽣み出す意識 良いアイデアを⽣み出すためのモチベーションとは? 1⼈1⼈がこの意識をもって取り組むべき...! 即興劇のようなライブ感でグループフローを⽣み出す
  29. 29. これからのブレスト(意識改⾰): 2 29 ライブ感 アイデアが⽣まれやすい状況はライブにある • ブレストは⼀⼈の最強よりもチームプレイが重要 – cvpaper.challengeの成功の秘訣はここにあるのでは? • コラボレーションの応酬 – オービルとウィルバーだってコラボしていた (ライト兄弟) • ジャズにも似た,その場のアドリブで展開していく – チームワークの積み重ねによって⼀つの⼤きな成功を⽣む – イノベーションは常に閃きの連鎖によって⽣まれる!
  30. 30. これからのブレスト(意識改⾰): 3 30 ライブ感で取り組むには? 想像性を発揮するチームの特徴7選 1. コツコツと⼩さなアイデアを積み上げる – ホームランよりも多くのヒット! 2. ディープリスニング: 他のメンバーにしっかり⽿を傾ける – 他のアイデア聞きつつ,新しいアイデアを考えるというバランス 3. 他のアイデアを踏まえた上で新たなアイデアをどんどん提案 – ディープリスニングを踏まえた上でアイデアのコラボレーション 4. アイデアは後々に再解釈され輝くこともある – 過去のアイデアも時が経てば違って⾒える 5. 問題を⾒つけることを重視する (解決策は⼆の次) – 新たな疑問や問題点を次々に⾒出すことが重要 6. 良し悪しを問う前に発⾔し,数打ちゃ当たる戦法 – 失敗が多くて⾮効率でもそれを補うだけの成功が⽣まれる 7. ⼩賢しいことは抜きにして現場優先 – 演出や台本がなく,役者だけの繋がりで良いパフォーマンスとなる
  31. 31. これからのブレスト(意識改⾰): 4 31 チームフローとは? フロー:意識が⾼揚した際における特定の状態 By ⼼理学者 ミハイ・チクセントミハイ もう少し具体的に... • ⾃意識が消え,時間が経つのも忘れるような集中のピーク • 「霊的思考体験」と⾔われることも これを参加メンバー全員で起こす!
  32. 32. これからのブレスト(意識改⾰): 5 32 チームフローを起こすには? チームフローを⽣み出す10の条件 1. 適切な⽬標 2. 深い傾聴 3. 完全な集中 4. ⾃主性 5. エゴの融合 6. 全員が同等 7. 適度な親密さ 8. 不断のコミュニケーション 9. 先へ先へと進める 10. 失敗のリスク
  33. 33. これからのブレスト(意識改⾰): 6 33 その他のコツ • ⾃分の意⾒に固執しない – 他⼈の意⾒に多く意識を向けることが⼤事 • 「他者への気兼ね」は捨てる – 遠慮は要らず,どんどん意⾒を出していく姿勢が⼤事 • ⼤⼈数だからといって思考を⽌めない – サボり禁⽌! – 皆で取り組んでいるという意識を忘れない!
  34. 34. ブレスト⽅法まとめ 34 具体的な⽅法1 ● 基本形 ○ Slackに1アイディア/スレッドで投稿 ○ スレッド内で追加アイディア・追加情 報(関連研究, Web記事等)を共有 ● グループブレスト ○ 参加者を少数(3~5⼈)に分割 ○ 並列化による効率化 ○ 少⼈数による⼼理的な障壁を下げる ● ソロブレスト ○ 個⼈作業 ○ SlackでAnytime&Anywhereブレスト ⼿法改⾰2 ● 創造 ○ 思いついたら投稿 ○ 最初は質より量 ● 拡張 ○ アイディアを掘り下げ ○ Slackでリプライ & リアクション ● テーマ設定 ○ 関連研究・新規性・ベースライン・⼿ 法・テーマ名・キーワードなど追記 意識改⾰3 ● ライブ感 ○ 即興でアイディアをコラボさせる ● チームフロー ○ 適切な⽬標,深い傾聴,集中,⾃主性, エゴの融合,同等,親密さ,など ● その他コツ ○ ⾃分の意⾒に固執しない ○ 他者への気兼ねは捨てる ○ ⼤⼈数だからと思考を⽌めない 1スレッド1アイディアが基本 さらにアイディアを全員で重ねていく
  35. 35. 4. その他
  36. 36. 困ったとき 36 話題が尽きたときに試す テーマ法: テーマ名から先に考えてしまうやりかた 以下のような具体的なテーマを設定するとやりやすい? ・「最強の〜」 ・「〜の反対のテーマ」 ・「〜と**の組み合わせで何が起こる?」 Ex) 最強のGAN,DLを超えるハンドクラフト
  37. 37. 困ったとき 37 その他のコツ • Redditやwebニュース,SNS,2ちゃんねるなどをソースに! • 名前から⼊る! • ⾝の回りの困ったことから! • 最近のマイブーム! • わんちゃん! • 3B!! – Bus(移動),Bath(⾵呂),Bed(寝るとき,寝起き) – 景⾊や体,⾎⾏が動いているとき,気は回るもの
  38. 38. リンク 38 xpaper.challenge: http://xpaperchallenge.org/ cvpaper.challenge: http://xpaperchallenge.org/cv/

×