Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

インフラ系自主トレするならAWS

7,522 views

Published on

インフラエンジニアに求められる要素は広がりすぎています。そしてデスクトップで完結するwebデベロッパと違って機器もなかなか個人では買えません。そんなインフラエンジニアをおたすけします! 実験も1時間単位ならばおかねもかかりません。さらに無料枠でも相当なことが可能です。

Published in: Technology
  • Dating for everyone is here: ♥♥♥ http://bit.ly/369VOVb ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Follow the link, new dating source: ♥♥♥ http://bit.ly/369VOVb ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

インフラ系自主トレするならAWS

  1. 1. インフラ系自主トレするなら Amazon Web Service Amazon Web Services ソリューションアーキテク ト 荒木靖宏 TDC 2013.02.04 16:20-17:00
  2. 2. 荒木 靖宏(あらき やすひろ)  アマゾンデータサービスジャパンで2012年の1月か ら働いてます  東北大卒。木町通りに住んでました。  Twitter:ar1  好きなAWSのサービス • Virtual Private Cloud  Debian オフィシャル開発者
  3. 3. アマゾンのクラウド事業に関する疑問?
  4. 4. Amazon.comとAWSのデータセンター規模200 200 200 200 200 200 200 200 1 2 3 4 5 6 7 8 Bandwidth Usage: AWS Amazon.com
  5. 5. AWSの拡張のペースアマゾン ドット コムが2000年当時に 年商27.6億ドルの企業であった時に必要なキャパシティと同等のものを AWSは毎日追加しています (circa 2000)
  6. 6. AWSのデータセンター:東京を含め世界中に展開( ) ( ) アジア ( ) ( ) ( ) パシフィック( ) (東京) (CloudFront & Route 53) アッシュバーン アムステルダ 東京 ダラス ムダブリン 香港 ロスアンゼルス フランクフル シンガポール マイアミ ト 大阪 ニューアーク ロンドン ニューヨーク パリ パロアルト ストックホル シアトル ム セントルイス…. ミラノ
  7. 7. 米国でのクラウド技術取得者 への求人状況 Amazon 100 Google 30 Salesforce 100 AWS 10?? Google App Engine 32 Windows Azure 27 米国ではAWS開発者へのニーズ高い (ジョブサイトでの求人情報を数値化)出典より編集:http://radar.oreilly.com/2010/08/amazon-cloud-platform-still-the-largest-but-others-are-closing-the-gap.html
  8. 8. インフラエンジニアの範囲は 拡大する一方
  9. 9. アプリケーションアプリケーションデプロイ ミドルウェア サーバ ネットワーク ファシリティ
  10. 10. クラウドベンダー内でのAWSのポジション 技術の親和性アプリ アプリ アプリケーケーショ ケーショ アプリケーション ション ン ン SaaSミドルウェア ミドルウェア ミドルウェア PaaS 仮想 OS 仮想OS OS ・・・・・・ ・・・・ 既存社内環境 / PaaS / SaaS データセンター 従量制課金と拡張性
  11. 11. AWS利用の第一歩
  12. 12. AWS全体の操作Webブラウザで操作 → 「AWS マネージメントコンソール」「elasticfox- ec2tag」…CLIコマンドから操作 → 「Amazon EC2 API Tools」「Auto Scaling Command Line Tool」「AWS CloudFormation Command Line Tools」…プログラム言語から操作 →「AWS Toolkit for Eclipse」「AWS Toolkit for MS Visual S.」 →PHP, Ruby, .NET, Python等のSDK
  13. 13. EC2コマンドラインツールコマンドラインからEC2のAPIにアクセスできるツール クロスプラットフォーム(Javaで記述) ツールをインストールし、セキュリティ証明書を 配置 Copyright © 2012 Amazon Web Services
  14. 14. AWSは強力に教育・学習・トレーニン グを サポートします! 特におすすめは、個人で買えないようなブツが必要な実験 もったいない実験
  15. 15. 無料で! 毎月合計750時間のコンピュータ 30GBのデータ転送 1GBのKVS(SIMPLE DB) 10GBのディスク(EBS) 5GBのWebストレージ(S3) + Linux、BSD
  16. 16. さらに無料で!1月15日から 毎月合計750時間のコンピュータ 30GBのデータ転送 1GBのKVS(SIMPLE DB) 10GBのディスク(EBS) 5GBのWebストレージ(S3) + Linux、BSD Windows Server 2008R2
  17. 17. サーバ要素の勉強例 • コンピュータとストレージを使う 実験を素早く大量に試せます
  18. 18. 並列コンパイルの差を実感してみる http://www.electric-cloud.com/blog/ 2009/03/02/electricaccelerator-vs-distcc-round-3-samba/インスタンスの違いによるコア数の差分散コンパイルに使うホスト数の差
  19. 19. Software RAIDの実験 EBSをつかって好 きなだけブロック デバイスを使える  mdadm --create --verbose /dev/md0 -- level=0 -c256 -- raid-devices=10 /dev/sdi /dev/sdij …. /dev/sdrhttp://victortrac.com/EC2_Ephemeral_Disks_vs_EBS_Volumes
  20. 20. その他FS系な実験petard fs  エラー出しまくりの環境でアプリが動くかどうか?分散FSの切断実験  Glusterfs  OCFS2
  21. 21. ネットワーク要素の勉強例 • VPCはネットワークサンドボック スとして使える
  22. 22. VPC with Public andPrivate Subnetsの利用外と通信する必要のあるWebヘッドにはpublic subnetのインスタンスにEIPをつけるDBなど内部だけと通信するインスタンスはPrivate subnetに配置する DB,アプリ Webヘッド ロジックな ど
  23. 23. VPCを使った構築実験 Internet EC2 EC2 Public subnet - VPC Public subnet - VPC Private subnet - VPC Private subnet - VPC Private subnet - VPC DB on Instance DB on Instance DB on Instance
  24. 24. MapReduce w/ Hadoop • Hadoopコードをすぐに試せます
  25. 25. EMRの流れ• ジョブフローの起動と監視を簡単に – AWS Management Console (Web UI) – コマンドラインインタフェース – REST API• ジョブフローの起動と監視を簡単に – AWS Management Console (Web UI) – コマンドラインインタフェース – REST API
  26. 26. EMRのアーキテクチャ
  27. 27. なにはともあれJavaという方へ • Javaコードをコンパイル • WARとしてパッケージ • TomcatにUpload
  28. 28. JavaからAWSを使う • EclipseをつかったAWS利用・開発
  29. 29. Ruby, PHP, Python,.. Ruby(Rails) アプリを試せるHeroku PHPアプリを試せるphpfog Pythonアプリを試せるPiCloud Githubからなんでもdeployできるfluxflex
  30. 30. AWS適用用途 自主トレにどう開発、検証環境 ぞ!コンテンツ、動画配信業務アプリケーションホスティング バッチ、データ処理 「締め日」のある業務アプリケーションソーシャルアプリケーションホスティングハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)分散処理(MapReduce等)
  31. 31. 「AWSブログ」で最新情報を!!
  32. 32. AWSプレミアムサポート アーキテクチャ設計に関するガイダンス、ベストプラク ティスも日本語でご案内できます aws.amazon.com/jp/premiumsupport/ ブロンズ シルバー ゴールド プラチナ初回応答時間 12時間 4時間 1時間 15分サポート連絡先 1人 2人 3人 無制限24/365対応 なし なし あり ありTEL可能 不可 不可 可能 可能専任スタッフ なし なし なし あり特別サポート なし なし なし あり AWS利用総額の AWS利用総額の $0~$10K: 10% AWS利用総額の 10%料金 $49 5% $10K~$80K: 7% $80K~: 5% (最低$15K) (最低$400) Copyright © 2011 Amazon Web Services
  33. 33. お問い合わせは・・・ http://aws.amazon.com/jp/
  34. 34. 「はじめてのアマゾンクラウド」シリーズの資料 「はじめてのアマゾンクラウド」シリー ズの資料が参考になります ①AWSアカウント開設 http://slidesha.re/aws-open ②EC2でWebサーバー立ち上げ(当資 料) http://slidesha.re/ec2-open ③S3にwebコンテンツ保存 http://www.slideshare.net/kenta magawa/s3web ④EC2でWindowsサーバ立ち上げ http://www.slideshare.net/kenta magawa/ec2windows

×